Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月22日

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

今回は「10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ」と題して、「10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法」に関するお得情報をご紹介します。

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

10tトラックの荷台の用途

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

10tトラックというのは基本的に「運搬用トラック」や「長距離輸送トラック」として活用されることが多く、あまりローカルエリアだけでの運搬用途では用いられることはありません。その場合には、2tトラックや4tトラックなどの小型トラックが主に利用され、少しでも「小回りの利くトラックの利用」が必ず心掛けられることになります。

上記の背景がそれぞれのトラックの用途としてあるため、10tトラックの荷台の用途としては「大型の荷物や重量級の荷物」が主に載せられることになり、そのぶん危険性が伴います。そのため、安全性・セキュリティ面の確保はしっかり図られる必要があり、また運転できるドライバーも免許区分によって限られてきます。

10t幌車の特徴

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

10tトラックにはあらかじめ荷台に「幌を掛けた種別のトラック」が用意されており、これは特に「重要な荷物」を運ぶ場合や「重量のどっしりした荷物」の運萬などに使われる専用トラックとなります。

とにかく「重量級の荷物を多く積載する場合」は、10tトラックの荷台に掛かる振動もかなり大きなものとなるため、その荷台から荷物がずり落ちてしまわないための工夫が必要とされます。この工夫として「荷台にあらかじめ幌を掛ける」という方法が採られており、そのぶん「かなりの積載量の荷物」でも無難に運搬することが可能となります。

10tクレーン車の特徴

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

次に10tクレーン車の荷台の特徴についてですが、まずクレーン車の種類にも4tトラックから10tトラックまでの種類があらかじめ設けられており、それぞれの用途に沿った形での運搬業が課せられることになります。

クレーン車の荷台の特徴は「従来の10tトラックなどで見られる通常の荷台」に比べて「平べったく広い荷台の形状」がポイントであり、そのため「あまり積載量を増加させた運搬」ができない特徴が見られます。この場合は幌の代わりにあらかじめ丈夫なワイヤーやロープなどで荷物を縛っておき、荷台から落ちないよう工夫が施されます。

10tウィング車の特徴

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

10tトラック形態のウィング車というのは、基本的に従来の10tトラックとその形状・機能は変わりませんが、荷台の機能だけが大きく変わり、荷台の側面が上方に大きく開閉できる仕組みになっています。

この開閉システムに合わせて荷物を荷台に積載することになるため、積み下ろしが比較的楽な上で、さらに積載した荷物がその後も周囲の荷台ボックスに守られるため、積載された荷物は落ちないよう設計が施される形になっています。

2tトラックなどの軽トラックの特徴

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

2tトラックの場合では通常の10tトラックの場合と違い、主にその「ドライビングに重点が置かれた機能」を発揮できる設計になっているため、積み荷をそれほど積載することはできず、とにかくローカルエリア内での小回りの利いた運搬がメインとなります。

10tトラックの場合と決定的に違う点は、運搬における「積載量のキロトンの違い」があり、その上で積載量は「2tから3tまで」とあらかじめ決められているため、10tトラックの荷台の特徴・機能性とは大きく掛け離れる設計となります。

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

さて、「10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法」についてですが、まず10tトラックの積載量や積み荷規定においては、その「荷台からはみ出せる寸法」や「積み荷幅」があらかじめ決められています。

その場合、「積み荷の幅はその10tトラックの車幅と同じ」で、「積み荷の長さは全長の10%以内」とされ、さらに積み荷の高さ(積載量)や「3.8mから積載する高さを減らした量」とされています。

このように、基本的に10tトラックの場合は「あらかじめその荷台から積み荷がはみ出してもよい」という規定になっているため、あとはその積み荷を安全に運搬するという義務を果たせばOKとなります。

10tトラックの荷台の特徴

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

先述でも少しご紹介しましたが、10tトラックの荷台の特徴というのは「それぞれの用途によって設計されたトラックそのものの用途」によって変わるため、クレーン車や幌を掛けたトラックなどをはじめ、バンタイプのトラックやダンプカーなどの「重量級の積み荷を運搬するためのトラック」などがその分類に含まれます。

基本的に10tトラックの荷台の特徴として多く見られるのは「平ボディタイプ」の荷台であり、平面の荷台に積み荷を効率よく積載し、「その積み荷を積載した後からワイヤーやロープなどでしっかり縛って固定する」などの配慮によってセキュリティ面の確保が図られます。

サイズ

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

10tトラックの荷台の平均的なサイズについてですが、これはまず「全長」、「全幅」、「全高」という3つの荷台寸法基準に分けられます。まずその荷台の全長は平均的に「6,200mm」とされ、全幅は「2,200mm」、そして全高は「520mm」とされています。

これらの荷台の規定サイズは、他の2tトラックや4tトラックの場合と大きく違っているため、運搬できる積み荷の積載量の相異をはじめ、運搬できるエリアの範囲も自ずと変わってきます。

大きさ

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

荷台の「大きさ」ですが、これは先述しましたように基本的には「6,200mm」というサイズが平均的となるため、トラックでこれだけの荷台の大きさ・広さを誇るのはおそらく10tトラックしかないと想定されます。

10tトラックは一般的に「大型車」の部類に含まれるため、その荷台が同じく大型サイズになるのは当然ですが、その大型車である10tトラックの場合でも幌掛けトラックやクレーン車などと「それぞれの用途によって使い分ける必要」であり、それによってこの全長は変更されることもしばしばあります。

高さ

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

この場合の「高さ」というのはそのまま「積み荷の積載量」のことを指しますが、10tトラックの荷台の特徴としてはまず「走行による振動が大きく伝わってしまう傾向」がどうしても見られるため、それによって積み荷がそのままずり落ちてしまう危険性がないとは言えません。

そうした危険性が伴われる運送を余儀なくされるのが10tトラックであることから、あらかじめ2tトラックや4tトラックなどに比べて「車体のバージョン」がいくつかに用意されているという特徴が見受けられます。

長さ

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

この場合の「長さ」というのは、先述しました「全長(荷台の縦の長さ)」と「全幅(荷台の横の長さ)」の2種類の「長さ」が含まれますが、基本的に「大きさ」のことを「全長」とする場合、この場合の「長さ」というのは「車幅(荷台の横の長さ)」のことを指すことになります。

この車幅に見られる「荷台の長さ」は基本的に「520mm」と規定されているため、このサイズを超過する積み荷である場合はあらかじめ積載方法を検討しておくか、あるいは複数のトラックで運搬するかのどちらかになるでしょう。

10tトラックの荷台の面積を活用した積み方

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

「10tトラックの荷台の面積を活用した積み方」についてですが、一般的に「積み荷の積載方法」としては「それぞれのトラックの設計・機能性・用途によって工夫されなければならない」という暗黙のマナーがあるため、たとえ10tトラックの場合でもクレーン車や通常の10tトラック、また幌掛け車によって積載方法は変わってきます。

クレーン車や通常の10tトラックの荷台の特徴はほぼ同じとなるため、幌掛け車の場合よりもさらに「全幅から積み荷が抜け落ちないよう配慮する点」が求められ、セキュリティ面の確保が取られます。

種類別10tトラックの荷台寸法の違い

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

10tトラックの中でも微妙に用途によってそのトラックの種類・形態が変わってくるため、それぞれのトラックの種類によってその荷台寸法のあり方も大きく変わることになります。

まず10tトラックの場合はクレーン車や幌掛けの10tトラックの荷台の場合は規定どおりに「6,200mm(全長)」、「2,200mm(全幅)」、「520mm(全高)」となりますが、特にクレーン車の場合ではこの「6,200mm(全長)」の部分が「8,100mm」に変更されたり、あるいは全幅がさらに広く取られたりする場合があります。

ロングなど

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

10tトラックの場合でも全長・全幅・全高の寸法が「ショートボディ、ロングボディ、ワイドロングボディ」などの形で分けられる場合があり、それぞれによって荷台寸法が違ってきます。

ショートボディの場合は「4,700mm(全長)」、「1,700mm(全幅)」となり、ロングボディの場合は「6,000mm(全長)」、「1,900mm(全幅)」となり、さらにワイドロングの場合では「6,000mm(全長)」、「2,100mm(全幅)」と、その全幅だけが変わります。

10tトラックの荷台の内寸の確認方法

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

「10tトラックの荷台の内寸の確認方法」についてですが、基本的に「10tトラックの荷台の寸法の測り方」はもちろん「荷台の内側だけの寸法」となるため、幌車やウィング車などで見られる側壁面(ボックス)の厚みは含みません。

一般的に10tトラックの荷台の寸法では、10tウィング車の場合で「9,200mm(全長)」、「2,350mm(全幅)」、「450mm(全高)」となり、10tクレーン車の場合で「8,100mm(全長)」、「2,350mm(全幅)」、さらに平ボディタイプの荷台の10tトラックの場合では「6,200mm(全長)」、「2,200mm(全幅)」、「520mm(全高)」となります。

おすすめの10tトラックの用途

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

先述しましたように10tトラックの用途というのは一般的に「長距離輸送用トラック」として設計されているのが基本であるため、特に「荷台から積み荷が落ちないよう配慮すること」が必須となります。

この「長距離輸送用トラック」として活躍できるトラックの種類には、現代でもいろいろと多種多様な形態・機能を持った10tトラックがあるため、そのトラックの形態によって荷台の機能性や寸法なども変わってきます。

マツダのタイタンダッシュ

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

マツダのタイタンダッシュというのは「最大積載量が1tから1.5tまで増量可能にされたタイプのトラック」となり、「3,120mm(全長)」、「1,620mm(全幅)」、「380mm(全高)」という荷台の設計寸法を生かした上で「ローカルエリアでの小回りの利いた運搬」に向いています。

このタイタンダッシュの活用率が最近では非常に増えてきており、多くの輸送にこのような小回りの利いた運搬トラックの利用が見直されてきています。

日産アトラス

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

日産アトラスという車種も基本的には小型・中型トラックの部類に含まれる、「小回りの利いた運搬トラック」として知られています。この日産アトラスの機能性にしても先述のタイタンダッシュと同じく、「積み荷の積載量そのものは少ないけれど、しっかりと積み荷を固定して運搬できるタイプのトラック」として有名です。

日野デュトロ

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

日野デュトロはさまざまな運搬業分野においてニーズのある小型トラックとして知られており、まず「4,355mm(全長)」、「1,895mm(全幅)」、「380mm(全高)」という荷台寸法をもって、運搬におけるいろいろな機能性を発揮してくれます。

タイタンダッシュや日産アトラスなどをはじめ、これらの小型トラックの機能性の特典としてあげられるのは「積載量が抑えられる代わりに、積み荷の安定性が守られること」であり、ローカルエリアにおいて確実に運搬作業を完了できるという点です。

10tトラックの荷台使用法を把握しましょう

10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ

いかがでしたか。今回は「10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴|サイズ/高さ」と題して、「10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法・特徴」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「10tトラックの荷台寸法はみ出し対策方法」に関するお得情報をご紹介しました。

10tトラックの荷台の特徴はまず、「軽トラックに比べて遥かに大きな荷台積載量」が約束される点であり、その上でそれぞれの10tトラックの種類によって「微妙に荷台寸法」が違ったり、用途が変わったりする点になります。

一言で「10tトラック」と言っても実に多くの種類があるため、前もって「10tトラックから2tトラックまでの運搬トラックの特徴」を確実に把握しておき、その上でいろいろな種別の10tトラックの機能性や用途について理解しましょう。

Related