Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の休憩場所10個|タクシーの休憩場所の探し方3つ

タクシー運転手の休憩場所10個|タクシーの休憩場所の探し方3つ
タクシー運転手は安全に乗客を目的地に送り届ける義務があり、事故を起こさないことは重要です。シフト勤務では長時間勤務もあり、最適な休憩場所を見つけて体を休めるのは大事になってきます。長くタクシー運転手を続ける秘訣は、上手に休憩を取る方法を見つけることです。

初回公開日:2019年7月10日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年7月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手の休憩場所は周囲の環境にも配慮しよう

タクシー運転手はタクシーを使って移動するため、休憩できる場所が少なくなっています。また、車両と行動をともにするため、好きな場所で自由に休憩を取るということは難しいでしょう。

タクシー車両は、タクシー会社の顔になり、一人の運転手がほかの人に迷惑になるような場所に駐車をすれば、会社に悪影響を与えます。そのためタクシー車両の駐車場所には、配慮が必要です。

タクシー運転手の休憩場所10個

タクシー運転手は、遠方から自分の好みの休憩場所まで回送させる人もいますが、ほとんどの場合、休憩時間になったときの近場で休憩をとっています。

車両を屋外で長く駐車する場合には、自分が駐車したことでほかの人の迷惑にならないように考えなければいけません。タクシーの車両は非常に目立つ上に会社名が入っているため、細心の注意を払う必要があります。

休憩場所1:駅前のロータリー

タクシー運転手が車内で休憩を取る場合は、駅前ではなく、ロータリーの他の車両の邪魔にならないところを休憩場所にすることがあります。駅前ロータリーを休憩場所にすると、すぐに業務を開始できるメリットがあります。

駅前ロータリーは広めに作られている場合が多く、うまくスペースを見つけられれば休憩場所にできるでしょう。ただし、何かあれば車両を移動できるように、車両近くには必ず待機していてください。

休憩場所2:商業施設の駐車場

商業施設では、ほとんどの場合、駐車場を併設しているため、タクシー車両から離れて買い物や食事休憩で利用することが多くなっています。商業施設の駐車場であっても、タクシー運転手も客になるため安心して使用できます。

商業施設の駐車場を休憩場所として活用すると、時間制で利用料が発生することもあります。利用料を徴収するところは回転率を高める目的があるため、長時間の利用は控える方がいいでしょう。

休憩場所3:路上パーキング

路上パーキングとは、道路の路側に車両が駐車できるスペースを設けていて、パーキングメーターで料金を支払うことで利用できる駐車場です。

路上パーキングの利用している時間内は、どのような使い方をしてもよく、車内で休憩時間を過ごす運転手もいますが、多くはそこから近くの飲食店などに行く場合に利用されています。比較的利用料は安く、道路に接しているため使いやすいです。

休憩場所4:コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは至る所にあり、多くの場合、店の利用客のために駐車場を設置しているため、弁当などを購入して車内で休憩時間を取ることができます。

全てのコンビニエンスストアの店舗で駐車場が設置されているわけではありませんが、郊外店では高い確率で広めの駐車場が併設されています。ほかの利用客も駐車場を使うため、タクシー運転手が休憩場所として利用する場合は長居しないように注意してください。

休憩場所5:霊園の駐車場

霊園とは墓地のことですが休憩できる施設を持っていて、駐車場も完備されていることが多いため、霊園を休憩場所にすることも可能です。墓地は整備されていて、駐車場から墓地は見えにくい造りになっているので違和感は感じないでしょう。

霊園は、シーズン以外は来訪者も少なく、特に平日であればタクシー車両であっても使いやすいのですが、霊園利用者のための駐車場ということを常に意識する必要はあります。

休憩場所6:自宅

タクシー運転手は休憩時間を自由に使える会社が多く、自宅が営業地域からそれほど離れていなければ、自宅を休憩場所としても問題はありません。タクシー運転手の休憩時間はシフトによっては長くなっていて、自宅でくつろぐ人も多いです。

自宅を休憩場所とする場合の注意点は、タクシー車両を適切に駐車することであり、路上駐車は絶対に行ってはいけません。交通違反は本人だけでなく、会社にも大きな影響を与えるでしょう。

休憩場所7:役場

役場とは市役所や区役所などの行政機関の施設であり、駐車場を併設しているところが多く、施設利用者であれば駐車場を休憩場所にできます。

注意しなければいけないのは、施設を利用しないのに駐車することは禁止されているということです。ただし、役場には一般市民の誰でも使用できる食堂が造られていることがあるため、食堂を休憩場所に使うということで、タクシーを駐車することは可能です。

休憩場所8:河川敷

河川敷は河川の氾濫を考慮して広い面積を持っている所があり、そこが駐車場として整備され市民に解放されていれば、休憩場所に利用できます。

河川敷は行政機関が管轄していて市民が広く利用できるようになっていますが、利用に制限を設けていることもあり、休憩場所に利用する際には利用方法を確認しておきましょう。また、整備されていない路地に進入すると車体を痛めるだけなので、入らないようにしてください。

休憩場所9:海岸

海岸では海を利用する人のために無料の駐車場を設置している所もあり、タクシー運転手が休憩を取ることには問題ありません。ただし、近くに店舗がない場合があるため、海岸を休憩場所にするには事前の準備が必要です。

海岸でも港湾地帯は私有地も多く他の業者の車両も利用しているので、海岸を休憩場所に利用するときは、周囲の状況をよく確認するようにしてください。

休憩場所10:道の駅

「道の駅」とは、国道などの幹線道路に設置されているドライバーを中心とした施設であり、駐車場を完備していて飲食店や売店も併設されているため、タクシー運転手の休憩場所には最適です。

問題は、まだ数が少なく、どこにでもあるわけではないということです。また施設のグレードにも違いがあるため、自分の好みのところを探すといいでしょう。

タクシーの休憩場所の探し方3つ

タクシーの車両は目立つ色合いが多いため、休憩場所においてほかの人に嫌悪感を持たれないように配慮しなければ、会社全体の印象を悪くしてしまいます。

タクシー運転手は会社の顔としての行動が求められ、それは休憩中であっても関係ありません。未経験者であれば、どこを休憩場所にすればいいのかわからないでしょうから、経験者に聞くのがよいでしょう。

探し方1:営業所の所長に聞く

新しい職場になると人間関係が構築されていないため、休憩場所を聞く相手が乏しいので、その場合は営業所の所長や上司などに尋ねてみてください。

タクシー会社の上司の人は、多くの情報をほかの運転手から聞いているため、どこを休憩場所にすればいいのか候補地をいくつも知っています。上司であれば親身に対応してくれるでしょう。

探し方2:先輩のドライバーに聞く

タクシー会社には、休憩に最適な場所を知っている経験豊富な先輩がいるため、先輩ドライバーに聞いてみると非常に参考になります。

タクシー運転手によって休憩の取り方は千差万別であり、自分には適さない休憩場所もあるでしょう。しかし、複数の先輩から情報を得ることで、自分合った場所を探すことが可能です。

探し方3:ドライバーさんたちと情報交換する

タクシードライバーに従事していると、同じ待機場所に集まるほかのタクシー会社のドライバーさんから新たな休憩場所の情報を得られることがあります。

タクシードライバー同士で似たような動き方をしていると、自然と顔見知りになることが少なくありません。他社のドライバーには同僚からは得られないような情報も入手できる可能性があるため、交流を持つことのメリットは大きいです。

タクシー運転手の休憩場所を押さえておきましょう

タクシー運転手は、客を乗せて事故を起こさず、迅速に目的地に到着しなければなりません。非常に神経を使う仕事のため、最適な休憩場所を見つけて体を休めることは大切です。

タクシー運転手にとって、くつろげる場所は多種多様ですが、そこには共通点も多く存在しています。自分だけで把握できる情報には限界があるため、同業者から情報を得ることはたいへん価値があるといえます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related