Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

土砂禁ダンプの特徴・中古車購入時の注意点・積載した場合の罰則

土砂禁ダンプの特徴・中古車購入時の注意点・積載した場合の罰則

一見便利そうな土砂禁ダンプですが、土砂禁ダンプの特徴や関連する法律を知らないと大変なことになります。買ったのに使えないということがないように適切な、どんな特徴があり、関連する法律にどんな物があるのかといった事をご紹介するので参考にしてください。

土砂禁ダンプの特徴

土砂禁ダンプの特徴・中古車購入時の注意点・積載した場合の罰則

元々、ダンプ自体が土や砂を運ぶのに適した作りになっていて、走行するダンプを見ていると、土砂の運搬によく使われているものも多いですが、中にはダンプのあおりの形状が特殊で、土砂の運搬ができない土砂禁ダンプというダンプがあります。

土砂禁ダンプはダンプでありながら法律で厳しく土砂を運ぶことを禁止された車両になり、荷台に掲載する積荷に制限がかけられていて、違反すると罰則があるので土砂禁ダンプが土砂を運んでいる事はありません。

土砂禁ダンプがなぜ土砂を運ぶことができないのかを、特徴をふまえてご紹介していくので参考にしてください。

土砂禁ダンプの形状とは?

土砂禁ダンプは荷台部分が深く作られているダンプの事で、軽くかさばる物の運搬を目的に作られている事もあり、土砂運搬用のダンプの約2倍のあおりの高さで作られています。

あおりの部分は、積荷を下ろす時に便利な折りたたみ式と、後ろ部分での荷の積み下ろしが可能になっているあおり部分の高さが固定されている形状の物があるので、用途に合わせたあおりの形状の土砂禁ダンプを選ぶと使いやすいでしょう。

土砂禁ダンプの表示って?

土砂等運搬禁止車両の表示ですが、公道を走る土砂禁ダンプの荷台への表示は、土砂を運ぶダンプではないという事がわかるように、プレートでの表示をしなければいけません。

これは、土砂を運ぶダンプには土砂の運搬車登録が必要になり荷台に登録番号を記載する義務がある一方、土砂禁ダンプでは登録が必要なく登録番号の表示がない事に起因しています。

土砂運搬用のダンプではない事が誰でもわかるようにする事で、土砂を積み込む間違いが起こらないようにして、土砂運搬用の表示がない違法車と間違われない役目も土砂等運搬禁止車両のプレートにはあります。

土砂禁ダンプの過積載って?

トラックには最大積載量が決められているので、その積載量を上回ることは事故や道路の損傷を招き危険とされています。

土砂禁ダンプでも形状はトラックとは異なりますが規定の積載量があり、気をつけなければいけないのが積載する内容です。

通常のダンプであれば、土砂のような重さのある物を積載する事が可能ですが、土砂禁ダンプはあおりが高く作られていることで、同じ物量を土砂運搬用のダンプに積んだ時と、土砂禁ダンプに積んだ時では土砂禁ダンプの積載量を大きく上回り過積載になってしまいます。

積載量に大きく差が出る形状の分、積荷に制限が設けられ過積載にならないように、土砂を積まないように厳しく法律で規制されています。

土砂禁ダンプに積載することのできる物とは?

土砂禁ダンプに積載できる物は、ペットボトルや清掃用品といった重さが軽くかさばる物が積載可能で、土砂といった大きさはあまりない物でも重さのあるものは積載することができません。

土砂禁ダンプの積荷で判断を間違うことが多い物には、少量であれば重くないが、量が集まると重さがある物の積載に関してです。

土砂禁ダンプでは厳しく積荷に関して規制があるので、何が積荷にできるかを理解しておかなければ罰則を受ける事になります。

土砂禁ダンプで禁止されている品目に土砂だけでなく、鉱さい、コンクリート、瓦礫といった土砂から連想が可能な品目の禁止だけでなく、軽く見られがちな陶器やガラス、汚泥も禁止品目に入っていて、知らずに積載すると罰則を受ける事になるので気をつけましょう。

中古車の土砂禁ダンプ購入時の注意点

中古のダンプを購入するときに、「便利そう」や、「多く積めそう」といったことで買ってしまうと、目的の荷物が運べないという事態になりかねないので注意が必要になってきます。

特に土砂禁ダンプは、あおりの高さから荷物が多く積め便利に感じる車体ですが、土砂以外にも積載不可の積荷があり、購入後によく積む積荷の種類が対応しているのかを確認してから購入しましょう。

また、中古の土砂禁ダンプには、土砂等積載禁止車両のプレートが取り外されている車両もあり、見分けるには販売店の話だけでは難しい車両もあるので、土砂禁ダンプの見分ける方法をご紹介します。

中古の土砂禁ダンプを見分けるには

土砂禁ダンプには、必ずその車両が土砂の積載が禁止されていることを記載していなければいけません。

しかし、荷台に取り付けてあるプレートが外された車両だったり、販売店でも土砂禁ダンプの把握をしていない店舗もあり、店員の話やプレートでは確実に土砂禁ダンプかどうかを見分ける事が困難な場合があります。

その場合は土砂禁ダンプを見分けるのに車検証を見せて貰い、土砂等運搬禁止車両という表示がされているかを確認する事で土砂禁ダンプかどうかを判断しましょう。

土砂禁ダンプの構造変更検査にかかる時間

土砂禁ダンプのあおりの部分の変更や、車体の重量や積載の変更、上部架装部分機械の変更といった、車検証の内容が変わってくる構造変更には、構造変更検査が必要になってきますが検査がどれくらいの時間必要になるのか、特殊な事なので不安になってしまいます。

そこで、検査自体はあまり時間がかかりませんが、構造変更検査でどれくらい時間がかかるのかを詳しくご紹介するので、これから構造変更を考えている場合には参考にしてください。

構造変更検査ってどれくらい時間がかかるの?

構造変更を行った土砂禁ダンプは、書類と一緒に陸運局に持っていき検査を受ける事になります。この時に規定の書類が揃っていない場合は、書類をそろえるのに数日掛かる事もあるのでしっかり確認して車両を持ち込みましょう。

車両を持ち込む前の構造変更に掛かる時間は、変更する構造の内容や、作業をしてくれる業者によって変わってきますが、早い場合は1週間、特殊な部品があり取り寄せが必要な場合は一ヶ月近く掛かる場合もあります。

構造変更にかかる時間まで考えると、検査の時間は長く感じますが、構造変更検査への持込、受付が終わって陸運局に渡してからは、通常の車検と同じだけの時間で検査が終わるので、何ヶ月も待つ必要はありません。

土砂禁ダンプに土砂積載した場合の罰則

土砂禁ダンプには、法律で決められた表示を表記しなかったり、積荷の種類をごまかしていた場合は罰金という罰則があります。土砂禁ダンプの罰則は知らなかったでは大変なことになるので詳しくご紹介していきます。

土砂禁ダンプの法律とは?

土砂禁ダンプの関わってくる法律は「土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法」という土砂の運搬に関わるダンプ規制法という、法律によって制限がかけられています。

簡単に言えば、国土交通大臣に土砂を運搬する車両だと認めて貰って、登録番号をもらい車両の荷台の両側と後方に表示されていないと、土砂を運んではいけないという内容ですが、土砂禁ダンプは元々土砂を運べない仕様の車体なので、土砂運搬の登録ができません。

この法律があるので、土砂禁ダンプが何らかの手違いで土砂を運んでしまった場合は、知らなかったとしても法律違反になります。

土砂禁ダンプの罰則とは?

土砂禁ダンプが、間違って土砂を運んでしまった場合の罰則ですが、3万円以下の罰金という重い罰則があります。

過積載にならないから大丈夫と安易に土砂を積んでしまっても適応されるので、土砂を運ぶ機会があっても他の土砂運搬に適応している車両を用意して運搬しましょう。

土砂禁ダンプかどうかを調べる方法

土砂禁ダンプの特徴・中古車購入時の注意点・積載した場合の罰則

土砂禁ダンプはあおりの高さだけでは確実に土砂禁ダンプだと判断の付きにくい車両もあり、見た目だけでは判断できない時や、販売者が把握していない、もしくは土砂禁ダンプだと分かっていない場合があります。

土砂禁ダンプに精通した人なら見た目で判断できますが、初めて買うかたでも見分けられる、土砂禁ダンプかどうかを調べる方法をご紹介するので、数あるダンプの中から土砂禁ダンプを見つける参考にしてください。

車検証で調べる

土砂禁ダンプは構造上必ず土砂等運搬禁止車両に指定されるので、車検証には土砂の運搬ができない車両であることが記述されます。

車検証で確認するのは、備考部分の「その他検査事項」と書かれてある横に「積載物は、土砂等以外のものとする」と土砂禁ダンプには必ず記載されており、この部分の確認が一番確実に土砂禁ダンプかどうかの確認方法になるので確かめてみてください。

土砂禁ダンプを見極めて適切に使う

土砂禁ダンプは見た目だけですぐにわかるタイプと、土砂運搬にも使える見た目のタイプと分かれます。

販売業者にまかせっきりで選ぶのではなく、自分で判断して土砂禁ダンプを選び、積荷に何がつめるのかを把握することで違法行為をなくし、交通事故の危険を回避することになるので、十分に土砂禁ダンプの特徴や用途を把握して、土砂禁ダンプを適切に使いましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related