Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックのタイヤ交換方法+料金の目安・必要な工具・時期の目安

トラックのタイヤ交換方法+料金の目安・必要な工具・時期の目安

トラックのタイヤ交換について紹介していきます。トラックのタイヤ交換の手順を分かりやすく説明しています。必要となる工具についても紹介しているので、これまでトラックのタイヤ交換をしたことがないというトラックドライバーの方は要チェックです。

トラックのタイヤ交換はどうやってするの?

トラックのタイヤ交換はどのようにして行われるのでしょうか。こちらではトラックのタイヤ交換の方法について紹介していきます。

タイヤ交換を行う前の準備

トラックのタイヤ交換を行う前に、まず交換するタイヤと反対側のタイヤに車止めのストッパーを付けるようにして下さい。車止めのストッパーを付けないでタイヤ交換の作業を行ってしまうとトラックが動き出してしまう恐れがあります。

思わぬ事故に繋がる可能性がありますので、絶対に交換するタイヤの反対側のタイヤに車止めのストッパーを付けるようにして下さい。確実にタイヤに接しているかどうか最後に必ず確認しましょう。

スペアタイヤを下ろす

タイヤ交換を行うために必要となるスペアタイヤを下ろしていきます。タイヤの収納場所にある小窓に専用工具を差し込んでからスペアタイヤを取っていくのですが、取る前に床に鉄パイプを置いておくようにしましょう。鉄パイプを置いておくことでタイヤの移動をスムーズに行うことができます。

タイヤ交換を行う手順

トラックのタイヤ交換を行う前にする必要がある事前準備について紹介していきました。それでは本題となるタイヤ交換の手順についてみていきましょう。

手順①ホイールナットを緩める

ホイールナットを緩めるときにはタイヤレンチを使用します。ホイールナットを緩めるときの注意点についてですが、ホイールナットを完全にゆるめないようにして下さい。完全にホイールナットを緩めてしまうと、他のボルトに負担がかかってしまい最悪の場合破損してしまいます。

ホイールナットは完全に緩めるのではなく、90度の角度で緩めるようにしていきましょう。

手順②ジャッキで車体を上げホイールナットを緩める

ジャッキを使用しまずは手で上げていきます。ジャッキをセットする場合は専用のジャッキポイントにセットして下さい。そうすることで手でも上げやすくなります。タイヤが1~2cmほど浮き上がる状態になるまで上げていって下さい。

車体を上げることができたら、すべてのホイールナットを緩めタイヤを外していきます。最初はレンチを使用して緩め、ある程度緩めることができたら手で緩めていきましょう。

手順③新しいタイヤに交換していく

前のタイヤを取りはずことができたらタイヤ交換を行っていきます。新しいタイヤをはめ込み、ナットを締めていくのですが、今度は逆で最初は手で絞めていきある程度締めることができたらレンチで締めていきます。

このときに完全にナットを締めないようにして下さい。緩めるときと同じで90度回転させる程度にナットを締めていきましょう。

手順④ジャッキを下ろしホイールナットを締める

ジャッキを下ろしていくときはゆっくりと下ろしていくようにして下さい。ジャッキを下ろすことができたら最後にタイヤ交換したタイヤのホイールナットを完全に締めていきます。

レンチを使用して締めるときは手だけでなく足、全体重を使って締めていくようにして下さい。

トラックのタイヤ交換にかかる料金っていくら?

トラックのタイヤ交換にかかる料金は、トラックの大きさそしてタイヤ交換を行う業者によって異なります。ここではある業者のトラックのタイヤ交換料金について紹介していきます。

2tおよび3tトラックのタイヤ交換料金は?

15、16インチの場合の1本のタイヤ交換料金は2,500円で、17.5インチの場合の1本のタイヤ交換料金は2,750円となります。

4tトラックのタイヤ交換料金は?

17.5インチの場合の1本のタイヤ交換料金は3,000円となります。

ある業者の例ですので、こちらの値段より安い場合もありますしこちらの値段より高い場合もあるでしょう。タイヤ交換を業者にやってもらうという場合はまず問い合わせて料金を聞いてみることをおすすめします。

トラックのタイヤ交換に必要となる工具は?

トラックのタイヤ交換を行うときに必要となる工具について紹介していきます。

レンチ

ホイールナットを締めたり緩めたりするときに使用する工具がレンチです。レンチはL字型や十字型がありますが、トラックのタイヤ交換に使用するのであれば力を入れやすい十字型レンチをおすすめします。

また中には電動でホイールナットを回すことができるインパクトレンチというレンチもあります。インパクトレンチにはコード付きとコードレスタイプとがあります。女性で力がなくレンチを使用してうまくホイールナットが回らないという方にはインパクトレンチがおすすめです。

トルクレンチ

ホイールナットを回して緩めたり締めたりしていくのですが、どのくらい締めればいいのかということは素人では難しいです。そこでおすすめしたい工具がトルクレンチです。

トルクレンチを使用することで、締めすぎることなく緩すぎることなくホイールナットを締めることができます。締めすぎてボルトに負担がかかってしまうと思わぬ事故を引き起こす可能性がありますのでトルクレンチを用意しておくことをおすすめします。

ジャッキ

ジャッキはトラックなど車を持ち上げることができる工具です。パンタグラフジャッキ、フロアジャッキとありますが、レバーを上下させるだけで車を持ち上げることができるフロアジャッキがおすすめです。

フロアジャッキであれば女性でも楽にトラックを持ち上げることができるでしょう。

ストッパー

タイヤ交換を行うときには、タイヤ交換をしていない反対側の車両のタイヤにストッパーをする必要があります。ストッパーがないとトラックが動き出してしまう可能性があるからです。

軍手

タイヤは黒く汚れていることが多いですので、タイヤ交換を行うときには、軍手をして作業するようにすることをおすすめします。

軍手をすることで手が汚れることを防ぐことができますが、同時に怪我防止にもなります。
作業中に怪我をしたという方は少なくありません。

トラックのタイヤ交換時期の目安について

トラックのタイヤ交換をしないまま走行することは大変危険です。トラックのタイヤ交換をしないまま走行するとタイヤにひびが入ってしまう可能性があります。

ひびが入ったままトラックを走行することで、ひびの部分からいきなり破裂してしまうこともあります。このことはバーストと呼ばれるのですが、トラックの突然のバーストによる事故は少なくありません。

事故を起こさないためにも、トラックのタイヤはきちんと交換時期に交換する必要があります。

タイヤ交換の目安

トラックのタイヤ交換の目安についてですが、目安となるのはスリップサインです。スリップサインはタイヤ表面の溝の奥にある盛り上がった場所にあります。スリップサインはタイヤの周上6ヶ所にあるのですが、1ヶ所でも出ていたらそれはタイヤ交換の目安となります。

スリップサインの他にもタイヤ交換の目安となるものがあります。それはヒビです。タイヤの側面にまでヒビが入っていればバーストしてしまう可能性があります。

トラックのタイヤの使用期間は最長で5年と言われています。しかし使用頻度が高い場合は5年よりも早く限界を迎えてしまうこともあります。定期的にタイヤのチェックを行う必要があるといえるでしょう。

トラックのタイヤ交換にかかる平均時間は?

トラックのタイヤ交換にかかる時間についてですが、慣れている人であれば30分程度で交換することが可能です。1時間はかからないケースが多いでしょう。

タイヤ交換は自分でやるのが主流?

大手企業であれば会社に整備士が居るためタイヤ交換などは整備士が行います。安全面などを考慮しドライバーが行うのではなく整備士が行うのが主流のところが増えています。

大手企業ではないところでは整備士が居ない場合があるでしょう。しかしその場合でもタイヤ交換はタイヤ屋などに外注しタイヤ交換を行ってもらっています。

トラック運転手は自分でタイヤ交換を行う必要はないのではないか、そう思われる方もいるでしょう。しかしなにかトラブルが起きることも考えられます。自分でもタイヤ交換を行うことができるよう知識はしっかり頭に入れておく必要があります。

自分でタイヤ交換ができるようになろう

トラックの運転手の場合、走行中にいつなにが起こるか分かりません。万が一に備え、これまでタイヤ交換をしたことがないという人もタイヤ交換を行うことができるよう練習していきましょう。タイヤ交換の手順については必ず頭に入れておくようにして下さい。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related