Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーの運行管理者の仕事の内容10個|向いてる人の条件4つ

タクシーの運行管理者の仕事の内容10個|向いてる人の条件4つ
「タクシーの運行管理者」とは、どのような職業なのでしょうか。また、どんな人が向いているのでしょうか。このぺージでは、「タクシーの運行管理者」をテーマにして、特徴や仕事内容、向いている人の特徴などについて、考察・紹介しています。

初回公開日:2019年5月20日

更新日:2019年5月20日

記事に記載されている内容は2019年5月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシーの運行管理者の最大の使命は営業車の稼働率を上げること

タクシーに関する職業というと、タクシー運転手などが連想されがちですが、運転手以外にもタクシー関連の業務は多数あります。「タクシーの運行管理者」もまた、タクシーに関する重要な職業の1つと言えるでしょう。

タクシーの運行管理者は、営業車が安全かつ効率的に走行できるよう、さまざまな指示や調整を行う職業です。

今回は、「タクシーの運行管理者」をテーマにして、仕事の内容などについて考察・ご紹介していきます。

タクシーの運行管理者の仕事の内容10個

タクシーの運行管理者は、タクシーが効率的に走行できるよう、調整や工夫などをする職業ですが、具体的にはどのような仕事をしているのか、気になるところです。

そこで続いては、タクシーの運行管理者の仕事内容について考察していきます。

タクシーの運行管理者という職業に興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

タクシーの運行管理者の仕事の内容1:乗務員の勤務時間の管理

タクシーの運行管理者の重要な仕事の1つに、乗務員の勤務時間の管理が挙げられます。

タクシー運転手の勤務時間は、運転手の給与にも影響を与える可能性があるため、正確に管理する必要があります。また、勤務時間の管理や調整をすることは、運転手の体調を管理することにも繋がるため、タクシーが安全に走行するためにも重要なことです。

タクシーの運行管理者の仕事の内容2:乗務員の健康状態の管理

乗務員の健康状態の管理もまた、タクシーの運行管理者の大切な業務です。

タクシーは、乗客を乗せて走行するため、ドライバーの責任は重大です。万が一事故などが起きると、生死にかかわる可能性もあるためです。

乗務員の体調は、時には運転に大きな影響を与えます。ドライバーの体調不良が原因で起こる事故もあるため、タクシードライバーの健康状態は、タクシーの運行管理者の仕事の中でも特に重要だと言えそうです。

タクシーの運行管理者の仕事の内容3:売上金の管理

タクシーの運行管理者が管理するのは、営業車や乗務員に関する項目だけではありません。

タクシーが乗客を乗せて走行することで発生した売上金の管理も、タクシーの運行管理者の仕事とされています。

売上金の管理は、会社の経営や従業員の給与にも関わる可能性があるため、責任のある業務だと言えそうです。

タクシーの運行管理者の仕事の内容4:電話対応

乗務員が現場で働く従業員ならば、タクシーの運行管理者は内勤と言える職業です。そのため、タクシー会社に来た電話連絡は、タクシーの運行管理者が対応するケースが多いと言われています。

後述で詳しくご紹介しますが、タクシー会社へ来る電話の中には、乗務員や会社へのクレームや苦情も含まれているため、楽な仕事ではないと考えられそうです。

タクシーの運行管理者の仕事の内容5:事故の対応

事故がないように営業することが重要ですが、走行中のタクシーが事故を起こしたり事故に巻き込まれたりする可能性は、ゼロではありません。

万が一、自社のタクシーが交通事故などに関与したり巻き込まれたりした場合、その対応をするのも、タクシーの運行管理者の仕事だとされています。

タクシーの運行管理者の仕事の内容6:乗務員へのクレーム対応

タクシー業界は、接客業でもあります。乗務員の態度やサービスが悪いと、乗客に不満を与える原因となり、乗務員に対する苦情やクレームがタクシー会社へと寄せられるようになります。

乗務員やタクシー会社に関する苦情や不満、クレームへの対応も、タクシーの運行管理者の仕事の1つです。クレームへの対応の仕方次第で、自社の評価を上げることにも下げることにもなるため、責任のある業務でもあります。

タクシーの運行管理者の仕事の内容7:乗務員の飲酒の状態

運転をする時は、アルコールが入っていない状態であることが絶対条件となっています。特に、乗客の命を預かるタクシーの運転手の場合は、業務中にアルコールが残っている状態にならないように飲酒することが重要です。

運転手本人も徹底的に管理することが大切ですが、乗務員の体調管理はタクシーの運行管理者の仕事なので、飲酒やアルコールの状態について管理することも、タクシーの運行管理者の重要な仕事と言えそうです。

タクシーの運行管理者の仕事の内容8:注意事項の確認

タクシーは道路を走行して乗客を目的地まで連れていくことを仕事にしています。道路は、時には事故や事件、工事や各種イベントなどで通行できなくなったり、渋滞したりするケースもあります。

上記のような注意事項の確認や注意喚起などをし、乗務員に伝達・確認することも、タクシーの運行管理者の仕事だとされています。

タクシーの運行管理者の仕事の内容9:謝罪

上記でも述べたように、タクシーの運行管理者は苦情やクレームに対応することも少なくありません。電話などで済むケースもあれば、自社に責任や原因があり、誠心誠意謝罪をしなければならない場合もあります。

きちんと謝罪をする場合は、相手のもとに菓子折りやお詫びの品などを持って訪問し、謝罪をしなければなりません。上記のような謝罪に関する仕事も、時にはタクシーの運行管理者の仕事となる場合があります。

タクシーの運行管理者の仕事の内容10:乗務員の心のケア

タクシー運転手は運転のプロです。そのため、よほどのことがない限りは、タクシー側が原因で事故が起こることは、ないと考えられます。

しかし、どんなプロでも、精神的に悩んでいたり、苛立っていたりする状態のまま運転をすると、注意力散漫になるなどして、事故が起こりやすくなります。

上記のような背景から、体調だけでなく、乗務員の気持ちや心についても注意して見守ることも、タクシーの運行管理者の仕事と言えそうです。

タクシーの運行管理者に向いてる人の条件4つ

上記でもご紹介したように、タクシーの運行管理者は幅広い仕事・業務に対応しなければならず、責任も重大なため、決して楽な仕事ではありません。

しかし、だからこそやりがいが感じられるという声もあり、タクシーの運行管理者を志望する方も多いと言われています。

そこで続いては、タクシーの運行管理者にはどのような人が向いているのか、考察していきます。タクシーの運行管理者を目指している方は、参考にしてみてください。

タクシーの運行管理者に向いている人の条件1:状況に応じて臨機応変に対応できる

タクシーの運行管理者は、さまざまな業務を担当しなければならないケースもあり、仕事内容の中には電話やクレーム、事故などの刻々と状況が変わる物事への対応も含まれています。

そのため、臨機応変に物事に対抗できる人でないと、タクシーの運行管理者は務まらないと言われています。

状況や相手の反応に応じてベストな対応や決断をすぐにできる人が、タクシーの運行管理者に向いていると考えられそうです。

タクシーの運行管理者に向いている人の条件2:全体的な見通し力がある

タクシーの運行管理者は、乗務員に指示を出したり統率したりするケースもあるため、全体の状況などをよく把握する能力を求められます。

また、事故などのトラブルが起こった時も、先の展開や対策などを見通して行動することが重要なため、タクシーの運行管理者は見通しを持って考える能力なども、求められます。

反対に、その場しのぎの考え方しかできない人や対応が後手に回りがちな人は、不向きだと言えそうです。

タクシーの運行管理者に向いている人の条件3:リーダーシップがある

タクシーの運行管理者は、職業名の通り、乗務員や部署の管理者として責任を持って統率する行業です。

そのため、リーダーシップがあり、周囲からも一目置かれているような人に適正があると言えます。

反対に、決断力がなかったりその部署などにおける影響力が低かったりする人は、タクシーの運行管理者には不向きな可能性がありそうです。

タクシーの運行管理者に向いてる人の条件4:お客様への対応力がある

上記でもご紹介したように、タクシーの運行管理者は電話でのやり取りなどもすることが多く、クレームや苦情にも対応しなければなりません。ですから、お客様への対応力やコミュニケーション能力も重要だと考えられます。

対応力やコミュニケーション能力が低いと、クレーム対応などで余計に相手を深いにさせてしまう危険性もあるため、お客様への対応力は特に重要な要素だと言えそうです。

タクシーの運行管理者の仕事の内容を一通り把握しましょう

いかがでしたでしょうか。今回は「タクシーの運行管理者」をテーマにして、主な仕事内容や特徴、向いている人の性格などについて、考察・ご紹介してきました。

タクシーの運行管理者は、乗務員の健康状態や売上の管理などとともに、電話やクレームの対応もしなければならないため、業務範囲が幅広い仕事だと言われています。ですから、タクシーの運行管理者を目指す場合は、まずは仕事の内容や業務について理解することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related