Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因4つ|睡眠時間に関する豆知識

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因4つ|睡眠時間に関する豆知識
トラック運転手の仕事をする人は、睡眠時間を6時間から8時間を確保するようにしましょう。よく眠れていないことで事故につながったり、作業効率が下がったりもするので、睡眠を取るように心掛けましょう。トラック運転手は、他の職業よりも特に徹底した健康管理が必要です。

初回公開日:2019年7月1日

更新日:2019年8月20日

記事に記載されている内容は2019年7月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラック運転手の仕事について

トラック運転手の仕事は、体を使うハードな仕事です。

トラック運転手の仕事自体がハードなため、他の職業よりも体を休めることが必要で、中でも睡眠時間の確保が重要な課題となっています。

そのため、トラック運転手の仕事をする人は、自分自身で食事や睡眠時間の管理をしながら、安全を考えた作業を心掛けるようにしなければなりません。

トラック運転手の平均睡眠時間

トラック運転手の平均的な睡眠時間は、4時間から6時間となっています。

場合によっては、睡眠時間が3時間しか取れないこともある状況の中では、わずかな休息の時間などを利用して仮眠を取らなければ、安全を考慮した運転や作業ができません。

安全に仕事をするためにも、勤めている運送会社へ労働環境の改善を申し出て、睡眠時間が確保できるように働きかけてみましょう。

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因4つ

トラック運転手の睡眠時間が短くなる主な原因は、荷主を優先したスケジュールや慢性的な人手不足の問題でしょう。

すべての状況が絡み合い、勤務時間自体が長くなってくることで睡眠時間が確保しにくくなっています。

以下で、睡眠時間が短くなる原因4つについて見ていきます。

運送会社を経営する人は、ドライバーの作業効率の向上と安全のため、より効率化を目指した配送システムを導入し、睡眠時間を確保する努力をしましょう。

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因1:長時間労働

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因として、長時間労働であることが挙げられます。

時代の変化に伴って、家に居ながらにして買い物ができる通販などが盛んになっており、それに伴って運送業の仕事も忙しくなったため、長時間労働を強いられる職場が多くなっています。

再配達の作業を減らすため、運送会社の方でも宅配ボックスやコンビニの利用を検討したり、新たな再配達のシステムの導入を考える必要があります。

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因2:荷主優先のスケジュール

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因に、荷主優先のスケジュールがあります。

トラック運転手の仕事は届け先の都合に合わせなくてはいけないので、その結果、長時間労働になり、睡眠時間が確保しにくくなっています。

トラック運転手として仕事をする人は、時間配分を考えた作業をしながら、時間がかかる荷主のための作業時間を確保するようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因3:人手不足

トラック運転手の睡眠時間が短くなっている原因に、慢性的な人手不足であることが挙げられます。

運送会社の職場自体が常に人手不足なので、一人一人の作業量が増えると同時に長時間労働になり、睡眠時間を確保しにくくなっています。

運送会社を経営している人で人手不足に困っている場合は、待遇面や労働環境を整え、求人を募るようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因4:休憩場所の確保が困難

トラック運転手の睡眠時間が短くなる原因に、休憩場所の確保が難しいことが挙げられます。

トラックを停車させて休憩を取れる場所が少なく、ドライバーが仮眠を取りにくくなっており、睡眠時間が確保しにくくなっています。

トラック運転手の仕事をする人は、本部へ戻って休憩を取ったり、安全にトラックを停車させられる場所を探して休憩時間を取るようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間が短いことのデメリット3つ

トラック運転手の睡眠時間が短いと、さまざまなデメリットが生じます。睡眠時間が取れないということは、心身を休められないことです。作業効率も下がり、安全を考慮した運転が難しくなって事故につながることもあります。

以下に、睡眠時間が短いことのデメリットを3つ記します。

運送会社を経営する人は、睡眠時間が短いことのデメリットを理解して、ドライバーの健康管理を徹底させたり、睡眠時間が確保できるようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間が短いことのデメリット1:事故が増える

1つ目のトラック運転手の睡眠時間が短いことのデメリットは、事故が増えることです。

睡眠時間が取れないことで体調の悪化を招き、安全を配慮した運転ができなくなり、そして事故につながるとい悪循環が生じます。

ドライバーの仕事を上手に分担させながら、運転手の体の負担を減らし、睡眠時間を確保しやすい労働環境を整えるようにする工夫が求められます。

トラック運転手の睡眠時間が短いことのデメリット2:作業効率が下がる

2つ目のトラック運転手の睡眠時間が短いことのデメリットは、作業効率の低下です。

十分な睡眠時間を確保できず体を休めることができなければ、疲れを残すことになり、必然的に作業効率が下がります。

睡眠時間を確保することは、ドライバーのモチベーションや仕事への意欲を高めることだと認識して、睡眠が取れる労働環境を整えるようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間が短いことのデメリット3:不健康になる

3つ目のトラック運転手の睡眠時間が短いことのデメリットは、不健康になることです。

睡眠時間が取れない労働環境では、食事を取る時間も不規則になり、さらに疲れが残っていることで冷静な判断を欠くことにもつながるので、健康を考えた生活ができなくなります。

トラック運転手の仕事をする人は、普段の食事に気を使うようにしながら、会社が行う健康診断以外の検診も積極的に受けるようにして、体の管理をするようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識3つ

ここでは、トラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識をご紹介します。

トラック運転手に限らず、他のドライバーにもあまり知られていないような知識を身に付けることで、会社に睡眠時間の確保の必要性を伝えることができるでしょう。

特にトラック運転手の仕事をする人は、ドライバーの睡眠時間について興味を持ち、知識を身に付けておくことで、自分自身を守る対策を講じていきましょう。

トラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識1:睡眠不足の場合は乗務禁止となる

1つ目のトラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識は、睡眠不足の場合は乗務禁止となることです。

どの会社でも、事業主が朝の点呼の際にドライバーに睡眠時間を確認することが義務付けられており、睡眠不足の場合は乗務禁止となります。

事業者として点呼を取る人は、睡眠が取れていないドライバーの仕事内容を確認して、作業量が多くないかチェックするようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識2:長距離トラックには仮眠スペースがある

2つ目のトラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識は、長距離トラックには仮眠室があることです。

長距離トラックは長い間運転することが多いため、運転席の後部に仮眠室が設けられています。

長距離ドライバーとして仕事をする人は、仮眠室がある車体を選び、適度に仮眠を取り、仕事への意欲を高めるようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識3:会社や仕事内容により睡眠時間は大きく違う

3つ目のトラック運転手の睡眠時間や睡眠環境に関する豆知識は、会社や仕事内容によって、睡眠時間が大きく異なることです。

トラック運転手の勤務時間は基本的に13時間前後の会社が多く、運送会社や仕事内容が変わっても、6時間以上の睡眠を取ることがベストとされています。

それでも十分な睡眠時間が確保できない人は、朝の点呼の際に睡眠時間が確保できないことを報告し、労働環境の改善を提案するようにしましょう。

トラック運転手の睡眠時間について知ろう

トラック運転手として働く際には、睡眠時間について知っておくことが重要です。トラック運転手の平均的な睡眠時間について知らなければ、何かあった場合に事業主に労働環境の改善の必要性を申し出にくくなります。

トラック運転手として仕事をする人は、状況に応じて運送会社に労働環境の改善を提案しながら、自分自身でも体調管理を徹底させて、健康的に仕事ができるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related