Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の手取りはいくら?タクシー運転手のオススメ求人サイト8選

タクシー運転手の手取りはいくら?タクシー運転手のオススメ求人サイト8選
タクシー運転手の仕事内容と手取りが気になる人、他業種からのタクシー運転手に転職を考えている人に、タクシー運転手はいったいどのくらいの手取りを手に入れているのでしょうか。タクシー会社を選ぶ際の注意点、加えて、タクシー運転手の転職にオススメサイトをご紹介します。

初回公開日:2019年5月13日

更新日:2019年5月13日

記事に記載されている内容は2019年5月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー業界の現状

タクシー業界は、タクシー運転手の高齢化により運転手が減少し、労働時間の問題などの影響からなりてが少なく、ドライバーの人材不足という現状があります。タクシードライバーは、早朝・深夜など勤務時間が不規則で、勤務時間が長く激務といった印象を持たれています。

そんな印象からタクシー運転手を目指す人が減少してきています。また運転手不足と共に、法人タクシー・個人タクシーとも数が減少している実態があります。

タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手の仕事内容は、お客様を乗せて目的地まで運ぶことです。タクシーには、法人タクシーと個人タクシーがあります。

法人タクシーは、街中を走りながらタクシーにお客様を乗せる流しと、無線配車、駅・ホテルの近くに待機してお客様を乗せる付け待ちという仕事があります。

個人タクシーはほとんどが長し方法をとっており、勤務時間が自由な一方、法人タクシーは勤務時間や勤務日は会社によって管理されています。

タクシー業界の将来性

タクシー運転手が不足していることから、将来的には需要が大きくなり、また不足を補うために会社も運転手が働きやすい環境作りをしていくことが考えられます。

例えば、一台のタクシーに複数に人が乗車するライドシェア、配車アプリなど新たなタクシーの利用方法が出てくるといわれています。

タクシー業界を取り巻く環境は決して優しいものではありませんが、タクシー業界がなくなることは考えにくく、将来性はあります。

実は稼げるタクシー運転手の給料

大手のタクシー運転手の手取りをみると、タクシー1年目の手取りが34万円から35万円、2年目の手取りが、37万円から38万円です。タクシー2年目で多くの手取りを稼いだ人は50万円とも言われています。

タクシー運転手は、頑張り次第で多くの手取りを手に入れることができます。一般的なタクシー会社の運転手1年目の手取りは26万円で、ほとんどの人が安定した手取りを手に入れていることがわかります。

タクシー運転手の手取りは営業売り上げの約6割

タクシー会社に勤務する運転手は、昼日勤・夜日勤・隔日勤務などの勤務があり、月に換算すると12日出勤することになります。そして1日の売上げが約5万円と言われています。運転手の一人が月の売り上げが60万円になります。

タクシー運転手の手取りは、営業売り上げの約6割ということから36万円が運転手の取り分になります。その内、所得税や保険料が引かれた28~29万円ほどがタクシー運転手の手取りです。

平均手取りは30万円を超える

前項で、1日の売上げが約5万円で、28~29万円ほどがタクシー運転手の手取りであると説明しました。しかし、稼ぐ人は1日7万円から多い人は10万円稼ぐ人もいます。1日7万円稼いだ場合は、所得税や保険料が引かれても手取りが30万円を超えることもあります。

年齢・経験に関係なく稼げる可能性がある

タクシー運転手に応募できる年齢は21歳です。二種免許を取得できる条件が普通免許を取得してから3年以上経過した者と決まっていて、普通免許を18歳で取得して3年後つまり21歳ということで、21歳でも安定した手取りを手に入れることが可能です。

タクシー運転手の年齢層をみると、55歳~64歳が多く活躍している現状があり、安定した手取りを手にしています。運転手は、年齢・経験に関係なく稼げる可能性があります。

他業種からの転職でも平均給与は安定している

他業種からタクシー運転手に転職するには二種免許が必要です。ほとんどの会社が無料で二種免許が取れるようにサポートをしてくれます。そのため、他業種からの転職でも頑張り次第では平均な手取りの給与を安定して稼ぐことが可能です。

タクシー会社を選ぶ際の注意点4つ

タクシー会社を選ぶ際の注意点についてお話します。タクシー会社を選ぶ際の注意点には、事故が起きた時の負担額や割合、福利厚生がしっかりしているか、定年はあるか、給料形態などがあり、それらについてよく確認する必要があります。特に安定した手取りを手に入れるためには、給料形態が大事な項目です。

1:事故が起きた時の負担額や割合

タクシー事故には人身事故・対物事故・自損事故という種類があります。タクシー会社を選ぶ時には、会社の事故対応や負担率を確認しましょう。負担率は、各タクシー会社によってさまざまです。

自分がもし、事故を起こした時にどのくらいタクシー会社が負担してくれるのか知っておきましょう。

2:福利厚生がしっかりしているか

タクシー運転手として安心して働くため、また安定した手取りを手に入れるには、福利厚生がしっかりしているかを確認する必要があります。雇用保険・健康保険・労災保険などの保険や家族手当・交通費・住宅費などは生活する上でとても大事です。

事故などで休むことになった場合でも、タクシー運転手として、しっかり働くためには、福利厚生は欠かせません。

3:定年はあるか

一般的な会社では、65歳が定年です。しかし、65歳でも安定した手取りを手に入れている人が多くいます。これは、人手不足の現状からタクシー会社では、定年を設けていないところがあるからです。タクシー運転手の場合は、体が元気であれば65歳以上でも、安定した手取りを稼げます。

もし、自分が定年後も安定した手取りをもらいたいのであれば、65歳から嘱託として働ける会社を選びましょう。

4:給料形態

タクシー運転手として働く上のモチベーションにつながるのが給料形態です。

給料形態には、「完全歩合」「基本給+歩合」「基本給+歩合」「基本給+歩合+一定割合の賞与」などがあります。これらの給料形態でどれが安定した手取りを手に入れられるかをよく検討しましょう。

完全歩合

完全歩合は働く人の成果によって給与を支払う形態です。タクシー運転手で言えば、売上に対して支払われることになります。この完全歩合は、多くの売上をあげればたくさん手取りがもらえます。しかし、基本給がないため、売上がなければ手取りもらえません。

基本給+歩合

「基本給+歩合」は、基本給と売上高に応じて支払われる歩合給の両方がもらえる給与形態です。

「基本給+歩合」給がもらえることで一見すると多くの手取りがもらえそうですが、基本給は安く設定され、歩合も一定の成果を上げなければ報酬率が高くなく、結果として多くの手取りを手に入れるこができません。

そのため、タクシーに多くのお客様を乗せて、高い売上金額を上げない限り、高額な手取りを得ることはできません。

基本給+歩合+一定割合の賞与

「基本給+歩合+一定割合の賞与」の形態は、基本給と歩合給の手取りに加えて大きな成果を上げた時にボーナスを支給することです。

「基本給+歩合+一定割合の賞与」の給与の形態は、よく営業マンにみられますが、タクシー運転手に採用している会社も多くあります。

タクシー運転手は、基本給に歩合給を加えて支給される「基本給+歩合」の給与の形態が一般的で、この「基本給+歩合+一定割合の賞与」の形態はあまり見かけません。

タクシー運転手のオススメ求人サイト8選

タクシー運転手のオススメ求人サイトを紹介します。タクシー運転手のオススメ求人サイトには、ドライバーズワーク・タクルート・タクドラ・転職道.COM・タクシー屋さん・求どら・タクサポ・タクQがあります。

次項から詳しく紹介していくので、タクシー運転手に転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

1:ドライバーズワーク

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「ドライバーズワーク」です。ドライバーズワークは、株式会社ミライユが運営しているサイトです。東京・埼玉県・神奈川県・千葉県・大阪府などタクシーで稼げる人気のエリアから求人が探せます。

タクシー運転手が有利に転職できるように、面談のカウンセリング・履歴書・職務経歴書の添削などさまざまな面でサポートをしてくれます。50歳以上、60歳以上という条件で検索ができます。

2:タクルート

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「タクルート」です。タクルートはアリッツ株式会社が運営しているサイトです。タクシー運転手の求人が800件ほど掲載されています。また、採用された場合はお祝い金として20万円ほどがいただけます。

都道府県別の選択、駅に近い、マイカー通勤可能、ドライブレコーダー・カーナビ搭載、ボーナスあり、 など15項目のこだわり条件での検索が可能です。

3:タクドラ

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「タクドラ」です。タクドラは、株式会社Pacific Diner Serviceが運営しているサイトです。タクシー運転手の求人を出したい会社が無料で登録しているので、給与の詳細や退職金制度、ETC・カーナビ装備などの情報を知ることができます。

4:転職道.COM

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「転職道.COM」です。転職道.COMは、株式会社日本総合ビジネスが運営しているサイトです。求人掲載数が350件ほどです。職場の環境が良い・育成に力を入れているなど会社の仕事に対する方針から探せるのがこのサイトの最大の特徴です。

また、気になった会社への質問が気軽にできます。また女性がタクシー運転手になるための託児所が完備されている会社を選ぶことも可能です。

5:タクシー屋さん

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「タクシー屋さん」です。タクシー屋さんは、株式会社ジョブイントロダクションが運営しているサイトです。求人を出している会社の紹介に加えて、転職後に稼げる方法などのサポートをしてくれます。

タクシー運転手で多くの報酬を得たいと考えている人にはオススメのサイトで、実際にこのサイトを使ってサポートを受け、入社して6ヶ月ほどで50万円ほど稼げたと喜びのコメントがあります。

6:求どら

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「求どら」です。求どらは、株式会社ムゲンプランニングが運営しているサイトです。基本情報・経歴情報・希望条件などの簡単に記入して無料会員登録して、匿名の履歴書を公開すると、その内容に興味をもった会社から直接メールが届くサービスがあります。

7:タクサポ

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「タクサポ」です。タクサポは、東京に特化したタクシー運転手の転職の専門サイトです。

タクシー業界に知識のある人が、ネット上に挙げられていない情報をもとに、あなたに合うタクシー会社を選んでくれます。またタクシー運転手の経験のある人が、接客のスキルなどのアドバイスをしてくれます。

8:タクQ

タクシー運転手のオススメ求人サイトは「タクQ」です。タクQは、株式会社しごとウェブが運営しているサイトです。

何を基準にタクシー会社を選べばいいのかとか、しっかり研修をしてもらる会社に入りたいなどの質問をメールで相談することができます。またこのサイトを利用して転職した人の体験談などの情報が発信されています。

タクシー運転手の手取りは年齢・経験に関係なく安定しています

タクシー運転手の手取りが知りたい人に、現状どの程度の手取りを受け取っているのかといった情報をお届けしてきました。他業種からのタクシー運転手に転職しても頑張り次第では安定した手取りを手に入れることができるため将来性のある職業であると言えます。

今回お話したタクシー運転手に興味を持った人はオススメの転職サイトを参考にチャレンジしてみませんか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related