Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

大型トラックカスタムの方法・人気パーツ・メリット・テクニック

大型トラックカスタムの方法・人気パーツ・メリット・テクニック

大型トラックをカスタムする方法は数多くあります。カスタムすれば作業効率が上がると評判ですが、そのカスタム方法につい、人気のパーツやそのパーツのメリット、そして大型トラックをカスタムするテクニックについて詳しく解説していきます。

初回公開日:2018年08月01日

更新日:2019年10月11日

記事に記載されている内容は2018年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


自分好みのトラックをカスタムして転職先としてトラックドライバーを考えている方は、ぜひドライバーワークスへ!


今回の記事では、大型トラックをカスタムする方法を載せていきました。人気のパーツやそのパーツを使うメリット、そして大型トラックをカスタムするテクニックについて詳しく書いていきました。
遊び心になるような知識をつけておくことは時に自分を楽しくドライブをさせてくれることでしょう。

そこで、現在この記事を閲覧中の方の中には転職先の一つとしてトラックドライバーを検討している方がいらっしゃるかと思います。

ドライバー業界では高齢化が進み、現在深刻な人手不足ですが、近頃労働環境などやアプリなども提供され環境が改善されつつあるので転職先としておすすめな職業かと思います。

また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、ドライバーに向いてる方は長時間の運転が好きな方や我慢強い方に合うかと思います。

また、ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


転職先としてトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トラックカスタムの方法

大型トラックの運転手は1日の内ほとんどをトラックで過ごすので、自分好みに大型トラックをカスタムしている方が多く見られます。

おもに中、長距離を走る大型や中型のトラックでは、室内を仮眠しやすいようにカスタムしたり、トラックは全長が長いので夜間に巻き込み防止を予防するためにマーカーを自分好みの明るいLEDに変えている方もいるでしょう。

基本的にトラックのカスタムは、仕事の効率を上げるために行うカスタムと、誰が見ても見た目でカスタムをしていることがわかる方法とに分かれます。そこでトラックの内装と外装を分けてカスタム方法についてみていきます。

トラックの内装カスタム

トラックの内装は、誰が運転してもそこそこ快適な乗り心地で運転操作も簡単に行えるような造りになっています。裏を返せば平凡すぎるということでしょう。

大型トラックなどはシートの後ろにベッドがあったり、オプションになりますがトラックのキャビンの上の風防の中がベッドルームになっている大型トラックもあります。

大型トラックなどは1度会社を出れば数日帰ることが無い場合がほとんどで、トラックの車内が自分の部屋と同じです。そこで内装を快適にカスタムすれば仕事効率もはかどる事でしょう。

カスタム方法は、保安部品もあるので取り付けの注意点やルールを守ればかなり大きな改造までできてしまいます。車内を自分好みにアレンジすれば快適空間にすることができますから、初めての場合でも手軽な部品から交換や装着をしてカスタムに挑戦をしましょう。

トラックの外装カスタム

トラックの外装のカスタムと聞いて、かつてデコトラと呼ばれるトラックが日本中を走り回っていたことを思い出す方も多いのではないでしょうか。

外装をカスタムするには、マーカーを変えたりメッキパーツを取り付けるなどの手法が現在は主流です。特にメッキパーツは純正でもオプション設定があるほどの人気のカスタムです。

外装をカスタムされたトラックのほとんどは個人で持っているトラックとなります。現在法律が厳しくなり外装に電飾などを数多く取り付けていると、ターミナルに乗り入れ禁止になっている事が多く、運送会社では大きな改造は認めていません。

そこでおすすめな外装のカスタムは、ホールナットにメッキカバーを付けたり、スチールホイールならホイールライナーを取りつければ、足元がお洒落に変身することでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トラックカスタムに人気のパーツ

大型トラックは長距離を移動する乗り物で、数日間大型トラックで過ごす人も非常に多くいます。そこで大型トラックの内装や外装を自分好みにカスタムしている人が多くいます。

特に内装をカスタムすれば運転もしやすくなり、仕事の効率も良くなるでしょう。そこで大型トラックのカスタムパーツで人気のある商品をピックアップしてご紹介します。

ハンドルカバー

大型トラックを運転していて一番長く触りそして運転操作に影響が出るのがハンドルです。純正のハンドルでも悪くありませんが、少し滑りやすいのが難点です。そこでハンドルカバーを付ける事でグリップ力が上がり、ハンドルをしっかりと掴めるのでハンドル操作が楽になります。

その中で人気なのが、「月光」シリーズのハンドルカバーです。こちらの商品は、安心の日本製で作りもしっかりしており非常に綺麗な仕上がりとなっています。カラーバリエーションも豊富で全14色用意されているのも特徴です。

色、太さ、握り具合、全て良かった。取り付けもバッチリでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%A5%B5%E5%A4%AA%E3%83%8F%E3%8... |

シフトノブ

シフトノブはギアチェンジのしやすさに影響が出るので、その形状やデザインには好みがわかれるところでしょう。

スポーティーなデザインのシフトノブからキャラクターデザインのシフトノブまで数多くの商品が、販売されています。

シフトノブ事態を回して取り外せるネジ式で留まっているので、簡単に交換してカスタムできるパーツとなります。最近の大型トラックはスムーサーなどのクラッチレスが主流なので、シフトノブを交換する際はスムーサー用アダプターも必要になります。

ここで紹介するクリスタルシフトノブは、八角形をしており、握りの太さもちょうどよく操作性も安定しています。またデザインがきれいなので車内を上がるく華やかにしてくれるでしょう。

想像してたより、色が明るく透明感がありましたが、価格も安く大満足です!

出典: https://www.amazon.co.jp/T-Tsport-%E6%B1%8E%E7%94%A8-%E3%... |

シートカバー

トラックの乗り心地を改善する一つの方法として、シートカバーを取り付ける方法があります。また大型トラックを長時間運転するとシートの蒸れが気になるので、長時間座っていても違和感のない素材が良いでしょう。

そこでおすすめのシートカバーは、レザー仕様のシートカバーです。このシートカバーは汚れてもすぐに拭き取る事もでき、しかもパンチング素材なので通気性も抜群です。また厚手のクッションを採用しているので 腰への負担を和らげます。

このシートは汎用品ですから、ほとんどすべてのトラックに装着が可能です。ただしシートカバーにサイズはあるので義自身の大型トラックのシートのサイズと照らし合わせて購入するようにして下さい。

品物は、大変良い物でした。普通のカーショップでは売られてない上等な品物です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%8... |

サイドマーカーランプ

サイドマーカーランプは、中型、大型トラックに取り付けられていますが、このサイドマーカーをより視認の良いマーカーに取り換える事で、夜間走行の安全性をアップさせることができます。

サイドマーカーは簡単なバルブ交換や、レンズの交換だけでお洒落にドレスアップができ、レンズのカット方法により光の反射方法に幅があります。

そこでおすすめのサイドマーカーは、この商品になります。2個で1,000円と非常にリーズナブルですが、LED12個でダイヤモンドカットとなっており非常に綺麗に輝きます。また防水加工も他の製品より優れており、コストパフォーマンスが高いと言えます。

マーカーは多数他社から出品されていますが、その中でも送料込みで1個500円は激安、しかも高品質だと思います。自分は2個SETのマーカーをこれを含め4社の製品を買いましたが、他のは高い割にクリアレンズのカットが荒いし非防水。これの防水性能は本体のネジ部、配線出口はOKなので、点灯確認したら、本体とレンズを接着剤でくっ付ければ完璧です。捕捉ですが、ちょっとした知識がある人なら、ハンダごてと電線1本でブレーキ連動に改造可能です。プリント基板の配線を追えば、4+12個に分離できることが分かりますので、やる気のある人はどうぞ。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E9%80%81%E6%96%99%E7%8... |

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

カーテンなど

大型トラックは、長距離を走るので運行管理上仮眠が必要になります。また、大型トラックは夜間走行し昼間に仮眠をとる事が多いので、日差しを効果的に遮れるカーテンが理想です。

そこでこのプリーツカーテンがおすすめです。ラウンドなので運転席をぐるっと囲め、そしてプリーツカーテン(ひだひだのカーテン)なので収納もコンパクトにできます。また遮光性も高く、昼間でもカーテン上下からの木漏れ日しかありません。

大型トラックに取り付けました。
とてもいい感じです。しっかりと窓を1週してくれるので、遮光もバッチリです。
いい買い物をしました。

出典: https://www.amazon.co.jp/Mr-Flag-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83... |

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラックの内装に生地張りする方法

Bottom banner

大型トラックの内装はカスタムする自由度が高く、内装に飽きてしまっても内装を張り替える事で、雰囲気を変える事ができる人気のカスタムです。

内装に貼る生地は、シンプルな無地から豪華な金華山まで豊富に揃っているので、自分のイメージに合った生地を探すのは難しい事ではないでしょう。

内装に生地を貼るには専門工場に依頼すると良いでしょう。また自分でやることも不可能ではありませんが、失敗を考慮して余分に生地を調達する必要もあるでしょう。

しわやたるみが出ない裏技

DIYで内装に生地を貼るには、かなりテクニックが必要です。接着剤にはスプレーボンドが便利ですが、使用する量が多ければコストが高くなるデメリットがあります。しかしチューブタイプのボンドは薄く塗るには技術が必要なので初心者向きではありません。

生地を貼ると、どうしてもしわやたるみが発生します。そこで直接大型トラックなどの内装にボンドで貼り付けるのではなく、5mmから10mm程度のウレタンを内装に貼り、そのウレタンに生地を貼り付けるようにします。

天井に貼り付ける際には、ベニヤ板を天井の形に切り出し、そこにウレタンを貼り付けてから生地をウレタンにくるむように留めていきます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トラックカスタムするメリット

大型トラックなどをカスタムすると、快適性が上がったり作業効率が上がるメリットがあるとトラックドライバ―の中では話題です。

そこで、大型トラックなどをカスタムするとどんなメリットがあるのかをまとめてみました。

快適性・操作性が良くなる

大型トラックなどの運転席は狭い空間なので、その中で長い時間運転をしていると身体はつらくなり、長く仕事を続けるのが困難となります。特に最近はアイドリングス有数が厳しく言われていますから、熱い夏場や寒い冬などは、エンジンを止めると車内の快適性はゼロになります。

そこで最近のトラックには、蓄冷式のクーラーやべバストヒーターといった、エンジンを止めていても車内を冷やしたり温めたりできるオプションもあります。

このようにメーカーでも多くの快適装備を世に送り出していますが、やはりそれだけでは自分の快適空間を作り出せません。そこで内装をカスタマイズしてより運転しやすく、そして過ごしやすい便利グッズを車内にカスタムすることで、快適性や操作性を上げることができます。

作業効率があがる

大型トラックなどをカスタムすると、作業性が上がるドライバーが多く見受けられます。それは運転をしやすくしたり、室内の快適性を上げる事でトラックの運転に集中でき、また仮眠や休憩を効率取る事で、荷下ろしなどの仕事も疲れることなく行う事ができるからです。

全ては車内のカスタムの仕方で変わってくるので、自分の運転や車内での過ごし方に最適な方法をカスタムに取り入れることで、作業効率のUPにつながるでしょう。

乗り心地がよくなる

乗り心地をよくするカスタム装備としてはエアサスが挙げられます。エアサスは荷崩れを防止する役目が思い浮かびますが、実は最近の大型トラックにはこのエアサスシートが運転席に装備されている事が多くなっており、運転手の疲労軽減に役立っています。

一昔前の大型トラックにはこのエアサスシートは取り付けられていない事が多くありましたが、最近は長距離を走る大型トラックドライバーのためにエアサスシートをカスタムする運送業者がほとんどです。

運転がしやすくなる

大型トラックは全長が長く、特にバックの際には後ろの確認にストレスが多くなります。そこでバックアイカメラをカスタム装着すれば、運転のストレスが軽減され運転がしやすくなります。

この他、オーディオやスピーカーをより良い物にカスタムする事で、運転が単調でなくなり気分も変わってきます。

この他シートベルトストッパーで圧迫感をやわらげたり、シフトノブを手になじみやすい物に交換するなど工夫することで、運転のしやすさは良くなるでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トラックカスタムのデメリット

大型トラックのほとんどは、運送会社の持ちものとなっていますから、カスタムするには会社の規則に沿ったカスタムをしなければなりません。

運送会社によっては、カスタムを禁じている場合もあり、またカスタムの方法についても細かく規定がある場合がほとんどです。

そして持ち込みで仕事をする場合、カスタムが過激になっていると出入り禁止の場合もあるので、せっかく自分のトラックを持っていても仕事に支障が出るようなカスタムはデメリットとなります。また道路運送車両法に抵触するようなカスタムもデメリットでしかないので注意しましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

違法改造にならないように

カスタムトラックの中には、高速道路などで非常に大きな排気音を轟かせて走っているトラックがあります。こういったカスタムは不正改造の疑いがあります。また灯火類にも規定があり、ブルーやグリーンに灯火を変更したりホイールマーカーといってホイールに装飾をするのも違反です。

この他に前面ガラスに装飾板の取り付けや、排気管の開口方向にも厳しく規定がありますから、カスタムをする際には道路交通法に抵触していないか確認をしてから行う必要があります。

大型トラックカスタムのテクニック

大型トラックのカスタムのテクニックは、運転のしやすさ、と休憩や仮眠をしたときの快適さを追求したカスタムを行う事です。

人がつけていて良い評価を出しているパーツを取り付けるのも悪くはないですが、自分の運転のしやすさに繋がっている商品なのかを確認する必要があります。

カスタムには終わりはありませんから、常に便利さと快適さ、そして見た目の美しさを追求してカスタムをすると良いでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トラックのカスタムには終わりがない

大型トラックのカスタムパーツは非常に多くの種類が販売されています。その中から自分の気に入ったパーツを見つけられればトラックに乗るのも楽しくなります。

カスタムするには多くの規則の中で行う事が多いです。そこで友人と情報交換をしたり、トラックを見せ合ったりしながらカスタムを行い、理想に近づけていくのがカスタムの楽しい所でしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

自分好みのトラックをカスタムして転職先としてトラックドライバーを考えている方は、ぜひドライバーワークスへ!


今回の記事では、大型トラックをカスタムする方法を載せていきました。人気のパーツやそのパーツを使うメリット、そして大型トラックをカスタムするテクニックについて詳しく書いていきました。
遊び心になるような知識をつけておくことは時に自分を楽しくドライブをさせてくれることでしょう。

そこで、現在この記事を閲覧中の方の中には転職先の一つとしてトラックドライバーを検討している方がいらっしゃるかと思います。

ドライバー業界では高齢化が進み、現在深刻な人手不足ですが、近頃労働環境などやアプリなども提供され環境が改善されつつあるので転職先としておすすめな職業かと思います。

また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、ドライバーに向いてる方は長時間の運転が好きな方や我慢強い方に合うかと思います。

また、ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


転職先としてトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人