Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

長距離トラックの走行距離・仕事内容・寿命になる走行距離・給料

長距離トラックの走行距離・仕事内容・寿命になる走行距離・給料

稼げると評判の長距離トラックドライバーの実際の走行距離はどのくらいなのでしょうか。この記事では長距離トラックドライバーの仕事内容、ドライバーの生活、走行距離別の平均給与、トラックの寿命、採用基準などを具体的に紹介しています。


ドライバー業界への転職ならドライバーワークス!


今の年収や福利厚生など会社に不満があるなら、転職をおすすめします!


未経験者や初心者でも年収500万円の案件から、スキルによっては年収1000万まで目指せる案件が揃っています。


業界最大数の案件が揃っているドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

期間別長距離トラックの走行距離

長距離トラックは具体的に何km程走行するのでしょうか。運行期間別に長距離トラックの走行距離を紹介します。

1日

長距離トラックの走行距離は人によってさまざまですが、1日に300~500kmという人も居れば、1日に700km~1000km以上も走行することもあります。長距離トラックの走行距離は1000kmを超えることがしばしばあります。長距離トラックの走行距離は平均して1日に600km以上程度でしょう。

また、基本的に走行距離は運送会社や荷主さんからの依頼次第になってくるでしょう。

月間

ドラックドライバーの経験者の人のアンケート集計結果では、トラックの月間の走行距離は600km以上が最も多いと言われています。北海道から鹿児島まで全国各地を走る機会が多い長距離トラックの走行距離の場合はさらに多い計算になるでしょう。

アンケートではドライバーの基本走行距離は600km以上が5割を占めていましたが、100km以下という走行距離も2割の人が居ました。仕事内容によって平均走行距離もさまざまです。

【質問】
トラックドライバーの仕事経験者に質問!月間の平均走行距離はどれくらい?
【回答数】
600km以上:47
500~600km:11
301~500km:14
201~300km:8
101~200km:3
100km以下:17

出典: https://job-con.jp/special/driver/guide/faq38 |

年間

長距離トラックの走行距離は多い人で年間15万~20万kmも走行する人もいます。走行距離は基本的に10万km以上はあると考えると良いでしょう。

走行距離別長距離トラックドライバーの仕事内容

長距離トラックドライバーは、大型トラックで物流センターなどに全国に配送するお仕事です。

例えば、大阪から関東・中部・九州・四国へなど、全国に隔てなく配送を行います。長距離トラックドライバーの基本的な仕事内容としては、まず第一に荷物を積みます。そして依頼先で荷物を降ろし、次の現場へ移動し、また荷物の積み込みをします。

次に依頼先で荷物を降ろす、という事の繰り返しです。荷揚げ場所から荷卸し場所まで配送中の運転中は1人なので上司の目も気になることもなく人間関係の煩わしさに悩まされることはありません。1人での業務が好きな人におすすめです。

また全国各地に行くという点から旅行好きな人や運転が好きな人もおすすめです。長距離トラックは走行距離が非常に長く、拘束時間が長いためトラックで睡眠や仮眠をとることも多いでしょう。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

長距離トラックドライバーの生活

稼げる一方で激務とも言われる長距離トラックドライバーの生活はどのようなものでしょうか。長距離トラックドライバーの生活の一例をご紹介します。

貨物運送事業法により、1運行は144時間以内と決まっています。例として挙げますと、月曜日〜水曜日で1運行、水曜日〜金曜日で2運行のようなスケジュールになります。

家に帰ることができるのは2日に1回や週に1回という会社から、月に数回という会社など走行距離によってさまざまです。現在激安ネットショッピングの配送で需要の高まる運送業界は人手不足などにより忙しくなっているとも言えます。

長距離トラックドライバーの必需品

走行距離が長い長距離トラックドライバーは、トラックステーションと呼ばれるトラックの駐車場や、高速道路上のサービスエリアでお風呂に入るため、お風呂セットは欠かせない必需品です。

またトラックの中で寝る時に便利なトラック用布団も大いに役立つでしょう。そして特にインバーターは長距離トラックドライバーにとって必需品です。


インバーターによってトラックの中で家庭用コンセントの使用ができるようになり、スマホの充電や電気ポットなども使えるようになります。また、全国各地を回るのでコンビニなどがない地域もあるため、温冷蔵庫があると自動販売機をわざわざ探す必要がなく便利でしょう。

長距離トラックの寿命になる走行距離

Bottom banner

1年に10万km~20万km近くも走行距離がある長距離トラックですが、寿命はどのくらい持つのでしょうか。

10万km

基本的に長距離トラックの走行距離が10万kmを超える事はよくあることです。もし10万kmや20万kmで壊れ、1年ごとに買い替える必要があれば運送業界が成り立ちません。多くの運送会社では、5年で50万kmほどは持つと考えられてます。

走行距離別長距離トラックドライバーの給料

トラックドライバーは稼げると言われていますが、具体的に月収はいくらでしょうか。長距離トラックドライバーのお給料を紹介します。

基本的なトラックドライバーの平均月収は33万、20代では29万、30代は34万、40代が36万と言われています。長距離の場合はさらに稼げるでしょう。

稼ぎたいなら長距離トラックドライバー

全国47都道府県で配送業務をし、1日に600km以上走行すると言われている大型長距離トラックドライバーは月収50万以上稼ぐことができると言われています。大型の長距離トラックドライバーは大型免許と普通自動車免許が採用条件で必須となっているので、他のドライバーよりも狭き門となっています。

長距離トラックドライバーは走行距離が非常に長く、拘束時間も日をまたぐため、過酷とも言われていますが、月収40万~60万、年収450万~720万と言われているので、拘束時間よりも、とにかく稼ぎたいという人にはおすすめです。会社にもよりますが、長距離トラックドライバーはエリートサラリーマンと同じくらいの月収を稼ぐことが可能です。

中距離トラックドライバー

トラックで仮眠を取ることも多い長距離トラックドライバーと比べ、中距離トラックドライバ-は走行距離が短めなので日帰りでの仕事になります。

稼ぎよりもプライベートの時間を大事にしたい、拘束時間が長すぎるのはキツイ、といった人におすすめです。小型ドライバーの場合は23万、中型ドライバーの場合は28万ほどと言われており、別途賞与が発生する契約もあります。

そして大型トラックドライバーの場合は34万程度と言われています。また中距離トラックドライバーの勤務時間は9時~19時前後までと言われているので、生活リズムを壊すことなく働くことができます。

あなたの会社は大丈夫?

あなたの会社は、ちゃんと保険に加入していますか?

「事故を起こしてしまったが、自費で弁償しろと言われた」という話もこの業界では多いです。

もし福利厚生面に不安があるなら、転職を考えてみましょう。

ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。
日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックドライバーの人手不足

トラックドライバーの平均年齢は43歳と言われており、高齢化が止まらないため、若手の人材を欲しがっている状況です。

長距離トラックドライバーは月収50万を超えるとも言われているにも限らず、ドライバーの勤続年数は12年と短めです。トラックの中で睡眠を取るなど拘束時間が長く激務でもあるために、離職率が高いともいわれています。

しかし20代で月収50万近く稼ぐことができれば、まわりの同年代の一回りも二回りも稼ぐことが可能です。また、長距離トラックドライバーは家族に会うことが難しいという点があるため、未婚で体力のある20代にこそおすすめしたいのが長距離トラックドライバーです。人手不足であるトラックドライバーは挑戦しやすい職業とも言えるでしょう。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

長距離トラックドライバーの採用基準

長距離トラックドライバーになるには、普通免許のみでは難しいと言われており、中型免許や大型免許が必要になってくるでしょう。また荷下ろしに必要なフォークリフト免許があると仕事の幅が広がるでしょう。大型免許やフォークリフトの免許を持っているとより給与が高い仕事に採用されやすくなります。

長距離トラックドライバーになろう

長距離トラックの走行距離・仕事内容・寿命になる走行距離・給料

いかがでしたでしょうか。走行距離が長くある程度体力が必要とされる長距離トラックドライバーですが、とにかく稼ぎたい人や運転することが好きな人、全国各地を回ることが好きな人には打ってつけの職業でしょう。

走行距離は会社によって変わってきますが、基本的に拘束時間が長くトラックでの生活が多くなるのが長距離トラックドライバーなので、特に独身の人におすすめです。中型免許や大型免許を持っていれば応募することが可能で、現在人手不足のトラックドライバーは受かりやすいとも言えるお仕事です。

長距離トラックドライバーなって高収入を目指しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人