Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月12日

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法・レンタルの仕方・平均価格

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法・レンタルの仕方・平均価格を紹介しています。トラックの利用に「引っ越し」「一時的」などの需要も多い8t車ですが、実際のレンタルでは、軽自動車から4tトラックがよく使われます。雨天でも荷物が濡れる心配がないそうです。

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法・レンタルの仕方・平均価格

8tトラックの特徴!

8tトラックの特徴を、三菱ふそう「ファイター」編から紹介します。ファイターはラインナップが豊富で、荷台長が4.0m~7.2mまでの種類があります。三菱ふそうのファイターは、英語で「fighter」、日本語訳は「戦士」「武人」という意味があります。

1984年に三菱ふそう販売の「FKシリーズ」トラックがフルモデルチェンジして、ファイターと名付けられています。平ボディ・バン・ウイング・ダンプは、「ベストワンシステム」という、ボディのカラー、シート表皮、キャブのタイプ、ヘッドライト位置など、内装から外装までお好きなように選択できるシステムがあります。ファイターの特徴です。

寸法・荷台寸法

三菱ふそう・ファイター8tトラック車の寸法(車両総重量・最大積載量)を見てみましょう。荷台寸法は、長さ5,300mm、幅2,170mm、高さ400mmです。荷台長4.0mクラスの標準キャブ(ショートキャブ)・標準幅・全低床最大積載量は、4tです。型式は、TKG-FK71F-D3です。

車両寸法は、全長5,935mm、全幅2,240mm、全高2,470mmです。荷台内の寸法は、長さ4,000mm、幅2,120mm、高さ400mmです。

サイズ

8t車トラックの平ボデータイプを紹介します。車体外寸は、全長8,440×全幅2,470(mm)で、最大積載量は、8,000(kg)です。

8tトラック車とは?

8tトラック車は、大きさは中型トラックくらいです。積載は、大型トラックほどの量を運ぶことができる増トントラックのことです。車両は、「6t車」「8t車」と呼ばれます。「6t車」は、車両総重量10〜12トン前後、最大積載量6トン前後です。「8t車」は、車両総重量13~15トン前後、最大積載量8トン前後です。ともに、平ボディを基準とした場合です。

小型トラックは?

小型トラックとは、車両総重量が5t未満で、最大積載量が3t未満です。小型トラックは、普通自動車免許で運転することができます。

中型トラッツクは?

中型トラックとは、車両総重量が5t以上(最大積載量が3t以上)あるいは、車両総重量が11t未満(最大積載量が6.5t未満)のトラックです。

大型トラックは?

大型トラックとは、車両総重量が11t以上、(最大積載量が6.5t以上)のトラックです。

積載量

トラックの積載量確認は、トラックの車体後部に張られているシール「最大積載量」で見分けられます。積載量は、トラックに積める荷物の重さです。積載量は、トラックによって異なります。車両ごとに決められています。積める荷物の最大の重さを、「最大積載量」と呼んでいます。最大積載量を超えた荷物を積み、走行すると法律違反になります。

三菱ふそう・ファイターは、三菱ふそうが製造や販売を行う8tトラックです。1984年から現在まで活躍しています。車両総重量・最大積載量は、車両総重量 14.9t、最大積載量 7.6tです。

大きさ

トラック業界で「○t車」の名称は、基本的にはトラックの総重量ではなく、最大積載量の”数字”を引用しています。総重量ではなく、積載量が8t前後の車両を「8t車」と呼びます。8tトラックの大きさに決まりはなくて、メーカーや車種、架装によって大きさは変わってきます。

三菱ふそう・ファイターを紹介します。最大積載量8,500kg、車両総重量13,250kg、架装
平ボディ全長7,540mm、全幅2,290mm、全高2,565mmです。最大積載量8tトラックです。

燃費などは?

8t~10t車両総重量は、燃費基準値6.52km/Lです。燃費基準値+5%は、6.85km/L、燃費基準値+10%7.18km/L、燃費基準値+15%7.50km/Lです。

8tトラックのcadデータの探し方!

トラックの図面が、見れます。車両軌跡図の展開なども、作図理論から、様式による展開図を学ぶこともできます。cadのデーターは、側面図、平面図から見ることができます。検索「トラックcadデータ集」からも学ぶこともできます。

8tトラックの運転免許の取得方法

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法・レンタルの仕方・平均価格

重さは、最大積載量6.5t以上、車両総重量11t以上、乗車定員30人以上です。受講条件として、21歳以上で運転経験3年以上です。しかし、※普通免許などの自動車運転免許を取得していないと受講できません。

教習時間は、普通免許取得には、学科教習が1時間、実技教習が30時間必要です。普通自動車免許(AT限定)では、学科教習が1時間、実技教習が34時間必要です。

8tトラックは普通免許で運転できるのか!

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法・レンタルの仕方・平均価格

トラックに乗るにも、普通自動車免許取得は必須です。普通自動車免許取得があって、目的の免許の受験資格が得られます。また、普通自動車免許取得から2年経過すると、4tトラックの運転に必要な中型自動車免許の受験ができます。

普通自動車免許取得から3年以上経過すると、8t、10tトラックの運転に必要な大型自動車免許の受験試験が得られます。免許取得の必要な費用は、順調にいって中型自動車免許で15万円~20万円ほど、大型自動車免許では、35万円~40万円ほどかかるほどです。

トラックドライバーを目指す際は、必要な免許やそれぞれの取得方法の違いについて、しっかり確認をしておきましょう。

8tトラックの運転には?

普通免許でトラックは運転できなくなります。準中型免許は準中型免許でのメリットがあります。一度取得すると、7.5tまでの重量のトラックが運転できます。中型免許を取得しなくても、一部の中型級トラックを運転することができるようになります。

8t限定免許で運転できる車両は、最大積載量5t未満、車両総重量8t未満、乗車定員10人以下です。中型免許で運転できる車両は、最大積載量6.5t未満、車両総重量11t未満、乗車定員29人以下です。つまり、8tトラックの運転には大型免許が必要です。

新免許制度

平成29年3月12日より道路交通法の改正施行に伴いまして、準中型免許が新設されました。3月11日までに取得した免許は「5t限定準中型免許」として扱われます。現制度の8t限定中型車の普通免許が存在するように、3月12日以降に取得した普通免許と区別するために、運転免許証の条件欄に「※準中型は準中型車(5t)に限る」といった記載が加えられることが予想されます。

8tトラックのレンタル方法!

需要も多い8tトラック車は、「引っ越しのために一時的に借りる」レンタル方法が多いそうです。実際のレンタル料金は、8t大型トラック(大型トラックとおなじ積載量)24時間で4万円から5万円程度です。識別方法は、平成19年6月1日以前に普通免許を取得された方です。また、深夜手数料の必要な場合もあります。

8tトラックのレンタル店はすごく少なく、一般のレンタカーショップでのトラックは、ほぼ小型車の扱いです。検索”トラック専門レンタカー”されてみましょう。

レンタカー会社は、利用される営業所により料金が違ってきます。乗捨利用に、ワンウェイ・レンタルがあります。出発の営業所と異なる営業所に返却することをいいます。利用の際は予約が必要です。3t以上のトラック・特装備車は、ワンウェイ・レンタルの利用ができません。ご利用の際は、確認しましょう。

レンタカーに必要なものは?

「運転免許証」と「クレジットカード」または「本人確認書類」です。ただし、HV3・HV4・P4・P5・W3・W4・SUV3・SP1・LXP1クラスをご利用の場合は、クレジットカードでのお支払いが必要となります。また、出発前に利用料金を申し受けます。そして、返却時に実際の料金との過不足を精算されます。

レンタカーについては?

軽トラックから4tトラックまで、荷物の量に合わせて選択できます。また、雨天でも荷物のぬれる心配のないアルミ箱付トラック、重い荷物もボタン一つで上げ下ろしのできるリフト付トラックなどあります。

レンタカーについて、走行距離の制限、走行距離に応じての追加料金はありません。時間の設定は、6時間、当日料金、24時間、2日、以後超過1日、そして超過料金(1h)があり、それぞれ料金の設定されています。保険の代金は、基本料金に含まれており、レンタカーの貸渡し・返却は、営業時間内でお願いされます。

予約取消手数料は、乗用車・ミニバン・ワゴン・SUV・バン・トラックは、乗車日の7日前は無料です。乗車日の6~3日前は、予定基本料金の20%、乗車日の2日前、前日30%、乗車日および乗車日を過ぎた場合は、50%の料金がかかります。

8tトラックの平均価格!

8tトラック新車価格は、メーカーや車種、架装により金額が異りますが、700万円以上は用意が必要です。8tトラック車を購入希望だけれども、新車は予算的に難しい場合は、中古での購入を考えてみましょう。8tトラック車の中古車価格も、新車と同じように、メーカーや車種、架装によって金額が異なってきますが、およそ100万円台から購入できます。
ただし、希望される車両の8tトラック中古車は、いつも販売されていると限りません。

8tトラックの「ファイター」価格は?

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法・レンタルの仕方・平均価格

8tトラック「ファイタ」ーのコンセプトは、「安全」「経済」「環境」の3つが、性能とトータル面でバランスの取れた良いトラックとしてドライバーの間では認知されています。中型トラック「ファイター」は、TKG-FK64F、6M60(T1)、177kW/240PS、8tフルキャブ、リヤエアサス、6MT、キャブ付きシャシです。価格は、7,808,300円ほどです。

新車の販売される目標台数は、中型トラック「ファイター」では、年に6,000台です。

8tトラック大型自動車免許に挑戦!

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法・レンタルの仕方・平均価格

8tトラックの特徴・運転免許の取得方法などを紹介してきました。8tトラックの運転には大型免許が必要なことが分かりました。平成29年3月から免許制度が変更され、新免許制度では、「準中型免許」が登場します。

普通自動車免許を取得して、目的の免許の受験資格が得られて、普通自動車免許の取得から2年経過すると、4tトラックの運転に必要な中型自動車免許の受験ができます。同じように、普通自動車免許を取得してから3年以上たつと、8t、10tトラックの運転に必要な大型自動車免許の試験が受けられます。

ぜひ、普通・準中型・中型免許の取得後に3年経過したら、大型自動車免許に挑戦してください。

Related