Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックの耐用年数・かかる経費|タンク車/ミキサー/中古

トラックの耐用年数・かかる経費|タンク車/ミキサー/中古

ここでは、トラックの耐用年数についてみていきます。トラックを種類別に分けて耐用年数や、中古トラックの耐用年数の算出の仕方などを紹介します。トラックのご購入予定のある方や、購入を迷われている方は、ぜひご参考にしてください。


種類別トラックの耐用年数

ここでは、トラックのに耐用年数についてみていきます。耐用年数とは、使用に耐えられる年数のことをいいます。普通乗用車の場合は耐用年数は6年となっておりますが、トラックの耐用年数は、種類や形によってさまざまです。詳しく見ていきましょう。

タンク車

タンク車とは、荷台部分にタンクが積載されているトラックのことをいいます。タンクの内部は、ガソリンや灯油、セメントなどが入っています。タンク車の耐用年数は3年となっています。

ミキサー車

ミキサー車とは、荷台部分にミキシングドラムを積載したトラックのことををいいます。ミキシングドラムは回転が可能なので、生のコンクリートを収めて、走行時もかくはんしています。工場で製造されたコンクリートを工事現場まで運びます。ミキサー車の耐用年数は3年となっています。

寝台車

寝台車とは、旅客が夜間寝ることができるように座席のかわりに寝台を設置した客車、または電車のことをいいます。テキスト寝台車の耐用年数は3年となっています。

フォークリフト

フォークリフトとは、油圧を利用して動く荷役自動車のことをいいます。昇降と傾斜ができるので、重い荷物を簡単に運ぶことができます。フォークリフトの耐用年数は4年となっています。

消防車・救急車の耐用年数

消防車・救急車の耐用年数は5年となっています。

一般的な自家用トラックの耐用年数

ダンプ式の貨物自動車の耐用年数は4年、その他の貨物自動車の耐用年数は5年となっています。

トラックの耐用年数までにかかる経費

次に、トラックの耐用年数までにかける経費についてみていきます。経費を算出する前に、減価償却という考え方が重要になってきます。

減価償却

減価償却とは、高額なもの、長い期間使用できるものを、数年あるいは数十年という年月をかけて少しずつ経費として計上していくことを言います。とても高価なものを購入しても、そのまま経費として計上するのではなく、数年に渡って使用する前提で、少しずつ経費として計上していくことになります。

従って、事業用に購入した4tトラックも、一括では経費して計上することができません。4tトラックを購入した場合、耐用年数は5年となっていますので、毎年、5分の1ずつの金額をを経費として計上していきます。

特徴別トラックの耐用年数

ここからは、トラックを特徴別にみていき、耐用年数をご紹介します。

中古トラック

中古のトラックの場合、原則としてその後の使用可能な期間を見積もることで判断していきます。しかし、中古トラックを詳細に分析したとしても、あとどのくらい使用できるのかという結論を出すことはとても難しいです。そのため、中古トラックの場合は、特殊な計算式を用いて耐用年数を算出して減価償却の計算を行います。

この方法は、トラックだけでなく、自動車や不動産などで使用されている方法です。

Bottom banner

耐用年数の算出方法

耐用年数の算出方法についてもみていきましょう。中古トラックの耐用年数の算出式は、法定耐用年数×20%=耐用年数となっています。実際に計算してみましょう。4tトラックの場合は、もともとは5年が耐用年数ですが、購入した車両が7年の場合は、5年×20%=1年となります。

注意点として、耐用年数を算出した結果が2年に満たない場合は2年とみなされます。従って、このトラックの耐用年数は2年となります。

中古トラックの市場

ここで、耐用年数から考えて買い替えに最適な時期についてみていきましょう。まずいえることは、耐用年数が長いほど、中古トラックを高値で買い取ってくれる可能性が高くなるということです。

一般的なトラックの法定における耐用年数を過ぎていても、全体的なモデルチェンジがされていない車両については、トラックは大変需要がある市場ですので、十分に高値で取引される余地を残しています。

しかし、フルモデルチェンジをしていて新しい機能がついたりすると、旧型の車両の価値が急激に低下してしまうので、高値取引のチャンスを失ってしまいます。

中古トラックのおすすめの買い方

中古トラックは、販売店やネット店舗、オークションなどで手に入れることができます。テキストネット店舗で購入するのは少し心配ですが、近年ネット上での中古販売部門はかなり発達してきていて、安心して取引できる販売店は増えています。また、手続きもスムーズなのでおすすめです。

中古トラックをチェックするポイント

中古トラックを選ぶ際、まずは走行距離をチェックしましょう。点検やメンテナンスを定期的に行い丁寧に使っていれば、走行距離が多少長くても車両状態は良いですし、逆に走行が少なくても全くメンテナンスをせずに使用されていたら車両状態も悪くなっています。走行距離が一つの判断材料になります。

次に、トラックのボディの状態をチェックしましょう。傷、へこみ、さびなどの汚れの状態がどの程度あるかも大切な判断材料です。また、タイヤの擦り減り具合もも大切なチェックポイントです。タイヤの摩耗が進んでいると、雨の日などスリップしやすい状態になっているということです。

トラックによってはタイヤの数が多い場合もありますので、交換費用もその数だけかかってきます。きちんと確認しておくのが良いでしょう。

4tトラックの魅力

4tトラックは非常に人気が高い車両です。4tトラックはベッド付きの車両が多く、近距離から長距離運転まで広く対応することができるからです。4tともなるとベッド付き車両が多く、近距離から長距離運転まで広く対応することができます。引っ越し作業でも4tトラックが大活躍してしています。

また4tトラックは国内メーカー各社でとても豊富にそろっていて、メーカーごとに違った特徴や魅力があります。従って、中古車市場であっても4tトラックは高い人気を誇っています。新品だと高額で手が出せない場合は、ぜひ中古車市場をチェックしましょう。安い車両だと約100万円から購入できるのがうれしいところです。

トラックメーカーの比較

ここからは、トラックメーカーについて詳しくみていきます。国産トラックメーカーとして有名なのが、いすゞ自動車、三菱ふそう、日野自動車、UDトラックスの4社です。

UDトラックス

UDトラックスのトラックは、エンジン馬力の威力に定評があります。きつい坂道も楽に上っていきます。日本だけでなくアジアなど海外でも大活躍しています。

日野自動車

日野自動車のトラックは、他社より値段が少し高めですが、故障やトラブルが少なくて乗り安いと絶大な人気を誇っています。長い期間に渡ってトラックに乗りたい場合には、最初は高くつきますが、日野自動車のトラックを購入することをおすすめします。宅配業者や運送業者では、日野自動車を使っていることが多いです。

三菱ふそう

三菱ふそうのトラックは、ファンが多いことで有名です。エンジンの粘りが良いので運転がしやすく、また、運転中に感じる振動なども抑えられているため、長距離ドライバーさんにおすすめです。乗り心地にこだわりがある方に最適なメーカーです。

いすゞ自動車

いすゞ自動車は、国内ではトラック専門メーカーとしてて、高いシェアを誇っています。また、新車であっても値引き幅が大きいことが多く、比較的にリーズナブルに購入にすることができます。トラックをお得に購入したい方ににおすすめのメーカーです。

購入する際は耐用年数によって考えましょう

ここまで、トラックの耐用年数についてみてきました。普段、トラックの耐用年数など気にしないことが多いですが、個人で運送業を営んでいる方などでトラックを購入する際は、耐用年数を計算してみることをおすすめします。

トラックは決して安い買い物ではありません。中古のトラックを購入することで耐用年数が短く設定できるので、経費を早めにすることができます。新品のトラックに比べて節税効果を早く受けられる可能性もあります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人