Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月28日

ツアートラック運転手の仕事内容・求人の選び方|機材の荷詰締め

ツアートラックというのは、コンサート会場などに照明機材や音響機材などを運ぶトラックのことです。運転手は機材の積み込みや会場への運送、搬出、搬入などを行ないます。この記事ではツアートラックの運転手の仕事内容や、必要な資格などについて関連情報とともに紹介します。

ツアートラック運転手の仕事内容・求人の選び方|機材の荷詰締め

ツアートラックとは

「ツアートラック」というのは、主にミュージシャンが全国のツアーを行なう時にコンサートに必要な音響機材や照明機材などを運ぶトラックのことです。トラックの荷台部にはアーティストやツアーコンサートの大きな広告が施されています。

業界用語では、移送する、トランスポートすることから「トランポ」と呼ばれ、広告媒体でもあることから、「看板車」とか「ラッピング車」とも呼ばれています。

ツアートラックと似たトラックに「アドトラック」というトラックがあります。これは宣伝活動を目的としたもので、主に夜間に広告面が鮮やかに光ってスピーカーから関連する音楽などを流して街中を走りまわります。アドトラックは宣伝のためだけのもので、機材などは積んでいません。

ツアートラックの規模や仕様

ツアートラックは11トンの大型トラックが一般的です。コンサートの規模によりますが、大がかりなステージ演出をするGACKTの場合、通常のホールツアーで4台程度で機材運搬をしますが、2013年のLIVE TOURの時には倍の8台でセット機材を運んでツアーを回りました。

11トン車の場合、最大の搭載量は6.5トンなので特別な機材でなければ1~2台でまかなえるでしょう。広告面の荷台側面は約9.5m×2.5mの広さがあります。ボディにラッピングフィルムで貼る方法や、特殊なプリンターで直接印刷するなどしてユニークな広告に仕上げます。

ツアートラック運転手の仕事内容

ツアートラック運転手の仕事内容・求人の選び方|機材の荷詰締め

ツアートラックの運転手の仕事は、ツアーコンサートの会場に音響機材や照明機材などを運ぶことです。積み込みや搬出、搬入なども運転手が行なうことがあります。ツアートラック運転手の仕事の内容などを見てみましょう。

機材の荷詰めと荷締め

コンサートなどのイベント会社の指定倉庫に行ってコンサート機材を積み込みます。音響機材や照明機材のなかには何百万円という高額で精密な機材があるため、傷つけたり故障したりすることがないように積み方や荷締めの仕方にも技術が求められます。

機材のことを熟知しているのはイベント会社のスタッフです。ツアートラック運転手はスタッフの指示や意見を参考にして、スタッフとともに荷台の奥から順番に機材を積み込みます。機材が動かないようしっかりと荷締めをし、あてモノをします。

機材を固縛するバンドやロープなどは、荷物などを傷つけないようにする養生資材とともに専用の箱に常備して、必要に応じてすぐに対応できるようにしておきます。コンサート会場で機材をスムーズに搬入しやすい配置にし、傷がつかないよう荷姿を整えて積み込みは完了です。

ステージ機材の搬入・搬出

コンサート会場に着いたらステージへの搬入について、イベントスタッフなどの指示に従って機材を会場に搬入します。多くの機材にはキャスターが付いているので段差などに注意して転がします。台車を使って運ぶ時も、揺れや振動を極力抑えるように心がける必要があります。デリケートな音響機材は丁寧にゲートを使って慎重に積み降ろしします。

大きな機材はフォークリフトを使うこともあります。現場のスタッフがフォークリフトで積み込みをしますので、運転手が直接作業することはないでしょう。

コンサートが終わると機材の会場からの搬出です。夜遅く、深夜の作業になることもありますから、休息などをとって万全の体調で臨むような注意が必要です。会場への搬入と逆の手順で機材の撤収、搬出を行ないます。次のツアー先での搬出作業を考慮して積み込みを行なう必要があります。

日本全国へコンサート機材を運ぶ

ツアートラックは全国をめぐるツアーコンサートの会場に機材を運ぶので、そのツアーによって北海道から沖縄まで日本各地、さまざまなところをめぐります。

土曜・日曜の公演のために2~3日かけて運送することもあれば、平日のライブ開催のために1日運転することもあります。運行日数や積み込みの時間は、ツアーの期間や開催場所によって異なります。

深夜の運転など厳しい運行条件になることもありますが、ツアートラック運転手は運行の途中で適時休息、休憩をとって安全運転を心がけることが大切です。

遅刻や事故は厳禁

ツアートラックの運転手で絶対にしてはいけないことは遅刻と事故です。遅刻のためにコンサートの開演が遅れるようなことはあってはなりません。決められた搬入時間の2時間前には指定場所に着いて待機するのが常識です。

事故は運転手自身の責任ではない場合もありますが、運転手は事故に遭わないように交通状況や天候、周囲の環境などを注意深く観察して運転しなければなりません。事故で運搬している機材などが破損して、コンサートの開催が不可能になることもあります。

ツアートラックなどの機材車やライブツアーバスの事故をまとめたサイトがあります。日本でも海外でもこれらの事故は珍しいことではなく、運転手や同乗していたミュージシャンなどの死亡などが報告されています。

ツアートラック運転手になる方法

ツアートラック運転手の仕事内容・求人の選び方|機材の荷詰締め

ツアートラックの運転手になるには、トラックを運転できる免許の資格がなければなりません。運転免許の種類や、運送会社の教育制度などを見てみましょう。

大型免許

ツアートラックはほとんどの場合11トン以上の大型トラックですから、運転手は大型免許が必要になります。大型免許の受験資格は21歳以上で、普通免許や中型免許などの保有期間が3年以上なければなりません。

ツアートラックの運送会社の運転手求人募集要項では、大型免許保有者を条件にしている会社が多いのですが、中型運転免許でも可としているところもあります。それらの会社では、社内研修を経て大型免許の取得を支援する制度を設けています。

中型運転免許

中型運転免許は2017年施行の改正道路交通法で、中型免許と準中型免許の2種類に分かれています。

・中型免許:7.5トン以上11トン未満の中型トラックが運転できる免許で、受験資格は20歳以上で普通免許の保有期間が2年以上必要です。
・準中型免許:3.5トン以上7.5トン未満の準中型トラックが運転でき、18歳以上であれば受験資格があります。

ツアートラックの運転手求人募集要項で中型運転免許でも可としている運送会社では大型免許取得のための教育制度を設けています。最初は4トンや5トン車で運送業務をしながら、徐々に11トンのツアートラックに同乗して運転や仕事を覚えるというトレーニングを積みます。

その間に大型免許を取得することになりますが、取得費用は全額会社負担で、大型免許取得後も先輩運転手が同乗するので、1年ほどで仕事の流れは覚えられると言われています。

ツアートラック運転手の求人おすすめの選び方

ツアートラック運転手の仕事内容・求人の選び方|機材の荷詰締め

ツアートラック運転手の求人は少ないので求人情報をこまめにチェックすることをおすすめします。ツアートラックを運行している運送会社は限られるので、求人サイトなどで探して登録し、継続して求人情報が得られるようにするのが良いでしょう。

ツアートラックの運転手はベテランが多く、若返りで人材を求めている会社も多いです。求人情報があったら、積極的に応募して面接で熱意を訴えましょう。また、コンサート会場などでツアートラックを見かけたら、運転手と会話する機会をもって売り込みをするのも一つの手です。

給与や福利厚生など会社によって大きな差があるものではありません。ツアートラックの運転手の求人はそんなにはありません。求人を見つけたら積極的にアプローチすることが一番です。

ミュージシャンのツアートラックグッズ

ツアートラックのミニカーやキーホルダーなどがコンサート会場などで販売されていて人気になっています。Amazonやヤフオクなどのフリマでも入手することができますので代表的なグッズを紹介します。

B’z LIVE-GYM-GLORY DAYS-

ツアートラックの種類の多さでは、B'zが群を抜いています。30種類以上のミニカーが販売されています。

「B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」は、2008年9月のライブツアーで使われたツアートラックを全長8cmのミニカーにした通販限定品です。トラックのコンテナの両サイドは開閉することもできます。

安室奈美恵 live style 2016-17

2018年9月に引退表明している安室奈美恵が、2016年8月から2017年5月まで行なった全国ホールツアー「LIVE STYLE 2016-2017」で使用したツアートラックのミニカーです。

約8カ月強の期間で88公演と追加の13公演、あわせて101公演という記録的なツアーでした。2日に1回程度の割合での公演で、ツアートラックの運転手も忙しい仕事だったことでしょう。

矢沢永吉ツアートランポROCK’N’ROLL

矢沢永吉が2009年9月19日に東京ドームで行なった還暦ライブ「ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME」の時のツアートランポのミニカーです。

2008年はライブツアーを休止した矢沢永吉ですが、2009年には東京ドームでの公演の後、10月から12月まで、CONCERT TOUR 2009 「ROCK'N'ROLL」として全国ホールツアーを29公演開き、大きな反響を呼びました。

矢沢永吉の公演は全国から集まる熱狂的なファンの「E.Yazawa」などをプリントした車も多彩で一見の価値があります。

コンサート成功の裏にはツアートラック運転手が

ツアートラック運転手の仕事内容・求人の選び方|機材の荷詰締め

ロックコンサートとかアイドルのポップライブなど、それらの公演には多くの照明機材や音響機材などがステージを演出するために使われ、その準備の裏にはツアートラックの運転手の働きが欠かせません。

感動や興奮に包まれるライブですが、その成功の裏にはツアートラックの運転手とか、ステージを装飾する多くのスタッフなど裏方の人たちの仕事があってのことです。それらの人たちにも感謝して、コンサートの感動を分かち合いましょう。

Related