Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の稼ぎ方の違い・おすすめの稼ぎ方

タクシー運転手の稼ぎ方の違い・おすすめの稼ぎ方
タクシードライバーは一人仕事であり、自分のペースで仕事をする事ができます。しかし歩合制なため稼ぎ方を模索しなくてはいけません。タクシードライバーで上手に稼ぐためには、どのような方法があるのでしょうか。こちらでは効率の良い方法をご紹介します。

初回公開日:2018年5月30日

更新日:2018年5月30日

記事に記載されている内容は2018年5月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手のおすすめの稼ぎ方とは?

タクシーの運転手にとって1日当たりの売り上げは疎かにできません。1日1日、コツコツと稼ぎを積み重ね、それが一カ月分の給料となるからです。日々の売り上げは貴重なため、稼ぎ方を考えることが重要となります。

では、タクシー運転手の稼ぐ方とはどのようなものなのでしょうか。

流し営業

タクシー運転手の稼ぎ方として、まず流し営業というやり方があります。流し営業とは、速度を少し落としながら街中の道路の左側レーンを走行する方法です。このやり方は、ほとんどのタクシー運転手がやっている稼ぎ方です。

しかしただ街中で流し営業をしているだけでは、うまい稼ぎ方とは言えません。タクシーを走らせる良い場所のポイントとして、市街地などの人の多い道、路面バスの走行の少ない道路がおすすめです。駅から駅の間の区間、道路に面したデパートで人を拾えたり、駅へ行こうとしている人や病院などに行きたい方を乗せることができます。

夜に働く場合

タクシードライバーを始めたての頃は、昼間の時間帯に稼働させられますが、慣れてくると夜の時間帯に仕事をする事も出てきます。夜間帯で仕事をするならば、繁華街のど真ん中がポイントです。ターゲットは飲み会帰りのサラリーマン層です。

しかし夜は運転のリスクが高まります。酔っ払いやキャッチはもちろん、同業者もたくさんいますし、気をつけなければ事故を起こしてしまいます。ですが稼ぎ方としてはおすすめです。

待ち営業

もう一つ、タクシー運転手の稼ぎ方として待ち営業というやり方があります。待ち営業とは、文字どおりタクシーを待機させてお客様を乗せるというやり方です。デパートの前や、駅の前などにいるタクシーがそうです。

待ち営業での稼ぎ方として、やはり根気良く待つということがポイントです。街中の宴席を行えるようなお店の近くで待つといった、タクシーの待ち場所にも工夫が必要となります。

稼ぎ方として待ち営業がありますが、タクシー会社の中では待ち営業を禁止しているところもあります。ベテランのタクシー運転手はそのようなルールの目をかいくぐったり、上手な稼ぎ方をしています。

都道府県別タクシー運転手の稼ぎ方の違いとは?

首都圏になればなるほど人は集まり、昼でも夜でも人の流れや活動量は変わらなくなっていきます。田舎では終電以降の夜中になると、駅の前でもタクシーは止まっていませんし、流し営業をしているタクシーもいなかったりします。

そのような場所と比べると、東京や横浜などの人が多い場所には、昼でも夜でもタクシーを必要としている人は多くいます。もちろん稼ぎ方も変わってくるでしょう。都道府県別にタクシー運転手の稼ぎ方と違いとは、どのようなところにあるのでしょうか。

東京編

東京でタクシーの運転手をするにあたり、稼ぎ方として重要になるのは情報量です。東京でタクシー運転手をするということは、東京都23区が仕事場所となるということです。

この時間帯にはどこの場所に行けばお客さんがいるのか、どこに行けば稼げるのかという稼ぎ方の情報が重要となります。

あなたはどのタイプ?

東京でタクシーの運転手をする場合、東京都23区をどのように捉えて稼ぎ方を考えるかが重要です。例えば、ゲームが好きな人は、どうやって動けば効率的な稼ぎ方をできるのかという事を考える事ができます。ゲームをしている時の頭の動かし方と、タクシーで売り上げを追いかけている時の頭の動かし方は同じだと言います。

また釣りを楽しむ感覚も、タクシードライバーの楽しみ方と本当に似ています。釣りが好きな人は東京都23区を大きな湖だと考えて、稼ぎ方を考えると良いでしょう。

横浜編

横浜市は人口370万人の住む都市であり、市としては全国第1位の規模を誇っています。日本で最もタクシー売り上げの高い地域は、東京特別区と呼ばれる23区、三鷹市、武蔵野市ですが、その次に良い稼ぎ方をできるのが横浜市です。

横浜市でのタクシードライバーの稼ぎ方は流し営業です。横浜市は海外からも多くの観光客が訪れます。またみなとみらい開発が進むのと同時に、まもなく400万人都市になろうとしているため、タクシー会社も地域ごとに数多くあり、それぞれ繁栄しています。

駅出し営業とは?

都心での稼ぎ方と違う点として、駅出し営業ができるという点もポイントです。駅出し営業とは駅のタクシープールなどで待機して、お客さんを乗せる稼ぎ方です。

都心部の駅にはタクシー乗り場がありません。中核的な駅でない限り駅周辺での待機もできません。駅からのタクシー利用はとても多いので、これは大きなポイントと言えます。

札幌編

東京都や横浜に比べると、北海道や札幌のタクシーには空車が目立つようになります。都心部に比べると仕方のない事ではありますが、ではどのような稼ぎ方をすれば良いのでしょうか。

札幌での稼ぎ方として一回のお客さんでどこまで遠くに運ぶかというのが大事なポイントです。東京などの都心部ではあまり遠距離移動というのがないため、回数をこなすというのが稼ぎ方になります。しかし北海道は移動に距離があるため、遠距離であればあるほどラッキーという稼ぎ方です。

固定客を見つける?

都心部ではいつでもタクシーを必要にしているお客さんに出会えます。札幌は北海道の中でも栄えている場所ではありますが、北海道でタクシー運転手をしているとたくさんの固定客を持つ事が上手な稼ぎ方です。

固定客は見つけるまでが大変な作業ですが、固定客をある程度見つけることができれば、東京のようにあちこに走り回るような事なく売り上げを安定させる事ができます。そちらの方が、より上手な稼ぎ方と言えるでしょう。

タクシー運転手の稼ぎ方で大事なポイントとは?

タクシードライバーをするにあたり、稼ぎ方のポイントを知っているか、知らないかでは、お給料にかなりの差が出てきます。タクシードライバーで稼ぐにあたり「運」を語る人もいますが、運だけではありません。

タクシードライバーの中には一カ月で一家を養えるほどの稼ぎを出す人もいます。そのポイントとは一体何なのでしょうか。

タクシードライバーなのに売上に無頓着

タクシードライバーだけに限らず、自分の稼ぎや給料に無頓着な人は稼ぐ事ができません。タクシードライバーは歩合制です。どれだけのお客さんを乗せたか、どれほど遠くまで乗せれたかで料金は違いますし、遠くまで乗せられなくても数をこなせば1日のトータルの売り上げは上がります。

まず、自身の売り上げ目標を作り「あとどれぐらい頑張れば目標が達成される」といった具体的な数字を掲げる事が大切です。

効率良い稼ぎ方を見出す分析力がない

自身の売り上げに無頓着という点と繋がる部分がありますが、今日はどの辺を流せばお客さんにつながるだろうかという稼ぎ方の分析をしない人は、上手に稼ぐ事ができません。

例えば、今日は「市民会館でコンサートがあるから近くを流してみよう」や「野球の試合があるからスタジアムの近くで待機してみよう」などの分析ができれば、お客さんに繋がります。事前に情報のチェックをする事が大切です。

体調管理ができない

こちらもタクシードライバーに限った話ではありませんが体調管理間は大切です。タクシードライバーは時間の融通が利き、そして歩合制の仕事です。そのためダブルワークをしていたり、個人事業主が副業としてやっているという事も少なくありません。つまり、体調管理ができていないと仕事ができなくなります。

タクシードライバー特有の疲れとは?

タクシードライバーは座り仕事であり、かつ安全に運転しなくてはいけません。運転には集中力が必要ですし、集中力がなければ客さんを見落とす事にもつながります。

腰や肩、首がこわばらないように適度に休憩したり、目を休めるために目薬を持参すると良いでしょう。勤務中でも、リラックスする時間を作る事で身体の負担は違っていきます。

真面目さが大切

タクシードライバーも接客仕事なため、お客さんに対する愛想や態度は大切です。自分が勤めている会社へのイメージにもつながってきます。また、自分のペースで仕事をする環境にあるので、休憩ばかりの人は必然的に稼げません。

まじめにコツコツと、一つ一つの仕事や気づきから学習して仕事に反映させていくことで、タクシー運転手として成長していけます。

ストレスフリーに仕事をするには?

真面目に仕事をするのは大切ですが、お客さんにもさまざまなタイプがいます。もちろん、アクが強い人や、対応に疲れるような人もいるでしょう。そういう時のために、ストレスを溜めない工夫をおすすめします。

一人の時は車内に音楽を流したりラジオを流すなど、仕事がうまい人は切り替えが上手な人だとも言えます。

お客様を第一に考えられるか?

タクシードライバーとして大切なのは、安全に目的地まで最短でお送りするのはもちろん、スムーズなブレーキ、スムーズな発進、社内での会話も含めてのサービスです。お客さんに気に入ってもらえれば、次の乗車の時には指名をもらうことができます。固定客を持つことで、より安定した売上をつくることができるためおすすめです。

タクシードライバーで上手な稼ぎ方を学ぼう!

タクシードライバーでの上手な稼ぎ方をご紹介してきました。さまざまな分析、お客さんを第一に考えた接客、上手に稼ぐためのやり方はたくさんあります。自分の体調や調子も考えながら、お仕事をしてみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related