Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

燃費のいいおすすめトラック・燃費が向上する運転方法・計算方法

燃費のいいおすすめトラック・燃費が向上する運転方法・計算方法

運送会社にとってトラックの燃費は経費に直結するカテゴリーです。そこで今回は、燃費のいいおすすめのトラックや燃費が向上する運転方法や計算方法を紹介します。ドライバーの心がけで燃費を上げられるので、ぜひ参考にしてみてください。


トラックの燃料って燃費がいいの?

大型にしても小型にしても、運送会社や、個人企業などでトラックを使用する機会は多くあります。仕事でほぼ毎日使うものなので、トラックの燃費を把握しておくことは大切なことです。

ガソリンを無駄にしないためにも、環境に配慮するためにも、燃費のいいトラックを選ぶこと、燃費のいい運転の仕方を知っておくことはとても大切なことです。

この記事では、燃費のいいトラックを紹介するとともに、燃費のいいトラックの運転の仕方もご紹介します。燃費を上げ、会社のコストを下げることに協力し、環境にも配慮できるようになりましょう。

燃費のいいオススメのトラックとは?

ではまず、燃費のいいオススメのトラックについてご紹介します。そのトラックを選ぶ際の利点、オススメのポイントなどを紹介していきます。

ハイゼット

ダイハツが製造、発売しているハイゼットは、多くの人から人気の声が上がっているオススメのトラックです。実は歴史も長く1960年から発売されています。

今では運転席のスペースを広げたり、ボディの骨格を見直すことによって強度の改善が行われるなど、より良いものに改善されてきました。カラーバリエーションも豊富です。

トラックでありながら乗りやすい、運転がしやすいと仕事をする人にとって相棒となっているトラックです。

比較的安価で購入することができる点も、このトラックが人気の理由の1つとなっています。では肝心な燃費の方はどうでしょうか。ハイゼットの公式発表によると、約17キロから約16キロとなっています。ターボになると燃費は14キロです。

ハイゼットの実燃費は?

実際に使用して運転している人の声を合計し実燃費を考えると、平均して13キロから14キロです。もちろん街中でトラックを運転するのか、ほとんど信号のない田舎道で運転するのかによっても変わります。

ハイゼットを実際に使用している人は、実燃費について「すごく燃費がいい」という意見の人もいれば「そうでもない」という意見の人もいるなど、意見に開きがあります。

しかしハイゼットの、実用性、値段、運転のしやすさ、燃費と全ての要素を考慮した時に、ハイゼットの人気は高くなっていると言えるでしょう。

サンバー

サンバーはスバルが製造、発売しているトラックです。以前は「農業のポルシェ」というニックネームで呼ばれていたほどに、多くの人に愛用され、活躍してきました。1代目から6台目まで形を変えながら改善されてきました。

残念なことに6代目のサンバーは2012年で惜しまれながら製造を中止しています。7代目以降は、ダイハツからOEM供給を受けるモデルとして製造されています。仕事をするために運転するトラックとしてとてもタフなトラックだという意見も寄せられています。

では燃費の方はどうなのでしょうか。スバルが出しているデータによると、燃費は17キロから19キロとなっています。

サンバーの実燃費は?

実際にサンバーを運転している人のデータを元に出された、サンバーの実燃費は、レギュラー、ハイオクを使った場合平均12キロから13キロ、経由の場合9キロとなっています。

高速道路を走る時の燃費が思った以上に良くないという意見があるのも事実ですが、思った以上に燃費が良く満足だという意見もあります。その人の運転の仕方、運転の場所によっても燃費にばらつきがあるのは、否めません。

ラム

テキストアメリカで生産され、その後も独特の人気を誇るのがピックアップトラックである、ラムです。トラックの王者と呼ぶ人もいるほどに、多くの人に愛されています。

ラムが初めて生産されたのは1981年のことです。初代ラムの外観は、特徴的でなく、「かっこいい」と憧れるものではありませんでした。それであまり人気が出ませんでした。しかし2代目が94年にリリースされた時には外観もすっかり代わり、多くの人に人気となりました。

現代は2008年に発売が開始された4代目ラムとなっています。ピックアップトラックとして、十分の堆積量がありますし、牽引力という面でも、定評があります。

目的を持って所有するならば、しっかりと役目を果たしてくれる車と言えるでしょう。

ラムの燃費は?

今までのラムの燃費は決していいとは言えませんでした。例えば2006年のモデルでは、3.8キロとお世辞にも燃費がいいという数字ではありません。

しかし最近のモデルのラムは、アメリカ製のトラックの中では燃費が良いと言われています。Ram1500Expressでいうと、市街地では平均7.2キロ、高速道路では平均10.6キロとなっています。

しかしあくまでトラックという働きを主に考えた上で、比較的燃費が良いと言われるのですが、普通車と比べるなら燃費は劣るのは否めません。使用目的を考えた上で所有するかどうかを決定していくと良いでしょう。

タウンエース

タウンエースは、トヨタが生産、発売しているトラックです。初代タウンエースは、1970年に初代タウンエースが発売されて以来、現在は6代目を迎えています。6代目では、モデルがフルチェンジされました。今でも根強い人気を誇るトラックの1つと言えます。

タウンエースは低、中速域で高コルクをもち、高速域では、スムーズな加速性能を持ち合わせています。そのため、市街地でも高速道路でもスムーズに走ることができるというメリットがあります。

乗り心地に関しても、シートがスライドするため、快適にドライブをすることが可能です。最低回転数が半径4.3キロとトラックの中でも小回りが利きます。そのため荷物を積み、高速道路や街中を走るトラックとしては優秀なトラックだということができます。

タウンエースの燃費は?

トヨタタウンエースの公式パンフレットに載っている燃費は、12.2キロから12.8キロです。タウンエースは初代から安定した燃費で知られています。作業する方としたら助かる利点です。

実際の燃費は、平均で10キロ、夏の暑い時期クーラーをかけながら運転をしていたとしても、8キロだと考えて良いでしょう。どちらにしても、比較的燃費が良いトラックだということができます。機能性もよく、燃費も良いので多くの人から愛される理由がわかります。

トラックの燃費が向上する運転の方法ってあるの?

トラックの燃費を良くするためには、トラックの燃費そのものだけでなく運転の仕方にも注意を払う必要があります。ここでは、トラックの燃費が向上するための運転の方法をいくつかご紹介します。

この方法はトラックの燃費はもちろん、普通の車での運転の燃費も向上しますので、トラックの運転手に関係なく試してみることができます。

タイヤの空気圧をチェックしよう!

Bottom banner

タイヤの空気圧が低下していることによって、燃費も低下してしまいます。タイヤの転がりがスムーズかどうかによって、タイヤの変形に影響があります。タイヤが大きく変形した走り方をしていると、タイヤと道路に摩擦が生じます。

タイヤの転がりが良いか悪いかによって、タイヤにかかる抵抗のことを「ころがり抵抗」と言います。タイヤの空気圧を確認していることで、燃費はグンと上がります。

急ブレーキや急発進は避ける

トラックは、加速、減速をするときに、抵抗がかかります。これが加速抵抗です。そして、急発進や急ブレーキをすると、その分加速抵抗がかかり、燃費が低くなります。

特に重荷を積んでいる状態で、急発進や、急ブレーキを踏むと、かなりの抵抗がかかります。信号が青になって、ブレーキを踏むときに、急いで飛び出したくなる気持ちを抑えて、ゆっくり発信、そしてゆっくりと停止することを心がけましょう。

ギアチェンジは素早く行おう!

早く加速したいときにはギアチェンジをゆっくりと行います。たとえば、2速のままでしばらくアクセルを踏み、ある程度エンジンが回転してから3速にというようにです。このようにするならスピードが早く出ます。

しかし、このような運転を毎回行なっているなら、燃費は下がります。燃費が上がるためには、素早くギアチェンジを行う必要があります。

クラッチをベタ踏みするのではなく、50パーセントくらい踏み、ギアチェンジするイメージで運転するようにしましょう。そしてできるだけ早くギアトップに持ってくるようにすると良いでしょう。

一定の速度を保って運転をしよう

燃費を上げるためにできることは、一定のスピードを保って運転することです。トラックのスピードが一定でない場合、その分エンジンに負担がかかり、燃費も落ちてしまいます。

一定の速度で運転するためには、道の先や後方、サイドをよく確認し、周りの状況をよく理解した上で運転することが大切です。

このようにすることによって、常に状況判断を素早く行うことができ、一定のスピードに保った運転を行うことができるでしょう。

トラックの燃費改善方法とは?

先ほどは運転するときにどのように行なったら良いのかについて具体例をご紹介しましたが、トラックの燃費を改善するにあたってできることはまだあります。ここでは、他に何ができるのかご紹介します。

アイドリングをしない

アイドリングをすることによって、燃料を多く消費します。トイレ休憩やコンビニでの買い物など、ちょっとした時間はエンジンを切るのが面倒になりがちです。

このようなときにアイドリングをしてしまいがちですが、エンジンを切ることによって燃料を無駄に使用しないで済みます。その結果、燃費を上げることにつながります。

エアコンや暖房の使い方に気をつける

言うまでもないことですが、エアコンや暖房を使うことによって燃料の消費は速くなります。燃費を上げたいのなら、エアコンや暖房の使用を控えるのが良いでしょう。

しかし、窓を開けて運転することが不可能である場合や、冬の寒い時期に暖房をつけずに運転するのが現実的でないなどそれぞれに理由があります。それで、一概に使わないようにと言うことはできません。

あくまで、空調器具を使うことによって、燃料の消費が早くなると言うことを意識すると言う意味です。意識するのとしないのとでは無駄遣いの頻度が減るでしょう。

トラックの燃費を計算する方法とは?

では、実際にトラックの燃費を計算するにはどうしたらいいのでしょうか。一番簡単なのは満タン法という計算方法を使うことです。

満タン法の手順はまずガソリンを満タンにします。その後、走行距離を表示したメーターを0に戻します。その後、ガソリンタンクが空になるまで、トラックを走行します。

ガソリンタンクが空になったら再び満タンに給油します。その時のガソリンの量と、走行距離を覚えておきます。

そして、走行距離をガソリンの量で割ります。これがその時に走った走行距離の燃費となります。

トラックの平均燃費は?

トラックの燃費が良いか悪いかを知るためにはまず、トラックの平均燃費を知る必要があります。トラックの平均燃費は、約4キロです。

これは多くの場合トラックには荷物が載せられ、荷物を運ぶため、タイヤに転がり抵抗がかかってしまうためです。このため、一般的なトラックの平均燃費は、普通車に比べて低くなります。

大型トラックの燃費比較は?

ここでは10t大型トラックの燃費を比較します。国産の大型トラックの主なメーカーはISUZU、UDトラック、三菱ふそうなどです。これらのトラックの燃費を比較してみます。

まずはISUZUです。ISUZUから出ているギガシリーズは、カーゴローリダンプです。このトラックの燃費は平均で、4.06キロです。

次に、UDトラックです。UDトラックのクオシシリーズはカーゴローリダンプミキサーです。この大型トラックの平均燃費は、4.05キロです。

今度は三菱ふそうです。三菱ふそうは、スーパーグレードシリーズが出ていますが、このトラックは、カーゴハイウェイダンプトラクタです。この大型トラックの平均燃費は、3.83です。

こららのトラックからも分かりますが、大型トラックの燃費は平均で4キロと考えてよいでしょう。

トラックの燃費をできるだけ抑えよう!

トラックの燃費は基本的なことですが、運転技術を少し気をつけることによって下げることができます。経費のためにも環境のためにも、走り方に気をつけ、燃費を下げるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人