Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック荷物落下の危険性・防ぐ対処法・罰則|固定用具損傷確認

トラック荷物落下の危険性・防ぐ対処法・罰則|固定用具損傷確認

トラック荷物落下の危険性と一体どう言ったものがあるのか、もし起こしてしまった場合の対処法や、罰則はどうのようなものなのかなどの解説をしていきます。どうしたらトラック荷物落下のリスクを低減できるのかも紹介していますので、ぜひご覧下さい。

初回公開日:2018年06月12日

更新日:2019年10月10日

記事に記載されている内容は2018年06月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


正しい知識をつけて、トラックドライバーの転職を考えている方はドライバーワークスへ!

今回の記事にもあるようなトラック荷物落下の危険性については、ドライバー運転手じゃなくても参考にできる内容が多いかと思います。そこで、運転が好きで転職先にドライバー業界を考えている方はぜひドライバーワークスへ! 現在、ドライバー業界では、平均年齢が30代から40代後半までなので、未経験の方でも転職がしやすい業界です。



また、トラックドライバーの正しい知識をつけることで、ドライバー以外の仕事に繋げられる可能性もあります。そこで、ドライバーの運転手を転職先として考えていらっしゃる方にはドライバーワークスで転職を検討してみることがおすすめです!


ドライバーワークスでは、大型免許の補助費などを負担してくれる会社の求人も紹介することができます。 また、未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


そして、中でも地方と東京での年収もかなりの差があるのが特徴として挙げられます。地方の平均年収は380~500万前後ですが、交通量が多い東京では年収が600万円以上の会社も多数あるので車の運転が好きな方は転職を検討してみてもいいかもしれません。


トラックドライバーへの転職なら豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック荷物落下の危険性

トラックに積荷を載せて走ることは、日常的にも運転していればよく見る光景ですし、積荷を載せて運転する方もいらっしゃいます。意外と身近にあるトラック荷物落下の危険性とはいったいどういったものなのかを紹介します。

対向車や後続車が衝突するトラック荷物落下事故

トラック荷物落下により後続車や、対向車に衝突するという事故は、時に死亡事故となってしまうほどに危険です。

積荷の固定の仕方が甘かったり、固定器具の破損など理由はさまざまですが、多くの場合は過積載やイージーミスによる施錠忘れなどにより、カーブで耐え切れずにトラック荷物落下の事故となるといったケースが多数発生しています。

このように、しっかりとした積荷の管理を怠ると重大なトラック荷物落下事故を引き起こす原因となってしまいますので、出発前の点検はしっかりとしておきましょう。

過積載によるトラック荷物落下事故

前提として過積載自体が罰則の対象ではありますが、処罰を受けなかったとしても過積載は十分事故につながる可能性があります。

過積載により車体のバランスが崩れた転倒事故や、トラック積荷の落下により二次被害が生じてしまったりと危険性は高いため、しっかりと積荷の重量の確認をして、過積載を避けるようにしましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック荷物落下を防ぐ対処法

以上のように、トラック荷物落下は重大な事故を引き起こす可能性があり、危険性が高いということはご理解いただけたでしょう。では、どうしたらトラック積荷落下の事故を防げるのかを紹介します。安全運転のためにもぜひ参考にしてください。

固定用具の損傷確認

まずは固定器具の損傷や劣化などの確認は日ごろからしっかりと確認しておくことが重要です。

固定器具の状態が悪いと、いくら念入りに固定しても運転中の衝撃で破損してしまう可能性があり大変危険です。日ごろのチェックと運転前のチェックでそういった走行中の破損をなくしトラック荷物落下の事故を無くしましょう。

また、メーカー指定の経過年数で固定用具を新調することが望ましいでしょう。見た目はそこまで傷ついていなかったとしても、何があるかはわかりませんので、しっかりとした予防がトラック荷物落下を防ぐ、最大の武器となります。

整理して積む

トラック積荷落下を防ぐには、整理した積み方をすることも大事です。例を挙げると、軽いものを重いものの下に置かないことや、積み荷の隙間を少なくすることによりトラック積荷の落下のリスクを軽減することができます。そのほかには積荷の重心なども考える必要があるでしょう。

このように、トラック積荷落下が起きる原因は固定の仕方の他にも積み方によって起こる場合もあるので注意が必要です。

固定個所を多めにとる

固定個所を多くとることもトラック積荷落下のリスクを下げる手段の一つです。特に積み荷が長い場合などには注意が必要で、固定個所を多くとることにより、しっかりとトラック積荷落下のリスクを下げられます。

シッカリと固定したから大丈夫と決めつけるのは大変危険なので、多めに固定個所を取りましょう。こうしたリスク管理を徹底することが事故の予防の第一歩です。

ビニールシートなどを利用する

ビニールシートなどを利用して、積載した荷物を覆うことにより、トラック荷物落下のリスクを低減させることができます。この方法は、積載物が軽いもの、例えば紙類などには特に有効で、荷物の飛散を防具ことができます。

このように、状況によって柔軟な対応をすることができれば、トラック荷物落下のリスクを低減することができますので、さまざまな状況を想定し、いつでも柔軟な対応ができるようにしておくことを心がけましょう。

何度も確認する

何度も確認するといわれると、正直面倒だと思う方も少なくはないでしょう。しかし何度も繰り返し確認するといった行いは基本中の基本で、最も重要であるとさえいえます。多くの方は、慣れればなれるほどにおろそかになりがちですが、そのような気のゆるみも事故につながる可能性があることは明らかです。

おろそかになりがちな確認をしっかりすることがトラック荷物落下の防止につながります。しかし人間はどれだけ気を付けていてもミスはしてしまうので、複数人でチェックするということも有効です。

運転の仕方に注意

しっかりと固定したからいつもと同じように運転していい、ということはありません。積荷が乗ることにより重さや重心が変わり、制動距離が伸びたりカーブでの遠心力の働きが変わったりするので注意が必要です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック荷物落下を起こした場合の罰則・罰金

トラック荷物落下に対する処罰を紹介していきます。トラック荷物落下の責任はだれにあるのか、どのような処罰になるのかなどのリスクを把握して、安全運転をしましょう。

Bottom banner

道路交通法違反

道路交通法の総則は、道路で発生する交通上のすべての危険や障害を除去し、安全で円滑な交通を確保するための法律です。もちろんトラック荷物落下も道路交通法違反となり、何らかの行政処分を受けることは免れることができません。

起こしてしまっては原則として運転手の責任になりますので、徹底した安全管理をしましょう。場合によっては免許を失ったり、仕事や財産を失うこととなってしまうこともあり、甘い考えは自らの首をしめる結果になってしまうでしょう。しっかりとしたリスク管理が重要です。

反則金と罰金の違いって?

反則金と罰金の違いは簡単に言うと、行政処分であるか刑事処分であるかの違いです。反則金である場合は行政処分であるため、刑事処分は免除され、前科がつきません。トラック荷物落下を起こしてしまった場合、一般道であれば反則金だけで終わる場合もあります。

トラック荷物落下は二次被害がなくても罰せられる

トラック荷物落下はたとえ二次被害がなくても罰せられる可能性はあります。運転中にトラック荷物落下が起きたと知りながら放置することは、道路交通法第71条4の2にの車両に積載したものが転落した場合速やかにそれを取り除かなければならないということに反しているため、罰則の対象です。

具体的な罰則金は下記表にてご紹介します。行政処分としては基礎点数1点となります。なお、下記の反則金を納めなかった場合には、刑事罰として3ヶ月以下の懲役、もしくは5万円以下の罰金が科せられます。

車両の種類違反金
大型車7,000円
普通自動車6,000円
二輪車6,000円
小型特殊車5,000円
原動機付自転車5000円

3か月以下の懲役

高速道路でのトラック荷物の落下は落とした場合、もしくは、トラック荷物落下で第三者に被害を与えてしまった場合は、3ヶ月の以下の懲役が科せられる可能性があります。

道路交通法の総則は、道路で発生する交通上のすべての危険や障害を除去し、安全で円滑な交通を確保することで、もちろんトラック荷物落下も道路交通法違反となり、何らかの行政処分や刑事処罰を受けることは免れることができません。

起こしてしまっては原則として運転手の責任になりますので、徹底した安全管理をしましょう。場合によっては免許を失ったり、仕事や財産を失うこととなってしまうこともあり、甘い考えは自らの首をしめる結果になってしまうでしょう。しっかりとしたリスク管理が重要です。

5万円もしくは10万円以下の罰金

懲役の他にも罰金が科せられる場合もあり、事故の補償金とは別に科せられます。事故が起こって逃走してしまうと重罰化しますので、トラック荷物落下を起こしてしまった場合は速やかに対処しましょう。

死傷者が出た場合

トラック荷物落下で死傷者が出てしまった場合は、過失運転致傷罪に問われることになり、7年以下の懲役、禁錮、もしくは100万円以下の罰金を科せられます。また、相手を死亡させてしまった場合は、行政処分により免許停止や、取り消しなどの責任も発生します。

そして民事処分においては被害者への賠償もしなくてはいけなくなります。刑事、行政、民事の3つの責任全てを合わせるとその負担は相当なものでしょう。罰金100万円だけではなく、他の責任も発生しますので、しっかりとした知識を身につけリスク管理をしましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

高速道路においてのトラック荷物落下の対処法

万が一、高速道路においてトラック荷物落下を起こしてしまった場合の対処法の紹介をします。対処法を知り万が一のことの大切さを知り、正しく対処して被害を最小限に抑えましょう。

まずは自分の安全を考える

トラック荷物落下を起こしてしまった場合、多くの方は動揺し焦りを覚えることが多いでしょう。そのような場合でも、取り乱して急停車したり、下車して落下物を取りに行くなどの行動は大変危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

まずは落ち着いて、安全に停車でき、トラック荷物落下の処理ができる場所を探しましょう。落ち着いた行動により自分を危険に晒したり、さらなる被害を発生させずにすむことができます。

連絡しよう

トラック荷物落下を起こしてしまったら、安全な場所に停車し連絡しましょう。運転しながらの連絡は、危険を伴いますし、法律違反なのでしっかり停車してからすることが大切です。

トラック荷物落下を起こした場合の連絡先は、事故等が起こっていない場合は♯9910の番号に連絡しましょう。この番号は国土交通省が定める全国共通の道路緊急ダイヤルですので24時間無料で受け付けています。電話が繋がったら、道路名、キロポスト周辺の施設などを伝えます。

高速道路において携帯電話がない場合には、非常電話をご利用ください。その場合は非常灯をや三角表示板をつけるなどの処置をし、自分の安全を確保してからかけましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

徹底した安全管理が大切

トラック荷物落下は、時に重大な事故へと繋がる危険性のあることです。最悪の場合人を死亡させてしまう可能性もあり、その場合の責任はとても重く、自分の人生を一瞬にして壊す結果になります。もちろん自分だけでなく、家族や被害者、そしてその家族など少しの気の緩みから多くの人を悲しませ、たくさんのものを奪います。

トラック荷物落下を甘く見ず、しっかりと対策し、安全な運転をして自分や他人の運転を守りましょう。自分のトラック荷物落下が原因となることなどないよう毎日きちんとしたリスク管理を徹底することが大事です。この記事が皆様の安全運転の一助となっていれば幸いです。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

正しい知識をつけて、トラックドライバーの転職を考えている方はドライバーワークスへ!

今回の記事にもあるようなトラック荷物落下の危険性については、ドライバー運転手じゃなくても参考にできる内容が多いかと思います。そこで、運転が好きで転職先にドライバー業界を考えている方はぜひドライバーワークスへ! 現在、ドライバー業界では、平均年齢が30代から40代後半までなので、未経験の方でも転職がしやすい業界です。



また、トラックドライバーの正しい知識をつけることで、ドライバー以外の仕事に繋げられる可能性もあります。そこで、ドライバーの運転手を転職先として考えていらっしゃる方にはドライバーワークスで転職を検討してみることがおすすめです!


ドライバーワークスでは、大型免許の補助費などを負担してくれる会社の求人も紹介することができます。 また、未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


そして、中でも地方と東京での年収もかなりの差があるのが特徴として挙げられます。地方の平均年収は380~500万前後ですが、交通量が多い東京では年収が600万円以上の会社も多数あるので車の運転が好きな方は転職を検討してみてもいいかもしれません。


トラックドライバーへの転職なら豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人