Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

大型トレーラートラックの特徴・運転のコツ・必要な運転免許

大型トレーラートラックの特徴・運転のコツ・必要な運転免許

高速道路などでも見かけ、ときには街中でも見かける大型トレーラートラックの特徴について紹介していきます。さらに運転のコツや、大型トレーラートラックを運転するのに必要な免許はなんなのかについても紹介し、大型トレーラートラックの魅力をご紹介します。

初回公開日:2018年06月07日

更新日:2019年10月10日

記事に記載されている内容は2018年06月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


大型トレーラートラックの免許取得を考えている方はぜひドライバーワークスへ!

高速道路などでも見かけ、ときには街中でも見かける大型トレーラートラックの特徴について紹介していきます。

大型トレーラートラックを運転するには、けん引免許が必要です。けん引免許は車両重量が750kgを超える車両を運転するのに必要な免許です。

トラックドライバーへ転職を考えている方の中には、免許取得の費用の壁が立ち塞がるかと思います。そこで、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方はドライバーワークスでは免許の負担の補助を行なっています。

また、近頃は労働環境が改善されつつあります。また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、トラックドライバーに向いてる方は長時間の運転が好きな方や地方のグルメなどを巡りたい方などにぴったりな職業かと思います。

また、ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


大型トレーラートラックを運転するドライバーへの転職を考えている方はぜひ豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トレーラートラックの特徴とは

街中や高速道路などで走っている大型トレーラートラックは、そもそもどのようなトラックなのかご存知でしょうか。トラックと総称されがちですが、実はトラックにも種類があります。

そもそもトラックとは、貨物を運搬する自動車のことです。貨物自動車と呼ばれています。そんなトラックの中での大型トレーラーの特徴を紹介していきます。

けん引されるための装置をもった車

荷台が大きく、さらに荷台に収まらないほどの大きな荷物などを運ぶことができるトラックを、大型トレーラーといいます。トレーラーはよくあるトラックと違い、荷物を乗せる荷台と運転席の部分は完全に分かれています。つまり、連結している状態ですので、取り外しが可能です。

そもそも、「トレーラー」とはあの大型トレーラートラックのことではなく、荷台のことをトレーラーと呼びます。運転席部分の車体にけん引されるためだけにあるので、トレーラー単体では動きません。ちなみに運転席部分の車体は、「トラクター」と呼びます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トラックとトレーラーの違い

続いては、大型トラックとトレーラーの違いについてです。一見似ている車体ですが、先述したように、明らかな違いが大型トラックとトレーラーにあります。二つの違いは、実は見た目だけではありません。ではその違いはどういったものなのか、大型トラックとトレーラーを比較していきましょう。

基本的にトレーラーには重量税がかからない!

トレーラーには重量税がかからないという事実をご存知でしたでしょうか。すべてのトレーラーではなく、あくまで一部ですが、自動車重量税がかかりません。さらに荷台であるトレーラーのみを輸送すれば大丈夫ですので、輸送コストを抑えることもでき、何かとメリットのある車です。

一方で、大型トラックには重量税がかかります。大型トラックの重量によって税額はさまざまですが、大型トラックは車両総重量8トン以上の車両の税率で計算されます。こういったところから見ても、大型トラックとトレーラーに大きな違いがあるということがわかります。

トレーラーにもナンバープレートが必要である

トレーラーを運ぶトラクターにはナンバープレートが必要ですが、実はトレーラー側にも必要です。

これは道路運送車両法という自動車に関して定められた規定によって決められています。つまり、トラクターとトレーラーのナンバープレートを別々に取得しないといけません。もしナンパ―プレートがなければ、違反となります。

一方で、大型トラックにももちろんナンバープレートは必要ですが、トレーラーのように連結している車体ではなく、いわば一体型ですので、ナンバープレートを別々に取得する必要はありません。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トレーラートラックの運転のコツ紹介

大型トレーラートラックは大きい車体のため、運転はそう簡単にはいきません。大型トレーラートラックは、全長10mを超える車体もあり、積載する荷物の重量も大きいため、トレーラ―初心者だけではなく、ベテラン運転手でもそう簡単にはいかないのが大型トレーラートラックの運転です。

慣れるまではコツが必要ですが、運転の練習する場所も限られてくるため、どのようなコツがいるのかを知ることで、いざ運転するときのために覚えておきましょう。

左折時には前方に深く進入して旋回する

道を前進するときは、前方をしっかり見て車幅に注意する必要がありますが、道を曲がるときは、大きい車体のために特に気を付けないといけません。

左折する際、トレーラーの内輪差を意識しましょう。トラクターの部分を交差点に深く進入し、車輪が通るラインを確認しつつゆっくりと左折しましょう。ここで気を付けないといけないのは、極端に深く進入するのはかえって事故になってしまう恐れがあるため、曲がるときは注意しましょう。

右折時は対向車に当たらないよう確認する

先ほどの左折するときと同じく、右折するときも大型トレーラートラックは気を付けないといけません。大型トレーラートラックが右折をするときは、片側1車線ずつの道路の場合の右折は大丈夫ですが、ときとして右折した車線側の車をひっかけてしまうこともあります。そういったことにならないために、大きく右折するようにしましょう。

バックをするときはどうしたらいい?

右折左折も肝心ですが、バックも重要です。ハンドルを真っすぐ持ってバックしていても、左右どちらかに曲がってしまうことがあります。それは、各部の遊びが原因です。

うまく大型トレーラートラックをバックさせるときは、トレーラーのリアが右へいくようになったらハンドルを右へ回し、トレーラーののリアが左へいくようになったらハンドルを左に回しましょう。各部の遊びによる左右の曲がりは、上手にハンドルを修正することが大切です。

トレーラー運転をする上での注意点とは

トレーラーは大きい車体のため、先ほども申したように運転には注意が必要です。大型トラックよりも内輪差が大きいために、ハンドル操作を誤ってしまえば、事故につながってしまうこともあるでしょう。

トレーラーにはいくつか特有の現象があり、その一つとして「ジャックナイフ現象」が挙げられます。これは、急ブレーキなどによるトラクターとトレーラーのバランスが崩れてしまい、連結部分がくの字になってしまうことをそう呼びます。

また、トレーラースイング現象というのもあり、ブレーキをかけたときに後輪がロックされてしまい、トレーラーの後部がカーブの外側に流れてしまうことをそう呼びます。トレーラーロック現象ともいいます。

その他のよくある現象とは

その他にも急ブレーキをかけたとき、トラクターの前輪がロックしてしまい、トラクターとトレーラーが一直線となって車線をはみ出してしまう現象をプラウアウト現象といいます。トラクターフロントロック現象ともいいます。

また、スネーキング現象というのもあり、急ブレーキやスピードの出し過ぎなどによって、ヒッチボールが支点となってしまい、それによりトレーラーが左右に揺れてしまうことです。操縦不能になりますので、注意しないといけません。

これら以外にも、トレーラーに関する現象は多くあります。充分に注意しないといけません。

Bottom banner

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トレーラートラックに必要な免許とは

大型トレーラートラックを運転するためには、普通免許だけでは運転できません。大型を乗るのに必要な免許があります。今後大型トレーラートラックに乗るための免許を取得したいという方は参考にしてみましょう。

トレーラーを運転するにはけん引免許

大型トレーラートラックを運転するには、けん引免許が必要です。けん引免許は車両重量が750kgを超える車両を運転するのに必要な免許のことです。けん引免許を取得するには条件が必要で、普通免許、大型、大型特殊免許のいずれかの免許を取得していることが条件となります。

視力や色彩判別はもちろんのこと、聴力、年齢、奥行き深視力検査の平均誤差が2cm以下であることというこれらの条件もクリアしていないといけません。この深視力検査というのは、2.5m離れたところから3本並べられた棒を見る検査です。ちょっとでも検査を落ちてしまうと、試験を受けることができませんので注意しましょう。

けん引免許の種類

けん引免許は3種類あり、大型トレーラーを運転するのに必要なけん引免許は車両重量750kgを超える車両を運転するのに必要です。

けん引二種免許というのもあり、二種免許は営業するバスなどを運転するときに必要です。電車のように連結しているトレーラーバスに使用します。あまり見かけないので、あまり使い道はありません。

限定条件のあるけん引免許もあり、ライトトレーラー免許と呼ばれています。750kg以上2000kg未満に限定されています。

試験に合格するには?

けん引免許取得には、学科試験はありません。教習所に通いながら実技練習をするか、試験場で直接技能試験を受けるか、合宿教習をするかの3つの方法があります。

卒業試験は、右折、左折、目標物に合わせた停車、踏切、指示速度、S字走行、方向転換のすべての項目を合格しないといけません。乗車から下車までが卒業検定で、100点から減点される方式ですので、70点以上残っていれば合格となります。

試験場で直接受けるのは一発試験と呼ばれており、かなり難易度が難しいです。というのも、大型トレーラートラックのような大きな車体を練習する場所というのは限られており、それにより練習をまともにするのは難しいからです。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トレーラートラックの種類

大型トレーラートラックという車がどういうトラックなのかわかったところで、続いてはそんな大型トレーラートラックの種類についてです。大型トレーラーといっても種類はいくつかありますので、さまざまなトレーラーを一つ一つ解説していきます。

セミトレーラーとは?

セミトレーラーとは、よくある世間一般的にイメージされるトレーラーのことで、トラクター1台とトレーラー1台で連結されているタイプの車体のことです。さまざまな用途に使われるセミトレーラーは、働く車ともいえるでしょう。

トレーラーの前荷重は、トラクターが負担します。法改正されてそれ以上の長さの車体もありますが、全長はおよそ16.5m以上のがほとんどです。

また、高速道路などで見かけるタンクローリーもセミトレーラーの一種です。毒物劇物などを運ぶタンクローリーは別ものとなります。さらに、車を一度に何台か運ぶ車もセミトレーラーの一種です。

フルトレーラーとは?

フルトレーラーはセミトレーラーとは違い、トラクターの上にトレーラーを乗せず、トラクタ―に荷重がすべて負担されるタイプで、イメージするなら電車のような感じです。

しかし、電車のように決められたレールを走るわけではありませんので、後ろのトレーラーが左右に振られてしまうことがあり、運転するのは簡単なことではありません。

ポールトレーラーとは?

画像がないのでわかりづいらいですが、セミトレーラーともフルトレーラーとも違うちょっと変わった特殊なトレーラーです。積載物そのものをフレームにし、連結や輸送をするタイプです。ポールトレーラーの場合は。原木など長い物を運ぶのに利用されています。40mを超える荷物でも運ぶことができます。

大型免許、けん引免許があれば運転できます。また、ポールトレーラーのような長いトレーラーは、許可を出さないと道路を走行できません。高速道路ですと、16mから15mなら許可なしでも走行でき、一般道だと12mなら走行可能です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トレーラーの免許取得しておくと仕事分野が広がる

いかがでしたでしょうか。今回は、大型トレーラートラックの特徴や運転のコツなど、大型トレーラーの魅力をご紹介しました。

大型トレーラーは、とても大きな車体であり、さらに運転も容易ではないので、誰でも運転できるわけではありません。けん引免許や大型免許を取得しておくと、そういった免許を所持している会社は多いため、仕事探しのときに有利となるでしょう。決して簡単なことではありませんが、運転のコツなどを学び、免許取得の参考にしてみてください。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トレーラートラックの免許取得を考えている方はぜひドライバーワークスへ!

高速道路などでも見かけ、ときには街中でも見かける大型トレーラートラックの特徴について紹介していきます。

大型トレーラートラックを運転するには、けん引免許が必要です。けん引免許は車両重量が750kgを超える車両を運転するのに必要な免許です。

トラックドライバーへ転職を考えている方の中には、免許取得の費用の壁が立ち塞がるかと思います。そこで、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方はドライバーワークスでは免許の負担の補助を行なっています。

また、近頃は労働環境が改善されつつあります。また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、ドライバに向いてる方は長時間の運転が好きな方や地方のグルメなどを巡りたい方などにぴったりな職業かと思います。

また、ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


大型トレーラートラックを運転するドライバーへの転職を考えている方はぜひ豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人