Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

道を知らないタクシー運転手でも仕事はできるのか・教育方法

道を知らないタクシー運転手でも仕事はできるのか・教育方法
道を知らないタクシー運転手は、どのような教育を受けているのでしょうか。また、道を知らなくても、働けるのでしょうか。このぺージでは、道を知らないタクシー運転手について、教育方法や対処法などを考察・ご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

初回公開日:2018年5月30日

更新日:2018年5月30日

記事に記載されている内容は2018年5月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


どうれば良い?道を知らないタクシー運転手

タクシー運転手という職業は、お客さんを車に乗せて、指定された場所まで連れていく職業です。そのため、世間一般では、「タクシー運転手は地理に詳しい」「タクシー運転手なら、特定の地域の道などは全部把握しているだろう」といったイメージをお持ちの方も、かなり多いと考えられます。

しかし、中には地理に詳しくないタクシー運転手も存在します。また、場所によっては、指定された場所までの道を知らないこともあるでしょう。道を知らないタクシー運転手は、どのような教育を受けたり、対処したりしているのか、気になるところです。

そこで今回は、「道を知らないタクシー運転手」をテーマにして、道を知らないタクシー運転手の教育方法や、道を知らない目的地だった場合の対処方法などについて、考察・ご紹介していきます。

道を知らないタクシー運転手の教育方法

冒頭でもご紹介したとおり、タクシー運転手は地理や特定の土地について、詳しい知識を持っているというイメージが強い職業です。実際、地理や道について、ある程度詳しくないと、お客さんの指定した目的地まで、スムーズに送迎することができず、仕事にならないケースもあるでしょう。

とはいえ、誰もが地理に詳しかったり、特定の地域の土地勘があったりするわけではありません。そこでまずは、地理に詳しくない人や、特定の地域の土地勘がない人がタクシー運転手をするためには、どのような教育が必要なのか、道を知らないタクシー運転手の教育方法について考察していきます。

教育方法1:地理試験

タクシー運転手として働くには、地理試験に合格しなければ働けないというルールを設けているタクシー会社や企業は、多いと言われています。地理試験に合格しないと、該当する資格や免許を持っていたり、運転スキルが高かったりしても、タクシー運転手としては働けないケースが多いです。

地理試験は、点数制となっていることが多く、合格点以上の点数を取らなければならないと言われています。内容も厳しく、合格率は決して高くないとされています。ですから、道を知らないタクシー運転手は、まずは地理試験に合格するために、地理や道について、勉強する必要があると考えられます。

教育方法2:研修を受ける

地理試験に合格してからも、タクシー会社やグループなどによっては、研修を受ける必要があるようにしている所も、少なくないと言われています。

研修内容は、会社やグループなどによってさまざまです。しかし、周辺の地理や道路に詳しくなるような内容だと想定されるため、道を知らないタクシー運転手も、周辺の地理や道路について、詳しくなることができると予想できます。

教育方法3:研修期間

タクシー会社の中には、新人のタクシー運転手に、研修期間を設けている所もあると言われています。中には、先輩のタクシー運転手とともに車に乗って走ることで、周辺の地域について実際に学んだり、テストしたりしている所もあるとされています。

研修期間の有無は、企業や会社の方針によっても異なります。しかし、道を知らないタクシー運転手であっても、研修期間を終えると、周辺の地理などに詳しくなっている可能性は高いと予想できます。

道を知らないタクシー運転手でも仕事はできるのか

上記でもご紹介したとおり、タクシー運転手は一人前になるまでに、地理試験や研修を受け、道や地理について学んでいる方が多いと考えられます。しかし、それでも道を知らないタクシー運転手が存在しているのもまた、事実だと言えるでしょう。

そこで続いては、道を知らないタクシー運転手は、問題なく働くことができるのかどうか、考察していきます。

調べて対応する

一人前になったタクシー運転手が、お客さんから道を知らない目的地を指定された場合、基本的にはその場で調べて対応することになります。

現在は、マップ機能やインターネットが発展し、即座に目的地までの道を調べる方法やツールも、増えてきました。後述で詳しくご紹介していきますが、スマートフォンの地図に関するアプリやカーナビも、道を知らない目的地までの行き方を調べるための手段の1つだと言えるでしょう。

タクシー運転手が道を知らない目的地を指定された場合は、さまざまなツールや手段を上手く活用して道を調べ、臨機応変に対応することで、仕事をすることが可能になります。

曖昧なまま走ると仕事にならない

道を知らない目的地を指定されたとき、中には「道を調べている間、お客さんを待たせるのが申し訳ない」と感じるタクシー運転手もいらっしゃるでしょう。確かに、お客さんを待たせない努力をすることは大切です。しかし、道を知らないまま走り出すと、迷ってさらに迷惑をかけたり、事故などに繋がったりする危険性もあります。

上記のような背景から、目的地までの道を知らない場合は、曖昧な状態で走り出すことは、避けた方が良いでしょう。

道を知らないままでは仕事にならない

知らない道があったり、わからない土地があったりすることは、仕方がないことだと言えるでしょう。しかし、いつまでも道を知らないままだったり、道や地理について学ぶ努力をしなかったりすると、タクシー運転手として、仕事にならない可能性があります。

道を知らないことは、タクシー運転手にとって、致命的な欠点となる可能性があります。ですから、いつまでも知らない状態にしておくと、仕事に支障が出ることもあるでしょう。お客さんからの不満や苦情に繋がる可能性もあります。

道を知らないこと自体は仕方がないことですが、1度調べたり走ったりした道は覚えるように努力し、知らない道を減らす努力をすることが大切だと考えられます。

タクシー運転手が道を覚える方法

上記でもご紹介したように、タクシー運転手にとって、道を知らないことは、仕事に支障が出る可能性もある、欠点や弱点となる可能性があります。自分でも、道や地理を覚える努力をする必要があるでしょう。

そこで続いては、タクシー運転手が道や地理を学ぶには、どうすれば良いのか考察していきます。

道を学ぶ方法1:商業施設や観光スポットを覚える

タクシーにお客さんを乗せたとき、よく告げられる目的地が、周辺の商業施設や観光スポット、公共の施設などです。ですから、周辺の地理に自信がない場合は、まずはよく行くことになると考えられる、商業施設や観光スポット、病院や市役所などの公共の施設から覚えることをおすすめします。

また、周辺の地域の施設や観光スポットを覚えることで、それらを目印にさらに広い範囲の地理を覚えやすくなる可能性もあるでしょう。

道を学ぶ方法2:道路の名称を覚える

道を知らないタクシー運転手の中には、道路の名称を覚えていないために、お客さんから目的地について説明されても、どこを走れば辿りつけるのか、わからなくなってしまうケースもあると考えられます。

ですから、道路の名前や正式名称を覚えることも、道を学ぶ有効な方法の1つだと考えられます。道路の名称などを覚えると、自分がどこを走っているのかなどを理解しやすくなり、地図などもわかりやすくなる可能性があります

道を学ぶ方法3:日頃から勉強する

タクシー運転手が道を学ぶ方法として、仕事の時間以外の時も、勉強をするという方法も考えられます。仕事の後、帰宅するまでの道を意識して眺めながら帰ったり、空き時間に周辺の地図などを確認したりといった、ちょっとした努力でも、道を覚えられる可能性はあります。

ですから、道を知らない場合は、ちょっとした意識や努力をして、道を覚えるための勉強をしてみることをおすすめします。

道を知らない目的地だった場合の対処法

続いては、実際にお客さんを乗せたとき、道を知らない目的地を指定されたら、どのように対処すれば良いのか、対処法について考察していきます。

お客さんに指定された以上は、目的地までの道を知らない場合も、何とかたどり着く必要があります。どのようにすれば、道を知らない目的地にたどり着けるのか、考えていきましょう。

対処法1:感情的にならない

道を知らない目的地を指定された際、タクシー運転手が感情的になったり焦ったりすると、大変危険です。不慣れな道を、冷静さを欠いた状態で運転すると、事故やトラブルに繋がりやすくなるためです。

そのため、道を知らない目的地をお客さんから指定されても、まずは感情的にならずに、冷静に対処法を考えてみることが大切です。感情的になると、道を間違えたり迷ったりもしやすくなるので、普段から冷静さを保っていられるよう、意識しておくことをおすすめします。

対処法2:地理を確認する

上記でも触れましたが、目的地までの道を知らないからと言って、焦って走り出したり、曖昧なまま運転をしたりすることは、避けましょう。現在地や目的地までの道を知らないまま走り出すと、かえって迷ってお客さんに迷惑をかける原因になります。

ですから、道を知らない目的地へ向かう場合は、カーナビやアプリ、地図などを使って、地理や現在地、目的地までの道順などを確認してから走り出すようにしましょう。

対処法3:カーナビ

タクシー運転手が、道を知らない目的地へ向かう場合、カーナビを頼りにして道を調べたりナビを受けたりしながら向かうケースが多いと考えられます。

カーナビは大変便利なアイテムですが、カーナビばかりに気を取られ過ぎると、交通違反や事故、トラブルなどへ繋がる危険性があります。ですから、カーナビばかりに気を取られ、運転やお客さんとのコミュニケーションが疎かにならないよう、注意しましょう。

対処法4:アプリ

道を知らない目的地を、お客さんから指定された時の対処法の1つとして、スマートフォンなどのアプリを利用するという方法も、考えられます。最近では、GPSなどを利用したマップやナビ機能のあるアプリが多数開発されており、道を知らない場所へも行きやすくなっています。

しかし、運転をしながらスマートフォンを操作することは、交通違反と言える行為です。また、スマートフォンに気を取られながら運転をすると、思わぬ事故やミスに繋がる危険性があります。ですから、アプリを利用して目的地まで行く場合は、使い方には十分注意するようにしましょう。

対処法5:お客さんに正直に言う

お客さんから告げられた目的地が、行ったことがない場所であったり、知らない所だったりした場合、お客さんに正直に、「わからない」と話すのも、対処法の1つと言えるでしょう。お客さんの状況などにもよりますが、正直に話すことで「それでも構わないから、ゆっくり行ってほしい」などと言ってもらえる可能性もあります。

また、急いでいるお客さんであれば、目的地までの道に詳しい別な運転手のタクシーを探すなどする可能性もあるでしょう。せっかくのお客さんを逃してしまうことにはなりますが、相手に迷惑をかけたり、事故やトラブルが起こったりするリスクは、避けることができます。

タクシー運転手として働くには道を覚える努力も必要

いかがでしたでしょうか。今回は、「道を知らないタクシー運転手」をテーマにして、道を知らないタクシー運転手の教育方法や、道を知らない目的地へ行くための対処法などについて、考察・ご紹介しました。

タクシー運転手として働く場合は、周辺の地理や道について、詳しければ詳しいほど、何かと有利だと考えられます。

しかし、新人の場合は道について詳しくなくても仕方がないでしょう。また、どんなに周辺地域に詳しいタクシー運転手であっても、道を知らない目的地をお客さんに指定される可能性は、ゼロではありません。ですから、知らない道があることは、仕方がないと言えるでしょう。

ですが、タクシー運転手として働き続けるのであれば、道や地理について勉強し、覚える努力は必要です。この機会にぜひ、さまざまな方法を試して、道や地理について勉強してみて下さい。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related