Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシードライバーに向いている人の特徴5つ|向いていない人の特徴も把握しよう

タクシードライバーに向いている人の特徴5つ|向いていない人の特徴も把握しよう
タクシードライバーの仕事に向いている人は、持続力や集中力が途切れないです。またタクシードライバーになる人は、長時間勤務をしていくので車や運転が好きでなければ勤まりません。自分自身の性格の特徴を振り返り、タクシードライバーに向いているか考えてみましょう。

初回公開日:2019年6月25日

更新日:2019年6月25日

記事に記載されている内容は2019年6月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバーとはどのような仕事か

タクシードライバーの職業は、お客様を乗せて目的地まで送り届ける仕事です。タクシードライバーの仕事は客商売となるので、自ら率先してコミュニケーションをとりながら、安全に早く目的地まで送り届けることが重要になります。

タクシードライバーとして仕事をする人は、お客様に喜ばれる仕事をするために道に詳しくなっておき、安全運転を心掛けるようにしましょう。

1:タクシードライバーの1日

タクシードライバーの仕事をするには1日の作業を把握しておく必要があります。タクシーの仕事はお客様を乗せながら、営業活動をしていき、時間配分を考えて1日の仕事をしていかなければいけません。

タクシードライバーとして仕事をする人は、日々の作業の時間配分を考えながら、営業活動や付け待ちポイントの開拓をしていきましょう。

2:タクシードライバーの休日

タクシードライバーの仕事は休日を有意義に過ごす必要があります。長時間での運転をするので、心身を休めておかないと日々の勤務をこなしていくことが難しくなるからです。

タクシードライバーをする人は、生活に必要な用事を休日に済ませて、自分なりの気分転換法を見つけてリフレッシュしていくことが大切になります。

3:タクシードライバーの給料事情は?

タクシードライバーの給料は33万円から48万円ほどになります。勤めるタクシー会社の規模や、勤務形態でも給料が変わってくるので、自分の力量や運転スキルに合った会社を選ぶ必要があります。

歩合制を採用している会社で働く人は、長距離のお客さまに多く利用してもらう工夫をして、付け待ちポイントの開拓や固定客を増やすように営業をしていきましょう。

タクシードライバーに向いている人の特徴5個

タクシードライバーに向いている人の特徴が5点ほどあります。タクシードライバーの仕事は一人で長い時間運転することになるので、高い忍耐力と安全に対する意識が高くなければ仕事を続けることができません。

タクシードライバーの仕事をする人は、前職での仕事の取り組み方を考えてみたり、また自分の性格の長所や短所を改めて考えることで、向いているか向いてないかを考えるようにしましょう。

タクシードライバーに向いている人の特徴1:運転が好き

タクシードライバーに向いている人の特徴に運転が好きなことが挙げられます。タクシーの仕事は長時間運転が多くなるので、運転自体が好きでないとタクシードライバーの職業に向いているとは言えなくなります。

運転が好きでタクシーの仕事をする人は、安全を考えた運転を心掛けて、必要以上に運転技術に過信しないようにしましょう。

タクシードライバーに向いている人の特徴2:集中力を持続できる

タクシードライバーに向いている人の特徴に集中力を維持できるかが問われます。長時間お客様の安全を考えて運転をしていくので、集中力が持続できない人はタクシードライバーに向いている人とは言えなくなります。

タクシードライバーで集中力を持続できない人は、適度に休憩を取り、気分転換することで仕事へのモチベーションを保つようにしましょう。

タクシードライバーに向いている人の特徴3:お客さんとコミュニケーションが取れる

タクシードライバーに向いている人の特徴にお客さんとコミュニケーションが取れることが求められます。お客さんとコミュニケーションが取れなければ、息の長いお客様にならないばかりか、営業活動で固定客を取っていくことが難しくなります。

タクシードライバーの仕事をする人は、ニュースやネット、雑誌から時代のトレンドを掴むようにして、会社の接客の研修に率先して参加するようにしましょう。

タクシードライバーに向いている人の特徴4:判断力が高い

タクシードライバーに向いている人の特徴に判断力が高いことが求められます。タクシードライバーの仕事は一人での作業となるので、現在の現状を冷静に分析できないと、お客様やタクシー会社に迷惑をかけることになります。

タクシードライバーをする人は、顧客第一と安全面を優先して、タクシーの仕事をしていきましょう。

タクシードライバーに向いている人の特徴5:安全運転の意識を欠かさない

ドライバーに向いている人の特徴に安全運転の意識を欠かさないことが挙げられます。タクシーは顧客を乗せるので、乗用車を運転しているときよりも高い安全の意識が必要になります。そのため安全を考えて運転ができなければタクシードライバーに向いていると言えません。

タクシードライバーの仕事をする人は、事故の悲惨さを学ぶ機会を得るようにして、安全への意識を高めましょう。

タクシードライバーに向いていない人の特徴4つ

タクシードライバーに向いていない人の特徴が4点ほどあります。タクシードライバーの仕事は一人で長時間作業をしていくので、辛抱強さや根気強さが求められます。また地図を読めなかったり、道を覚えられなければタクシーの仕事には向いているとは言えなくなります。

タクシードライバーの仕事をする人は、前職までの仕事の内容を振り返ったり、自分自身を見つめ直してタクシーの仕事に向いているか考えてみましょう。

タクシードライバーに向いていない人の特徴1:長時間勤務が苦手

タクシードライバーに向いていない人の特徴に長時間勤務が苦手なことが挙げられます。タクシーの仕事は長い時間運転することが多くなり、残業も増えるため長い時間での勤務が苦手な人には不向きな仕事と言えます。

長時間勤務が苦手な人は、自身のライフスタイルに合わせた勤務形態やタクシー会社を選び、少しづつ勤務に慣れていきましょう。

タクシードライバーに向いていない人の特徴2:沈黙が苦痛

タクシードライバーに向いていない人の特徴に沈黙が苦手なことが挙げられます。常にお客様を乗せている訳ではないので、沈黙に耐える必要があります。そのため、沈黙の間の過ごし方が上手でなければタクシードライバーの仕事に向いているとは言えません。

タクシードライバーの仕事に向いている人になりたい場合は、沈黙に耐える努力をして、どうしても耐えられないときはラジオを聞いたり、無線で些細な会話をするようにします。

タクシードライバーに向いてない人の特徴3:道を覚えられない

タクシードライバーに向いていない人の特徴に道を覚えられないことが挙げられます。タクシーの仕事は道を詳しく知っていないとお客様に満足してもらえるサービスを提供できず、仕事の幅を広げるのも難しくなります。

道を覚えられない人は、休日などに自分の車を走らせて土地勘を得るようにして道に詳しくなる努力をしましょう。

タクシードライバーに向いていない人の特徴4:些細なトラブルで動揺しがち

タクシードライバーに向いていない人の特徴に些細なトラブルで動揺しがちなことが挙げられます。些細なことに動揺することで、安全を考えた運転ができなくなり、仕事においても冷静な判断ができなくなります。

タクシードライバーに向いている人になりたい場合は、これまでの職務経験から得たことを活かして仕事に取り組むようにして、解決できない場合は本部からの指示を仰ぐようにしましょう。

タクシードライバーの転職に適した性格を知ろう!

タクシードライバーの転職を成功させるには自身の性格を把握してタクシーの仕事に向いているかどうか考える必要があります。自分自身の性格を理解していないとタクシードライバーに向いているかどうかが分からないからです。

タクシーの仕事を考えている人は、自分の普段の生活やこれまでの職務経験を振り返ったり、また、他人から自分の性格を聞き入れることでタクシーの仕事に向いているかどうか考えてみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related