Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手が稼ぐコツ10個|稼ぐコツをマスターしやすい人の特徴3つ

タクシー運転手が稼ぐコツ10個|稼ぐコツをマスターしやすい人の特徴3つ
タクシー運転手の稼ぎはその人の腕にかかっています。稼ぎをアップさせるためには、10個の稼ぐコツを理解し、マスターする必要があります。また、実際に稼いでいる運転手はどのような特徴があるのかということを知ることも必要になります。

初回公開日:2019年7月1日

更新日:2019年8月20日

記事に記載されている内容は2019年7月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手が稼ぐコツは状況に応じて使い分ける必要がある

タクシー運転手は自由度の高い職業ですが、収入についてどのようなイメージを持っているでしょうか。多くの方が安いイメージを持っているでしょうが、タクシー運転手でも高額の収入を稼ぎ出している人もいます。

タクシー運転手が多くの稼ぎを生み出せるかは、その人の腕にかかっています。多くの稼ぎを生み出している運転手は、稼ぎ出すためのコツを知り、稼ぐコツを状況に応じて使い分けています。

タクシー運転手が稼ぐコツ10個

タクシー運転手の収入は営業地域や個人の腕により差があります。数ある職業の中でも収入の差が激しいといわれており、自分の努力次第で収入をアップさせることも可能です。しかしむやみやたらに仕事していても収入をアップさせることは難しいでしょう。

稼ぐコツを知ってから仕事をした方が効率よく収入をアップさせることができます。ここではタクシー運転手として稼ぐコツ10個をご紹介します

タクシー運転手が稼ぐコツ1:周辺情報を頭に入れる

周辺情報を頭に入れて営業を行うことは稼ぐコツのひとつです。タクシーではより多くのお客さんを乗せることができることが収入アップにつながります。

どこにタクシーを利用してくれるお客さんが多く集まるのかを知っておく必要があります。利用者の多い駅で終電時間をあらかじめ調べておいたり,イベントがあればその終了時刻を調べておくとより多くのお客さんを乗せることができるでしょう。

タクシー運転手が稼ぐコツ2:使いそうな人を素早く見つける

使いそうな人を素早く見つけることも稼ぐコツのひとつです。タクシー運転手の稼ぎはお客さんをどれだけ乗せることができたかで大きく変わってきます。

使ってくれそうな人を素早く見つけることができる観察眼は重要です。道路を向いて立っている、手をあげそうな雰囲気があるなどタクシーを探していそうな人の特徴を知り、そのような人がいたらすぐに停車できるように準備をしておくといいでしょう。

タクシー運転手が稼ぐコツ3:空車の時間をできる限り短くする

多くのお客さんを乗せ稼ぐためには、空車の時間をできる限り短くすることも必要です。お客さんが乗っていない時間、つまり空車時間は稼ぎを生み出せない時間であり、少しでも短くする必要があります。

お客さんを降ろした地点からなるべく近い場所で次のお客さんを乗せることができるように、お客さんがいそうなポイントをできるだけ多く把握しましょう。お客さんがいそうな場所を通って帰ることも必要です。

タクシー運転手が稼ぐコツ4:停車する車線の方向を意識する

稼ぐコツとして停車する車線の方向を意識することも挙げられます。停車する車線の方向を意識するとは、時間帯により停車する方向を変えるということです。

朝の通勤時間帯や昼の買い物客が多い時間帯であれば、オフィス街やお店が多い都市部方向に向けて停車するということです。逆に帰宅時間には、郊外の住宅街方向に向けて停車しお客さんを待っておくようにすれば、お客さんを乗せる機会を増やすことができます。

タクシー運転手が稼ぐコツ5:ロング狙いをしない

ロング狙いをしないことも稼ぐコツのひとつです。ロングとは長距離を利用するお客さんのことで、距離が長くなるので料金は高くなります。ロング狙いすれば稼げると思われがちです。

しかしロングのお客さんかどうかは実際に乗せてみないとわかりません。運よくロング客を乗せることができても、お客さんを降ろし自分の営業区域に戻ってくるまでに1時間も2時間もかかれば無駄です。乗車率を上げることを考えた方が良いでしょう。

タクシー運転手が稼ぐコツ6:道を覚える

当然ですが道を覚えることはタクシー運転手が稼ぐコツといえます。タクシーでもカーナビがついているものもありますが、道は実際に走ってみないとわからない場合が多いです。

時間帯により車の流れに違いがあります。渋滞を予測し、抜け道を覚え渋滞を回避できれば効率よく目的地まで届けることができます。回転率を上げることができれば自然に収入もついてきます。道を覚えるためには実際に走ってみるのがいいでしょう。

タクシー運転手が稼ぐコツ7:帰り道は最短ルートを通る

空車の時間をできる限り短くするために、お客さんを降ろして待機する場所に戻る帰り道は最短ルートを通ることが大切です。空車の時間を減らし稼ぐコツにつながります。

ただしお客さんを目的地に届けるときは、普段通らない道を通るときちんと目的地まで届けてくれるのか、遠回りをされているのではといった不安を抱かせることになります。ですから、標準ルートやお客さんが指示したルートを通るようにしましょう。

タクシー運転手が稼ぐコツ8:接客の質を高める

タクシー運転手はただ目的地までお客さんを送り届ければいいというものではありません。接客の質を高め、満足してもらえる接客を心がける必要があります。

接客態度の悪い店では買い物をしたくないと感じるのと同様、接客態度の悪いタクシーにも乗りたくないと考えるのが普通です。お客さんに満足してもらえる接客を心がければ、また利用したいと感じ指名してもらえる機会を獲得できるでしょう。

タクシー運転手が稼ぐコツ9:常連客を見つける

タクシー運転手として稼ぐコツで常連客を見つけるということも挙げられます。タクシーを利用する人は一部の人です。そのタクシーを利用する一部の人の中には、頻繁に利用する常連客がいる場合があります。

常連客を掴むことは稼ぐコツのひとつです。乗り降りする場所や時間を把握しておけば、効率よく乗せることができます。運が良ければ指名を取れ、固定収入を得られるようになるでしょう。

タクシー運転手が稼ぐコツ10:ほかのタクシーの状況を把握する

タクシーを使ってくれそうなお客さんを見つけることができても、ほかのタクシーにお客さんを取られてしまえば意味がありません。そこでほかのタクシーの状況を把握することは稼ぐコツのひとつです。

タクシーの運行台数は日によりまちまちですので、台数が多い日はなるべく少ない場所を探しながら流しましょう。また前に別のタクシーが走っている場合には、空車か確認し空車の場合には距離を取るように気をつけましょう。

タクシー運転手で稼いでいる人の特徴

稼ぐコツは理解できたでしょうか。しかし稼ぐコツだけを行えば、収入アップを期待できるのでしょうか。優秀な稼いでいる運転手はどのようなことを実践しているのか気になります。

では、実際に稼いでいる人はどのようなことをしているのでしょうか。タクシー運転手で稼いでいる人の特徴をみていきましょう。

タクシー運転手で稼いでいる人の特徴1:情報収集を怠らない

タクシー運転手が稼ぐコツでも紹介したように周辺情報を頭に入れることは重要です。そのため稼いでいるタクシー運転手は情報収集を怠らず、常に情報収集につとめています。

電車の終電時刻やイベントの終了時刻はもちろん、飲み屋街の情報を集めておけば帰るお客さんを乗せることができます。また雨が降るとタクシーの利用が見込めますから、天気予報も常にチェックしてます。タクシー運転手で稼いでいる人は情報収集を怠りません。

タクシー運転手で稼いでいる人の特徴2:体調管理を徹底している

タクシー運転手に限ったことではありませんが、体調管理を徹底することは大切なことです。タクシー運転手の収入は歩合制です。どれぐらい仕事をしたか、どれぐらいお客さんを乗せることができたかで決まります。

体調管理ができておらず仕事を休めばそのまま収入に響きます。稼いでいるタクシー運転手は、睡眠時間や食事をきちんと取ったりして、万全の状態で乗務できるよう体調管理を怠ることはありません。

タクシー運転手で稼いでいる人の特徴3:一つのやり方に拘らない

稼いでいる運転手は、一つのやり方に拘らずにいろいろなやりかたを試しています。稼ぐコツで紹介したコツだけではありませんが、タクシー運転手として働きだすと自分なりのスタイルができます。日によってそのスタイルがうまくいかないこともあります。

一つだけにこだわらず、ダメであれば次の方法へと柔軟に対応する必要があります。一度ダメだからこの方法はうまくいかないと断定したり、試す前からダメだと決めつけないようにします。

タクシー運転手が稼ぐコツをマスターしましょう

タクシー運転手は一般的に自由度が高い分、収入はあまりよくないイメージを持たれます。しかし、タクシー運転手中には高い収入を得ている人もいます。稼いでいる人には特徴があり、稼ぐコツを熟知しています。

未経験者や運転手になって日が浅い人でも稼ぐコツを知り、マスターすれば徐々に収入アップを図ることができます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related