Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

大手のタクシー会社が稼げる理由7つ|稼ぐドライバーが活用している情報

大手のタクシー会社が稼げる理由7つ|稼ぐドライバーが活用している情報
タクシー会社での仕事は、儲かる仕事だと言われています。また、大手と一般の会社で給料が違うというのはご存じでしょうか。この記事では、大手会社の特徴から、情報収集方法まで解説していきます。「タクシー会社を選ぶのが難しい」という方は、ぜひご一読ください。

初回公開日:2019年5月21日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年5月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー会社によって稼げる給料に違いはある?

タクシー会社によって稼げる給料に違いはあることはご存じでしょうか。タクシー会社の平均の年収は、443万円です。

タクシー業界では、「A型」と呼ばれる給料+賞与の給与形態・「B型」と呼ばれる完全歩合給での給与形態・「AB型」と呼ばれる賞与+歩合の給与形態の三つに分けることができます。

今の時代では、AB型が多いとされています。

タクシー会社大手4社とは?

タクシー会社大手4社をご紹介していきます。タクシー会社にも大きな会社があるので、覚えておきましょう。

大和自動車交通株式会社(昭和14年「大和のおもてなし」)、日本交通(全国12,500社の企業と契約、「徳を残そう」)があります。

京都自動車交通株式会社(人と人をつなぎ、人の移動を安全にするという目標)、国際自動車株式会社(お客様の笑顔を原動力とし、高い運転技術や高級ハイヤーを社内車に)があります。

大手のタクシー会社が稼げる理由7つ

大手のタクシー会社が稼げるのはなぜなのでしょうか。大手のタクシー会社が稼げている理由の中には、理論や理屈で考え抜いた末に導き出した物作りの仕組みがあります。

大手のタクシー会社は、その仕組みを大いに使って大儲けしています。そこには、安心や安全に配備した設備なども登場してきます。今回は、その理由7つの秘密について解説していきます。それでは、ご一読ください。

大手のタクシー会社が稼げる理由1:ネームバリューがある

大手の会社では、人知れず経営している会社を見たことはありません。CMや広告などで名を広げているため、ネームバリューがあります。そのため、この会社なら任せられるといった安心感や信頼性を持っているので、稼げるように便利な機能を使っています。

また、CMやスポンサー広告などで名を広めて、子供から大人まで幅広く認知してもらうことをしています。このように、「名を売る」ことで稼いでいます。

大手のタクシー会社が稼げる理由2:共通のタクシーチケットがある

大手のタクシー会社では、公式での無線チケットや、タクシーチケットなど整備しているので、共通のタクシーチケットがあります。そのため、稼げる仕組みをチケットにすることであらゆる経営を効率化し、顧客の満足度も高いです。

共通のタクシーチケットがあれば、1つ買うことで、幅広いタクシーに乗車することができ、便利さや交通手段の多様化を図ることができます。チケット1つにも、稼げる工夫が表れているのが特徴です。

大手のタクシー会社が稼げる理由3:専用乗り場がある

大手のタクシー会社は、都内などに専用乗り場の施設を配置し、繁華街でも利用できるように整備されています。そのように、自動でお客様が来てくれるような形を作って稼げる仕組みを作っています。

専用乗り場を設けることで、「ここはこの会社のところだから覚えやすい」などと、名を知ってもらいながら、交通の役に立つという一石二鳥を兼ね備えた設備です。

大手のタクシー会社が稼げる理由4:法人契約が多い

大手のタクシー会社は、法人契約先のお客様の平均単価は、通常の流し営業のお客様の平均単価に比べ約4倍高くなっています。

例えば、通常の乗車では1500円のところ、法人契約をしているお客様では6000円と、4倍近く利益を上げていることが分かります。このように、大手のタクシー会社は、法人契約を結んで稼げる依頼が継続的に入ってくる仕組みを持っています。

大手のタクシー会社が稼げる理由5:無線配車の指名が多い

無線によって配車し、タクシーを送りこむという仕組みも稼げる工夫の1つです。を取っていることが分かります。

また、大手だと信頼性や安全性があるので、ドライバーが指名されるケースがあります。無線配車を行うことで、遠い場所や時間帯の予約を把握でき、稼げることができます。

大手のタクシー会社が稼げる理由6:都心部で営業できる

大手のタクシー会社は、都心部で活躍して年収アップをしています。

タクシーを利用する頻度が高い人が見つかりやすい繁華街などで営業することで、売り上げを伸ばしている個人の方もいらっしゃいます。

例えば、普通の一般のタクシー運転手個人が売り上げる平均年収の443万円を上回り、都内部で営業するタクシー運転手の個人の最高額は660万円です。

都心部とその他の地域では、223万円の差が生まれていることが分かります。

大手のタクシー会社が稼げる理由7:会社が安定している

大手のタクシー会社では、稼げるように、まず稼げる仕組みづくりが重視されています。

仕組みとしては「組織の仕組み」「売り上げをあげる仕組み」の2つに分類されます。

「組織の仕組み」を作ることにより、人材の流失を防ぐことができます。ベテランになれば業務のコツを把握できるので、結果として「売り上げをあげる仕組み」につながります。

また、法人契約を獲得できると、取引先が増え売上の増大が見込めます。

タクシー会社に頼らずに稼げる!ドライバーが活用している情報4つ

タクシー会社では、会社と運転手で情報交換を行い、運転手に情報を提供してくれる役割もあり運転手に支援をする組織ができ上がっています。しかし、タクシー会社に頼ってばかりいたら、なかなか稼げません。

今回は、そんな時に、便利な機能を自ら使っていくことで、稼げるルーティンを作っていく4つ機能について解説していきます。

タクシー会社に頼らずに稼げる情報1:天気の情報

天気のアプリなど今の世の中では、便利なものがあります。天気の情報を集める手段を用意しておきましょう。また、ナビゲーションの中に天気の情報を入れているところもあるので活用しましょう。

まずは、情報を集めて実践していきましょう。また、今は天気アプリを見なくとも、AIを搭載し分析することで天気が予測できる時計も出てきました。情報をすばやく取り入れることで、お客様のニーズに対応できてくるでしょう。

タクシー会社に頼らずに稼げる情報2:イベント情報

タクシー会社から得られる情報だけでなく、イベント情報も手に入れておきましょう。イベント情報はラジオやスマホなどで情報を収集します。

イベント情報をネット、テレビやラジオなどで収集することで、お客様から「このイベントに行きたいのですが。」などと言われた場合にスムーズに移動でき臨機応変に対応することができるでしょう。

タクシー会社に頼らずに稼げる情報3:地理的な情報

タクシー会社に頼らずに、地理的な情報は地図を使って収集しましょう。カーナビを使って現在地周辺の地図情報やその先の地形まで把握しておくことで、地図をこまめに見なくとも、お客様を運べるようにしていきましょう。

タクシー会社に頼らずに稼げる情報4:お客さんがいる時間帯の情報

お客さんがいる時間帯の情報を無線などで共有したり、SNSアプリなど集めたりするのもよいでしょう。そうすることにより、お客さんがいる稼げる時間帯を把握することができ、お客さんの乗り降り場所やおおよその行き先を予測することができます。

稼げるタクシー会社を知ろう!

稼げるタクシー会社になるには、まず大きな仕組みづくりからです。大手のタクシー会社は、稼げる仕組みをいくつか作っておくことで依頼などを効率よくこなしていることが分かりました。

ですので、一歩一歩ずつでいいので稼げるように、日々努力をしていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related