Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月03日

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

トラック営業マンという仕事をご存知でしょうか。トラックを売る営業です。あまり華やかな仕事のようには思えませんが、トラックという高い買い物をしてもらうには、相当の営業スキルが必要です。トラック営業についてまとめたので参考にしてください。

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

トラック営業マンの1日の仕事内容

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

みなさんはトラック営業という仕事をご存じでしょうか。いすゞや日野、太平工業株式会社、豊運輸株式会社などに代表される会社で行われているビジネスです。簡単にビジネスモデルを紹介すると、新型のトラックや機能が改善されたトラックを業者に売り込むBtoBビジネスです。

基本的にtoBビジネスは消費者との接点が少ないので、会社名やこの仕事を知らない人もたくさんいるでしょう。また、トラック営業はあまり華やかな仕事に思えないでしょうが、扱っている商品の価格が大きいのでやりがいのある仕事でもあります。

ここでは、トラック営業マンについてたくさんのことを記述していきます。例えば、トラック営業マンはどういう一日を過ごしているのか、どれくらい稼げるものなのか、トラック営業は大変なのか、などについて見ていきましょう。

出勤

トラック営業の仕事に携わる人でも基本的に最初は会社に出勤してから一日がスタートします。営業先に直接出向くパターンも考えられますが、営業は印象がかなり大切です。朝一の低い声で営業先をうかがうことは好ましくないでしょう。

そうならないように会社に出勤して、しっかり大きな声を出して挨拶することが求められます。基本的なことのように思えますが、こういう当り前の習慣が大切になってきます。

営業マン同士のミーティング

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

トラック営業マンがあさイチですることと言えば営業マン同士のミーティングでしょう。営業マン同士は一見ライバル同士でもありますが、同じ会社に勤め、同じ会社の業績を高めるために働く仲間でもあります。

ですので、毎朝のミーティングで情報交換をしておく価値は十分あります。営業の力は一朝一夕で身につくスキルではありません。ベテランならまだしも、経験が少ない新人ならばまだまだ未熟なはずです。

そういう場合は先輩からの営業ノウハウやモチベーションの上げ方、タイムマネジメントの仕方など勉強することはたくさんあります。ミーティングの時間を通して日頃の悩みや疑問をつぶしておくのも大切です。

また、このときに営業マンとしてのノルマや達成度合いもチェックされるので気を抜けません。

お客様訪問

さて、営業マン同士でのミーティングが終われば、いよいよ稼ぎに行く時間です。お客様訪問がまっています。このお客様訪問には二つのパターンがあります。新規顧客を開拓するための営業と既存の顧客のクロージング、問題解決の二つです。

新人は既存顧客を最初から持っているわけがありませんから、どうしても新規開拓営業がメインになります。そうなれば、一件一見自分の脚で獲得していくしかありません。最初のうちは根性と体力勝負ということです。

既存顧客のところへ訪問するときは、新規開拓のような泥臭さはありませんが、契約を決めてもらうための営業トークやお客様の課題を解決するための問題発見能力などが問われます。

メーカーとの打ち合わせ

トラック営業マンの営業先はお客様だけではありません。メーカーとの打ち合わせも営業マンの大切な仕事のひとつです。お客様のトラックの注文数に合わせて、追加で発注したり、新製品や新機能などについての情報交換も行われるでしょう。

メールチェック

トラック営業マンに関わらず、サラリーマンとして一番大切なことはホウレンソウと呼ばれるタスクです。ホウレンソウとは報告、連絡、相談を略してまとめた言葉です。これができて初めてサラリーマンとしての基礎が身に付いたと言えます。

ホウレンソウに使われるのがメールです。ですので、メールがきていないかどうかは頻繁に確認しておきましょう。メールの返信が早い人ほど仕事ができる傾向にあります。

これは、メールを早く返すことで相手の時間を奪わないことが意識しているかどうかが判断できるからです。メールの返信がないと仕事を進められない場合もあります。こんなときにダラダラメールの返信が遅れると、仕事全体に影響が出てしまいます。

また、トラックの営業マンならお客様からの電話に気付かないと困ることも多いでしょう。とにかくメールチェックは怠らないようにしましょう。

事務処理など

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

お客様訪問やメーカーとの打ち合わせが終わった営業マンにも残っている仕事があります。営業マンといえど、外に行って営業だけをしていればいいわけではありません。

営業マンにも事務処理の仕事はあります。上司に営業のことについて報告書を書いたり、経費の見積もりなどもします。

残業

社会人で働いていると多かれ少なかれノルマがあります。毎月、ノルマを達成しなければペナルティがあったりします。自分に与えられた仕事が終わらなければ残業をしなければならないときもあるでしょう。

残業は好き好んですることではありません。同じ仕事量ならば短い時間でできたほうが優秀に決まっています。だらだら残業したほうが楽でしょう。残業をしているほうがかっこいいなどとは思わないように注意が必要です。

帰宅

一日にやるべき仕事が終われば帰宅します。しかし、優秀な営業マンは上司と飲みにいって情報を得たり、相談に乗って貰ったりします。飲みにケーションが古いと言われていますが、自分次第で価値のある飲み会にできます。

トラック営業はツライ?

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

ここまでトラック営業マンの一日について詳しく見ていきました。基本的にお客様のところへの営業とメーカーとの打ち合わせが一日の大半をしめ、その空き時間にメールチェックや事務処理などの細かい仕事が入ってきます。

では、ここからはトラック営業マンの仕事はつらいのかどうかについて記述していきましょう。ノルマについてや働く関係者についてなどあらゆる角度から考察していきます。

ノルマ

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

トラック営業マンに限らず、ほとんどの営業マンにはノルマが課せられています。ノルマはつらくて仕方がないと考えられがちですが、ノルマがあるからこそ焦りもあり、頑張れることがあることも事実でしょう。

ノルマは月に5台程度のとろこが多いです。トラックは高価な商品ですので、これくらいが妥当な数字でしょう。ノルマを達成できなければ、賞与に関わります。

拘束時間

トラック販売会社の拘束時間はどれくらいでしょうか。トラック営業は年樋木崎やお客様ありきのビジネスです。お客様が仕事をしていないときは仕事ができません。拘束時間は平均的な会社と同じと考えてもいいでしょう。

法人営業

トラック営業に限らず法人営業はストレスがたまることで有名です。名刺を渡したとたんに破り捨てられたり、といってことは日常茶飯事です。そういう環境で仕事をしなければならないので、メンタルが強くない人はツライでしょう。

仕事仲間

トラック営業は仕事仲間によって、きついかどうかも変わってきます。互いに切磋琢磨できる人が同僚ならばやりがいもできるでしょうし、逆ならば退屈な職場にもなります。仕事はなにより人間関係が大切です。

トラックの営業マンの権限

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

お次に説明するのはトラックの営業マンの権限についてです。いち営業マンにはどれくらいの権限が与えられるのが普通なのでしょうか。商品の価格が大きいだけにどこまで権限を与えるべきか慎重にならなければありません。

値引き裁量は与えてはいけない

トラックの営業マンは基本給プラス歩合で働いているパターンが多いので、一台でも多く売りたいというインセンティブが働きます。そのやる気が正常に働いている場合は問題ありません。しかし、売ろうとして滅茶苦茶な契約をしてきても困ります。

例えば、価格は少しでも安いほうが売りやすいのは自明です。だからといって、営業マンの一存で値引きができるようではこまります。とにかく売りたいがために値引きして利益を薄くしてまで営業しようとされては困ります。値引きの裁量までは与えないことが無難でしょう。

会計の概念

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

いち営業マンに値引きの裁量を与えない方がいいことについてもう少し具体的にみていきましょう。若い営業マンはとくにですが、かれらには会計や経理の知識がないことも多いです。

営業マンひとりあたりの人件費や一台あたり、いくらの利益をだせば黒字になるのか、など考えられていない場合が多いです。以上の理由からも営業マンに値引きの裁量を与えることは危険です。

トラック営業マンに入るマージンの割合

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

トラック営業マンにはどれほどのマージンが入るのでしょうか。一大のトラックを売ってきたおき、営業マンひとりはいくらくらいもらえるのでしょうか。当然このマージンが入る割合が大きいほどモチベーションアップにもつながります。

高いのか

営業マンひとりがもらえるマージンの割合が高いのかどうか具体的にみていきます。結論から言うとどの販売会社で勤務しているのかによります。マージンは一律で一台いくらと決められているわけではありません。

例えば、毎月5台のノルマがあったとしましょう。この場合1台や2台売ってもノルマにはおよびません。ノルマに及ばないときなどは一台あたり1万円とか2万円ほどです。しかし、ノルマである5台を超えると急に一台あたり3万円や5万円まで跳ね上がります。

ここからわかるようにある一定の基準を超えないとマージンは高いとは言えません。しかし、基準を超えて売れるようになると、いっきにマージンの割合が高くなり、基本給をはるかに超える額をもらえることもあります。

トラック営業マンは稼げる

トラック営業マンの1日の仕事内容・権限・入るマージンの割合

ここまでトラック営業マンについてさまざまなことを紹介してきました。例えば、トラック営業マンの1日の仕事内容やトラックの営業マンの権限、トラック営業マンに入るマージンの割合、などなどです。

トラック営業は売っている商品の価格が大きいので、難しい営業のひとつです。一度、買ってみて使い心地を試す、という行為がなかなかできません。大きな買い物をするということは、売る側も慎重になりますし、当然買う側はもっと慎重になります。

一度話を聴いただけでは判断ができず、何度も同じ営業先に足を運ぶことになることも多いです。簡単な仕事ではありません。

一方でトラック営業には、売り込んだトラックの大きさや種類に応じてマージンが入る場合もあります。自分の実力次第で稼げる仕事でもあります。営業が得意な人にとっては働きやすい職業のひとつでしょう。

Related