Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

東京でタクシー運転手になろう!地理試験攻略法8つと地理試験基礎知識

東京でタクシー運転手になろう!地理試験攻略法8つと地理試験基礎知識
東京でタクシー運転手になるための最初の関門である、地理試験について解説しています。地理試験の概要から学習の意義や対策、今後にどう役立てるかなどを項目ごとに説明していますので、東京でタクシー運転手を目指す方たちは参考にしてください。

初回公開日:2019年6月24日

更新日:2020年1月25日

記事に記載されている内容は2019年6月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


東京のタクシー運転手に必要な地理試験

東京の地理は、複雑で難解なため事前に学習が必要です。特に東京の23区は、複雑な幹線道路が入り混じり覚えるのが大変なので、独自に地理試験という制度が設けられており、タクシー運転手になりたいが地理が分からないし不安で試験も難しそうと感じる人は多いことでしょう。

道を間違えたことにより、顧客とのトラブルに発展することもあり得るため、ここでは順を追って地理試験について説明しますので一緒に考えてみましょう。

地理試験合格が必要な東京の特定指定地域とは

東京の特定指定地域とは、23区と武蔵野市や三鷹市が該当します。昼夜を問わず忙しく移動するお客様が多く、車の渋滞も激しい上に道路も複雑に入り組み、運転するのに技術が必要な地域であり、会社員や地方からの観光客、訪日外国人などお客様も多彩です。

タクシー運転手はこのような方々にうまく接客をしながら正確に早く目的地まで到着しなければならず、トラブル防止の為、タクシー運転手になるために地理試験があります。

地理試験を実施する東京タクシーセンターについて

東京タクシーセンターは、東京のタクシーを管轄する機関です。東京タクシーセンターは地理試験を実施するだけでなく、タクシー運転手になる前の人に対し数日間にわたり教育を行う機関です。

他にもタクシー運転手に必要な乗務員証の発行や、お客様からのクレーム対応やそれに対する運転手や会社への指導など、タクシー業務に必要な行政上の手続きや教育を一手に引き受ける機関となっています。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法8つ

東京でタクシー運転手になるには、地理試験に合格する必要があります。

タクシー運転手をしたいと考えても、最初に不安に思うことが、地理がわからないということではないでしょうか。道が分からないという時点で、プロとしては失格と周囲には判断されてしまいます。

ここでは、いくつかの項目に分けて地理試験の傾向と対策を考えたうえで、項目ごとに順番に説明していきますので、参考にしてください。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法1:満点を目指さない

地理試験は難問が多く、満点を目指すのはかなり難しいです。地理試験は、40問出題される中で正解率80パーセント、つまり32問以上の正解で合格となり、この80点を最初の目標として目指していくのが望ましいです。

東京は特に地理が複雑なため、覚えるだけでもかなりの量となり、満点を目指すのは困難を極めるため、まずは合格ラインである32問以上の正解を目指して学習をするのがおすすめです。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法2:問題のパターンを把握する

地理試験は、出題傾向に特色があり対策が必要です。地理試験は難問が多いと説明しましたが、対策はあります。出題パターンが決まっており、問題1から問題2までが基本問題となります。ここで取りこぼすことなく確実に得点を狙いたいところです。

続いて問題3から問題5までが応用問題となっています。ここは知識とそれを組み合わせた応用力が問われるので、どのような形で出題されても対応できるようにして下さい。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法3:幹線道路を覚える

東京の幹線道路は複雑ですが、ここを覚えることで今後の仕事に役立ちます。例えばお客様を乗せて全く知らない遠方まで来た時、幹線道路を知らなければどう戻ればよいのかさえ分からず辛い経験をするため、幹線道路は全て暗記することをおすすめします。

そうすることで、地理試験合格に近づくことはもちろん、実際の仕事でも役立てることができますし、道に迷う無駄な時間を省くことで営業収入増加にも直結するからです。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法4:交差点を覚える

交差点は特に、幹線道路と幹線道路を結ぶ地点がポイントです。交差点も東京の地理試験には必ずと言ってよいほど出題されますが、中でも幹線道路と幹線道路、例えば中央通りと晴海通りを結ぶ銀座四丁目などといった感じで全ての交差点を覚えるのは難しいです。

まずは幹線道路と幹線道路を結ぶ交差点を重点的に覚えるようにして、そこから枝分かれして徐々に他の交差点も関連付けて覚えていくと良いでしょう。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法5:施設名を覚える

施設名を覚えることは、実際の仕事においても役立ちます。

例えば、東京タワーや浅草の浅草寺、六本木ヒルズなど東京にはその地域のランドマーク的な建造物がいくつかあります。これらを全て覚えるのは難しいですが、施設名と場所がどこにあるかを覚えることにより、実際の仕事に役立ちます。

また、この箇所は地理試験で必ず得点しておきたい、間違えると不合格となる可能性が高い箇所でもあるので、確実に覚えたいところです。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法6:地理試験問題集を活用する

東京タクシーセンターで、地理試験の問題集が販売されています。

地理試験の問題集は、過去に出題された問題が掲載されており実際に解いてみることで問題の傾向や対策も立てられる良い教材です。

何度も不合格となり、なかなか合格できない人はこの問題集を解いて研究し、間違えた箇所を暗記するくらいまでやり抜くと合格できる可能性が高まります。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法7:語呂合わせで暗記する

地理試験は覚える箇所も多いため、覚えやすく語呂合わせを使うのも有効です。人によって勉強法は異なり、どうすれば捗るかはその人によるといった感じで丸暗記型や弱点集中型、短期集中型などいろいろあることでしょう。

語呂合わせで暗記するというのも有効な手段の1つで、勉強や覚えることは苦手だけど語呂合わせは得意という人は、自分の覚えやすい語呂合わせを考えましょう。

東京でタクシー運転手になるための地理試験攻略法8:自分で地図を描いてみる

東京の地図を自分で描いて覚えるのも、イメージが沸いて覚えるのに適しています。地理試験での暗記がなかなかできない、学習するのが苦手、そのような人は、一度自身で東京の地図を描いて、覚えやすいようにするのもおすすめです。

重要な箇所にはマーカーを引いたり二重線で強調したりとやり方はいろいろありますが、このような勉強法が得意な方は活用してみると良いでしょう。

東京タクシーセンターが実施する地理試験に関する基礎知識4つ

地理試験は、基礎問題、知識問題、応用問題などいろいろなパターンで出題されます。東京タクシーセンターが実施する地理試験は、一夜漬けなどの短期集中で合格することは難しく、しっかりと対策を立てて学習を進める必要があります。

ここでは、地理試験において知っておくべき基礎知識を項目ごとに説明していきますので、どのような対策で学習を進めるかを考え、参考にしてください。

東京タクシーセンター地理試験の基礎知識1:地理試験の概要

東京の地理試験は、全部で5つのパターンから出題されます。地理試験の概要ですが、このような構成で、これらの組み合わせで構成されています。

問1:幹線道路・交差点に関する問題
問2:施設に関する問題
問3:施設や建物の所在地、近くの駅、首都高速道路、交差点に関する問題
問4:乗車地から降車地までの最短経路に関する問題
問5:幹線道路、駅、施設、交差点、所在地などの組み合わせ、首都高速道路に関する問題

東京タクシーセンター地理試験の基礎知識2:地理試験の受験費用

東京タクシーセンターが行う地理試験は、6,800円です東京の地理試験はタクシー事業に係る法令、安全、接遇と当該指定地域に係る地理の2種類があり、受験費用は科目ごとに3,400円で合計6,800円です。

この試験に合格しないと東京でタクシー運転手になることはできず、二種免許と並んで必ず合格しなければならない道となっています。

東京タクシーセンター地理試験の基礎知識3:正解率80%以上で合格

地理試験は、得点しやすい項目を取りこぼさないようにしましょう。東京の地理試験は、40問出題される中で正答率80パーセント以上の32問以上正解しなければ合格できませんが、満点でなければならないといったことはありません。

対策としては、得点しやすい項目である問1から問3までをいかに満点に近づけるかということにかかってきており、ここを取りこぼすと問4と問5は応用問題のため合格点を取るのが厳しくなります。

東京タクシーセンター地理試験の基礎知識4:地理試験に不合格だった場合は?

地理試験は、何回目までに合格といった制約がありません。地理試験は必ず合格しなければなりませんが、かといって不合格だったからもうダメだと諦めず、どこを間違えたのか、自らが弱い箇所がどこかを分析し、次は必ず合格するという強い決意をもって学習する意欲が大切です。

地理試験は毎週行われていますが、詳しくはタクシーセンターのホームページで確認し申し込みをすることをおすすめします。

地理試験に合格して東京でタクシー運転手になろう

地理試験は難関なので、事前の準備をしっかりと行ってください。簡単には合格できないので事前の学習や過去問題で問題に慣れたり傾向を分析するのがおすすめです。

二種免許を取得し、地理試験に合格して会社の研修に合格すれば晴れてあなたも東京のタクシー運転手の一員となります。その日を夢見て日々努力を怠らず学生時代を思いだしてしっかりと学習されることをおすすめします。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related