Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の仕事がきつい理由8つ|タクシー運転手のメリット4つ

タクシー運転手の仕事がきつい理由8つ|タクシー運転手のメリット4つ
タクシー業界への転職をお考えの方、必見です。この記事ではタクシー運転手の仕事がきついと言われる理由に加えて、タクシー運転手として働くことのメリットについてもご紹介しています。タクシー運転手の仕事内容をよく知り、自分に向いているかどうか判断してみてください。

初回公開日:2019年5月17日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年5月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手の仕事とは?

タクシー業界が、近年転職先として密かな人気を集めていることをご存知でしたか。

理由としては、タクシー運転手の仕事は基本的に学歴や職歴を問われず、またシニアであっても活躍できることが挙げられるでしょう。

お客様を安全かつ快適に目的地へとお送りすることがタクシー運転手の最も重要な仕事ですが、ここではタクシー業界への転職をお考えの方のために、その仕事内容について詳しく見ていきましょう。

個人タクシー運転手について

タクシー運転手は、個人タクシー運転手と法人タクシー運転手の2つに大別することができます。

個人タクシー運転手とは、個人営業主として自分でタクシー会社を立ち上げたドライバーのことであり、タクシー会社に売上金を上納しなくていいため、稼いだ金額が全て自分の給料になるというメリットがあります。

個人タクシー運転手になるためには、65歳未満であり一定の開業資金を持っているなどの条件を満たしていることが必須です。

法人タクシー運転手について

個人タクシー運転手になるためにはタクシー業界などで10年間務めた経歴があることが必要なため、タクシー業界未経験者は個人タクシー運転手ではなく法人タクシー運転手として働くことになります。

法人タクシー運転手はタクシー会社に雇用されて働き、その売上金の一部をタクシー会社に納めねばなりません。

ですが、タクシーを貸し出してもらえますし研修を受けることもできるので、一定のメリットがあると言えるでしょう。

タクシー運転手の仕事がきつい理由8つ

タクシー運転手の仕事は、お客様を乗せて目的地に送り届けることを繰り返すルーティンワークであり、複雑な業務をこなす必要はありません。

ですが、その仕事は必ずしも簡単なものでも楽なものでもなく、きつい面が多々あります。では、タクシー運転手の仕事の具体的にどのような部分がきついのでしょうか。

ここからは、タクシー運転手の仕事がきついと言われる主な理由を8つご紹介していきます。

タクシー運転手の仕事がきつい理由1:労働時間がきつい

タクシー運転手の仕事がきついと言われる理由としてまず挙げられるのが、勤務時間が長いということです。

タクシー業界ならではの勤務形態に隔日勤務というものがありますが、隔日勤務では朝に出社して翌日の早朝まで24時間以上連続で働かねばならないため、体力的にかなりきついと言えるでしょう。

タクシー運転手にはシニア世代も多いですが、年齢が高くなればなるほど、勤務時間が長いときついと感じるようになります。

タクシー運転手の仕事がきつい理由2:早朝や深夜の業務がきつい

早朝や深夜の業務をこなすのが辛いというのも、タクシー運転手の仕事がきついと言われる理由として挙げられるでしょう。

タクシー運転手としてバリバリ稼ごうとすると、深夜から早朝に勤務する夜日勤務を選ばねばなりませんが、そうなると昼夜逆転生活になってしまいます。

また、隔日勤務を選ぶと朝から翌日の早朝まで24時間以上働かねばならないので、体力的にかなりきつく感じてしまうに違いありません。

タクシー運転手の仕事がきつい理由3:歩合制の給料

タクシー運転手の仕事がきつい理由のひとつに、歩合制の給料体系であるということも含まれるでしょう。

普通の会社員が固定給であるのに対して、タクシー運転手の給与体系は歩合制を採り入れているタクシー会社が多く、この場合は給料の額が月によって変動することになります。

稼げる月もあれば稼げない月もあり、収入が不安定になってしまうというのも、タクシー運転手の仕事のきついところです。

タクシー運転手の仕事がきつい理由4:ノルマがある

勤務先のタクシー会社からノルマを課せられているというのも、タクシー運転手の仕事がきつい理由のひとつとして挙げられるでしょう。

タクシー会社の中には、ノルマをこなせないタクシー運転手に対してはペナルティとして減給をするところもあります。

そうなると、何としてでもノルマを達成せねばならないというプレッシャーがかかるため、精神的にきつい思いをしてしまうことでしょう。

タクシー運転手の仕事がきつい理由5:1日中運転席に座っているのがきつい

タクシー運転手の仕事がきついと言われる理由のひとつとして挙げられるのが、長時間同じ姿勢で運転をしなければならないということです。

タクシー運転手は基本的に就業時間のほとんどを同じ姿勢でタクシーを運転して過ごすため、どうしても首や肩、腰に痛みが出やすいです。

肩こりや腰痛は、タクシー運転手ならではの職業病であると言っても過言ではないでしょう。特にシニア世代になると、余計にきついと感じるはずです。

タクシー運転手の仕事がきつい理由6:接客がきつい

接客が大変であるというのも、タクシー運転手の仕事がきついと言われる理由のひとつです。

乗客の中には質の悪い悪質な客もいれば、酔っ払い客もおり、このような乗客に接客をするのは精神的にとても疲れることでしょう。

効率的に稼ごうと思えば、終電のなくなった深夜から早朝に営業をする必要がありますが、そうするとかなりの確率で泥酔した客に遭遇しますし、時には絡まれたり車内で嘔吐されることもあります。

タクシー運転手の仕事がきつい理由7:地理に詳しくならないといけない

タクシー運転手の仕事がきついと言われる理由として、地理に詳しくなければならないということも挙げられます。

お客様が指定する目的地がメジャーな場所とは限らず、街の地理をよく把握していなければ分からない場所に送り届けるよう言われることも少なくありません。

お客様に「そこはどこですか」と聞くのは失礼なことですので、目的地が分からないといった事態にならないよう、常日頃から地理を把握し暗記する必要があります。

タクシー運転手の仕事がきつい理由8:事故に遭う可能性ある

事故に遭う確率が普通の人よりも高くなるというのも、タクシー運転手の仕事がきついと言われる理由でしょう。

毎日のように長時間タクシーを運転するため、タクシー運転手は必然的に事故に遭う確率が高くなるものですし、もしも重大事故を起こしてしまった場合には免許停止になり仕事ができなくなってしまいます。

そうなると稼ぎが得られなくなり、生活に困窮してしまうことでしょう。

きついだけじゃない!タクシー運転手のメリット4つ

以上で見たように、タクシー運転手の仕事はなかなかにハードであり、決して楽なものであるとは言えません。

しかし、一概にタクシー運転手の仕事がきついと言うわけでは決してありません。人によっては、タクシー運転手の仕事が性に合っていて楽しくこなせることもあります。

ここからは、タクシー運転手として働くことのメリットを4つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

タクシー運転手のメリット1:自分次第で稼げる

タクシー運転手の仕事のメリットとしてまず挙げられるのが、頑張り次第で稼げるということです。

タクシー会社の多くは歩合制を採用しており、このことは頑張って売上金をアップすればするほど、自分の取り分も多くなるということを意味しています。

頑張った分だけ給料の額にそれが反映されるため、仕事へのモチベーションを維持しやすいでしょう。

タクシー運転手のメリット2:乗客とのコミュニケーションが楽しめる

乗客と話すのが楽しいというのも、タクシー運転手の仕事のメリットとして挙げられるでしょう。

人と接するのが好きな人は、お客様と楽しく話をしながら稼ぐことができるため、タクシー運転手の仕事はまさに天職と言えます。

以前接客業をしていた人や、初めて会った人とでも会話を楽しめるという性格の人は、タクシー運転手に向いているでしょう。

タクシー運転手のメリット3:副業としても乗務できる

タクシー運転手になるメリットのひとつとして、副業として稼げるということも含まれるでしょう。

タクシー運転手の多くは正社員ですが、パートタイマーとして雇用してもらっている人も少なくなく、副業として密かな人気を集めています。

車を運転するのが好きな人や、バス運転手・トラック運転手などの経歴のある方は、副業としてタクシー運転手の仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

タクシー運転手のメリット4:他業種からも転職しやすい

未経験であっても転職しやすいというのも、タクシー運転手になることのメリットとして挙げられるでしょう。

タクシー運転手になるためには特別なスキルや高学歴であることは必要なく、普通自動車2種免許を取得していれば比較的容易に正社員として採用してもらうことが可能です。

きついだけじゃないタクシー運転手の仕事を知ろう

今回はタクシー運転手の仕事がきつい理由について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

タクシー運転手の仕事は確かにきつい面もありますが、頑張れば頑張った分だけ稼ぐことができ、また自分のペースで仕事ができるというメリットもあります。

メリットとデメリットの両方を知った上で、タクシー業界への転職を考えてみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related