Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

6トントラックの特徴・必要免許・取り方・メリット・デメリット

6トントラックの特徴・必要免許・取り方・メリット・デメリット

トラックというと2トン、4トン、10トンが一般的です。しかし最近中型増トン車と言われる6トントラックが増えてきています。そこで今回は6トントラックの特徴や6トントラックを運転するために必要な免許などについて紹介していきます。


トラックドライバーの転職ならドライバーワークス!

ドライバーワークスは福利厚生をはじめ資格の取得の補助、家賃の補助などが整っている案件が多数!
 また、未経験者や初心者でも年収500万円の案件から、スキルによっては年収1000万まで目指せる案件が揃っています。

業界最大数の案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

6トントラックの特徴についてチェック

4トントラック~10トントラックの間の大きさである中型増トン車、以前はマイナーなトラックとして知られていました。しかし最近では姿を見かけることが増えてきています。

ここでは今回注目している6トントラックの特徴について紹介していきます。

6トントラックの大きさは?

まず最初に紹介する6トントラックの大きさについてですが、
・全長8,350m
・全幅2,330m
・全高3,450m

こちらが6トントラックの大きさとなります。

6トントラックの大きさはメーカーによって異なります。そのためこちらの大きさは目安の大きさとして考えるようにして下さい。

6トントラックの荷台寸法は?

次に紹介するのは荷台寸法です。荷台寸法とはトラックそのものの大きさではなく、荷物を積む荷台の内寸のことをいいます。

6トントラックの荷台寸法は、
・荷台長6,330m
・荷台幅2,300m
・荷台高2,450m

こちらが6トントラックの荷台寸法となります。

大きさと同じくと6トントラックの荷台寸法は、メーカーによって寸法が異なります。そのためこちらの荷台寸法は目安として考えるようにして下さい。

6トントラックの積載量は?

積載量とは、車両に貨物を積み込むことが可能となる量のことをいいます。6トントラックは積載量が6トン前後となるように作られています。

メーカーによってこの積載量は異なり、6トン未満の積載量のトラックもあれば6トン以上の積載量のトラックもあります。6トントラックの目安となる積載量は6トンであるということを知っておいて下さい。

6トントラックの形状は?

トラックといっても一つではなくさまざまな形状があります。
・平ボディ(アルミブロック)
・土砂ダンプ
・土砂禁ダンプ
・トラックレーン
・ウイング
・バン付き

これらの形状がトラックの代表的な形状となり、見たことがあるという人も多いでしょう。

6トントラックにもさまざまな形状のものがあり、さまざまなシーンで使用されています。どの形状のトラックを選ぶのかということは、使用目的によって異なります。

中型増トン車など

6トントラックは中型増トン車という別名で呼ばれることがあります。中型増トン車とは積載量を限界まで増やしたものとなります。

より多くの貨物をトラックに詰め込みたいのであれば大型トラックを購入すればいい話なのですが、大型トラックを運転するためには大型免許が必要となりまた維持費が高くなってしまいます。そのため大型トラックよりも中型増トン車が重宝されています。

増トントラックは一般的に認知度はまだ低いです。しかし近年増加してきています。今後ますます増加し今後のトラック業界で活躍していくことでしょう。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

6トントラックに必要な免許は?

6トントラックを運転するために必要となる自動車免許は、中型自動車免許です。中型自動車免許を取得することで運転することができる車両がこちらです。

・車両総重量7,500㎏(7,5トン)以上、11,000㎏(11,0トン)未満
・最大積載量4,500㎏(4,5トン)以上、6,500㎏(6,5トン)未満
・乗車定員11人以上29人以下

この条件を満たす車両を、中型免許を取得することで運転することができるようになります。

6トントラックの最大積載量は6トン前後であり、この条件に6トントラックは当てはまります。そのため6トントラックを運転するためには、中型免許を取得する必要があります。

中型自動車免許を取得するための条件

6トントラックを運転するときに必要となる中型自動車免許ですが、全ての人が中型自動車免許を取得することができるというわけではありません。ここでは中型自動車免許を取得するための条件について紹介していきます。

必要となる資格について

中型自動車免許を取得するための条件として、普通自動車免許または大型特殊免許を取得しておかなければならないという条件があります。さらに取得しているだけでなく、取得してから2年間の運転経験期間が必要という条件もあります。普通自動車免許を取得していない、また普通自動車を取得してすぐにであるにも関わらずいきなり中型免許を取得することはできません。

普通自動車免許を取得することができる年齢は18歳以上となります。しかし中型自動車免許を取得することができる年齢は20歳以上です。これは普通自動車免許を取得して2年間の運転経験期間が中型自動車免許を取得するときには必要であるということを表しています。

身体的能力も問われる

中型自動車免許を取得するための条件として、年齢や取得している免許だけでなく身体的な特徴も条件として問われることとなります。

・視力は片眼で0.5以上、両眼で0.8以上であること
・深視力の検査をクリアしていること
・聴力は10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること
・信号の色など色彩識別がきちんとできること
・自動車の運転に障害を及ぼす身体障害がないこと


このような身体的能力も中型自動車免許を取得するときには問われています。視力の場合メガネとコンタクトの使用が認められており、聴力の場合も補聴器の使用が認められています。

ドライバーワークスは業界最大数の案件を持ち今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

6トントラックに必要な中型自動車免許の取得方法

中型自動車免許を取得するためには、
・指定自動車教習所へ通い技能卒業検定に合格する
・運転免許試験場で技能試験を直接受験する

という2つの取得方法があります。

それぞれの方法でどのようにして中型自動車免許を取得することができるのかということついて紹介していきます。

Bottom banner

中型自動車教習所へ通い技能卒業検定に合格する

普通自動車免許を持っていたとしても、中型自動車免許を取得するためには教習所で学科・実技両方の講習を受ける必要があります。教習所によって異なりますが、ある教習所では実技は15時間、学科は1時間となっていました。

普通自動車免許にはMT(マニュアル)とAT(オートマ)があります。近年ではMTよりも運転が簡単なATを取得するという方が多いです。MTでもATでも中型自動車免許を取得することができます。しかしATの場合には先ほど紹介した実技、学科の時間にプラスして4時間程度教習を行うところが多いです。

中型8トン限定免許を持っている場合

中型免許は2007年6月2日に創設された比較的新しい運転免許です。2007年よりも前に普通自動車免許を取得していたという人には、8トン限定という制限のある普通自動車免許が交付されていました。一方AT免許を取得していた人には、AT8トン限定中型免許が付与されていました。

2007年以降に普通自動車免許を取得している人は8トンのトラックであれば運転することができますが、他の中型に該当するトラックは運転することができませんでした。運転するためには、限定解除を行う必要があります。

この限定解除の方法は特別難しいことはなく、教習所へ行き限定解除のための講習を受け、卒業検定に合格するだけでです。そして中型自動車免許を取得することが可能となり、8トン以外のトラックでも中型であれば運転することができるようになります。

運転免許試験場で技能試験を直接受験する

一発免許、一発試験と呼ばれる免許取得のための方法となります。しかしこの方法は免許の更新を忘れてしまった人、交通違反・交通事故により免許を取り消しとなった人が再度中型自動車免許を取得しようとして受験する方法となります。

これまで中型自動車を運転したことがない人が一発免許で受験し免許を取得しようとしても、合格する確率は限りなく低いです。可能性が低くても節約のために受験するという方は少なくありません。しかし一発免許に何度チャレンジしても合格できず、結局教習所へ行くことになりお金が無駄になったという人も少なくありません。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

6トントラックのメリット・デメリットは?

6トントラックにはどのようなメリット、デメリットがあるのかそれぞれ見て行きましょう。

6トントラックのメリットは?

まずは、6トントラックのメリットについて紹介していきます。

積載量が多い

6トントラックということは、6トン前後の貨物を入れることができるため、結構な量の貨物が入るということになります。積載量が多いのが6トントラックのメリットでしょう。

大型トラックと比べコストを抑えることができる

大型トラックと比べると中型トラックの維持費は安いです。維持費だけでなく税金も大型トラックと比べると中型トラックは安くなります。6トントラックも中型トラックであるため、これら中型トラックのメリットが当てはまるといえるでしょう。

6トントラックのデメリットは?

6トントラックのメリットについて紹介していきました。続いて紹介するのは、6トントラックのデメリットについてです。

大型車通行禁止の道路を走ることができない

道路標識により、大型車の通行を禁止している道路もあります。大型車の通行を禁止している道路は大型車通行禁止道路といいます。大型車通行禁止道路は、通路幅が狭い、歩行者が多い、道路の見通しが悪いなどの理由があります。

6トントラックは大型トラックではなく中型トラックに分類されるのですが、大型車通行禁止道路を通行することが認められていません。道路工事やその禁止された区間で建設工事が行われているなどの理由がある場合は6トントラックであっても大型車通行禁止道路を通行することができるようになります。

しかし大型車通行禁止道路を通行するためには、通行禁止道路通行許可証が必要となります。通行禁止道路通行許可書は、通行する道路を管轄している警察署へ申請書を提出する必要があります。警察署へ申請書を出し通行禁止道路通行許可書を発行してもらうと6トントラックであっても大型車通行禁止道路を通行することができます。

高速道路では大型車料金

中型トラックは中型車の区分となります。しかし高速道路を利用するときは、大型車と同じ大型車の区分となります。ナンバープレートが大型ナンバーの区分となるからでしょう。

高速道路利用料金の大型車の区分は最も高く、距離を走れば走るほど料金が高くなります。高速道路をよく利用する人は料金が高くなるということがデメリットです。

あなたの会社は大丈夫?

あなたの会社は、ちゃんと保険に加入していますか?

「事故を起こしてしまったが、自費で弁償しろと言われた」という話もこの業界では多いです。

もし福利厚生面に不安があるなら、転職を考えてみましょう。

ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。
日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

中型免許を取得し6トントラックを運転しよう!

中型免許は普通自動車免許を取得した人であるなら比較的簡単に取得することができるといっていいでしょう。中型免許を取得することで乗ることができる車両が増え、仕事の幅が広がることは間違いありません。中型免許を取得しようか迷っている方は、免許を取得しましょう。そして取得して6トントラックなどの中型トラックを乗りこなして下さい。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人