Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

6tトラックは、積載量も多くトラック業界の中でも重宝する会社や人が増えてきている今注目のトラックです。そんな6tトラックに興味がある人におすすめの情報を紹介していきます。6tトラックを使って、もっと簡単に多くの荷物を運んでみませんか。

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

6tトラックの特徴とは?

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

6tトラックの特徴を知ることは、これから6tトラックに乗りたいと考えている人にとっては、大事なことです。ここでは、6tトラックの特徴について紹介していきます。6tトラックに関する知識を増やしていきましょう。

6tトラックの寸法・荷台寸法は?

6tトラックの寸法・荷台寸法は、メーカーによって異なります。

メーカーは、それぞれ6トン前後になるように6tトラックを作っています。しかし、寸法に関しては特に統一しているわけではありません。

6tトラックのサイズは?

6tトラックのサイズは、4トントラックと8トントラックの間です。

サイズも寸法と同じように、統一されておらずメーカーによって幅があります。

6tトラックの積載量は?

6tトラックの積載量は、6トン前後です。代表的な6tトラックである三菱ふそう・ファイター - FK7-Yは、6.3トンの積載量を誇ります。

6tトラックの大きさは?

6tトラックの大きさは、寸法と同じくメーカーによってばらつきがあります。

これから6tトラックを使いたいと考えている人は、メーカーごとで6tトラックの大きさを見比べてからレンタルや購入の手続きを取ると良いでしょう。

6tトラックの総重量は?

6tトラックの総重量は、10,880kgから10,900kg前後です。

メーカーによって、総重量に関しては大きな違いはありません。6tトラックの総重量にこだわる必要は、ないと言えるでしょう。

6tトラックの長さなどは?

6tトラックは、長さもメーカーによって大きく異なります。

レンタルする場合にも、購入する場合にも6tトラックの実物の長さを確認してから購入しましょう。

主要な6tトラックのサイズ

主要な6tトラックのサイズをご紹介します。

名前最大積載量総重量荷台長荷台幅
三菱ふそう・ファイター - FK7-Y6,300kg10,880kg5,750mm2,350mm
三菱ふそう・ファイター - FK6-Y6,100kg10,900kg7,200mm2,170mm
いすゞ・フォワード5,400kg 不明6,210mm2,405mm

6tトラックのレンタル方法は?

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

これから6tトラックをレンタルしたいと考えている人は、どのような方法があるのでしょうか。複数の方法を紹介していきます。

6tトラックをレンタルできる会社を探す

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

6tトラックをレンタルしたい人は、まず6tトラックを取り扱っているレンタル業者を選ぶ必要があります。

6tトラックは、普通の車とは違いネットで予約して手軽にレンタルできない場合も多いです。6tトラックを取り扱っていないこともありますので、レンタル会社に連絡してからレンタルすることをおすすめします。

レンタル会社では、6tトラックの整備はしっかりされているのか、万が一の際の対応は万全なのかと言う点にも注意が必要です。以前気になるレンタル会社で6tトラックを借りたことがある知り合いがいれば、口コミ評価を聞いてみると良いでしょう。

レンタル会社によっては、先にお金を払う必要があるので、どのくらい6tトラックを借りるか事前に決めておくこともおすすめします。

ドライバーと6tトラックをレンタルする

6tトラックの運転に慣れていない人は、ドライバー付きの6tトラックをレンタルする方法もあります。

ドライバー付きの6tトラックをレンタルする場合には、費用が高いですがプロの輸送技術が提供されるので安心です。個人やグループで6tトラックをレンタルする場合には、最適なレンタル方法です。

6tトラックを運転できる免許を持っていない人や一度きりしか6tトラックを使わないという人は、プロの運転手付きの6tトラックをレンタルしてみることをおすすめします。賢く6tトラックをレンタルして、快適に荷物を運びましょう。

6tトラックの運転に必要な免許とは?

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

6tトラックを運転するためには、どのような免許が必要になるでしょうか。これはいつ免許を取得したのかによって、区分が少し変わってきます。自分がどの時点で運転免許を取得したのか、注意深く確認する必要があります。

免許で大事なことは、車両総重量が免許に影響してくるということです。6tトラックは6tの荷物を運べるトラックですが、重さは6t以上あるトラックがほとんどです。大きさや形などは、免許で運転できる車の区分には関係ありません。

平成19年6月より前に普通免許を取得している場合

平成19年6月以前に普通免許を取得した人は、車両総重量が8tまでのトラックを運転できます。つまり車両総重量が10,880kg程度である6tトラックは、普通免許を持っているだけで運転することができません。大型免許が必要です。

自分がいつ免許を取得したのか覚えていないという人も、いるでしょう。平成19年6月より前に普通免許を取得した場合には、中型車は中型(8t)に限るという記述があるのでそちらを参考にすると良いでしょう。

平成19年6月~平成29年3月に免許を取得した

平成19年6月から平成29年3月までに免許を取得した人で6tトラックを運転できる人は、中型免許や大型免許が必要です。

つまり平成19年6月から平成29年3月までに普通免許しか取得していない場合には、6tトラックを運転することができません。普通免許しかない人は、中型免許や型免許を改めて取得する必要があります。

再び教習所うに通う必要がありお金や時間が必要になってきますが、今後何度も6tトラックに乗るという人は、取得しておくと良いでしょう。

平成29年3月以降に免許を取得した場合

平成29年3月以降に免許を取得する人が6tトラックを運転する場合には、中型免許や大型免許が必要になってきます。

今回新しく新設される準中型免許では、6tトラックを運転することはできません。これから6tトラックを運転する予定で免許を新たに取得する予定の人は、注意しましょう。

6tトラックのcadデータの探し方は?

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

cadとは、コンピューターの設計図のことで車や建築、洋服などの図面のことです。6tトラックでもcadデータを取得すれば、仕事だけでなく趣味にも役に立つ場面も出てきます。

フリーデータが乗っているサイトを探す

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

なるべく低予算で6tトラックのcadデータを探したい人は、自動車のフリーデーターが集まっているサイトを探しましょう。

無料でも数多くの車のcadデータが公開されているので、探してる6tトラックのcadデータも手に入ることでしょう。

メーカーに問い合わせる

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

無料版よりもより精密なcadデータが必要な場合には、メーカーの問い合わせてみることがおすすめです。

より正確さを求める場合には、興味のある6tトラックのメーカーを頼るのが賢明です。

中古の6tトラックを購入する際の注意点とは?

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

中古で6tトラックを購入しようと検討している人は、どのような視点に注意したらよいのでしょうか。ここでは、気にしたい着眼点を紹介していきます。

走行距離を確認する

6tトラックを中古で購入する場合には、どのぐらいの走行距離があるのかをしっかり確認してから購入しましょう。

走行距離が短い車の方が、値段は高いです。しかし今後長く同じ6tトラックを使いたいと考えている人は、なるべく走行距離の少ないタイプを選ぶようにしましょう。

反対に、6tトラックの使用期間が短いのでなるべく安く手に入れたいという人は、走行距離は長くてもメンテナンスがしっかり行われている6tトラックを選ぶことをおすすめします。お得な値段で6tトラックが手に入ることでしょう。

走行距離が短くてもメンテナンスが不十分なトラックも多いので、その点には注意しましょう。

事故歴や修理歴はあるかどうか

6tトラックを中古で購入する場合には、修理歴や事故歴も大事なポイントです。

修理歴がある場合には、その部分が不具合を再び起こす可能性もあります。販売店の人の話を聞いて、どのような修理が行われたのか納得した上で購入するようにしましょう。

事故歴がある場合には、大きな修理が行われている可能性があります。修理されていない部分の部品も事故でダメージを受けている可能性があるので、事故歴のある6tトラックを選ぶ際には、細心の注意が必要です。

また、修理の際に使われた部品などにも注目です。最近では修理にリサイクル部品を使うことも少なくありません。問題の無いリサイクル部品なら安心ですが、不正な部品が修理に使われていないかもしっかりチェックしましょう。

信頼できるお店かどうか

6tトラックを中古で購入する場合には、どのお店で購入するのかも大事です。

全く取引の無い中古車販売店で購入する場合には、口コミなどをチェックしてから購入することをおすすめします。悪質な業者の場合には、メンテナンスが不十分な6tトラックを販売しているケースもあります。

安すぎる値段を6tトラックに付けている業者にも、注意が必要です。6tトラックを購入する場合には、ある程度の相場を調べていった方が良いでしょう。

6tトラックを中古で購入する場合には、元から取引がある業者や今後も長く付き合いしたいと思えるような会社に依頼することをおすすめします。

6tトラックでもっと便利な毎日を!

6tトラックの特徴・レンタルの仕方・運転に必要な免許|寸法

6tトラックは、4tトラックと比べて運べる量が多くコスパも良いと言われています。今後日本の物流界にとっても大事な存在になることでしょう。6tトラックに興味がある人は、まず自分の免許が6tトラックが運転できるかどうか確認することをおすすめします。

レンタルする場合や購入する場合でも、6tトラックでより便利な毎日が過ごせることでしょう。

Related