Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

中距離トラック運転手になりたいという人が増えています。長距離運転手で肉体的に疲労を溜めるよりも、働き易い環境で働いた方が毎日を健やかに過ごせるでしょう。そんな中距離トラック運転手の平均年収や給料、運転手になる方法に一日の生活、仕事内容をご紹介します。

中距離トラック運転手の平均年収や給料は?

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

中距離トラック運転手の平均年収が気になりますが、一体どのくらい貰っているのでしょうか。毎月のお給料もあわせて、平均年収をご紹介します。

20代の平均年収は320万円から350万円

20代の小型トラックの中距離を担当する運転手の平均年収は280万円から300万円です。毎月のお給料は23万5,000円で別途5万円から10万円のボーナスが発生します。

20代の中型トラックの中距離を担当する運転手の平均年収は、320万円から350万円です。毎月のお給料は27万円前後の運転手が多いでしょう。こちらも別途10万円前後のボーナスが発生します。

大型トラックの中距離を走る運転手のお給料は34万円で、年収にすると410万円から430万円ほどになります。

走行距離が100から200kmの中距離トラックの運転手になれば、お給料とボーナスがそれぞれ5万円ほどアップするでしょう。

中距離トラックの運転手は、企業に契約ドライバーとして契約していれば距離や運送量などのでき高契約により、お給料やボーナスに違いが出てきます。

中距離トラックドライバーになる方法は?

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

長距離では体力的に辛そうですし、短距離では物足りないという人は中距離トラック運転手になりたいと考えるでしょう。

では、その気になる中距離トラック運転手になる方法はどうしたらよいか、幾つかご紹介します。

中型や大型免許を取得しておく必要がある

長距離トラック運転手になるには、自動車免許を取得することが大切です。それも大型免許、中型免許を取得しておくことで2tトラックから10tトラックなど、幅広いサイズのトラックを運転できるようになりますから、採用される確率も高くなるでしょう。

大型トラック運転手になることでお給料も高くなる傾向があります。この大型トラックを運転するだけの体力を身に付けておくことも大事です。

中距離トラック運転手であっても、その日によって長距離を運転することもありますし、荷物の積み降ろしをする作業もこなすことになります。ですから、それなりの体力と運転技術を身に付けることは必須です。

個人事業主として仕事を受注して働く

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

自分自身でトラックを購入し、個人事業主として仕事を受注しては荷物を運送する方法があります。この中距離トラック運転手は、自分一人で仕事を受注するために営業をしたり、交渉をします。

事務の仕事から運送、トラックの点検なども全て自分でやることになりますので、それなりのプレッシャーは掛かるでしょう。ですが、働いた分が全て自分のものになるのですから、会社に雇われるよりはお給料が高くなるチャンスがあります。

大型トラックを所有することでより多くの荷物を運べますから、中型トラックよりも稼ぎは良くなるでしょう。しかし、大型は車検や保険も高くなりますし、運転の仕方や保管する場所、走行できる道路などに限りがあります。

会社の社員なら資格支援制度や試用期間を受けられる

運送会社の社員となり、与えられた仕事をこなして働く方法もあります。多くの中距離トラック運転手はこのスタイルをとる人が多いでしょう。

正社員として働ければ社会保険や雇用、労災に交通費定額支給されるという待遇を受けることができます。賞与は年間で50,000円から100,000円ほど貰えるでしょう。

給与は家族手当や運行時間外手当てなども貰えたりと、何かと優遇されます。中距離トラック運転手になるための資格支援制度が設けられていることもあるでしょう。

社員としてしっかり働けるための試用期間が3ヶ月ほどあったりと、色々なバックアップを受けられるところがメリットです。

運送会社と雇用契約を結んで仕事をする

運送業を経営する運送会社と雇用契約をして、中距離トラック運転手として働く方法もあります。

まずは雇用契約できそうな運送会社に連絡を入れて、直接会って交渉をしましょう。どの程度の仕事ができるか、1回あたりのマージンはどの位に、週になんじ間仕事ができるかなどを話し合い、無理のない程度の契約を結ぶことが大事です。

中距離トラックの生活とは?

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

この中距離トラック運転手の生活はどんなものかが気になります。一体どのような生活を送っているかご紹介しましょう。

長距離トラック運転手の一般的な勤務時間は9時から

一般的にはコアタイムである9時から19時までが多いでしょう。しかし、荷物の数やトラックが中型か大型かにより、その勤務時間も変わってきます。

出社したらまずは点呼を行い、アルコールチェックを受けます。そして車両点検をしたら荷物を積込地に向けてトラックに乗って出発します。

積込場に到着したら荷物を積み込み、納品先へと出発するでしょう。ここでの荷物の積み込み作業は1時間から1時間30分ほどで終了し、その後センターや問屋などに向け出発をします。

センターに到着したら1時間ほどの荷卸し作業をし、途中にあるサービスエリアで夕食を食べたり、駐車場でお弁当を食べます。そして次のセンターに寄り、また荷卸しをして全ての仕事が終わります。

帰社後はアルコールチェックと点呼をして、日報を提出してその日の業務が終了します。

夜勤は夕方4時頃出勤して帰宅は朝7時頃となる

中距離トラック運転手の夜勤は昼間は寝て、夕方4時頃に出勤します。午後8時頃まで荷物を積んだり、降ろします。それから経由地で荷物を数個おろし、目的地に到着したら全ての荷物を降ろします。

帰宅は朝の7時くらいで、残業になれば10時くらいの帰宅となります。休みの日も昼過ぎまで寝ることが多く、ほとんどの中距離トラック運転手は家で過ごすでしょう。繁忙期になると帰宅は3日に一回程度ということも少なくありません。

朝6時から20時の間で7時間30分働いて日曜休む

明るい時間帯の仕事の勤務時間は6時から出勤することが多いでしょう。20時までの間で実働は7時間30分で、90分の休憩を挟みます。勤務時間は一年変形労働時間制をとっている会社が多いでしょう。

休日は主に日曜と祝日、夏休みに年末年始で年間の休日は87日から100日となり、その他に年次有給休暇もあります。月平均労働日数は23日です。

昼間の時間帯に働く中距離トラック運転手は、夏休みやお正月は家族を連れて公園や遊園地、レストランなどで過ごすことも多いでしょう。

中距離トラック運転手の主な仕事内容は?

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

長距離トラックよりも比較的その走行距離は短い中距離トラックの運転手はどのような仕事をするのかが気になります。そんな人のために、気になる仕事内容を幾つかご紹介しましょう。

4tや10tのトラックで荷物の配送をする

4tトラックと10tトラックの中距離トラック運転手は、その走行距離が違います。4tの場合には50から150km圏内を走行することが多いでしょう。10tの場合は100から200km程度の圏内を走ることが多いです。

指定された場所で荷物を荷台に載せ、目的地に到着したら丁寧に荷物を積み下ろしします。この荷物の中身はその日によって変わることも多いですが、いつも決まったものを運ぶことも多いです。

工場からできた商品を受け取り、問屋やセンターを配送します。例えばホームセンターに向けて紙おむつやティッシュ、収納ケースをメインに配送します。食品や飲料、機械の部品などを配送する中距離トラックの仕事もあります。

タイヤからエンジンまで車両点検を毎日する

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

1日に100km前後も走る中距離トラックですから、しっかり点検することは大事なことです。毎日、タイヤに損傷があるかないか、溝の深さにディスク、ホイールの取り付け箇所の状態をしっかりチェックし、タイヤが正常に走れるようにします。

専用の道具を使い、ナットの脱落や緩みも丁寧に点検するでしょう。さらに、ファン・ベルトの張りや損傷、ワイパーの拭き取り、ウィンド・ウォッシャの噴射常態など細かく点検をします。

他にもバーキング・ブレーキ・レバーをしっかり引けるか、ランプ類が正常に点灯するか、ブレーキ・ペダルの確認やブレーキ・バルブから異常な音はしないかなどの点検も必須です。

8t以上の大型トラックの場合には、ブレーキ液量やエンジン・オイルの量、バッテリ液量にエア・タンクの凝水をチェックし、足りない場合には足すなどの作業を行います。

トラックに荷物の積み込み作業を行う

大事な荷物を運ぶのが中距離トラック運転手の大事な仕事です。会社からその日に積み込み作業をする場所を告げられれば、そこにトラックを走らせます。そして到着すれば安全に、素早く積み込み作業を行うでしょう。

割れ物や濡れては駄目なものなど、中の荷物はどんなものかを考えては丁寧に荷台へと運び入れます。

指定された場所で大切な荷物を荷降しをする

指定された場所へと到着したら、今度は荷台から荷物を降ろします。そこでも丁寧に、箱が潰れないように気をつけながら荷卸しをするでしょう。

専任スタッフがいれば重い荷物の積み込み作業はありませんし、助手がつけば安心して積み込み作業ができます。そして、全ての作業が完了すればサインを貰い、帰社します。

中距離トラック運転手の求人の探し方は?

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

中距離トラックの運転手としてすぐに働きたいという人は、便利な求人の探し方はないかと考えるでしょう。そんな人のために、探し方をご紹介します。

トラック専門の求人サイトをチェックしてみる

トラック専門の求人サイトなら、小型から大型の中距離トラック運転手の求人がたくさん見れます。パートからアルバイトはもちろんのこと、正社員、トラック持ち込みの仕事の求人もあります。

こういったサイトなら詳しくその場で求人内容を確認できますし、WEBで24時間いつでも簡単に応募できるでしょう。

ハローワークで探して面接の日取りを決めてもらう

ハローワークに行けば、色々な中距離トラックの運転手の求人が見れるでしょう。いいなと感じた求人があれば受付の人に運送会社へと連絡してもらい、面接の日取りを決めてもらいます。

運送会社のホームページをチェックする

色々な運送会社のホームページをチェックしてみれば、中距離トラックの運転手募集と載っているでしょう。待遇やお給料などを見比べてみて、無理なく働き易い会社を選び、電話で面接日を決めましょう。

4tの中距離トラックの平均運転距離は70km

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

4tの中距離トラックの運転距離は平均して70Kmでしょう。大抵運送するルートや距離は決まっていますから、そのルートを走れば大きく走行距離が変わることはありません。

慣れてくれば10tトラックを運転することもあり、少し長い距離を任されるでしょう。そうなると、平均150kmほどの走行距離となるでしょう。

中距離トラック運転手になって楽しい生活を考えよう

中距離トラック運転手の平均年収・給料・仕事内容・求人の探し方

長距離トラック運転手は短距離トラックよりも稼げますし、肉体的にも長距離よりは楽でしょう。繁忙期を除いては家に毎日帰れるのも魅力的です。昼間の時間だけではなく、夜間もありますから夜型の人は働き易いでしょう。

そんな中距離トラックの運転手になり、無理なくお金を貯め、楽しい生活を考えてみませんか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related