Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

大型トラックを改造する方法・改造車の特徴・必要な道具・注意点

大型トラックを改造する方法・改造車の特徴・必要な道具・注意点

この記事では大型トラックの改造を詳しく見ていきます。幅広い改造には外観の改造から車内の改造までありますが大型トラックの改造で注意しなければならない点もありますのでそちらも紹介しています。ぜひ最後までご覧いただき自分好みの改造を楽しんでください。

大型トラックを改造する方法

大型トラックを改造する方法・改造車の特徴・必要な道具・注意点

皆さん大型トラックを目にしたことはあるでしょう。大型トラックは最大積載量6.5トン以上で全長12,000mm以内、全幅2,500mm以内、全高3,800mm以内、車両総重量は11トン以上でとても大きなトラックを指します。

荷物の運搬などでもよく見かける大型トラックですが、素人には分からないけど実はカスタムしていたり、見てわかるほど派手に改造している大型トラックも多く見かけるでしょう。改造は一般の自家用車などでも車好きの方はやっている方も多いのではないでしょうか。

大型トラックの改造方法には自分でできる簡単な改造とプロにお願いする大掛かりな改造があります。改造場所によって、自分で手軽にできるものからプロに依頼してカスタムしてもらう方法までさまざまです。ここではそんな幅広い改造の方法を大型トラックにスポットをあてて調べてみましょう。

簡単な改造

先ほどお話したとおり、大型トラックの改造方法には自分でできる簡単な改造とプロにお願いする大掛かりな改造があります。

まず簡単な改造とは自家用車と同じような改造になります。例えばライトを自分のお好みの色や明るさに交換したりナンバー枠を変えてみたり、内装ではルームミラーを見やすいものやデザイン性の高いものにカスタムしてみても良いです。

自家用車と共通してカスタムできる場所と大型トラックならではのカスタム場所もあるので色々と楽しんで自分好みのトラックに変身させてみると愛着も沸くのでおすすめです。

ディーラーで改造

プロの方にお願いして改造する場所は少し大掛かりな作業だったり知識の必要な改造になります。例えば自家用車でも改造している方も多いでしょうホイールのカスタマイズはとても人気です。ホイールも純正のものから種類はかなり豊富にあります。

この中から自分の好みのホイールに変えていきますがデザインも女性向けの可愛いものから男性向けのカッコイイデザインまでさまざまです。大型トラックとなるとその分んタイヤも大きくなりホイールも大型トラック専用のものになります。大きいタイヤのホイールは迫力があるので気に入ったホイールに変えればますますテンションが上がるでしょう。

他にはトラック特有のナットカバーや泥除けやマーカーランプの改造もおすすめです。場所によって値段はさまざまですが無理のない範囲で改造を楽しみましょう。

大型トラック改造車の特徴

大型トラックを改造する方法・改造車の特徴・必要な道具・注意点

次に紹介するのは大型トラック改造車の特徴です。自分好みの見た目になり改造の仕方によっては運転のしやすさも向上します。

違法改造にならないように気を付ければ自分好みの大型トラックに変身させることができて愛着がより湧くでしょう。自分の使いやすさを重視する改造をすればより快適な運転ができるでしょう。

個性的

大型トラック特徴として個性的な改造をしているのを見かけます。とにかく派手派手な見た目のデコトラと呼ばれる改造は煌びやかな装飾を施し見ている人を楽しませます。他にも大型トラックの車体全体にイラストなどをプリントしているものや広告をプリントしている大型トラックを見かけることも多いでしょう。

個性的な改造もしっかりと注意すべき点を守れば見ている人も楽しめる大型トラックへと変身することができます。

売却

改造によって異なりますが、お金をかけて改造している分、売る際に高値で売ることができる場合もありますので安心です。自分好みの見た目に変えて売却の際にも高く売れたら嬉しいです。

ただし一般的にデコトラと言われる電装やメタルパーツなどでいかにも改造していますという個性的な大型トラックの場合は、売却を断られてしまうことが多いので注意が必要になります。

24VLEDライト10個 セット

こちらのLEDライトはトラックを改造する際に使用される商品です。高性能LEDで上品な明るさを実現します。デコトラにも使用できます。

トラック用カーテン

トラックでの長距離の移動では安全のために仮眠を車内でとるドライバーの方も多いでしょう。そんなときに必需品な遮光カーテンです。遮光率が高く車内にまぶしい光を入れませんのでお休み時の車内を快適に過ごせます。

長距離を運転する大型トラックの車内の改造にいかがでしょうか。

車内装飾用シガーソケット付き ledフロアライト

車内を明るく照らしてくれるLEDライトです。カラーは7色展開で車内も自分好みにカスタマイズすることができます。ふつうの乗用車でも大型トラックでも使用可能です。

綺麗に照らされて、オシャレでとても良かったです!買って正解でした(^O^)

出典: http://amzn.asia/8AUjnUr |

キャンピングカーに改造するために必要な道具

キャンピングカーに憧れをもつ人は多いでしょう。実際にキャンピングカーがあれば楽しみも倍増し家族が多い方やアウトドアが好きな方にはとてもおすすめです。大型トラックも改造でキャンピングカーにすることが可能です。実際に大型トラックをキャンピングカーにするのに必要なものは寝る場所の確保と生活ができるように電力を確保することです。


キャンピングカーを自作する際は、最低限寝たり移動ができるようにフラットな空間を作ることが必要です。そして車内で生活をする上で必要な電力を確保することができれば最低限のキャンピングカーとしての用途は完了します。自分の必要に応じてテーブルや冷蔵庫など生活用品を揃えていくことで徐々に中がキャンピングカーに近づきます。

本格的にキャンピングカーに改造する場合は知識のある専門業者にお願いするのもひとつの方法です。

最新キャンピングカー購入完全ガイド

キャンピングカーに関する本にはさまざまな情報が掲載されているのでぜひチェックしてください。お値段はAmazonで1200円で売っています。色んな情報を共有しましょう。

Yunge 車用冷蔵庫

こちらは車内用の冷蔵庫です。とても使い勝手がよくキャンピングカーに改造する際にぜひおすすめしたい冷蔵庫です。大人数でも数日間でも安心の大容量で32ℓ42ℓ52ℓを選択することができて飲み物はもちろん食材も保管可能です。

トラック用布団 敷き布団シーツ

キャンピングカーには寝床が必要です。こちらの商品は車内用として製造されている布団カバーなのでより快適に車内での睡眠ができます。キャンピングカーにぜひおすすめしたい車内用の寝具です。

大型トラックの改造の注意点

大型トラックを改造する方法・改造車の特徴・必要な道具・注意点

大型トラックの改造を楽しむときに注意したいポイントがあるのでご紹介します。ただ自分の好きなように改造していると気づかない間に違法改造車になったり、車検に通らないという事もあります。テキスト
改造にも定義があり、法定基準内の改造車両のことを合法改造車と呼び、法定基準外の改造車両を違法改造車と呼ばれます。それではさまざまな注意点を用途別に見ていきましょう。

大型トラック不正改造

さてまずは不正改造について見ていきましょう。不正改造とは先ほど説明したとおり法定基準外の改造車両のことをさします。

不正改造にも色々あり、荷台やさし枠を装着している場合も不正改造と見なされてしまいます。他にも後方の不正改造、フロントガラスに装飾をしている場合も危険なので不正と見なされます。自分が良いと思ってカスタマイズしても違法車両とみなされてはいけないのでしっかりと注意していきたいポイントです。

次に不正改造を部分部分で細かくチェックしていきましょう。これから改造をお考えの方やカスタムに興味のある方はぜひ参考にして下さい。

荷台さし枠の取り付け

まずは一番多いと言っても過言ではない荷台さし枠の取り付けです。これも不正改造になってしまうのですが何が不正改造になってしまうポイントなのかというと、法廷で定められている重量をオーバーしてしまうからです。

普段走る道路には想定されている重量があります。なので想定を超えるほどの過積載のトラックが通るとどうでしょうか。想定外の重量に道路が対応できなくなるので劣化してしまいます。これは非常に危険ですし自分だけでなく多くの人に迷惑になります。

また、過積載のトラックは重量が重いので、ブレーキがききにくくなるという非常に危険なことが起こる可能性もあります。自分の身に危険を及ぼすだけではなく事故を起こしてしまった際に他人にまで迷惑がかかるのでやめましょう。大型トラックの不正改造と見なされるには危険な理由がたくさんあるのでしっかりと守りましょう。

突入防止装置の切断

次に注意したいのが、後方にある突入防止装置の切断をしてしまうことです。大型トラックの場合、ふつうの乗用車よりも大きく下部が開いていますので万が一の事故の際に後ろから車がぶつかったときにトラックの下にもぐってしまいやすく、大変危険です。

突入防止装置というのはこれを防ぐためにバンパーのようなものが後方の下の部分についています。万が一の事故の際に活躍する突入防止装置なので勝手に切断してしまうととても危険です。

なのでこれを取り外すと不正改造と見なされますので注意してください。

排気管の開口方向違反

続いて排気管の開口方向の違反です。これは排気管の不正改造と見なされることなのですが、大型トラックの場合は排気管が車体の横についているものがほとんどでが、排気口の向きは横に向いていてはいけません。知っていましたか。なぜ横向きに排気口が向いたらいけないのかというと歩行者に排気ガスがかかってしまうリスクがあるからです。

排気ガスがかかることに注意が必要なので向きは右でも左でも不正改造になります。必ず排気ガスの出口は後ろ向きではないといけないので大型トラックの改造の際には注意してください。

前面ガラス等への装飾板の取り付けなど

フロントガラスの装飾の取り付けも不正改造になります。何がいけないのかというと一番は運転手の死角が必ずしも出てくるので非常に危険になるという事です。

大型トラックのフロントガラスとなるとふつうの乗用車と比べるとかなり大きく高さもあるので見晴らしも良く運転がしやすいとよく耳にします。

大型トラックの運転手さんの中にはフロントガラスの下部を覆うとヘッドライトの反射を防いでくれるので見やすく運転しやすいからという理由でフロントガラスに装飾をしているトラックも多いのですが、どんな理由であれ不正改造になってしまいますので注意が必要です。

死角ができるとそのぶん事故に繋がる確率も増えて自分だけでなく多くの人を巻き込んでしまう可能性が考えられるのでつい広いフロントガラスに何か置きたくなるのですが、安全に走行するためにやめましょう。

大型トラックの改造を楽しもう

大型トラックを改造する方法・改造車の特徴・必要な道具・注意点

いかがでしょうか。気を付ないといけない点はあるものの大型トラックの改造はとても幅広く規則を守れば自由に自分好みの改造を楽しめます。外観を改造すれば自分仕様を楽しめて見る人にも注目を集めるでしょう。より愛着も沸く事でしょう。

車内を改造すれば大型トラック特有の広さを利用してキャンピングカーにも変身することができます。快適な車内空間を実現する改造でより運転が楽しくなるでしょう。皆さんもぜひ参考にして色々な改造を楽しんでください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related