Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

新人のタクシー運転手に多い交通事故10個|道の覚え方5つ

新人のタクシー運転手に多い交通事故10個|道の覚え方5つ
新人タクシー運転手とはいえ、ハンドルを握ってしまえばプロ同じです。しかし、「お仕事」「道」「お客さま」に慣れてきた頃に事故を起こしてしまうといえるでしょう。ここでは新人タクシー運転士に多い事故をご紹介しています。道の覚え方も説明しているので参考にして下さい。

初回公開日:2019年6月25日

更新日:2019年6月25日

記事に記載されている内容は2019年6月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


新人のタクシー運転手による事故はその時の心理状態によるものが多い

新人タクシー運転手による事故は心理状態によるものが非常に多いといわれています。毎日のストレスやお客さまと話すのが苦手という気持ちからも、極度の緊張で事故に繋がってしまうといえるでしょう。

他にも、その時の体調でも左右されてしまいます。毎日の心理状態が大切なので、お仕事をはじめる前には、リラックスしてからお客さまに接するようにしましょう。

新人のタクシー運転手に多い交通事故10個

新人タクシー運転手の時期は、事故が多くなります。普段慣れてる道でも、毎日仕事で車を利用していれば事故のリスクは高いです。新人タクシー運転手でも、少し慣れてきたくらいに事故をしてしまうケースもあります。

そこで、新人タクシー運転手に多い交通事故をご紹介していくので、頭に入れておいて下さい。

事故1:お客様を見つけた時に起きる事故

新人タクシー運転手にとっては「お客様を見つけた時に起きる事故」が多いといえるでしょう。普通に道を走っている時に、左で手を上げてるお客さまを見つけた時、冷静な判断ができなくなってしまいます。

その理由としては、新人タクシー運転手にとっては頭の中がお客さまだから停車しなければという判断になってしまうからです。そうすることにより、左後ろの確認を忘れてしまい自転車やバイクと接触事故を起こしてしまいます。

事故2:ドアを開けるときに起きる事故

新人タクシー運転手にとっては「ドアを開けるときに起こる事故」が多いといえるでしょう。新人タクシー運転手でも狭い道や停車が難しい道でも行かなくては行けません。そんなときでも「歩行者」「自転車」「バイク」危険はあります。

その理由としては、新人タクシー運転手は、ドアを開けなくてはという考えでいっぱいになってしまうからです。特に「バイク」自転車」は狭くても走り抜けするので気を付けなくてはいけません。

事故3:お客様を乗せた後に起きる事故

新人タクシー運転手にとっては「お客様を乗せた後に起こる事故」が多いといえるでしょう。ここで、お客さまを無事に乗せたことに安心してはいけません。お客さまを乗せて道を聞いた後に起こる事故があります。

その理由は、新人タクシー運転手は行ったことがない道が多いのでナビや地図を確認して頭の中に地図を描いてしまいます。そのことによって、頭の中の地図に意識が向いてしまい、接触事故を起こしてしまうケースがあります。

事故4:横断歩道上の事故

新人タクシー運転手にとっては「横断歩道上の事故」が多いといえるでしょう。特にお客さまを乗せて目的地まで行かなくてはいけないときに、横断歩道上の事故がもっとも多くなります。

新人タクシー運転手は経路などを考えていて左右確認が甘くなり、一時停止をしなくてはいけない横断歩道上で飛び出しに気づけない可能性があるためです。

事故5:脇見運転による追突事故

新人タクシー運転手にとっては「脇見運転による追突事故」が多いといえるでしょう。脇見運転は新人タクシー運転手には、とても多い行動といえます。その理由は、お客さまを乗せて、はじめて向かう場所は不安でたまらないからです。

信号待ちや交差点などで道を探すので頭がいっぱいになってしまうことでしょう。ナビと道の経路のことを考えすぎ、その結果脇見運転をして目の前にいる車と追突事故をしてしまいます。

事故6:目的地に近づいた時に起こる事故

新人タクシー運転手にとっては「目的地に近づいた時に起こる事故」が多いといえるでしょう。新人タクシー運転手はお客さまを安全に目的地まで、お送りするのが仕事です。しかし、なかには、お客さまの気分で経路を変えなくてはいけない時もあります。

その理由は、お客さまが、ここを曲がって、そこを曲がってとおもうように進まないことでしょう。慣れていないとアクセルとブレーキなど間違えて目的地近くで事故を起こしてしまいます。

事故7:お客様が降車される時に起こる事故

新人タクシー運転手にとっては「お客様が降車される時に起こる事故」が多いといえるでしょう。お客さまから、運賃を貰いドアを開けてあげてお見送りしてまでがお仕事です。この時に注意をしなくてはいけないのが、ドアを開けたときに起こってしまう事故があります。

その理由は運賃を頂いたとき後ろの確認をせずにドアを歩行者や自転車を巻き込んでしまう事故です。他にも、お客さの服を挟んでしまう事故も多いといえるでしょう。

事故8:夕日の時の視覚事故

新人タクシー運転手にとっては「夕日の時の視覚事故」が多いといえるでしょう。夕日の時の視覚事故とは、トンネルを抜けた時に特に起こりやすいです。その理由は新人タクシー運転手とはいえ、今の時代は、若い方より年配の方がタクシー運転手に再就職をします。

これは、年齢層は高くなり目は衰えてくることでしょう。目が衰えてくると、トンネルを抜けた時に夕日の光が目に入ってしまい目の前が暗くなって事故を起こします。

事故9:路上を走る回数が多くなった時の事故

新人タクシー運転手にとっては「路上を走る回数が多くなった時の事故」が多いといえるでしょう。路上を走る回数が多いとは、新人タクシー運転手は一番大変なことです。その理由は、毎日お客さまを乗せて、色んな所に走ります。道も覚えなくてはいけません。

路上を走る回数が多ければ多いほど、新人タクシー運転手は道の経路を考えてる場合が多いです。そうすると周りに意識が向かなくなり歩行者を巻き込んでしまう事故をします。

事故10:急ハンドルをした時の事故

新人タクシー運転手にとっては「急ハンドルをした時の事故」が多いといえるでしょう。急ハンドルとは、毎日自分のペースで運転できるとは限りません。

その理由は、お客さまはいきなり曲がってや止まってという場合もあります。そのようなことがあると新人タクシー運転手は、慌ててしまい急ハンドルをしてしまいます。

その時、自転車やバイク、歩行者などがいる所に突っ込んで行ってしまうという事故も多いといえるでしょう。

新人のタクシー運転手の道の覚え方5つ

新人タクシー運転手は覚えなくてはいけないことが数多くあります。そのなかでも、道は覚えておかなくてはいけません。普段から車の運転やドライブが好きでも仕事でタクシーの運転手になるのでは違います。お客さまを目的地の所までお送りするお仕事です。

慣れてない道も多く走らなくてはいけないということも覚えて起きましょう。新人タクシー運転手の道の覚え方をご紹介していきます。

覚え方1:繰り返し走る

新人タクシー運転手にとっては「繰り返し走る」ということが大切といえるでしょう。なかには、車が1台すれ違うことができる道も多くあります。

そんな時は、休みの日に自転車や徒歩などで同じ道を繰り返し走り経路を頭に描くようにしましょう。また、お仕事の合間にも同じ道を繰り返し走り、頭と体に覚えさせるようにして下さい。

覚え方2:地図やカーナビを活用する

現在では、タクシーにはカーナビがほとんどついていることでしょう。そして道を覚えるためには「地図やカーナビを活用する」ことを忘れないで下さい。

必ず地図とカーナビを照らし合わせて確認しながら道を覚えましょう。また、地図に印をつけて自分なりの覚え方をしてみても頭に入りやすいです。

覚え方3:方角を意識して走る

普段道を走るようにではなく、お客さまを安全にお送りしなくてはいけないと考えなければいけません。そのためにも「方角を意識して走る」ようにしましょう。

必ずお仕事をはじめる前に方角チエックをしてください。方角がわかればなにが合っても慌てることなく、判断ができます。

覚え方4:興味関心を持つ

新人タクシー運転手にとっては「興味関心を持つ」ということも大切といえるでしょう。例えば、お仕事とはいえ「タクシーの運転」「お客さま」「道」などに興味関心がなければはじまりません。

道を覚えるには、全てのことに目や耳を傾け興味関心を持つことが一番の近道といえるでしょう。

覚え方5:記憶力に自信を持つ

記憶力というのは、時には曖昧になってしまうこともあることでしょう。タクシー運転手という職業を選んだ以上プロの運転手です。「記憶力に自信を持つ」ようにして下さい。曖昧で記憶力が薄いと事故を起こしてしまう原因にもなります。

タクシー運転手は年齢層は高いです。食べ物や毎日の脳のトレーニングをすることで、記憶力が戻るといわれています。少し工夫して記憶力に自信を持つようにしましょう。

新人のタクシー運転手に多い交通事故を一通り把握しましょう

新人タクシー運転手は、毎日が緊張の連続です。お客さまをお迎えに行ったりお送りしたりと路上を何回も走らなくてはいけません。交差点や横断歩道の近くやお客さまを乗せる時に、特に事故が多いです。

新人タクシー運転手は、慣れない道や場所を走る際には「歩行者」「自転車」「バイク」の飛び出しに気を付けて運転するようにして下さい。車同士の接触事故もあるので新人タクシー運転手の時期に多い事故を把握しておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related