Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラー運転手は、技術的にも高度なものが要求されます。ここでは、トレーラー運転手はどのような仕事内容なのか、トレーラー運転手として何が必要になるのかなど、さまざまな視点からみていきましょう。この先、トレーラー運転手になりたい人は必見です。

トレーラー運転技術について

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラー運転手には、トレーラーを運転した経験がなくてもなれます。しかしトレーラー運転技術は、そう簡単に習得できるものではありません。トレーラーを扱う運転手は、運転に関してのセンスもある程度なければ、仕事として成り立たないでしょう。

トレーラー運転手は、主に巨大なコンテナを運ぶ仕事をしています。コンテナ以外も運ぶことになりますが、仕事時間としては長時間の運転がメインです。ですから運転が好きな人には向いている職業と言えます。

トレーラー運転手の求人は?

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラー運転技術があると就職にも有利です。また、トレーラー運転技術だけでなく、合わせてけん引免許を持っていると、さらに有利です。

さまざまな求人では、仕事をしながらトレーラー運転技術を身につけていくことができるような内容でも掲載されていますが、あらかじめトレーラー運転技術を持っていることこそが、実際に働いてみると有利だとわかるでしょう。

トレーラー運転技術を身につけておくことで、同じ職種で採用される確率が高くなります。ただトレーラー運転技術があっても、けん引免許を持っていないばかりに不採用となるケースもあります。

トレーラー運転手の求人では、経験があり、トレーラー運転技術が高ければ高いほど採用率も高くなると考えておきましょう。

トレーラー運転手のお給料は?

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラー運転技術をもっていれば、運送業界で働く際に、通常のトラック運転手としてだけではなくトレーラー運転手としても働くことができます。トレーラー運転技術を持ち、運転手として働く場合の給料の相場は、およそ年収400万円です。

トレイラーの運転手の賃金は、大型のトラック運転手として稼ぐお給料よりも高いです。これには、トレーラー運転技術の一部に、けん引免許というものが加わっていることも理由の一つです。

また、トレーラー運転技術を持ち、長距離を移動する業務の場合にはさらにお給料は多くなります。通常のトラック運転手よりも、けん引免許を取得して、トレーラー運転技術を活かした仕事をする方が、多くお金を稼げます。

トレーラー運転技術の必要性について

トレーラー運転技術の必要性は、就職におけるお給料の高さにあります。もちろん、仕事内容に関してもトレーラー運転技術が高いほど、公道で長い車体をスムーズに移動させ、事故やトラブルを防ぐことができます。

高いトレーラー運転技術をもち仕事をしていく場合には、どのようなものが必要で、どのような人が合っているのかを見ていきましょう。

トレーラー運転手の資格

トレーラー運転手になるには、大型トラックの運転をした実績を多く積むことが必要です。また、トレーラー運転技術を持つことも重要ですが、さらにけん引免許を取得しておくと、仕事の幅が広がります。

トレーラー運転手は、大きなコンテナなどをトラックに連結して運びます。これには、さまざまなトレーラー運転技術が必要ですし、けん引をに関しては免許なしでは行うことができません。

大型トラック運転手としてだけではなく、トレーラー運転手として働きたいのであれば、けん引免許は必須です。

トレーラー運転手に向いている人って?

トレーラー運転手に向いている人は、運転が好きな人、そして慎重さがある人です。

基本的には、荷物を運ぶ間は自分一人しかいません。時間どおりに荷物を届けることが大切ですので、どの時間帯に休憩や食事を取るかは自由です。

ただ、自由な時間があるなかで、仕事を時間どおりにこなしていかなければいけないことになりますので、責任感を持ち時間をしっかり守ることが重要です。時間を守れない場合は、会社自体の信用を無くしてしまいます。

もちろん高いトレーラー運転技術もあれば良いですし、責任感や時間の正確さがあればあるほどトレーラー運転手には向いています。

慎重さは不可欠

運転に対しても、日頃の生活面に関しても慎重な人間のほうがトレーラー運転手には向いています。時間を守り、運転にも気を使っていかなければ大きなトラブルが起こる可能性がとても高いです。

運転が大好きな人

自動車の運転が大好きだと言う人は、トレーラー運転手に向いていると考えて良いでしょう。トレーラー運転手は、長い時間かけて長距離を走ります。長い時間、運転していても苦にならない人は、トレーラー運転手の仕事の資質があります。

トレーラー運転手を募集する会社

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラー運転手を募集する会社はたくさんあります。仕事内容としては、長距離を運転するということで、なり手が見つかりにくいのが現状です。

会社にとって人手不足となると、それだけで仕事の効率が悪くなります。募集内容には、未経験者の応募も可能となっている会社もあります。

未経験でも働ける?

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラー運転技術がなくても、応募することはできます。トレーラー運転技術を持っていない人でも雇われるのには、トレーラー運転手が職種として人材不足となっている傾向にあることがあります。トレーラー運転手の人手不足によって、未経験者でも就職可能と記載されていることが多いです。

トレーラー運転技術は、仕事をする上でなくてはならないものですが、大型トラック運転手の経験や実績があり、その他にけん引免許を取得することでトレーラー運転手として働くことができます。


未経験者でも募集しているので、興味があれば応募してみるのも良いでしょう。

トレーラー運転技術の取得方法

トレーラー運転技術の取得方法は、どのようなものがあるのでしょう。一般的には大型トラックの免許を持っていると有利になり、さらにけん引免許の取得で好条件で働くことができますが、他にも何があるのかみていきましょう。

イメージトレーニングについて

トレーラー運転技術を早く身につけたいと考えるのでしたら、イメージトレーニングが必要です。イメージトレーニングは、実際にトレーラーに乗った時に、トレーラーがどのように動くのかを頭の中で考えながらイメージして運転します。

トレーラーのように車体が長い車は、右折左折などに大きな特徴がありますし、あいまいな感覚を身につけてしまうと、左折時の巻き込みなどの大きな事故に発展してしまいます。イメージトレーニングを踏まえた練習を何度も行うことが、トレーラー運転技術を身につけるための近道です。

特性を知っておく

トレーラーの運転では、車体の特性を知ることが大切です。例えば、通常の車両とは違った視界や視野になることです。トレーラーは車体が大きいので、乗車したときには周囲を高い位置から見渡すことができます。

また、車体自体が高いので周囲への視野も広がります。トレーラー運転では、車の幅も気にしながら運転をしていくことが必要です。右折左折時にはどのくらいの感覚で曲がればよいのか、車体幅が一般車両とは大きく違いますので、把握しましょう。

トレーラー運転技術となる内輪差を考えた運転は、練習やシュミレーションをすることで身につきます。トレーラーの特性を知ることは、運転技術を向上させることにつながりますので、まずは特性をしっかり知るようにしましょう。

トレーラー運転技術のコツはあるの?

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

トレーラーを運転するには、車両の特徴を知ることや必要な免許の取得などがあります。しかし実際すべての備えがある人間でも、トレーラーの運転では常に集中力を要します。車両幅を感覚として認識できていないことで、ぶつけてしまったりします。

事故やその他のトラブルを起こしてしまうと、荷物を時間内に運ぶことができなくなりますし、会社にも大きな負担をかけてしまいます。トレーラー運転に関してどのようなコツがあるのかみていきましょう。

右折について

右折する場合は、トレーラーの車体が長いので一般的な中央部分での右折では曲がり切れません。できる限り前に進みハンドルをできるかぎり右に切りましょう。この時、むやみにトレーラーの頭を左に振ってしまうと対向車や後車に迷惑がかかり、事故を起こす可能性も出てきますので、注意が必要です。

万が一、右折しきれなかった場合は周囲の安全確認をしっかりと行い、ハンドルを切りなおす必要があります。トレーラーは車体が長いです。イメージどおりに右折するには、日ごろの練習も必要です。

左折について

左折に関しては、例えば直進している道路の左車線を走行しているのであれば、そのまま左折することができるのですが、左折方向の車線も2車線以上の道へと左折が可能です。1車線の道路への左折はできないということです。

左折する方向の道路幅が広ければ広いほど、左折は楽になりますのでトレーラーの頭を前に突っ込む形をとらなくてよくなります。また、カーブがきつい場合は、あらかじめ左折することを早くから周囲にアピールしておきましょう。

左折時には巻き込みの危険があります。曲がったと同時に、左側にある何かを巻き込んでしまう可能性が非常に高くなります。横断中の人や信号待ちの自転車などを巻き込まないように最大の注意が必要です。

直進について

トレーラー運転での直進は、どれほど難しいわけではありませんが、トレーラーの長さがあるので、信号の切り替え時などには注意が必要です。

直進している最中に前方の信号が変わってしまい、後ろの部分が交差点に大きく出てしまうことは非常に危険です。常に車体の長さを把握しておき、直進運転であっても気を配って運転するようにしましょう。

バックについて

トレーラー運転技術の中で、バックはとても技術が必要とされます。トレーラーは、荷物を連結していますので、連結部分で曲がると言う特徴があります。運転している中でハンドルを切った時に折れ曲がりが戻らないこともあります。

まず、トレーラーの前の車輪を頭においてバックしましょう。向きを変えるには前輪をどの方向へと向けるのかを考えます。この時、ハンドルは早く切るのではなくゆっくりと切るようにしましょう。

ハンドルを一般車両のような要領で切ってしまうと、連結部分がずれてしまい上手にバックすることができなくなる場合がありますので、必ずハンドルはゆっくり切るようにしましょう。

また、ハンドルを切るタイミングは何度がバックの練習をしていくことで感覚的に身に付きますので、練習も大切です。

トレーラー運転技術のスキルアップ

トレーラー運転技術の必要性・取得方法・コツ|右折/バック

運転技術をアップさせるには、やはり練習が必要です仕事で毎日長距離を走っていくことで、必然的に馴れが生じてきます。それでも常に初心を忘れず運転技術を磨くことに専念していくことで、スキルアップが見込めます。

トレーラー運転技術を身につけよう

トレーラー運転技術を身につけて、大型運転手からトレーラー運転手にステップアップすることも可能ですので、必要な資格の取得を目指していきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related