Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

ドライバー不足の今、トラック免許を持っていれば仕事の幅が広がるので、おすすめの資格です。しかし、ネックになるのが費用の問題です。そこで。今回はトラック免許取得にかかる費用の目安や、安くする方法などについてご紹介していきます。

種類別トラック免許取得にかかる費用相場

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

トラック免許にかかる費用は、トラックの大きさや種類によって異なります。ここでは、トラック免許に必要な費用の相場をご紹介していきます。

大型

大型トラック免許取得に必要な経費は、20~30万円ほどが相場です。中型よりも相場が高いですが、持っていれば仕事の幅がとても広くなります。また、大型とひとえに言っても、大型免許単体だけでなくけん引免許や大型特殊免許も取るのかどうかによっても費用が大きく変わります。

大型特殊免許よりもけん引免許の方が高い傾向にあり、3つ一緒に取得を目指すとなると40万円ほどかかります。いくら仕事の幅が広がり需要があるとは言っても、仕事を始める前にここまで費用をかけるのは大変でしょう。この後にご紹介する、費用を安くする方法も参考にしてみましょう。

中型

中型免許とは、車両総重量11t未満、最大積載量6.5t未満、乗車定員30人未満の車を運転できる免許です。例えば、6tトラックや11人以上が乗れるマイクロバスを運転する時に、この中型免許が必要です。

ひとえに中型と言っても、一種と二種があります。一種では安いと10万円以下、高いと20万円以上するものもあります。

一種と二種では、二種の方が費用が高くなります。車種にもよりますが、一種+10万円を目安に考えましょう。就職先などの関係でどのトラック免許が必要になるのか、よく確認しましょう。

トラック免許取得費用の支払い方法

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

トラック免許の費用はどうやって支払えばいいのでしょうか。そこで、トラック免許にかかる費用の支払い方法をご紹介していきます。教習所によって取り扱っている方法は異なるので、ホームページを見るか直接問い合わせて必ず確認しておきましょう。トラック免許の種類によって、できる支払方法も違うので、注意しましょう。

クレジットカード

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

最も手続きが楽な方法が、クレジットカード決済です。VISAやMasterCardなど、有名な会社ならほとんどの教習所で取り扱っているはずです。ただし、教習所によってはクレジットカード決済だと一部の割引制度が受けられなかったり、取り扱っているカード会社が異なったりすることを覚えておきましょう。

現金

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

クレジットカードを持っていない人なら、現金で支払いましょう。教習所によっては一括で支払うところもありますが、講習の進度によって少しずつ支払うところもあります。最初に費用の1/3を支払い、次の段階に入る時にまた1/3を支払い、終了までに残りの1/3を支払うといった方法です。

ひとえに現金支払いと言っても、教習所に直接支払うだけでなく、他の機関を挟んで支払う方法もあります。

コンビニ払い

現金支払いの中でもコンビニ払いを選ぶと、営業時間や場所を問わずいつでも振り込みができるので便利です。ただし、ほとんどのコンビニで30万円以上の現金支払いはできないので、大型トラック免許取得を申し込む場合は、銀行振り込みがおすすめです。

銀行振込

銀行振り込みだとコンビニとは違い、振り込める料金に上限はありません。確実に安全に一括支払いができるおすすめの方法です。

しかし、ATMからの現金振り込みは10万円までなので、窓口で振り込みましょう。振込手数料は支払う側の負担になります。

ローン返済

一括で支払えないという場合は、ローンを組んで毎月少しずつ返済していくローン返済がおすすめです。お金があまりない学生でもすぐに免許を取得できます。教習所によって、クレジットのみのローンを取り扱っているところもあれば、口座からの引き落としに対応しているところもあります。ローン返済については、この後詳しくご紹介していきます。

トラック免許取得費用を安くする方法

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

安くても10万円、大型や大型特殊免許を取ろうとすると30万円以上もするトラック免許を、できるだけ安くする方法はあるのでしょうか。教習所の合宿や割引プランを利用したり、助成金を利用すれば、手が出せないと感じられるトラック免許も取りやすくなります。

ここではトラック免許取得の費用を抑える代表的な方法をご紹介していきます。自分に合った方法を選び、無理なくトラック免許取得を目指しましょう。

合宿利用

トラックだけでなく、自動車の免許を安く取得するのに最も代表的な方法は、合宿を利用することです。なぜ合宿にすると安くなるのかというと、最短で免許を取れるスケジュールが組まれているからです。通学の場合は、週に何回か通っておよそ3ヶ月ほどで取得します。

しかし、合宿では最短で2週間ほどで免許を取ることができます。通学はスケジュールが調整しやすい分高いです。合宿は期間中のスケジュールは決まっている分、短く安く済ませることができます。お得にトラック取得を目指すならおすすめのプランです。

合宿免許ドリームで教習所を探そう!

どの合宿免許でも通学より費用を安く済ませることができますが、せっかくなら1番安い場所を探したいと思っている人も多いはずです。そこでstrong>安いプランを探すのにおすすめのサイトが、<合宿免許ドリームというサイトです。

全国50ヶ所以上の教習所から自分に合った場所を見つけることができます。最大の特徴は他社より高ければ値引きしてくれる「最低価格保証」です。確実にどこよりも格安でトラック免許を取得できます。

他にも、AT車最短14日間、MT車最短16日間という最短日数で卒業可能だったり、「夏休み格安プラン」などがあったりと、お得なプランがたくさん用意されています。

卒業生割引利用

多くの教習所で取り入れられているプランで、卒業生割引利用というものがあります。これは、免許を取得し卒業してから1年以内に次の車種で入校すると、費用が割引される制度です。例えば、普通免許を取得した1年以内に、トラック免許取得を目指して再び入校するといった方法です。

割引率は教習所によって異なりますが、中には費用の50%を割引してくれるところもあります。卒業から1年以内という条件がありますが、これからトラック免許だけでなく普通車や他の車種でも免許を取りたいと考えている人におすすめのプランです。

教育訓練給付金制度

大型免許を取得するにあたり、費用の一部が返ってくる制度があります。それは、教育訓練給付金制度です。公共職業暗転所(ハローワーク)から助成金が支給され、最大10万円が戻ってくるのでかなりお得です。

具体的には、教習所に支払った額の20%(上限10万円)が戻ってきます。例えば、普通免許MTを所持していて、大型免許取得費用が40万円かかった場合は、そのうちの20%の8万円が戻ってくるということです。

この制度を受けるにはいくつか条件があるので、よく確認しておきましょう。

一発試験で費用を抑える

教習所に通う暇がない、あるいは限りなく費用を安くしたいという場合は、一発試験でトラック免許を取得する方法もあります。講習を受けて勉強しながらトラック免許取得を目指すのではなく、いきなり運転免許センターで試験を受ける方法です。難易度は高いですが、費用をかなり抑えられます。

トラック免許を取得するのに必要な費用は、構内試験、路上試験、取得時講習の3種類の試験と、免許交付です。一発試験では講習費用はかからず、これらの費用だけなので、およそ4万円以下で取得できます。試験場によって費用は異なりますが、2,30万円かかるトラック免許の講習よりはかなりお得なことがわかります。

トラック免許取得にローンは利用できるのか

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

費用を一括で支払えない場合、ローンを組んで少しずつ費用を支払っていく方法がありますが、トラック免許でもローンは使えるのでしょうか。トラック免許でもローンは使えます。

ただし、教習所によって支払い方法は違います。中にはクレジットのローンのみを取り扱っている教習所もあります。クレジットカードを持っていれば良いですが、引き落としによるローンを利用したい人は、利用できないこともあります。

教習所によってはクレジット・引き落としのローン両方を扱っているところもあります。教習所を選ぶ際、ローンで支払う場合は支払い方法も確認しておきましょう。

ローンを利用する時に注意したいこと

ローンを利用する時には、いくつかの条件に当てはまっている必要があります。そこで、トラック免許にかかる費用をローンで支払うにあたって注意したいことをご消化していきます。計画的に支払い、トラック免許を取得しましょう。

申し込み条件をチェック

ローンを申し込むには、条件が課せられていることがほとんとです。また、その条件は収入の状態や年齢、学生かどうかによっても変わります。未成年あるいは学生だと必ず親権者の同意が必要です。おすすめなのが、アプラスという信販会社のローンを利用することです。その場ですぐ審査し、ローンが通るかがわかります。

本人名義の口座が必要

ローンを組むためには、クレジット、引き落としのどちらにでも本人名義の口座が必要です。親が支払ってくれるという場合でも、本人名義以外の口座から引き落としできないので、費用は本人名義の口座に移しておきましょう。

費用を抑えてお得にトラック免許を取得しよう!

トラック免許取得にかかる費用相場・安くする方法・支払い方法

トラック免許を取得して、ドライバーや運転手として活躍したいと考えている人も多いでしょう。しかし、免許を取る前に必ず確認しておきたいのが料金のことです。

普通の免許と違い、車種が特殊なのでどうしても高くついてしまいます。なるべく安くするためには、合宿の利用や、卒業生割引などの制度を詳しく調べることが必要です。

これらのプランや制度を利用すれば、通常の費用より5~10万円と大幅に安くなります。また、合格率は低いものの講習を受けずに試験の費用だけを支払って一発試験に掛ける方法もあります。

お得にトラック免許を取得して、ドライバーとして活躍を目指しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related