Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手の食事をとるタイミング・平均食事代・食事内容

トラック運転手の食事をとるタイミング・平均食事代・食事内容

トラック運転手がいつ食事を摂っているのか不思議ではありませんか。トラックに乗ることが仕事のトラック運転手は、ほぼ1日中トラックの中で過ごします。運転が仕事ですから、食事を摂るタイミングは難しいでしょう。どのタイミングでトラック運転手は食事を摂るのでしょうか。

初回公開日:2018年06月11日

更新日:2019年10月04日

記事に記載されている内容は2018年06月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


自分の収入に満足いっていますか?


トラック業界はドライバー不足が深刻な問題となっていて初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。


免許などの資格や経験を問わないのはもちろん、大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助、他諸々の補助までしてくれる会社も存在します。


未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!


豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運転手が食事を摂るタイミングはいつ?

1日の大半をトラックの中で過ごすトラック運転手はいつ食事を摂っているのでしょうか。運転をしていることが多いため、食事のタイミングを逃す、タイミングが難しいと感じている運転手も多いでしょう。

トラック運転手と一言でいっても、短距離の運転手なら1日で帰宅できますし、長距離のトラック運転手になれば5日かけて回るトラック運転手もいます。

運転するトラックが小型か大型かによっても食事を摂るタイミングは異なります。トラック運転手はどのタイミングで食事を摂っているのでしょうか。

サービスエリアに立ち寄った時がチャンス

長距離を走るトラック運転手は、1日中高速度嘘を走っていることも少なくありません。高速道路を走っている最中に食事を摂りたくなった場合はどうしたらよいのでしょうか。

その場合、サービスエリアやパーキングエリアに寄ることが考えられます。サービスエリアではレストラン、売店や給油所があり、さらに最近では入浴できる場所やコインランドリーも設けられている場合があります。

自分の好みのパーキングを見つけよう

その土地の特産品やお土産を販売しているサービスエリアも多く、カフェ、レストランも充実しているサービスエリアは昨今増えてきています。

そのようなサービスエリアに立ち寄れば、自分の好みの食事をすることができます。長距離のトラック運転手の中には自分のお気に入りのサービスエリアを掴んでいる人もいるでしょう。

いつでも開いてるコンビニはトラック運転手の味方!

トラック運転手は決められた時刻までに、荷物を届けなければならない仕事です。ですから自分の休憩時間も切り上げて、走り続けなければならないケースもあります。

さらに事故や渋滞に巻き込まれる可能性もあります。ゆっくり落ち着いて食事を摂るということが難しいのが現状です。

しかし24時間開いているコンビニは、トラック運転手の強い味方です。店舗数も多いため、どこを走っていても見つけることができ、さっとお弁当などを購入し、トラックの中で食事を摂ることができます。

駐車場も大型のトラックを停めることができるコンビニも増えていますから、トラックを停めてゆっくり食事することが可能です。

結婚しているのなら食事はお弁当でOK!

短距離を走るトラック運転手は1日で帰宅できることも多いため、自宅で食事を摂ることも可能です。しかし長距離のトラック運転手の場合は自宅に何日も帰宅できないことも多いため、食事が外食に頼りがちになります。

外食は手軽な反面、栄養バランスに欠けます。結婚しているのなら、手作りのお弁当を持参するとよいでしょう。結婚していなくとも、自炊してみるとよいでしょう。手作りのお弁当なら栄養のバランスも取れていますから、体力が必要なトラック運転手にはおすすめです。

あとはトラックを停める場所さえあれば、どこででも食事を摂ることができます。

トラック運転手は運転しながら食事をしている?

トラック運転手の中には、トラックを停めて休憩しながら食事を摂ることが難しい人もいます。そのような運転手は運転しながら食事を摂る場合もあります。

その場合は簡単に食べることができるもの、おにぎりやパンなどが食事になります。ただし運転しながら食事を摂ると、運転に集中できませんから、トラック運転手としても本来ならしたくない行動でしょう。

小型トラックならファミレスもあり

小型のトラック運転手であれば、トラックの中ではなく、飲食店に入り、食事を摂る人もいます。小型トラックは大型トラックとは異なり、駐車するスペースを気にする必要はありません。飲食店の駐車場でも充分停めることが可能です。

また小型トラック運転手の場合、運ぶ荷物は近距離が多いですから、ペース配分を掴みやすく、休憩や食事を摂るタイミングも掴みやすいと言えます。

しかし小型トラック運転手でもあまりゆっくり休憩はしていられませんから、すぐに食事が出てくるファミレスや牛丼屋などに立ち寄るケースが多いです。

ドライバーワークスは豊富なドライバー求人を案件を持ち今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運転手の食事代の平均はいくら?

トラック運転手の食事代は月にどれくらいになるのでしょうか。1日の大半をトラックの中で過ごすトラック運転手は、食事はほぼ外食、コンビニという傾向があります。

外食やコンビニがほとんどということは、それだけ食費がかさむことになります。トラック運転手のひと月の食事代は平均してどれくらいになるのでしょうか。

食事にご当地グルメを楽しみにするトラック運転手

長距離を走るトラック運転手が楽しみにしているものの1つにご当地グルメがあります。トラック運転手になりたての新米運転手の場合、ナビをチェックしながら目的地までようやく辿り着く状態でしょう。食事を摂る場所を探す暇などなかったでしょう。

しかしトラックの運転も慣れてくると、目的地までのルートが頭に浮かんできますから、多少の余裕も出てきて、どの県を通る時に何をあれを食べよう、など楽しみになります。

金銭感覚がなくなる長距離トラック運転手

長距離トラック運転手の醍醐味は、さまざまな土地の食べ物にありつけることです。もう二度と来ないだろうと考えると、やはりその時々で贅沢をすることも多々あります。

ですからトラック運転手の食事代はかなりかかると見てよいでしょう。ご当地グルメでなくともほぼ全ての食事を外食で済ませるトラック運転手は、食費の金銭感覚がなくなってしまいます。

弁当持参は初日のみのトラック運転手の食事

Bottom banner

短距離を走るトラック運転手であれば、毎日帰宅することも難しくありませんから、毎回お弁当を持参することもできるでしょう。それで食事代を浮かせることができます。

しかし長距離トラック運転手の場合は1週間に1回帰宅できれば良い方ですから、お弁当を持参しても1日しかもちません。その後はサービスエリアやコンビニなどで済ますことになります。

それでもトラック運転手は食事に対しての不満は持っていません。なぜなら長距離を走るトラック運転手の楽しみは食事だからです。

あえて遠い地方に行くのですから、そこでしか食べることができないグルメを食べる、1人で楽しめる食事は欠かせないものとなります。

不規則なトラック運転手の食事リズム

また、長距離を走るトラック運転手の食事の概念は、朝ご飯や昼ご飯、晩御飯というものではありません。満腹になるまで昼食を食べると睡魔が遅い、運転が危険になります。そのためお腹が空いたら食べる、という不規則な食事のリズムになります。

トラック運転手の食事の間隔は大きく開きますが、その分ドリンクをよく飲み、空腹を紛らわせています。だからこそ食事をする際には贅沢をしてしまいます。

およそ月4万円から6万円

長距離トラック運転手はお金がかかります。紹介してきましたが、サービスエリアやご当地グルメ、飲食店など、ほぼ全ての食事が外食となるケースが珍しくありません。

ですから食費はそれ相応かかります。食事にかかるお金がおよそ月に4万円から6万円が平均というトラック運転手が非常に多いです。節約をしても3万円前後です。

その他タバコ代やドリンクの代金でお金が飛んでいきます。

トラック運転手の食事内容はどうなっているの?

ほとんどのトラック運転手の食事は外食が多いです。その食事内容は具体的にはどうなっているのでしょうか。栄養バランスは考えられているのでしょうか。紹介していきましょう。

コンビニで購入

24時間営業しているコンビニはトラック運転手にとっては頼もしいです。全国どこへ行ってもコンビニはありますから、コンビニでお弁当を買って、その場で温めてもらい、車内で温かいお弁当を食べることができます。

コンビニにはホットスナックもありますから、揚げ物などが好きなドライバーも好んで食べることができます。

おにぎりは節約もでき手軽!

自炊はあまりできないというトラック運転手でも、炊飯器でお米を炊くことくらいはできるでしょう。ご飯が炊ければおにぎりは作れます。

おにぎりを持参すれば食事代の節約にもなりますし、何といっても手軽に食べることができて便利です。ゴミもあまり出ませんし、軽く持ち運びやすいのも特徴です。

お弁当を作っていこう!

自炊ができるトラック運転手、もしくは結婚をしているトラック運転手なら、お弁当を持って行くことができます。お弁当のメリットは栄養バランスを整えることができることです。

外食ばかりに頼っていては、どんどん肥満やコレステロール値が高くなっていきます。栄養バランスも当然考えられていません。

しかしお弁当なら栄養を考えつつ、肉、魚や野菜などを詰めることができますから、体の健康のことを考えるとトラック運転手としてはもっともよい食事です。

牛丼をかきこむトラック運転手

短距離トラック運転手の中には牛丼屋に立ち寄って食事をするケースも少なくありません。牛丼は注文するとそれほど待たずに提供されるため、時間がないトラック運転手にとっては大変有難い存在です。

しかもリーズナブルで美味しいですから、牛丼はトラック運転手に人気です。牛丼という丼も、ご飯の上におかずであるお肉が乗っていますから、時間がなくてもかきこむのにさほど時間がかかりません。

牛丼のチェーン店も全国に多いですから、利用するトラック運転手は多いです。

時間に余裕があればファミレスへ

時間配分を考えて時間に余裕があれば、トラック運転手もファミリーレストランへ行くことができます。小型トラックならファミリーレストランの駐車場にも停めることができますから、気にする必要がありません。

ファミリーレストランならさまざまなメニューがありますし、その日の気分で食べたいものを選ぶことができます。

ただ時間に余裕があるといっても、荷物を定時までに運ばなければならないトラック運転手は、それほどゆっくりはしていられません。

あなたの会社は大丈夫?

あなたの会社は、ちゃんと保険に加入していますか?


「事故を起こしてしまったが、自費で弁償しろと言われた」という話もこの業界では多いです。


もし福利厚生面や保険の不安があるなら、転職を考えてみましょう。


ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。
国内大手!!34,260件掲載の安心感!

食事代は高いがトラック運転手の楽しみは食事!

いかがでしたか。トラック運転手がいかに食事を摂るタイミングが難しいかわかったことでしょう。

長時間走り続けるトラック運転手は体力のいる仕事ですから、食事は重要です。またさまざまな土地に出向く機会があるトラック運転手は、やはりご当地グルメを楽しみにしています。

ほぼ1人で仕事をこなしているのですから、食事も贅沢に楽しむのがトラック運転手です。各地のグルメを食べたいと考えている人がいるのなら、トラック運転手の職についてみるのもよいでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人