Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

勤務時間帯によって働き方も様々!タクシー運転手の平均的な勤務時間3つ

勤務時間帯によって働き方も様々!タクシー運転手の平均的な勤務時間3つ
転職を決断する人は増えています。その転職先の職業として、タクシー運転手が人気となっています。タクシー運転手は給料が歩合制であったり、隔日勤務があるなど、一般企業とは少し違った点があるため、事前に把握しておく必要があります。

初回公開日:2019年5月20日

更新日:2019年5月20日

記事に記載されている内容は2019年5月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手の仕事とは

同じ職場に長く勤めることは良いことですが、新しい職場や仕事を求めて転職を決断する人は増えています。その転職先の職業として、タクシー運転手の人気は高いです。

タクシー運転手の仕事は文字通り、タクシーを運転することです。タクシー運転手は仕事内容の把握が容易なことが転職へのハードルを下げています。また、タクシー運転手が転職先の職業として人気の理由は他にもいくつかあります。

平均的な給料

タクシー運転手の給料は、地域や会社によって異なります。しかし、平均的なタクシー運転手の給料は20万円と言われています。

ですが、タクシー運転手が転職先として人気の職業となっている理由の1つが給料が歩合制であることです。タクシー運転手は売り上げに応じて給料が上がるため、努力した結果が給料に直結し、タクシー運転手の平均給料は大幅に超えることもできます。

タクシー運転手の勤務時間帯の種類3つ

タクシー運転手が転職先で人気の職業となっている理由の1つに給料が歩合制ということがあります。給料が歩合制なので、仕事の努力と結果が給料に直接結びつきます。

また、タクシー運転手が人気の理由は給料だけでなく、勤務時間帯にもあります。タクシー運転手の勤務時間帯は大きく分けると昼日勤、夜日勤、隔日勤務の3種類があります。

タクシー運転手の勤務時間帯1:昼日勤

昼日勤は朝の7時頃から出庫して、夕方17:00頃までが勤務時間となります。一般的な労働時間のため、生活リズムなども崩れにくいです。

ただし、タクシーの利用が増える時間は夕方以降が多いです。そのため、給料が歩合制のタクシー運転手にとって稼ぐにはあまり適さない時間帯に勤務することになります。

ですが、女性ドライバーや夜の運転が苦手、それほど高い収入を求めていないなどの場合には適している勤務時間になります。

タクシー運転手の勤務時間帯2:夜日勤

夜日勤は17:00頃に出庫をして3:00頃までが勤務時間となります。上記で述べた通り、タクシーの利用が増えるのは夕方以降なので、収入を上げたいタクシー運転手は基本的に夕方や夜の勤務時間帯がメインとなります。

ただし、タクシー会社によっては、未経験者の夜日勤を認めていないこともあります。なので、未経験からの転職で夜日勤を希望する場合、どのような条件を満たす必要があるか確認しておきましょう。

タクシー運転手の勤務時間帯3:隔日勤

タクシー運転手の一般的な勤務時間が隔日勤務となります。隔日勤務は朝の7:00頃に出庫し、3:00までの勤務となります。休憩時間はあるものの、勤務時間が20時間ほどと非常に長時間となっています。

しかし、長時間の勤務にはなりますが、その後には20時間以上の継続した休息を取る必要があります。なので、実質的に20時間勤務をした場合、出勤した日の翌日は休息日となります。

タクシー運転手の平均的な勤務時間3つ

タクシー会社などによって、勤務時間は多少前後しますが、タクシー運転手の勤務時間には大きく分けて3つの種類があります。一般的にタクシー運転手は隔日勤務となりますが、昼日勤や夜日勤などの勤務時間帯もあります。

これら3つの平均的な勤務時間ではそれぞれタクシーを求めるお客さんに違いがあります。そのため、効率良くお客さんを乗せるためには、時間帯によってお客さんの需要を把握する必要があります。

タクシー運転手の平均的な勤務時間1:昼日勤の場合

昼日勤の場合は朝から夕方までの13時間から16時間の勤務となります。朝や昼にタクシーを利用する人で多いのは、移動中のビジネスマンです。なので、タクシーはビジネス街や駅周辺などでお客さんを探します。

また、自宅と家の移動であったり、重い買い物をしたとき、移動手段のない高齢者などもタクシーを求めることがあります。

タクシー運転手の平均的な勤務時間2:夜日勤の場合

夜日勤の場合は夕方から深夜までの13時間から16時間の勤務となります。タクシーの需要は基本的に夕方以降に増えます。終電やバスを逃した人や、お酒を飲んで車が運転できない人などがお客さんのメインとなることが多いです。

また、時間帯によっては深夜割増料金となります。そのため、長距離の移動が多く、給料が歩合制のタクシー運転手にとっては効率の良い仕事ができます。

タクシー運転手の平均的な勤務時間3:隔日勤の場合

隔日勤の場合、勤務時間は朝から深夜の19時間から21時間ほどと長時間になります。そのため、朝や昼はビジネスマンのお客さんを探したり、夕方以降は帰宅手段を探している人を探したりなど、時間帯によって、探すお客さんや場所を変える必要があります。

また、労働基準法によって、2日で21時間以上の拘束をしてはいけないことや、勤務終了後には20時間以上の継続した休息時間を取ることを定められています。

タクシー運転手の休日について知っておきたいこと4つ

タクシー運転手には3つの勤務時間帯があります。それぞれ勤務時間によって休日の仕組みが変わっています。タクシー運転手はお客さんを乗せて車を運転するため、体調管理も重要な仕事となります。なので、休日の仕組みについても把握しておく必要があります。

1:平均的な休日数

休日の仕組みもタクシー会社によって異なる場合があります。しかし、平均的な休日数はあります。昼日勤や夜日勤の場合は、基本的に週に2日は休日となります。

また、タクシー運転手は労働時間の上限が厳しく設定されている関係上、週に2日の休み意外にも指定休が設けられているタクシー会社もあります。

2:隔日勤の休日

先に述べた通り、隔日勤務の場合は勤務時間が長時間となる代わりに、出勤日の翌日は休息日となります。そのため、隔日勤務のタクシー運転手は、出勤をすればその翌日は、出勤をしなくても良いことになります。

また、休息日と公休、指定休は別なので、実質的な連休となることも多いです。ただし、生活リズムが崩れやすいので、注意は必要です。

3:シフトの組み方

タクシー運転手は基本的にタクシー会社に決められたシフトに従って仕事をすることになります。そのため、人によって休日は異なり、また週によって休日の曜日が変わります。ただし、隔日勤務の場合は、出勤日の翌日は確実に休息日となります。

4:定時制の場合

タクシー会社によっては定時制も採用していることもあります。タクシー業界の定時制とは、パートやアルバイトの運転手のことを指します。

出勤日や勤務時間、休日などについては、タクシー会社と本人が相談して決めたり、タクシー会社の作るシフトに従ったりなどします。

定時制での勤務の場合、勤務回数に制限があり、隔日勤務の乗務員の2/3以下とされ、月に8回以下となっています。

タクシー運転手を目指すなら自分に合った勤務時間帯を選ぼう!

タクシー運転手は転職先の職業として人気が高いです。人気のある理由には給料が歩合制であったり、勤務時間が選べたりなどすることがあります。

タクシー会社によっては勤務時間が選べない場合もあるので、勤務時間を重視したい場合には、勤務時間が選べるタクシー会社を探しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related