Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Driver works logo
ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

大型トラックが寿命まで走れる平均走行距離・買い替えタイミング

大型トラックが寿命まで走れる平均走行距離・買い替えタイミング

大型トラックの寿命は非常に長いと言われます。よく走る方は1年間に20万km走る事もあるとか。そこで大型トラックが寿命を迎える平均走行距離はどのくらいなのか、そして年数では何年経てば買い替えのタイミングなのかをそれぞれのポイントをご紹介します。

大型トラックが寿命までに走れる平均走行距離

乗用車は一般的に10万km走ったら寿命と言われていますが、日本の物流を支える大型トラックは何万km走ったら寿命と言われているのかご存知でしょうか。大型トラックの寿命年数は10年〜15年と言われ100万km走るトラックも数多くあります。

しかし、自動車は経年劣化による寿命よりもその年数の間にどれだけ走行距離が伸びたかによって寿命が大きく左右されます。ここでは、走行距離に対しての大型トラックの寿命について説明していきます。

70万~100万km

大型トラックの寿命と言われている走行距離は70万〜100万kmが目安となっています。もし乗用車と同じように10万km走った程度で壊れてしまう大型トラックでは仕事にならないでしょう。

1年間で10万km以上走るのが当たり前である大型トラックは、エンジンが大きく丈夫で、かつメンテナンスしやすい構造になっています。70万kmや100万kmを走るにはそれなりの日常的なメンテナンスを行う必要があります。

走行距離で大型トラック買い替えのタイミング

大型トラックが寿命まで走れる平均走行距離・買い替えタイミング

大型トラックはどれぐらいの走行距離で買い替えどきなのでしょうか。中には100万kmは当たり前であり、100万kmを大きく超える走行距離の大型トラックも多数存在しています。

しかし過走行になればなるほど色んな部品が劣化してメンテナンス費用がかさんでしまいます。トラックは仕事で使うので収入を得る大事な相棒ですから、その点を考慮して大型トラックを乗り続けるか買い替えるかを検討しなければなりません。

100万kmを超えたら買い替えがおすすめ

大型トラックの修理・メンテナンス費用は会社にとって大きな負担になります。大型トラックの新車を購入するお金がもったいないと考え、過走行の古いトラックを使用し続けるよりも新車を購入した方が結果的に安く済むでしょう。

トラックは100万km程度使用してもメンテナンスをしっかり行っていれば走らせることは問題ないでしょう。それは現に発展途上国に古い日本のトラックが走っていることを見ればわかります。

しかし100万km走るころにはトラックを購入してから10年以上経っているでしょう。その頃にはそのトラックを走らせるには社会の環境が変わっていると考えられ、それ以上走らせてもコスト増になる可能性が高くなります。

この他にも部品の供給が途絶える可能性もありますし、メンテナンスの負担も年々上がっていくでしょうから100万kmを一つの目安と考え買い替えをおすすめします。

大型トラックの年式の限界

大型トラックは乗用車と比べて耐久性があるように作られていますが、それでも機械である以上いずれ消耗し使えなくなります。

というわけで大型トラックの平均的な廃車時期は15年と言われています。新車登録から15年も使い続けていれば、エンジンやトランスミッションに大きな問題が出る事が多く、仮にエンジン載せ替えとなれば、大型トラックで数百万円以上かかると言われています。

このことからもトラックを修理しながら使い続けるコストを考えれば、15年で新車に入れ替えた方がコスト的に安く済むでしょう。

走行距離による大型トラックのタイヤの寿命

大型トラックが寿命まで走れる平均走行距離・買い替えタイミング

大型トラックのタイヤの寿命を走行距離で表すには非常に難しいですが、一般道は8万km、高速道路なら13万km走行すると寿命の目安と言われています。

大型トラックのタイヤの残り溝は、乗用車の基準と異なり一般道路を走る場合と高速道路を走る場合で違いがあります。タイヤはスリップサインが出る1.6mmが一般道路の基準で、高速道路の場合は残り溝がその倍の3.2mmなければ走行できません。

大型トラックは重い荷物を載せて走行するので、運転の仕方でタイヤの減り方が大きく変わってきます。寿命を延ばすには乗用車より急の付く操作はしないようにすればタイヤに負担を掛けることが無く長持ちします。またタイヤの空気圧にも気を配り、タイヤローテーションを定期的に行えば偏摩耗を予防できます。

一般道を走る場合は8万km

大型トラックは日々重い荷物を積んで走っていますから、タイヤへの負担は計り知れません。まして一般道路のようにハンドル操作が多い場所ではタイヤは常に大きな摩擦と戦っています。

大型トラックが一般道路だけを走り続けた場合、常に交差点の右左折や峠道を走る事でタイヤのすり減る量が多くなり、8万km走れば寿命といわれています。ただし運転の仕方やタイヤの管理方法で、8万km以上寿命を延ばすことも可能です。

高速道路を走る場合は13万km

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

一般道路と違い、高速道路をメインで走行している大型トラックのタイヤは13万kmが交換時期の目安といわれています。

高速道路は一般道路と違い、ストップアンドゴーや交差点がありませんから、タイヤへの負担は少なくなります。ただしこれはあくまでも目安で、山岳高速道路のようにアップダウンやカーブの多い高速道路を多用すれば、直線の多い高速道路よりタイヤのすり減りは多くなります。

高速道路の交換目安は13万kmと言われていますが、日頃の点検が重要であり残り溝が少なくなったらタイヤ交換しなければ重大な事故に繋がってしまうでしょう。

大型トラックのメンテナンス

大型トラックが寿命まで走れる平均走行距離・買い替えタイミング

大型トラックは乗用車と違い頑丈なエンジンを搭載しているので、乗用車より耐久性が非常に高くなっています。しかしメンテナンスの仕方一つで、寿命をもっと長く伸ばせたり、短くなってしまう事もあります。

トラックのエンジンはディーゼルエンジンですが、黒煙防止や排ガス浄化をするために最新の技術が使われています。よくあるトラブルとしてDPF(ディーゼル微粒子捕手フィルター)の目つまりやインジェクションのトラブルが挙げられます。

また定期的な油脂の交換が非常に重要で、これを怠るとエンジンやトランスミッションの寿命を大きく縮めてしまうでしょう。

トラックの日常点検の重要性

トラックの点検整備には、日常点検、新車点検、定期点検や法定点検、メーカー指定点検、定期交換部品の6つがあります。

その中の日常点検はトラックやバスは毎日1回運行前に行う点検で、走行距離に関係なく行うよう道路運送車両法第47条の2でも決まっています。その方法は、タイヤやホイールの状態、エンジンオイルやクーラントの量、灯火類、ブレーキの踏みしろや効き具合をチェックします。

これらの事を毎日行えば、走行中にトラブルに遭う危険は少なくなり、また大型トラックの寿命を延ばし、走れる走行距離も長くなることに貢献できます。

オイル交換の時期

大型トラックのエンジンオイルは、乗用車のおおよそ10倍の30ℓから40ℓ入ります。そのため乗用車のように走行距離が5,000kmごとに交換する必要はありません。大型トラックに使用しているエンジンオイルの種類や走行する場所や走行の仕方により変わってきますが、走行距離の目安としては30,000kmから50,000km毎に1回交換すると良いでしょう。

またエンジンオイルの循環システムにはオイルフィルターが組み込まれているのは乗用車と同じで、このフィルターは毎回の交換をすすめます。

エンジンオイルはエンジンのコンディションを保つために必要で、定期的な交換をしなければ、エンジンにダメージを与えてしまいます。またディーゼルエンジンはオイルに経由が回るので長く使用しているとオイルの粘度が低下し、エンジンの気密や潤滑に大きな問題を起こすでしょう。

定期的なグリスアップ

大型トラックには運転席にオートグリスターのスイッチが付いています。このスイッチは走行距離に関係なく毎日運行前点検時に押して給脂する必要があります。しかしこのオートグリスターでは全てのジョイント部分に給脂することはできません。

例えばふそうのトラックを例に挙げるとプロペラシャフトの継手にはグリス給脂用のニップルがついており、そこにハンドグリスガンを用いて給脂しなければなりません。

このように手動で給脂する部分は、走行距離が10,000kmまたは月1回のグリスアップが必要で、大型トラックをピットに入れて下回りを確認しニップルから給脂するようにします。

グリース切れの場合、走行中にプロペラシャフトから異音が発生したりガタが出ますので、そのような場合は速やかにグリスアップをしましょう。

大型トラックの平均年間走行距離

大型トラックが寿命まで走れる平均走行距離・買い替えタイミング

国土交通省が平成27年度に全国の1,252社を対象にドライバーの1運行の平均走行距離の調査をしました。その結果1運行あたりの走行距離は大型トラックで平均347kmでした。

この数字を計算すると1か月で10,410kmとなり1年では124,920kmとなります。もちろんこの計算は休みや大型トラックの点検日を考慮に入れていませんが、それでもおおよその走行距離は年間平均100,000kmとなるでしょう。

大型トラックの1日の平均走行距離

国土交通省が平成27年度に全国のトラックドライバ―5,029名を対象に行った調査では大型トラックの1日の走行距離は平均で347kmという結果でした。

その他のトラックが1日の走行距離が普通トラックが172km、中型トラックが227km、トレーラーが280Kmとなっており、大型トラックは他のトラックに比べ1日の平均走行距離が長い事がわかります。

大型トラックは長距離を走る仕事が多いことが、この結果に表れています。そのため事業所から一旦でたトラックが、故障などを起こさずに仕事を終えて事業所まで戻るには、日頃の点検が非常に重要になります。

大型トラックの寿命はメンテナンスコストで決まる

大型トラックが寿命まで走れる平均走行距離・買い替えタイミング

大型トラックは、お金を掛ければどんなに走行距離が多くても走らせることは可能です。しかし莫大なメンテナンス費が必要であれば新車にトラックに入れ替えたほうが良いでしょう。

それを大型トラックで見極める手段の一つとして走行距離が100万kmもしくは新車登録から15年が1つの目安となるでしょう。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

Related