Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシードライバーの平均売上と給与の違い5つ|売上をあげるコツ3選

タクシードライバーの平均売上と給与の違い5つ|売上をあげるコツ3選
タクシードライバーの勤務形態や勤務年数からみる1日の平均売上と給与の違い5つ、都道府県別にみるタクシードライバーの売上と給与5つ、そして、タクシードライバーの1日の平均売上をあげるコツ3選について詳しくご紹介していきます。

初回公開日:2019年6月20日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年6月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバーの1日の平均売上

タクシー運転手の魅力は、自分だけの個室であるタクシーで仕事をして、頑張れば頑張った分だけ成果がでるところでしょう。運転が好きで、自分の裁量で稼ぎたいと思う方なら、一度は働いてみたい職業ではないでしょうか。

タクシードライバーが平均で稼げる売上、給与はどれくらいなのでしょうか。

タクシードライバーになったら、いくらくらい稼げるのか、また売上げをあげるコツについてご紹介します。

勤務形態により平均売上は変動

タクシードライバーには、「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」の勤務体制があります。日勤は日中のみの勤務で、夜日勤は夜のみの勤務、隔日勤務は休憩を挟んで1日通して勤務します。昼日勤と夜日勤は月22〜24日、隔日勤務は月11〜13日の勤務になります。

タクシードライバーの一日の平均売上は、昼日勤<夜日勤<隔日勤務の順に多くなります。

勤務形態や勤務年数からみる1日の平均売上と給与の違い5つ

タクシードライバーの1日の平均売上・給与は、勤務形態によって、また勤務年数の長いベテランと、勤続年数短い新人とでは、差が出てきます。

詳細について、次にご説明いたします。

1日の平均売上と給与の違い1:昼日勤の場合

昼日勤の場合、一回の乗車での平均売上は約2万円で、歩合率50パーセントで24日間働いた場合の平均月収は20万円ほどになります。

一般的な企業に勤めるよりも、月収は少ないと言えますが、売上をあげればあげるだけ月収は増えるため、営業パターンの工夫次第では高収入も望めます。

1日の平均売上と給与の違い2:夜日勤の場合

夜日勤の場合、一回の乗車での平均売上は約3万円です。歩合率50パーセントで24日間働いた場合の平均月収は30万円ほどになります。

夜日勤のタクシードライバーの月収は、一般的な企業に勤めるのかたと比べて、同等の月収となっています。

1日の平均売上と給与の違い3:隔日勤務の場合

隔日勤務の場合、一回の乗車での平均売上は約5万円です。歩合率50パーセントで11日間働いた場合の平均月収は20万円ほどになります。

隔日勤務は、一勤務ごとに20時間から30時間の休息を取らなければならないため、月の勤務日数は最大13日程度となります。

昼日勤務の勤務日数の半分で同等の月収を得ることができるため、まとめて働きたい人に向いている勤務形態です。

1日の平均売上と給与の違い4:新人タクシードライバーの場合

新人タクシードライバーには売上保証制度を設けている会社があります。

平均売上が思うように稼げない新人タクシードライバーにとって、給料が保証されるうちに、稼げるコツをつかむことが重要です。

例えば、飛鳥交通では最大6ヶ月間、36万円までの新人調整手当を支給しています。KMタクシーでは、 配属後最大5ヶ月間、24万円の月収が保証されます。

1日の平均売上と給与の違い5:ベテランタクシードライバーの場合

ベテランドライバーの1日の平均売上は7万円以上となり、月の給与は50万円を超えます。

タクシーの給与は全国平均で26万円ほど、東京都でも平均33万円なので、ベテランになってくると、一般企業の正社員と同等以上の高収入になってきます。

都道府県別にみるタクシードライバーの売上と給与5つ

厚生労働省による「平成29年 賃金構造基本統計調査」を一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会がまとめた資料には、タクシードライバーの地域別の月給について示されています。

タクシードライバーの月給は東京都が有数でした。

一日の売上については、勤務形態が一番多い、隔日勤務の勤務日数11日から計算しています。
タクシードライバーの都道府県別の給与・売上について詳しくみていきましょう。

都道府県別にみるタクシードライバーの売上と給与1:北海道

北海道のタクシードライバーの平均月収は約22万円でした。

1日の売上にすると、11日勤務として、約2万円となります。

一般的に給与が低いとされる北海道としては、タクシードライバーの給与は低くありません。東京などと比べて、北海道は移動に距離があるため、遠距離客を捕まえることが稼ぎにつながります。

都道府県別にみるタクシードライバーの売上と給与2:秋田県

秋田県のタクシードライバーの平均月収は19万円程で、1日の売上にすると、11日勤務として、約1.7万円でした。

秋田県のタクシードライバーの給与は、今回調べた5都道府県の中で最も少ない給与でした。秋田県の人口密度の低さが全国でワースト3位であること、また、車の保有率も都会に比べて高いことから、利用客の少なさが影響していると言えます。

都道府県別にみるタクシードライバーの売上と給与3:東京都

東京都のタクシードライバーの平均月収は33万円程で、1日の売上にすると、11日勤務として、約3万円となります。

東京都のタクシードライバーの給与は、今回調査した5都道府県のなかで最も高い給与となっています。東京都の人口密度が全国有数であることが影響していると考えられます。

東京都のタクシードライバーは稼ぎやすいと言えますが、東京の物価は高いため、実質賃金を考えると高い給与とは言えないでしょう。

都道府県別にみるタクシードライバーの売上と給与4:大阪府

大阪府のタクシードライバーの平均月収は27万円程で、1日の売上にすると、11日勤務として、約2.4万円となります。

東京に次ぐ給与水準となっている大阪は、人口密度が東京に次いで全国2番目の地域です。やはり、人口密度とタクシードライバーの収入は密接に関係していると言えるでしょう。

都道府県別にみるタクシードライバーの売上と給与5:沖縄県

沖縄県のタクシードライバーの平均月収は23万円程で、1日の売上にすると、11日勤務として、約2万円となります。

沖縄県の人口密度は全国9番目となっており、また観光客も多いことから、沖縄県はタクシードライバーが稼ぎやすい地域と言えるのではないでしょうか。

タクシードライバーの1日の売上をあげるコツ3選

売上げを伸ばすには、需要の分析力、お客様を見逃さない集中力、地理力、情報共有のネットワーク力そして、やる気が必要です。

うまくいかないこともありますが、自分で仕事のやり方を全て決めていくため、予想が当たってうまくいった時の喜びは格別でしょう。コツを掴めば、ゲームのように仕事が楽しくなります。

タクシードライバーの売上をあげるためのコツ3つをチェックしましょう。

タクシードライバーの1日の平均売上をあげるコツ1:お客様が多い場所を知る

駅だけでなく、ショッピングモールや居酒屋などを狙うのが回転率アップのコツです。

駅にはお客様が多いですが、その分ライバルも多く、思ったより売上には繋がりにくい可能性があります。そのため、ほかにもお客様が多い場所を複数調査しておくことが大切です。

大きな病院や大きな会社の前、交通の便の悪い地域のバス停や駅、終電が終わった後は居酒屋が多いエリアで待機すると回転率が上がります。

タクシードライバーの1日の平均売上をあげるコツ2:営業パターンを練る

タクシードライバーの営業スタイルにはつけ待ちと流しがあります。

つけ待ちと流しのバランスを考えて、効率のよい営業パターンを練ることが重要です。

先輩や同僚から助言を参考に、効率良い営業パターンを練りましょう。

また、営業エリアに戻る際にも、効率よくお客様を獲得するために、人の多いルートを選択するようにしましょう。また、渋滞にハマることないよう渋滞情報をチェックしておくことが大切です。

タクシードライバーの1日の平均売上をあげるコツ3:場所や時間帯を把握する

お客様が少ない場所では他のタクシー会社のライバルも少ないですが、やはり売上には繋がりにくくなります。お客様が集まりやすい時間と場所を覚えることが大切です。同僚や先輩と情報交換を密にし、タクシーを利用したいお客様が集まる場所を覚えましょう。

例えば、イベント情報や、事故など交通情報は、まめにチェックしておきましょう。

また、自分の乗車記録をつけると、お客様が多い場所を分析する手助けになります。

1日の売上を上昇させる要因は少しの努力

タクシードライバーは、ただ漫然と運転しているだけで、多くの売上が見込める職業ではありません。しかし、コツを掴めば、面白いように売上をアップさせることも可能な職業です。

稼げるタクシードライバーになるには、情報収集とデータ分析が不可欠です。

そこから、効率の良い営業パターンを導き出すことが大切です。

稼ぐこと以上に、安全運転が最も重要です。また、日頃から体調管理をしっかりとしておく必要があるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related