Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックのバッテリー特徴・上がりの原因・交換方法・充電方法

トラックのバッテリー特徴・上がりの原因・交換方法・充電方法

トラックのバッテリーは乗用車のそれとは違った存在です。仕事で使う車両ですから、故障はあってはいけません。では、どう点検するのでしょう。寿命や交換方法、上がってしまったときの対策も知っておくべきです。ここではそんなトラックのバッテリーについて解説します。


トラックのバッテリーの特徴

自動車においてバッテリーは必要不可欠なパーツのひとつです。車はガソリンなどの燃料で動いているというのが一般的な認識ではありますが、間違いなく電気がなくてはエンジンだって動きませんから、バッテリーは重要です。

そして、自動車におけるトラックは一般的な乗用車タイプとはバッテリーが異なっています。トラックとひと口に言っても軽自動車のトラックから10輪以上の大型トラックまでさまざまです。

これらトラックに使用するバッテリーは中型以上の大きさの場合、乗用車向けのバッテリーとは種類や扱いが違います。ここではそんな中型あるいは大型トラックのバッテリーに関する注意や知識などを紹介します。

一般乗用車のバッテリーとの違い

トラックに使用するバッテリーと乗用車用のそれとはバッテリーの寸法であるサイズ自体は大きく違いはありません。もちろん大型車の場合は大きい場合もありますが、もっとも重要なのはボルト数になります。

中型トラックや大型車はそれなりに電力を使いますので、ボルト数が高くないとエンジンなどを動かすことができません。乗用車は一般的には12Vです。トラック向けのバッテリーは主に24V(ボルト)が採用されます

そして、市販されるバッテリーは普通は12Vです。トラックでは12Vバッテリーを直列に繋いで使用します。ただ、メーカーによっては乗用車専用、トラック専用、共用バッテリーがありますので、つなぎ方などはメーカーごとにチェックが必要です。

いずれにせよ、中型・大型トラックのバッテリーは24Vが当たり前であると憶えておくといいでしょう。

トラックのバッテリー上がりの原因

トラックのバッテリー特徴・上がりの原因・交換方法・充電方法

トラックは主に仕事で使うことが多いでしょう。トラックを日常生活に使う人は多くありません。つまり、仕事で使うということは乗用車よりも過酷な環境で、圧倒的な長時間の利用が想定されます。そうなると、当然ながらバッテリーを酷使することになります。

車が特に電力を使うときはエンジン始動時、車の電気装備を使用するときです。さらに電動のクレーンなどの装備を使うときはよりバッテリーに負担をかけることになりますので、一般の乗用車以上に注意して使わないとバッテリーはすぐに上がってしまいます。

バッテリーが上がるということはバッテリーに蓄えられた電力が尽きてしまう状態です。ここではバッテリーのサイズによって考えられる原因を探ってみましょう。

12Vの場合

12Vのバッテリーを使う場合、軽トラックなどの小さな車種であれば一般的な乗用車のバッテリー上がりと要因・原因に違いはありません。もちろん仕事で使うことが多いトラックですので、エンジンを始動する回数や電力を使う装備が多い場合には一般車両よりも早く電力が尽きます。

大型車両は12Vのバッテリーを直列で積んでいますので、普通は同じタイミングでバッテリーが上がります。しかし、つなぎ方が間違っていれば片方だけしか電力供給ができず、アンバランスに上がってしまうこともあるでしょう。いずれにせよ、その場合は長時間どころか正常にトラックを使用できないはずですので、つなぎ方なども事前にチェックするべきです。

24Vでは?

中型車や大型のトラックに積まれるバッテリーは12Vのものを直列につないで24Vのバッテリーにしています。24Vバッテリーも、やはりエンジン始動の回数、電気をより多く消費する装備の長時間使用などが原因で蓄えられた電力が消費されていきます。仕事で酷使する車は乗用車以上に点検などの回数を増やす必要がありますが、その際にはバッテリーの確認を怠らないようにしましょう。

トラックではタイヤやサスペンションと同じレベルでバッテリーも酷使しています。忘れがちですが、バッテリーの点検は頻繁に行うべきです。

トラックのバッテリー交換方法

トラックのバッテリー特徴・上がりの原因・交換方法・充電方法

バッテリーの調子がよくないと感じた場合は速やかにバッテリー交換をしましょう。当然ながら、バッテリー交換の前にはバッテリーそのものを用意しなければなりません。カー用品店などでバッテリーは購入可能ですが、整備工場に持っていけば新品バッテリー込みで対応してもらうことができるでしょう。

その場合は、バッテリーの値段と交換手間賃などがかかりますので、ややお金がかかることは否めません。もっとも安くバッテリーを交換する場合、トラックと言えども自分で交換すると費用を安く抑えることができます。

そんなバッテリー交換の注意点を見てみましょう。

素人が自分で交換してもいい?

そもそも素人が自分でバッテリー交換をしてもいいのか、という点ですが、問題ありません。ただし、最低限の知識と技術がトラックのバッテリー交換には必要です。トラックのバッテリーは12Vを直列に繋いでいることが多いので、外し方、取りつけ方を間違えないことで、素人でも安全にバッテリー交換ができます。

トラックのバッテリー交換で注意したいのは配線の外し方です。10ミリ(場合によっては11~13ミリ)のボックスレンチを使い、トラック側のマイナス端子、トラック側のプラス端子、2つのバッテリーをつなげる配線のマイナス端子、そのプラス端子の順番で外します。この手順を間違えるとショートするなどして危険です。

そして、配線の取りつけ方は先の外し方の逆の順番に取りつけます。これだけですので、誰でも最低限の知識と技術さえあればバッテリーの交換は可能です。

トラックのバッテリーは市販品がある?

トラックのバッテリーも市販品があります。カー用品店、ネット通販などで入手可能で、さまざまなメーカーが販売しています。大型車用のバッテリーは12000円台からあり、高いものでも5万円前後などで購入できます

そのため、自分でバッテリー交換をしたい人はこういった市販のバッテリーを購入して、使用することが可能です。

評価遅れちゃいました、、、
今のとこ絶好調です!!!長持ちしてくれたら完璧!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJZA76EO6GDZ... |

市販バッテリーの選び方

トラック向けのバッテリーに限らず、車用のバッテリーの選び方は簡単です。もちろんサイズが合っていることがもっとも大切ですが、日本の車の場合は規格がありますから、それに合ったサイズを選択すればいいだけです。

バッテリーのJIS規格ではサイズや性能がすべてひと目でわかるように一定の法則で番号のようなものがつけられています。これを見ればトラックのバッテリーの選び方も一目瞭然です。

とてもおしゃれな色です。大きさもちょうどよいです。この次も利用したいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R25XC0XJX9LX... |

バッテリーの規格名称の読み方

バッテリーには例えば『70D23R』などと製品名のあとなどにつけられています。まず最初の『70』は性能ランクです。55から70くらいが多いですが、それ以上もあり、数字が大きくなるほど性能がいいバッテリーです。

次のDは高さと幅を表す規格をアルファベットで表示しています。AからHまであり(途中抜けているアルファベットがあります)、Aが一番小さなサイズです。そのあとの『23』は横の長さ、『R』はマイナス端子が右(R)か左(L)にあるかを表します。RかLがない場合は端子が縦に並んだタイプです。

この規格名を見れば、どんなバッテリーかがわかりますので、トラックに必要な最低限スペックを確認して、それ以上の規格を有するバッテリーを選びましょう

韓国勢と 悩みましたがこの値段なら 安定の GSです
このサイズなら迷わすに これで 間違い無いです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2Y4DK8ZUITX... |

バッテリー上がり時のブースターケーブルのつなぎ方

Bottom banner

トラックのバッテリーは、トラックの性質上酷使することが多いため、バッテリーは上がりやすいです。そのため、ドライバーあるいは運行者は常にバッテリーの点検が必須ですし、場合によっては対処法を知っていなければなりません。

ところが、バッテリーはつなぎ方を間違えると車そのものを壊したり、場合によっては人間が感電してしまうこともあって危険であるにも関わらず、その危険性を理解していない人が多いです。これによって「どうせプラスとマイナスだけでしょう?」とバッテリーが上がったときのつなぎ方をしっかり憶えていない人がいます。

バッテリーが上がったときの対処方法は重要ですので、しっかりと憶えておきましょう

普段使わない製品だからこそ、使い方が簡単で、この製品を買っていて良かったそんな点が大切であり、またそう思わせてくれる製品です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/ROPT648WGJ8Z... |

ブースターケーブルはこうつなぐ

まず、ブースターケーブルに12V用、24V用、共用がありますので、24V用か共用を選びます。そして、バッテリーが上がった車のプラス端子にケーブルを接続し、一方を支援車のプラス端子につなぎます。次に支援車のマイナス端子に接続して、一方をバッテリー上がり車のエンジンフックなどにつなぎます。

この手順を守らないとショートしたり、火花が散り、バッテリーから出るガスなどに引火してしまいます。充分な注意が必要です。

乗用車とつなぐことは可能?

トラックのバッテリーが上がったとき、それはほぼバッテリーが使えなくなっている状態です。ブースターケーブルでエンジンがかかったら、先のつなげ方とは逆の手順でケーブルを外し、エンジンをかけたままにします。そして片づけが終わったら速やかにバッテリー交換を整備工場などで行いましょう。

ブースターケーブルを使うときですが、乗用車とつなぐことは危険です。トラックと乗用車のバッテリーの電圧に差があるため、乗用車のバッテリーの負担が大きく、バッテリーを損傷してしまいます。必ず同じ電圧のバッテリー同士をつなぐようにしてください

トラックのバッテリー充電方法

トラックに限らず、自動車では走行中にエンジンから電気を発生させてバッテリーに自然に充電させています。国産車のトラック用バッテリーはよほどのことがない限り自然に充電ができますので、なんらかしらの対処をする必要はありません。

しかし、バッテリーは駐車中でも自然放電が起こっています。そのため、数ヶ月放置しているとバッテリーは自然と上がってしまいます。バッテリーが上がってしまったら新たに充電をする必要があります。整備工場などには専用の装置があり、バッテリーの充電が可能です。

本体もプラスチックではなく金属でできており、安物感はありません。
バッテリーの様子を見ながらきっちり充電してくれる、頼もしいやつという感じです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RU7Q61BGZKNE... |

充電器を使うことはできるのか

バッテリー充電器には市販のタイプもあり、トラック用バッテリーも充電器を利用することは可能です。ただ、エンジン始動時に電力を大量消費するため、中途半端な充電では意味がありません。整備工場の装置などはプロ用ですので、しっかりと充電ができますが、市販の場合は性能を見極めて購入することをおすすめします。

つまり、市販の充電器でバッテリーを充電することができます。しかし、注意が必要です。バッテリーが上がっている時点で寿命的にもかなり不安がありますので、整備工場に持ち込んだ方が確実です。

トラックのバッテリーの平均寿命

バッテリーには寿命があります。一般乗用車では3年程度、長ければ5年とも言われていましたが、実はこれはもう古い話です。今のバッテリーの寿命はもっと短いと踏んでいいでしょう。

これにはワケがあります。バッテリーそのものの性能は日を追って上がっています。しかし、車の性能も上がっている上に、今は強力なライト、カーナビなど諸々の装備が増えています。車が電化しているため、バッテリーを自然と酷使してしまっています。

これによって最近のバッテリーは2年程度で限界に近づきつつあると考えるべきです。3年くらいは使えると見られますが、2年くらいから急激に性能が劣化し始めると認識しておきましょう。

バッテリーの状態の確認方法とは

バッテリーの状態が良好かどうかは、製品によってはバッテリー液や性能の状態を目視確認できる小窓などがついていることもあります。それによって、ちょっと観察するだけでバッテリーの状態が一目瞭然です。

もしそういった小窓などがない場合、バッテリーの寿命はエンジン始動時などのセルモーターのもたつきなどから知ることができます。バッテリーが弱くなっていればセルモーターを動かすための電力が不足し、たとえばキーを回したときに一瞬でかかっていたものが、1秒2秒と時間がかかるようになっていきます。

つまり、常日頃、バッテリーの状態、車の反応に気を留めていることが把握することが可能です。

中古バッテリーはトラックに使うことはできる?

個人売買などで中古バッテリーを入手するチャンスはありますが、果たしてトラックに使用できるのかどうか。最低限のスペックが合致していることが大切ですが、それらの最低条件をクリアしていれば、中古バッテリーでも問題ないでしょう

当然ながら、バッテリーの状態にも寄ります。酷使して性能がかなり低下し、寿命に近いものなら間違いなく使用を避けるべきです。やむなき事情があるなら別ですが、基本的にはバッテリーは新品をおすすめします。それほど重要なパーツだからです。

乗用車向けバッテリーはトラックに転用可能か

トラック、乗用車に関わらず、日本の車はバッテリーは12Vは一般的です。トラックはこの12Vバッテリーを直列につなげることで24Vとしています。よって、理論的にはサイズさえ合っていれば、乗用車のバッテリーでもトラックに転用することは不可能ではありません。

しかし、トラックは大きいですし、直列に使います。また、クレーンなどの装備のほか、毎日仕事で長時間使うことになります。そのため、バッテリーの使用頻度も高くなり、耐久性の問題も出てきます。

乗用車のバッテリーも使えないことはないですが、可能な限りトラック用のバッテリーを使うことをおすすめします。あるいは、共用のバッテリーもありますので、最低限、それを選択するようにしましょう。

トラックのバッテリーの盗難防止方法

トラックは駐車スペースなどがどうしても屋外になることが多いです。また、現場に停めておくこともあるでしょう。そのときにバッテリーが盗まれてしまうこともあります。これを防止するための対策はあるのでしょうか。

いくつかバッテリー盗難防止対策がありますが、その中でも低コストで注目されるのが「盗難防止用ナット」です。一度締めると取り外すことができないため、バッテリーを盗まれる心配がありません。取り外すには専用工具が必要で、交換の際には面倒ですが、被害は少なくて済みます。

もし盗まれてしまった場合

万が一トラックからバッテリーが抜かれてしまったら、我々はどうすればいいでしょうか。

まず第一にすることは警察への通報と被害届の提出です。ただ、残念ながらバッテリーの場合は一度盗まれたら発見されることは容易ではありません。バッテリーは車体内部などにあるため、外からは見えませんし、転売されるなどで行方は掴めなくなります。

こういったことのないよう、盗難防止ナットで締めておくなど、あらかじめ対策を講じておくことをおすすめします。

トラックのバッテリーは特別な存在

トラックは仕事で使う車であることがほとんどです。そのため、故障などはもってのほかであることは想像に難くありません。その中で重要なのはエンジンやタイヤ、サスペンションなどになりますが、バッテリーも大切な存在になります。これがなければそもそもトラックは動きません。

しかも、乗用車と違いバッテリーは大型、あるいは2個使いですから、絶対的に重要でありつつ、点検も大変です。トラックのパーツでバッテリーはむしろ最重要なものとして常にチェックや交換のタイミング確認などを忘れないようにしましょう

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人