Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

エアドライヤーの仕組み・故障した場合の修理法補・平均価格

エアドライヤーの仕組み・故障した場合の修理法補・平均価格

エアドライヤーとはどんなものか知らない方にも、わかりやすいように仕組みを解説しています。エアドライヤーを製造・販売している企業では、あの世界的に有名な発明家とのつながりも判明します。修理や定期点検について、平均価格や故障原因についても触れていきます。


トラック業界への転職ならドライバーワークス! 年収や福利厚生などに不満があるなら、転職を考えてみることをおすすめします!

未経験者や初心者でも年収500万円の案件から、中には年収1000万まで目指せる案件が揃っています。

業界最大数の案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

エアドライヤーとは

トラックやバスなどの大型の車両の多くは、エンジンと直結したコンプレッサーから送られてくる圧縮空気によってブレーキなど、さまざまなシステムをコントロールしています。この圧縮空気をブレーキに利用している方式をエアブレーキシステムといいます。このように空気を利用してシステムをコントロールしている車両に搭載されているのがエアドライヤーです。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

エアドライヤーを製造・販売している企業

商用車用のエアドライヤーを製造・販売している企業をご紹介します。

ナブテスコオートモーティブ

ナブテスコオートモーティブ株式会社は1933年に日本で初めてオイルブレーキを開発し、トラックやバスなど商用車用のブレーキ機器のトップメーカーとしても有名です。商用車用エアドライヤー、商用車用ウェッジブレーキチャンバーにおいて日本国内でトップシェアとなっています。

「安全・安心・快適の追求」を原点として掲げ、高い信頼性と評価の製品を世に送り出しています。タイやインドなど海外のトラック市場においても活躍しており、グローバル企業としても成長を続けています。

WABCO

WABCOは商用車向けに安全システム、制御システムを提供しています。40か国に15,000人の従業員がおり、世界中に製品を供給するグローバルテクノロジーリーダーです。

「電流戦争」において、直流送電システムを提案する、かの有名なトーマス・エジソンに対して交流送電システムを提案し勝利したジョージ・ウェスティングハウスが設立した会社です。ジョージ・ウェスティングハウスはロータリーエンジンや、空気ブレーキなどの発明をして、現代の人々の生活にも影響を与えた人物です。

主なエアドライヤーの制御方式

現在販売されているエアドライヤーの主な制御方式をご紹介します。

電子制御式エアドライヤー

電子制御式エアドライヤーは軽量かつ、燃費低減といった効率的な要素を兼ね備えています。WABCOの電子制御式エアドライヤーでは、車両に装備されている電子制御ユニットを使用して燃費低減モードを利用することができます。

電子制御式のメリットとしては、燃費低減だけでなく軽量化と省スペース化、寿命をモニタリングすることでリスクを低減、1台の電子制御式エアドライヤーで全車両の範囲に対応することができるという点があります。

タイマーパージ式エアドライヤー

パージタンクが不要で車両搭載性に優れています。本体にメカ式の再生タイマーが搭載されており、再生用の空気を下流から逆流させることが可能なエアドライヤーです。

モジュールエアドライヤー

MPRV(Multi Protection & Reducing Valve)をモジュール化してパージタンク一体型のエアドライヤーです。整備性が優れているのが特徴です。

トラックドライバーの転職ならドライバーワークス! 年収や福利厚生に不満があるなら、転職を検討してみることがおすすめです! 未経験者でも年収500万円の案件から、スキルによっては年収1000万まで目指せる案件が揃っています。 業界最大数の案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

エアドライヤーの仕組み・構造

エアドライヤーの細かい仕組みや構造について解説していきます。エアドライヤーはさまざまなパーツと相互作用しながら動作しているのがわかります。

原理

コンプレッサーから送られてくる圧縮空気は、エアドライヤーの中に入っている乾燥剤を経由して水分と油分を取り除いてから、各システムへ使用されます。水分と油分が含まれたまま各システムへ圧縮空気が流れていくと故障の原因になってしまいます。

乾燥剤

エアドライヤーの中にある乾燥剤は必要不可欠です。もしもブレーキ機器内に水分が侵入してしまった場合、ブレーキ機器の腐食や故障につながってしまいます。冬季に起きてしまった場合は、水分が凍結して事故になる可能性もあります。定期的な交換が必要です。

エキゾーストバルブ

排気ガスを排出するバルブであるため、常に高温にさらされ続けるので耐熱性が重要なパーツです。ガバナからの信号圧力により除湿作用、再生作用と動作を切り替えています。

チェックバルブ

空気の流れを一方向にのみ流れるようにし、逆流を阻止するバルブです。逆止弁とも呼ばれています。ブレーキに用いられるときは、空気の流れを一方向にして負圧を確保するために使われています。

ガバナ

圧力を検知し、コンプレッサーやエアドライヤーの作動を調整するパーツです。

エアドライヤーとコンプレッサーの関係性

Bottom banner

コンプレッサーは圧縮空気を作りエアタンクに貯めることが可能です。空気は圧縮後に冷却されるため、水分やコンプレッサー内の潤滑油が混入します。その圧縮空気は運転手がブレーキを踏んだ際に、ブレーキチェンバーと呼ばれるブレーキを直接作動させるパーツに送り込まれることによりエアブレーキが作動します。

この仕組みだけでは、コンプレッサーが作った圧縮空気に混ざる水分と油分が各機関に入り込んでしまいます。それを防ぐためにエアドライヤーが重要な役割を担っているため、コンプレッサーとエアドライヤーは2つセットと考えてもよい関係だといえるでしょう。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

エアドライヤーの定期点検

各パーツの動作不良、故障を防ぐためにも必要なエアドライヤー自体はどのくらいの頻度で定期点検が必要なのでしょうか。

定期点検が必要

国土交通省の自動車の点検・整備の種類によると、項目別に日常点検、3か月から12か月周期での定期点検を行う必要があるとされています。事業用自動車によるブレーキの点検は日常点検整備として1日に1回運行の開始前に行わなければいけません。

点検を怠ってしまった場合、エアドライヤーの水分と油分を除去する性能が低下していき、ブレーキの作動不良につながってしまいます。運行不能になるおそれがあるだけでなく、重大な事故のおそれもあります。定期点検は必ず行いましょう。

定期点検で費用を抑える

定期点検実施車と非整備車両では後者のほうが、車両整備費用が高くなる傾向があります。運送業であれば、整備不良による運行不能やトラブルに遭遇してしまった場合、損害賠償が多大なものになってしまいます。そうならないためにも定期点検を日頃から行い、無駄な費用を抑えましょう。

エアドライヤーが故障した場合の修理方法

エアドライヤーの故障が疑われる場合は、まず社内規定に従って整備管理者に報告をするべきです。国土交通省の整備管理者制度によると事業者の責任における整備管理を徹底するために、整備管理者制度が制定、改正されています。個人で使用している場合でも定期交換部品なので車検などで交換をしましょう。

交換など

エアドライヤーが不調、故障していると感じたときにはすぐに整備管理者に報告しましょう。修理工場や、業者に依頼をする必要があります。修理もしくは新品へ交換対応してもらえれば安心して運転することができます。経験や知識がない状態で無理に修理するべきではありません。

あなたの会社は大丈夫?

あなたの会社は、ちゃんと保険に加入していますか?


「事故を起こしてしまったが、自費で弁償しろと言われた」という話もこの業界では多いです。


もし福利厚生面に不安があるなら、転職を考えてみましょう。


ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。
日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

エアドライヤーの故障原因

エアドライヤーの故障原因にはさまざまなものがあります。乾燥剤が水分と油分を十分に除去することができなくなり、除去できなかった水分と油分がブレーキなど他の機器内部に侵入し動作不良を起こします。

各パーツで不具合が発生します。例えば、エキゾーズトバルブではエア漏れ、チェックバルブやガバナでは経年劣化などにより空気圧力が不足してしまって運行不能に陥ってしまいます。

エアドライヤーは各パーツを守る役割も担っているため、定期点検を怠るとブレーキ系だけでなく、走行の機能のミッション系や積荷に関するサスペンション系などに悪影響を及ぼします。

オイル漏れ

エアドライヤー排出部からオイルが漏れる場合があります。要因の一つとして考えられているのが、エアークリーナーの詰まりです。エアークリーナーが詰まった状態では、コンプレッサーへ十分なエアーが供給できずに内部が「負圧状態」になります。負圧状態になると吸い込む力の方が強いために、潤滑油まで吸い上げ油分が混ざった空気を排出してしまいます。

オイルキャッチタンク

オイルがエアドライヤーのオイル漏れによって大気に拡散されるのを防止する機器として、オイルキャッチタンクと呼ばれるものが開発されています。エアドライヤーが除去しきれなかったオイルをキャッチして捕集する役割をもっています。

エアドライヤーの平均価格

種類や車種により異なりますが、中古のエアドライヤーでは25,000円前後、新品で交換すると作業工賃や部品代込みで50,000円ほどになります。

ドライバーワークスは業界最大数の案件を持ち今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

中古のエアドライヤー購入時の注意点

中古のエアドライヤーはリビルト品として購入することができます。購入する際には必ず、純正番号の確認をしましょう。同車種、同エンジン型式であっても年式によっては合わない場合があり取り付けることができません。

エアドライヤーの耐用年数

エアドライヤーは定期交換部品です。必ず定期点検を行い、1年または10万km毎に交換をしましょう。

定期点検を忘れない

エアドライヤーは定期交換部品といわれています。定期点検を必ず行い、問題がなかったとしても1年もしくは10万kmの走行をした時点で新品への交換をしましょう。こうした意識を続けることで自身の安全だけでなく、みんなが安心して車を運転することができます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人