Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の仕事は楽なのか?4つの視点から分析|やりがい5つ

タクシー運転手の仕事は楽なのか?4つの視点から分析|やりがい5つ
タクシー運転手の仕事は、楽なように思えて大変な面もあります。売り上げアップを目指すためにはどうすれば良いかと考え、目標をもって働くことができる仕事です。タクシー運転手の仕事を楽だと感じる方もいればそうでない方もいます。自分に向いているか考えましょう。

初回公開日:2019年7月1日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年7月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手の仕事は楽なのか?

タクシー運転手をしてみたいと思うものの、仕事は楽なのかと不安になるでしょう。長続きするのだろうか、体力的に続くのだろうかと心配になります。

不安を感じることなく、スムーズにタクシー運転手になるためにどんな仕事をしているのか、また楽にできるのかをチェックしましょう。

タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手は楽なのか判断するために、まずは仕事内容を知ることが大切です。タクシーにお客さんを乗せて、お客さんが希望した場所まで運転するのが仕事です。

しかし、単純に運転すればいいということではありません。お客さんと良い関係を保ちながら、トラブルなくお客さんが希望した場所まで運転する必要があります。

タクシー運転手の仕事は楽?4つの視点から分析

タクシー運転手の仕事は楽なのか、4つの視点から分析してみましょう。さまざまな視点から見ることで、どんな仕事なのかイメージしやすくなります。

自身に向いているのか、やりがいを感じられそうかと、実際タクシー運転手になった姿を想像して考えましょう。こんな風にすれば、楽しく仕事ができるのではないかと目標を考えることもできます。

視点1:勤務体系の種類

タクシーは24時間、365日見ることができます。そのため、いつ休んでいるのだろうかと感じるでしょう。

タクシー運転手の勤務体系について知りましょう。主に日勤、夜勤、隔日勤務があります。それぞれの勤務体系について詳しく見ていきます。

日勤

日勤は日中働く勤務体系です。朝から夕方までですが、朝は7時か8時からで夕方16時や17時に終わるのが一般的です。

日勤というと、朝9時から夕方17時や18時までのイメージがありますが、タクシー運転手は少し時間が早いです。朝が少し早いですが、夕方早いうちに終わるので働きやすいと人気があります。

朝は出勤するサラリーマンやOLさん、日中は仕事で移動する人、病院に通う年配者などがお客さんになります。

夜勤

夜勤は日勤の人と交代する形で働きます。夕方16時や17時ごろから、夜中の2時や3時頃までの勤務時間です。

夕方に移動をする人、お酒を飲んで帰る人、終電がなくなり足がなくなった人とたくさんの人を運びます。お客さんを捕まえやすいという利点もあり、ストレスなく働きやすいメリットがあります。

朝と晩が逆転する生活でも、苦に思わず過ごせる方が向いています。これまで夜勤をしたことがある方も働きやすいでしょう。

隔日勤務

隔日勤務というのは、1日で2日分働く働き方です。朝7時か8時までには出勤し、夜中まで働きます。長時間の勤務となりますが、適度に休憩もあるので安心してください。

翌日は必ず休みで、一気に働いて休みもとりたいという人に向いています。隔日勤務だと日中も夜の時間もカバーできるため、シフトを組みやすいことからタクシー業界ではよく採用されています。

勤務の翌日は必ず休みになるのでしっかり休息をとることが大切です。

視点2:休日は多い?

タクシー運転手の休日ですが、勤務体系によって異なります。

日勤や夜勤の勤務であれば土日祝日は休みたい、週休2日制にしたいなど希望にあわせて働けます。隔日勤務の場合は、勤務をした翌日は休みです。

日勤や夜勤の場合ですが、1か月で22~24日ほど働くことが多いです。隔日勤務の場合は、月に11~13回ほど働きます。

日勤や夜勤は、他の職業のフルタイム勤務とさほど変わりません。隔日勤務は半分ほど休めます。

視点3:乗客とのコミュニケーションは必要か

タクシー運転手は、乗客とコミュニケーションをとることがあります。行き先を聞いたり、何か必要なことがあれば話をします。お客さんの様子を見て、必要に応じてコミュニケーションをとると良いでしょう。

こちらから話しかけて、お客さんの反応が思わしくないときは、ずっと話しかける必要はありません。お客さんがよく話す方であれば、適度にあいづちを打ってこちらからも話しかけると良いでしょう。

視点4:給与はどれほどか

タクシー運転手の給与は、勤務体系によって異なります。日勤の場合は年収250万円から300万円ほど、夜勤の場合は年収550万円ほど、隔日勤務の場合は年収400万円ほどです。

企業によって給与の差があります。また賞与などの手当てによっても差がでます。能力給を採用している企業もあるので、徐々に年収アップを目指すことができます。

また売り上げによっては給与がプラスされるので給与をたくさんもらえる月もあります。

「楽」だけじゃない・タクシー運転手のやりがい5つ

タクシー運転手は、車を運転するだけの仕事とイメージがあるでしょう。そのため、力仕事や立ち仕事などと比べると楽だと感じる方もいます。

タクシー運転手は「楽」だけではありませんが、やりがいを感じることができる仕事です。日々同じような繰り返しに思えて、実はそうではなくやりがいがあり長年勤務される方もいます。

タクシー運転手のやりがい1:日々さまざまな人との出会いがある

タクシー運転手は日々たくさんの人と出会うことができます。サラリーマンやOL、年配者など色々な方と出会えるので、人と接することが好きという方にも向いています。1人では寂しい、誰かと過ごしたいという方にもメリットがあります。

短い距離の移動もありわずかな時間ではありますが、色々な人と日々話をして楽しむことができます。人を運ぶだけの楽な仕事ではありません。

タクシー運転手のやりがい2:頑張れば給料に反映される

各企業、歩合制を採用していることが多いです。お客さんをたくさん乗せて、売り上げを伸ばすことでプラスアルファーの給料がもらえます。

どこに行けばお客さんを乗せられるか、たくさんのお客さんと出会うためにはどうすれば良いか試行錯誤することで、その日の売り上げは大きく変わります。

楽をすることもできますが、お給料に反映されるためお客さんを乗せようと頑張る方が多いです。

タクシー運転手のやりがい3:道を覚えてスムーズにお客さんを運べるようになる

タクシー運転手として日々勤務すると共に、道をどんどん覚えていきます。今まで知っていた道だけではなく、裏道を覚えたり、近道を見つけたりと日々成長できます。

道をどんどん覚えることで、お客さんをスムーズに目的地まで送り届けることができるようになります。

中には急いでいるお客さんもいて、間に合うだろうかとひやひやされるケースもあります。しかしそこで間に合わせることで、お客さんを笑顔にできます。

タクシー運転手のやりがい4:感謝されることが多い

タクシー運転手の仕事をしていると、お客さんにお礼を言われる機会に恵まれます。目的地まで無事着いて「ありがとう」とお礼を言われることが多いです。

近い距離でも嫌な顔をせず、目的地まで送り届けたときに「ありがとう」と言われることもあるでしょう。観光客に、地域の観光情報を伝えて感謝されるケースもあります。

毎日同じ繰り返しで楽という仕事ではなく、お客さんのことを思い、行動にうつすことで感謝される仕事です。

タクシー運転手のやりがい5:体の不自由な方に役立ててもらえる

タクシー運転手は、お客さんを目的地まで運ぶことが仕事です。お客さんもさまざまですが、中には体の不自由な方や体調がすぐれない方もいます。

電車やバスだと不便な場所まで行きたいのでタクシーに乗る、歩くことが大変なのでタクシーに乗る方も多いです。楽したいからとタクシーに乗るのではありません。

近くのスーパーや通院している病院に行く際、タクシーを利用するケースも増えており、今後も活躍できることが考えられます。

タクシー運転手の仕事が楽かは個人の力量次第

タクシー運転手の仕事が楽かどうかは、その方によって感じ方が違います。

立ち仕事や力仕事のように、体を酷使することがないので楽と感じる方もいます。車に乗っているだけでいい、運転することが好きで好きなことを仕事にできるので楽と感じ、タクシー運転手になる方もいるでしょう。

タクシー運転手の仕事は楽な面ばかりではありません。時には楽ではない、辛いと感じることもありますが、その分やりがいがあるので続けられます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related