Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー車内の臭いの特徴・理由・臭い時の対処法・おすすめ対策

タクシー車内の臭いの特徴・理由・臭い時の対処法・おすすめ対策
タクシーの車内に嫌な臭いがこもってしまい、気持ちが悪くなってしまったという方も少なくないでしょう。この記事では、タクシーの車内の臭い問題をテーマに、臭いの原因・理由や対策をご紹介します。原因を理解した上で、効果的な対処法をとりましょう。

初回公開日:2018年5月31日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年5月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー車内の臭いの特徴とは?

ついつい仲間との飲み会で盛り上がり、二次会・三次会までいってしまって、終電を逃がしてしまったという経験の方も多いのではないでしょうか。

終電を逃がしてしまった時には、漫画喫茶やネットカフェ、ファミレスなどで始発を待つという方法もありますが、タクシーに乗って帰宅するというのも一つの手でしょう。

しかし、タクシーに乗ったのはいいものの、「なんだか車内に嫌な臭いがこもっていて、気持ちが悪くなってしまった」という方も少なくないでしょう。いろいろな人がかわるがわる乗車するタクシーの車内は、車本体の臭いだけでなく、体臭や染みついた汗、エアコンの臭い、排気ガスなど、さまざまな臭いが混じりあっています。

そこでこの記事では、タクシーにまつわるトラブルの一つである車内の臭い問題を特集していきます。タクシーの車内の臭い対策もご紹介していますので、タクシードライバーの方も、ぜひご覧ください。

タクシー車内の臭いの原因・理由は?

タクシーの車内の嫌な臭いは、お客さんにとっても、タクシードライバーにとっても悩みの種です。

それでは一体、タクシーの車内が嫌な臭いのこもった空間になってしまう原因・理由とはどのようなものなのでしょうか。以下では、その代表的な事例をご紹介していきます。

ぜひこの機会に原因・理由をしっかりとおさえて、タクシーの車内の嫌な臭い対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

運転手の体臭!

運転手さんが、タクシーの車内の嫌な臭いの原因・理由の一つであるケースもあります。タクシーの運転手の多くは男性です。一般的に男性は女性よりも体臭がしやすく、また汗をかきやすいという特徴をもっています。

そのため、狭いタクシーの運転を一日中していれば、どうしても運転手さんの体臭が車内にしみついてしまうことになります。そのため、ワキガ体質の方は特に注意が必要だと言えるでしょう。特に汗をかきやすい夏場は要注意です。出勤前に軽くシャワーを浴びるようにすると、体臭を予防することができます。

また、頭皮の臭いも悪臭の原因の一つですので、地肌をしっかり洗うようにしましょう。

加えて、意外と見落としがちな口臭にも注意が必要になってきます。ニンニクやギョウザなど臭いの強い料理を食べた後には、しっかりとお口のケアをしておきましょう。

加齢臭がする!

タクシーの車内の嫌な臭いの原因・理由の一つとして、加齢臭があげられます。運転手さんの加齢臭が車内にしみついている場合もあれば、お客さんの加齢臭がこもってしまっている場合もあるでしょう。

加齢臭対策には、毎日きちんと入浴することが大前提となります。加齢臭に効果のあるボディソープやシャンプーを使ってみるというのもよいでしょう。

また、耳の裏や首筋からは特に加齢臭が発生しやすくなりますので、そのような部分を重点的に洗うというのもおすすめです。

ちなみに、加齢臭は本人はなかなか気づきにくい臭いです。そのため、「自分は大丈夫かな」と不安に感じたら、家族や友人に加齢臭がするかどうか、臭いを確認してもらうとよいでしょう。

排気ガス臭い!

排気ガスが、タクシーの車内の嫌な臭いの原因・理由である場合もあります。客待ちで待機中、エンジンをかけたまま窓を開けて休憩をしたりすると、どうしても排気ガスが車内に入ってしまいます。

そのため、知らず知らずのうちにタクシーの車内に排気ガスの臭いが染みついてしまい、不快な臭いのこもった空間になってしまう可能性があります。

芳香剤の香りが強い!

芳香剤の香りも、場合によってはタクシーの車内の不快な臭いの原因・理由になってしまいます。

昨今、「スメルハラスメント」という言葉がよく聞かれるようになりました。柔軟剤や香水、芳香剤など、よい香りを届ける目的のものであっても、その量や使い方を間違えてしまうと、よい香りが嫌な臭いになってしまいます。

よかれと思ってタクシーの車内で芳香剤を使っていても、その香りが強すぎたり、あるいはあまりも人工的な香りですと、逆効果のスメルハラスメントになってしまうでしょう。

そのため、芳香剤を使うにせよ、できるだけ香りの控えめなものをチョイスすることをおすすめします。

香水の香りが強い!

運転手さんや乗客のつけている香水が、タクシー車内の嫌な臭いの原因・理由になる場合もあります。本人はいい香りだと思ってつけていても、香水を不快な臭いだと感じる人も一定数います。

乗客の方がきつい香水をつけた状態でタクシーに乗るのは防ぎようがありませんが、タクシードライバーの方は香水の使用を控えるようにしておいた方が無難だと言えるでしょう。

嘔吐の臭いがとれない!

深夜にタクシーを利用するお客さんに多いケースですが、ぐだぐだに泥酔した状態でタクシーに乗り込み、車内で嘔吐してしまう方もいます。

その場合、どんなに綺麗に清掃したとしても、どうしても何日かは嘔吐の臭いが車内にこもってしまうでしょう。

喫煙車で臭いが染みついている!

タクシーの車内の不快な臭いの原因・理由の一つとして、喫煙者であることが挙げられます。タクシードライバーが喫煙者である場合、かなりのケースでタクシーの車内にタバコの臭いが染みついてしまっています。

また、お客さんが車内で喫煙をした場合、短時間であっても、やはり車内に嫌な臭いがこもってしまうでしょう。ドライバーもお客さんも車内でタバコを吸わなかったとしても、直前までタバコを別の場所で吸っていた場合には、体や服に染みついたタバコの臭いが車内にも移ってしまいます。

車内で飲食をしている!

タクシーの車内で飲食をした場合も、臭いがこもってしまう原因・理由になります。水やジュースなどの飲み物ならばOKですが、香りの強いコーヒーや食べ物になると、どうしても車内に独特の臭いがこもってしまいがちです。

タクシー車内が臭い時の対処法とは?

「タクシーの車内の臭いが気になってしかたがない」「嫌な臭いをどうにかしたい」という場合は、どのような対処法をとればよいのでしょうか。

ここでは、タクシーの車内の嫌な臭い対策をご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

換気をする!

タクシーの車内に嫌な臭いがこもってしまったという場合には、徹底して換気をすることが何よりも重要です。

お客さんが乗車していない移動時には、運転手席だけでなく、後部座席の窓もできるだけ大きく開けて、空気の入れ替えを効率的に行えるようにしましょう。

また、停車して客待ちを行う際には、窓だけでなくドアを開けて空気の入れ替えを行うというのもおすすめです。

マスクをつける!

お客さんがタクシーの車内で嘔吐してしまい、徹底して清掃を行ったけれども、どうしても臭いが染みついて気持ち悪いという場合もあるでしょう。

そんな時には、マスクを着用することをおすすめします。完全に臭いをブロックするのは難しかったとしても、ある程度臭いを軽減することはできるでしょう。

ちなみに、おすすめのマスクとして、ここではユニ・チャームから発売されている「超快適マスク プリ-ツタイプ ふつう 30枚入」をご紹介します。

長時間かけても耳が痛くなりにくい設計のマスクなので、一日中使用するのにぴったりです。また、肌触りがよくソフトな素材が使用されていますので、肌が弱い方でも安心してご使用いただけるでしょう。

また、30枚の大容量ですが、お手頃プライスなので、コストパフォーマンスがよいという点も、おすすめのポイントとして挙げられます。

私は眼鏡をかけているのですが安い物と比べて密着性がいいのか、あまり曇らなくなりました。
耳かけも、柔らかく一日中つけた状態でもあまり痛くなりません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RCKUUGF808XB... |

タクシーの臭いを防ぐ対策方法とは?

ここでは、タクシーの臭いを防ぐための対策方法をご紹介していきます。

こまめに空気の入れ替えをする!

タクシーの車内に嫌な臭いがこもらないように、普段からこまめに空気の入れ替えを行うように心がけましょう。

寒い冬場であっても、こまめに空気の喚起を行えば嫌な臭いをブロックすることができますし、車内を快適な空間に保つことができるでしょう。

体臭対策をする!

タクシーの車内の臭い対策として重要なのが、体臭予防です。汗をかいた時には、そのまま放置したり、ただ冷房を入れて汗をひっこめるだけではNGです。汗は皮膚の雑菌などと反応することで、不快感のある悪臭を放ちます。そのため、悪臭を予防するためには、汗を放置しないということが何よりも重要です。

汗をかくたびにこまめに汗ふきシートでふきとり、肌を衛生的に保ちましょう。そうすれば、汗が原因の体臭も予防できますし、体もひんやりとクールダウンできるのでおすすめです。

ちなみに、香りの強いタイプの汗ふきシートを使うと、体臭とまじりあって余計に不快な悪臭を放つ場合もあります。また、自分ではいい香りだと感じていても、お客さんにとっては強くて不快な香りということもありえます。

そのため、できれば無香料タイプか、あるいは微香タイプの汗拭きシートを使うことをおすすめします。

体臭予防におすすめの汗拭きシートをご紹介!

タクシー車内の臭い対策の一環として、汗拭きシートを使ってみてはいかがでしょうか。例えば、エージーデオ24の「クリアシャワーシート 無香料 40枚」がおすすめです。

銀の力で臭いの原因となる雑菌の繁殖をブロックしてくれるので、体臭予防に最適です。また、無香料ですので、スメルハラスメントの心配もありません。

何よりすっきりと気持ちがよいので、体臭予防としてだけでなく、運転中のリフレッシュとしてもおすすめです。

職場の冷房温度が高めで汗&脂がでてしまうので、気づいた時に使っています。一度で3枚くらい使うので、次は定期便で多目に購入したいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1BZ1YR01X3G... |

車内でタバコを吸わない!

車外でタバコを吸っても、体や服にタバコの臭いはしっかりとしみついています。そのため、車内にタバコの悪臭をもちこみたくない場合は、タクシー乗車前と休憩時間中に、そもそもタバコを吸わないことが何よりも重要になってくるでしょう。

消臭剤を使用する!

タクシー車内の臭い対策として、消臭剤を使うというのもおすすめです。スプレータイプや置き型タイプ、座席の下に使うシートタイプ、エアコンのフィンに取り付けるタイプなどさまざまな種類の車用消臭剤がありますので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

置き型タイプの消臭剤のおすすめをご紹介!

タクシー車内の臭い対策として、置き型タイプの便利な消臭剤である「無香空間 特大 消臭剤 本体 無香料」をご紹介します。

車内に置くだけでOKで、とても簡単に使うことができると評判です。臭いを香りでごまかさない無香料タイプで、しっかりと悪臭を吸収してくれますので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

ちょうどよい大きさでした。消臭効果も申し分ないです!他の消臭剤を置いてもあまり効果がなくて探していて、口コミを見てコレにしたのですが、本当ににおいが気にならなくなって大変満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3ARCC4YNZS0... |

スプレータイプの消臭剤のおすすめ!

タクシー車内の臭い対策として、即効性のある消臭剤をお求めならば、ファブリーズの「消臭スプレー 車用 除菌プラス」がおすすめです。

シュッとひと吹きするだけで瞬時に嫌な臭いをキャッチし、分解してくれるので、とても心強いアイテムと言えるでしょう。

スプレータイプだと吸った直後に集中して使用できるので
気に入っています。もちろん消臭効果は抜群ですぐに
においを消してくれます。
ボトルが小さくドアのポケット、アームレストの中にもすっと
入るのでいいですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3HMTDY9U99C... |

タクシーの車内を快適な空間に保とう!

今回はタクシー車内の臭いをテーマに、悪臭の原因や対策法などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

タクシーの車内を快適な空間に保つためにも、ぜひ臭いの原因をしっかりと理解した上で、効果的な対処法をとりましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related