Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

法律においての長距離運転での休憩目安・おすすめの休憩方法

法律においての長距離運転での休憩目安・おすすめの休憩方法

本記事では法律においての長距離運転での休憩目安・おすすめの休憩方法について紹介していきます。長距離運転は思った以上に体への疲労感があるといわれています。疲れたままの運転は大きな事故に繋がってしまいますが休憩をとることで事故の防止を防ぐことが可能です。


今の年収に不満はありませんか?

トラック業界では他業界に比べ圧倒的に人手不足の課題が挙げられています。初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

免許などの資格や経験を問わないのはもちろん、大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。

未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

業界最大数の案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

法律においての長距離運転での休憩目安とは?

法律においての長距離運転での休憩目安・おすすめの休憩方法

仕事で長距離運転をする人、旅行などで長い時間高速道路を走ることがある方、休憩をきちんととっていますか。「早く目的地に到着したい」「運転が好き」という理由であまり休憩をとらない方もいるでしょう。実際長い距離を長い時間運転する長距離運転は、自分が感じているよりも、体への負担が大きいものになっています。

本記事では法律においての長距離運転での休憩目安・おすすめの休憩方法についてなど紹介していきます。長距離運転の休憩目安は法律で定められています。まずはじめに法律においての長距離運転での休憩目安についてみていきましょう。

高速道路では2時間に10分

高速道路で長距離運転した場合の休憩の目安は2時間に10分、20分程度です。実際に長距離運転をする仕事、長距離バス・トラックの運転手は高速道路を2時間以上運転する場合10分以上の休憩を取らなければいけないという規則があります。

高速道路は歩行者や自転車が入ってこない自動車専用道路のため一般道路よりも安全と認識している方も多いでしょう。しかし実際に高速道路の事故は多いです。走ってみるとわかるのですが、信号や横断歩道もなく同じような風景がずっと続き単調な運転になります。長距離運転になればなるほどこの単調さが眠気につながったり、油断を生む原因といわれています。

一般道路では4時間に30分

一般道路で長距離運転した場合の休憩の目安は4時間に30分以上です。仕事で一般道路を運転する仕事の人は、厚生労働省の定めで連続運転時間は4時間を超えないこと、4時間を超える場合や4時間経過直後は30分以上の休憩をとらなければならないとあります。

ただ、普段4時間など長時間も運転をしない人にとって、人の通行があったり信号など気にするポイントの多い一般道路の運転は、体への負担が大きいです。休憩の目安は2時間程度で入れたほうが良いでしょう。

このような症状がでたら休憩をとろう!

次は長距離運転をしているとき休憩をとったほうが良い症状を紹介していきます。

あくびをする回数が多くなった

長距離運転をしていてあくびをする回数が増えてきたなと感じた場合は、眠気を感じ判断力が低下している証です。何度かあくびが出てきたら休憩をとりましょう。

瞬きの回数が増えた

瞬きの回数が増えてきたというのは目の疲れを感じている証拠です。標識などを見落としていたり、ほかの車の動きを見るのがつらくになってきているので瞬きを増やして意識を集中させようとしています。

肩がこってきた

長距離運転は長い時間、気を張って同じ視線で運転しているので疲労を感じやすく、肩がこってくるということがあります。肩がこってきたと感じることで意識が運転からそれやすくなってしまうので肩こりの症状を感じたら休憩をとり、腕を回すなどしましょう。

足のむくみ・重くなる

長時間座ったままなど同じ姿勢でいると足がむくみ重くなることはありませんか。座った姿勢のような、長時間足を動かさない姿勢はどうしても足の静脈に血栓が作りやすくなります。足が重く感じる理由は、足を動かさないことで足に降りてきた血液を心臓に送り返す動きができず、血液が足にたまっているためです。

血栓が肺に運ばれて肺動脈を塞いでしまうと血流が滞りエコノミークラス症候群が現れることがあります。エコノミークラス症候群は最悪呼吸困難になってしまうことがあり大変危険です。

エコノミークラス症候群は長距離運転をしていると起きやすくなる症状でもあるので、足がむくみや重くなる症状を感じた場合はすぐに休憩を取り、足を動かしておきましょう。

もし福利厚生面に不安があるなら、転職を考えてみましょう。

ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

長距離運転での休憩をとるタイミングとは?

Bottom banner

長距離運転での休憩をとるタイミングとしてどんな場所で休憩をとるとよいのでしょうか。次は長距離運転での休憩をとるタイミング・場所について紹介していきます。

SA(サービスエリア)

高速道路では長距離運転での休憩をとるタイミングとして、休憩所・駐車場・トイレ・売店・食堂・レストラン・ガソリンスタンドなどがあるSA(サービスエリア)がおすすめです。サービスエリアは高速道路でおよそ50~60km間隔に作られています。高速道路を運転中に眠気や疲れ、集中力の低下を感じた場合はSA(サービスエリア)を休憩タイミングとしましょう。

PA(パーキングエリア)

高速道路の休憩タイミングの場所として駐車場・トイレがあるPA(パーキングエリア)があります。売店の有無はそのPA(パーキングエリア)によって異なりますが長距離運転の休憩場所としては十分でしょう。食堂・レストランなど飲食施設がない分SA(サービスエリア)よりも混雑を回避することができます。

道の駅

一般道路の休憩タイミング場所として駐車場・トイレ・売店・食堂・レストランがある道の駅があります。道の駅は、地域色が比較的強く出ているのでその地域のお土産などを選ぶ際に休憩タイミングにしても良いでしょう。道の駅は全国で1000ヶ所以上存在しています。

シーン別長距離運転でのおすすめの休憩方法とは?

法律においての長距離運転での休憩目安・おすすめの休憩方法

次はシーン別長距離運転でのおすすめの休憩方法について見ていきましょう。

高速道路では?

高速道路の長距離運転でのおすすめの休憩方法について紹介します。高速道路の長距離運転では休憩の際、足にたまった血液を循環させるために積極的に歩いて足を動かすようにしましょう。積極的にクルマを降りてSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)を散策しても良いでしょう。

また高速道路では長時間運転で窓を閉め切っているのでSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)では窓を開け、車の中の空気の入れ替えを行いましょう。二酸化炭素濃度が高いほど眠気や集中力が低下するといわれています。

体へのエネルギー補給としておやつや食事は休憩できちんととる必要があります。高速道路は道が単調なこともあり特に体を動かしていないと考えてしまいがちですが、座っているだけでもエネルギーは消費しています。

一般道路では?

一般道路の長距離運転でのおすすめの休憩方法について紹介します。一般道路ではコンビニなどが全国に点在しているところがおおいので、10分・20分の休憩どころとして困ることはないでしょう。休憩施設として道の駅も全国各地に設けられています。

一般道路は歩行者・自転車に乗っている人など人とぶつかってしまう可能性が高いです。信号や交差点などもあり、高い注意力が必要になります。事故のリスクを下げるため適度に休憩を入れるようにしましょう。

一般道路の長距離運転で休憩の際には、10分程度目を閉じて目を休めるなどしましょう。また高速道路の長距離運転同様、エコノミークラス症候群の予防のためにも車を降りて歩き、足の血液を循環させたり、エネルギー補給のため適度におやつをとったり、食事もきちんととりましょう。

あなたの会社はしっかり休憩を取れていますか?

あなたの会社は、ちゃんと休憩をとり、睡眠できていますか?

また、「睡眠不足により事故を起こしてしまったが、自費で弁償しろと言われた」という話もこの業界では多いです。

もし福利厚生面に不安があるなら、転職を考えてみましょう。

ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。
日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

長距離運転では休憩を取るタイミングは忘れずに!

法律においての長距離運転での休憩目安・おすすめの休憩方法

体力に自信があるという人も長距離運転は、自分が感じている以上に体への負担が大きいです。長距離運転では休憩の目安時間がきても「まだ大丈夫」と過信してしまわないよう、休憩を取る必要があります。

どうしても先を急いでいると休憩をとることが「時間を無駄にしている」と考えてしまいますが、休憩をきちんと取ることで判断力を回復し安全運転で楽しい長距離運転にしていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人