Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手になるには?必要な免許と合格のポイント3つ

タクシー運転手になるには?必要な免許と合格のポイント3つ
タクシー運転手として働くためには、二種免許が必要です。二種免許の受験資格、試験の内容、合格のポイントなどを紹介します。これから、タクシー運転手になりたい、二種免許が必要な仕事に就きたい、という方はぜひチェックしてみて下さい。

初回公開日:2019年5月10日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年5月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシーの運転に必要な免許は?

タクシー運転手は、一般の自動車を運転するための普通自動車免許、つまり「一種免許」に加えて、「二種免許」と言われる免許がなければ、なることができません。

つまり、二種免許を持っていない人がタクシー運転手になりたい場合には、まずこの二種免許を取得する必要があります。

二種免許の取得の流れや、試験の詳細や合格するためのポイントなどを見ていきましょう。

二種免許(第二種普通自動車運転免許)

タクシー運転手に必要な「二種免許」は、正式には第二種普通自動車運転免許と言います。これは、旅客を運送する目的で運転できる免許、つまりお客さまを乗せて運転することができる免許です。

タクシー運転手のほか、バス運転手、代行運転手などは、二種免許を持っている必要があります。

また、二種免許には、普通第二種免許のほか、中型第二種免許、大型第二種免許、大型特殊第二種免許、けん引第二種免許といった5つの種類があります。

二種免許の取得について

タクシー運転手になるためには、「二種免許」の取得が必要です。上記のとおり、お客様を安全に、かつ迅速に目的地まで運ぶためには、一般の自動車を運転するよりも、高い運転技術と知識が要求されるからです。

「二種免許」の試験の難易度は、「一種免許」のそれよりも高いため、何度も落ちてしまう人もいます。

では、「二種免許」の受験資格や取得までの流れ、各試験の内容などを見ていきましょう。

受験資格

二種免許の受験資格は、満21歳以上であること、 視力・聴力・深視力(遠近感や立体感を感じる能力)などが条件を満たしていること 、普通・大型・中型・準中型・大型特殊免許を取得してから3年以上が経過していること、などです。

なお、免許停止処分などを受けたことのある人は、その期間が除かれるので注意しましょう。

取得までの流れ

二種免許は、教習所に通って取得する人が多いですが、自信のある人は独学で試験を受け、取得しても良いでしょう。

教習所に通って取得する場合、教習所に入校すると、構内・路上教習があり、卒業検定を受けて合格すれば、免許センターの学科試験を受けられます。それに合格すると、無事に免許取得となります。

独学で取得する場合は、運転試験場で技能試験と学科試験を受け、合格する必要があります。

学科試験

二種免許の学科試験は、マークシート方式の文章問題が90問とイラスト問題が5問出題されます。

タクシー運転手になるために、普通第二種免許をとる場合であっても、大型二種や大型特殊二種、けん引二種に関しての問題が出題されます。

合格基準は、100点満点中90点以上で、一種免許より難易度は上がります。問題集をしっかりと解いておけば、繰り返し落ちることはないでしょう。

技能試験

二種免許の技能試験は、教習所内や試験場内と実際の路上で行われます。教習所内や試験所内では方向転換、縦列駐車、鋭角コースの運転技術をチェックされます。

技能試験で大事なことは、基本に忠実な運転をすることです。長年の運転経験で身に着いてしまった、「基本に忠実ではない運転」が無意識のうちに出てしまわないよう、今一度見直してみましょう。

二種免許に合格するためのポイント

タクシー運転手に必要な二種免許の試験は、一般の自動車を運転するための一種免許に比べ、難易度が上がります。自分たちだけが移動する手段としての運転ではなく、お客様を乗せて、安全かつ迅速な運転が求められるからです。

お客様を乗せ、しかもそれを生業とすることは、大きな責任感と強い安全意識、高い運転技術が必要です。

それでは、二種免許に合格するためのポイントを見ていきましょう。

高い運転技術が必要

二種免許の技能試験は、一種免許の技能試験に比べて合格点が高めに設定されています。

方向転換、縦列駐車、鋭角コースの運転技術をチェックされ、切り返しは減点対象となり、4回以上切り返すと失格となるため、注意が必要です。

タクシー運転手を希望する人は運転に自信がある人も多いでしょうが、決して簡単ではありません。試験所の技能試験で何度も落ちてしまう人もいます。

お客さんを乗せるという意識

タクシー運転手を希望して二種免許を持つということは、自分以外のお客様を乗せて運転し、その対価をいただくということです。つまり、一種免許よりも、さらなる安全意識かつ迅速な運転が求められます。

学科試験、技能試験、ともにお客様本位の姿勢が求められることを忘れてはいけません。

危険予測は重要

お客様を安全に、迅速に目的地まで運ぶためには、タクシー運転手が確実に危険を予測する必要があります。対向車や歩行者の動向、車の動作確認、信号や標識の確認など、車の運転はさまざまな危険察知・危険回避の繰り返しです。

お客様にけがをさせることがないよう、強い安全意識、高い技術力、経験値によって、危険を予測し、回避していきましょう。

免許が無い状態からタクシー運転手として採用されるまで

タクシー運転手になるためには、二種免許が必要になります。しかし、二種免許を持っていない人でもあきらめることはありません。

タクシー業界は人手不足を補うために、多くの会社が福利厚生を利用して、免許取得への援助を用意しています。

では、二種免許を持っていない人が、タクシー運転手になるまでの流れを見て見ましょう。

二種免許を会社の費用負担で取得

求人に応募してきた求職者に対して、二種免許取得費用を負担するタクシー会社が増えてきています。

一般的に、教習所で二種免許を取得するためには、20~25万円必要です。就職前や転職前に支払うには大きな負担となるため、会社に援助してもらえるならばとタクシー運転手への転職を決意する人も増えています。

これにより、会社にとっても優秀なタクシー運転手の人材確保につながっています。

合宿で取得するケースも

二種免許を持っていない人が短期間で取得する方法として、合宿所を利用するのも良いでしょう。合宿所を利用すると、1週間から10日間で二種免許を取得することができます。

二種免許を持っていない人に対して、タクシー会社が免許取得費用を負担し、入社後に提携している合宿所で免許を取得させるケースもあります。

なお、合宿所は数が少ないために選択の余地が少なく、比較的不便な場所にあることがデメリットです。

地理試験や接客講習を受ける

二種免許を取得後、講習センター(タクシーセンター)にて講習を受けます。内容は、タクシー業務にかかわる法令や運転マナー、タクシー特有の機器類の知識などの講習を受け、簡単な試験があります。

また、東京・大阪・神奈川などの特定地域でタクシー運転手として働く場合は、地理試験があり、これに合格しなければいけません。土地勘がないと難しい試験と言えます。前もって働く地域の地理試験の有無を確認しておきましょう。

タクシー運転手の求人を探すのにおすすめのサイト

タクシー運転手を志望している人が、最も効率的に求人を探せるのが、求人サイトです。

新聞などの求人欄もありますが、求人サイトでは、一度に給与形態や、二種免許取得の費用を負担してくれるなどの福利厚生を知り、比較することもできます。

また、いくつかの求人サイトを見て、自分に合う求人サイトで、自分の希望に合うタクシー会社を探してみましょう。

サイト1:タクルート

タクシー運転手の求人掲載件数が国内最大級の求人サイトが、タクルートです。

タクルートは、求人件数が国内最大級だけでなく、入社が決まると最大20万円のお祝い金が支給されるなどの特典があります。また、充実したホームページも魅力で、たくさんの求人を比較検討できるだけでなく、タクシー運転手の知識を得ることもできます。

サイト2:タクQ

タクQは、東京をはじめとして、ほぼ全国を網羅しているタクシー運転手の求人サイトです。

厳選した募集案件のみを扱い、無料の電話・メール相談を行っているため、安心です。入社が決まると、お祝い金が支給されます。

タクシー運転手への転職に不安がある方は、無料相談から始めてみるのも良いでしょう。

サイト3:タクシー屋さん

タクシー屋さんは、主に転職者向けのタクシー運転手の求人サイトです。ホームページでは、タクシー業界の専門的な知識や、タクシー運転手として稼ぐノウハウ、運転所作のYouTube動画などを惜しげもなく提供しています。

まったく別の業界からの転職者、タクシー業界への不安が強い方、ひたすら多く稼ぎたいと思っている方に合っている求人サイトです。

タクシー運転手になるには二種免許が必要

タクシー運転手になるには、一種免許よりも難易度の高い二種免許が必要です。特に、技能試験や地域によって必要な地理試験に苦労する人も多いです。

しかし、タクシー運転手になるためには必須の免許なので、試験の内容や取得までの流れ、合格するためのポイントなどを押さえて、速やかに取得しましょう。

また、入社後に会社の取得援助制度を利用するなど、計画的に取得すると良いでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related