Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

こちらの記事では、4tトラックの運転のさいの注意点や、4tトラックの運転のコツ、4tトラックの運転免許取得方法をご紹介しております。また、快適に走行していくためにはどうしていけば良いのかも記載しておりますので、ぜひご参考にされてください。

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

4tトラックを運転しよう

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

4tトラックの免許を持っていると、運転できるトラックの種類や、仕事の幅も大きく広がります。近年、ドライバー職の大幅募集により4tトラックの免許を取得した方も多いのではないでしょうか。また、職を探す際にも4tトラックの免許を持っていた方が何かと優遇されたりとさまざまなメリットがあり、取得しようと考えている方も多いでしょう。

今回は、そんな4tトラックの運転の際の注意点や、運転のコツなどをご紹介していきます。ぜひご参考にされてください。

4tトラックはどのような特徴があるの?

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

4tトラックとは、2tトラックなど他のトラックと一体何が違ってくるのでしょうか。4tトラックにはどのような特徴があるのかをふまえて見ていきましょう。

免許証取得が必要

2tトラックまでは、普通免許証で乗ることができますが、4tトラックになると「旧普通免許」か「中型免許」が必要です。2007年6月1日までに普通免許証を取得されている方は、4tトラックは乗れますが、それ以降の普通免許証では4tトラックを運転することはできません。したがって、中型免許を新たに取得する必要があります。

仕事上1番使われる車種

運送業など、配送系に利用される車種の中で最も多いのが4tトラックです。配達業者、土建業や、食品類までさまざまな用途で使用されます。したがって、トラック業をお考えの方は4tトラックを持っておくとスムーズに職探しができるでしょう。

4tトラックの運転の注意点

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

4tトラックの免許をとって間もない方は、感覚がまだ上手くつかめていないでしょう。普段乗っている普通自動車や、2tトラックとはまた感覚も運転の注意点も違ってきますので、運転の際注意して乗る必要があります。では、4トラックの運転の注意点をみていきましょう。

真下には細心の注意を!

4tトラックは、運転席の高さが普通車などよりも高い位置にあります。高い事で、見渡しが良く一見安全なのではないかと思われがちですが、4tトラックの最大の死角は真下です。座席位置が高いため、普通車などでは見える下の部分がとても見にくくなっています。急な子供の飛び出しや、下の歩行者に気づかない場合はとても危険です。

では、どのように注意をしていけば良いかというと、4tトラックには、真下も見えるようにミラーが設置されている車種がほとんどです。そのミラーをサイドミラー同様、頻繁に確認していきましょう。特に発進の際は充分に確認してから発進を心掛けます。

車種によりルームミラーは使用できない

アルミ板を積んでいる、配達などによく使われる4tトラックは、アルミ板によりルームミラーが全く見えません。

しかし、現在バックモニターが付いている4tトラックがほとんどで、後方確認が問題なく行える車両が増えてきています。しかし、古い車両には設置されていない可能性が高いので、後方確認はサイドミラーに頼る形になってしまいます。

しかし、サイドミラーだけではどうしても確認不足になる場合がありますので、充分確認しつつ、バックなどの際はゆっくりと運転することを心がけましょう。

横風に注意しよう

4tトラックに限らず、トラックは普通車に比べて横風に非常に弱いです。たまに、風が強い日にふら付いているトラックを目にしたことがあるでしょう。特に高速など、風をさえぎるものが無い場合は突然の突風や横が風の影響をもろに受けてしまいます。

したがって、風が強いと分かっている日や、高速ではスピードを上げすぎないよう気を付けて運転しましょう。多少のふら付きでも、他の車の運転の妨げになってしまったり、大きな事故につながる場合があります。厳重に注意しましょう。

4tトラックの運転のコツ

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

では、4tトラックを上手く運転するにはどのようなコツがあるのでしょうか。4tトラックでの仕事を始めた方は、早く運転に慣れていきたいでしょう。4tトラックの運転のコツをつかめば、快適に走行することができます。運転のコツを見ていきましょう。

前輪より後輪重視!

運転の際に気にしがちなのが前輪ですが、4tトラックを運転する際には後輪を重視しましょう。後輪の通る場所を確認しておかないと内輪差により事故やトラブルになりかねません。したがって、サイドミラーの位置は後輪が見えるぐらい下向きにしておくことをおすすめします。

後輪が見えやすくなることによって、左折の際も後輪を縁石に沿って持っていくと大回りを防いでくれます。また、左折など曲がる際は後輪にばかり目をとられてしまって、歩行者や後続車の確認を怠らないようにしましょう。ゆっくりと、前方後方の確認をきちんと行えばスムーズに曲がることができます。

くれぐれも、急いで曲がろうとはしないでください。内輪差で、後方が大回りをしてしまい事故の原因になってしまいます。

速度は控えめに!

4tトラックは、運転席が上にありますのでスピード感覚が鈍る場合があります。あまり速度を出していないと思っていても実際はスピード超過しすぎていたりする場合が多くありますので、スピードメーターをこまめに確認しましょう。

車線が多い場所や、高速ではできるだけ右車線にいることをおすすめします。右車線は、スピードを出している車が多く特に初心者だととても危険です。曲がる予定がまだ先である場合は、右車線を走行していきましょう。

難しいバックに慣れよう

バックをする際、普通車であればそこまで難しい工程ではありませんが、4tトラックとなると、とても難易度が上がってきます。まず、車体の大きさが違うので、ハンドルをおおめに切っても中々思うように曲がってくれない場合もあります。ハンドルは普通車よりも切りすぎたというくらい思い切って回して良いでしょう。

トラックのバックは慣れることが一番です。できるだけ駐車はバックで挑戦し早く慣れていけるよう努力しましょう。急がずにゆっくりと後方を充分に確認しバックすることを心掛けましょう。

4tトラックの免許を取得しよう

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

今から、4tトラックを取得しようとお考えの方で、どのように免許を取っていけば良いのか疑問に思われている方も多いでしょう。では、免許証のとり方を見ていきましょう。

まずは普通免許を確認!

まず先に、持っている普通免許を確認してください。2007年6月1日前に取得している場合は、新規取得の必要がありません。旧免許証には4tトラックの運転資格も付いています。

自動車学校に行こう!

多くの方は、自動車学校で取得します。お住いの地域の自動車学校で入校手続きをし、教習に通いましょう。学科は普通免許証で終えているので実技だけの受講になりますので、早い方で1か月ほどでとれる方もいらっしゃいます。

合宿で迅速に取ろう!

中型免許証合宿にいくことで最短4日間で取得できます。時間に余裕のあり、迅速に取得したい方は、合宿で取る事をおすすめいたします。

4tトラックの運転手になろう!

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

4tトラックの運転手になりたい方は、タウン誌や、職安などでどのような運転手の仕事があるのかを確認しましょう。また、運送関係は人手不足のため、経験を積み起業することもできるので、企業したい方はご自身の興味のある分野の運転の仕事を選ぶことをおすすめします。

4tトラックおすすめ運転法

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

4tトラックとなると、一人で仕事をする時間が多いです。他の職業に比べると、自由な部分が多々あるでしょう。特に1日乗っている場合や、長距離の方は音楽を聴きながら運転することをおすすめします。音楽などを聞くことで、眠気から解放されたり気分をリフレッシュできます。

また、時間が許す限り強い睡魔に襲われたら躊躇なく休息をとりましょう。15分でも休むと全然違います。運転中の1番の敵は睡魔です。居眠りで事故を起こす前に休息はしっかりとりましょう。

4tトラックの座り方のコツ

トラックの運転となると、長時間運転することが多いでしょう。トラックの運転手のなかで一番多い疾患がヘルニアや、腰への負担です。やはり、長時間背中をまっすぐ運転する事は無理があります。腰背中をまげて座ることで腰に負担がかかり、骨盤がゆがんで腰痛の原因になります。

ドーナツ型座布団や、骨盤矯正座布団などを使い緩和していきましょう。腰への負担を減らすことで、腰痛などを防いでくれます。ご自身の座りやすい座布団を使用して快適に走行しましょう。

4tトラックで快適に走行しよう!

4tトラック運転の際の注意点・運転のコツ・運転免許取得方法

いかがでしたでしょうか。4tトラックは、注意点やコツをつかむことで快適に走行していけます。また、運転には充分に注意し無事故、無違反で走行していけるように心がけていきましょう。4tトラックへ疑問を持ってた方や、これから取得しようとされている方は、ぜひご参考にされてください。

Related