Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の研修の特徴・平均研修期間・研修内容・給料

タクシー運転手の研修の特徴・平均研修期間・研修内容・給料
タクシー会社は、研修期間がしっかり設定されている充実した会社です。研修期間中に給料がもらえるという、メリットがある職種です。タクシーの研修内容を紹介した記事なので、研修が不安だという方はご覧ください。また、タクシーを普段のっている方にもおすすめです。

初回公開日:2018年5月31日

更新日:2018年5月31日

記事に記載されている内容は2018年5月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手の研修の特徴

タクシー運転手の仕事は、お客さんを目的地まで送ることです。それだけだと簡単に考えてしまいますが、実はとても難しい接客業でもあります。タクシー運転手は、防犯カメラが付いている状態で、勤務時間は見張られている状態です。そのため、とてもストレスになりやすい職業でもあります。

研修センター

タクシー運転手になる前に、しっかりと研修を受けなければいけません。東京には「公益団法人東京タクシーセンター」というタクシー運転手になるための研修センターがあり、おすすめです。タクシー運転手のトラブル改善法など、「事件がおきないよう」にする研修センターになっています。

研修内容がとても充実しており、新規講習はもちろん命令講習・命令研修などが豊富です。ここの研修センターだけでも、タクシー運転手の基礎をしっかりと学ぶことができます。また、タクシー営業に大切な法令なども学ぶことができ、安全にタクシーを運転する技術が覚えられておすすめです。

研修センターの役割

仕事でストレスを感じるシーンは、社会人にはよくあることです。そこで、主に研修では「ストレスを溜めないようにどうやって接客をするか」について学びます。タクシー運転手に合わせた研修では、学ぶことが少し変わっています。また、「事故が起こらないように」注意して運転するための研修制度があります。

タクシー運転手の平均研修期間

タクシー会社に勤務した日に、すぐに運転するわけではありません。出社した初日には、タクシードライバーに必要な資格・タクシーの知識を確認します。そのため、研修期間が会社によっては長い場合もあります。人の命に関わることなので、研修をしっかりと行ってからお客様を乗せるタクシー会社がほとんどです。

また、タクシーの知識以外にも、地方から来た方には施設の場所など道順を教える必要もあります。その場合は「約30日」研修が続くでしょう。土地勘がある方は、知識のみで、「約20日前後」ぐらいです。早くタクシーに乗りたい気持ちもわかりますが、目的地に送る仕事なのに、何もわからないと営業していくのに無理があります。

研修中の1日

タクシードライバーになるために研修を行います。そのタイムスケジュールは、まずは「普通自動車2種免許」獲得することから始めるでしょう。2種免許を所持している場合には、「地理試験対策の研修」を受けます。この地理試験は「新規講習」と同時に行い、タクシードライバーになるまでにある難しい壁の1つになるでしょう。

次に、「自動車事故対策診断」を行います。この診断は、事故が起きないように自分で対策を講じることができる判断力があるかを確認する段階です。ここで合格しないといくら成績が良くても、タクシー運転手になることはできません。なぜなら、事故があってからでは遅いからです。

タクシーの知識を学ぶ研修

たくさんの試験を終えて、ようやく「タクシーの基礎知識」を学ぶことができます。タクシーの基礎知識の研修は、無線の接続方法・接客の仕方などを学ぶ研修です。また、タクシーはお金を最後に払うので、その「機械の操作の仕方を覚える」研修もあります。しかし、そんなに難しくないため、慣れれば操作も簡単にすることができるでしょう。

他には、教習車による「実践研修」もあります。これは、「事故を起こさず正確に目的地まで送る」ための研修です。カーナビにない場所も、都会にはたくさんあります。そのため実践研修を行うことで、先輩から知識を分けてもらうことも目的とした研修です。

タクシー運転手の研修内容

タクシー運転手の研修内容は、「身だしなみ」・「接客」・「サービス」・などを重点において行います。タクシー運転手の基本的なことでもあり、社会人としてのマナーをも含む内容です。例えば、どんなに暑い日でもタクシー内では、常に清潔な服装でなければいけません。タクシーに乗車するお客さんからみれば、ドライバーの印象がタクシー会社の印象を左右します。

接客

タクシー運転手に必要な接客研修の内容は、「標準な会話」をすることから始めます。最近のタクシー運転手は若者不足です。そのため、都心では地方の方が来てくれるという状態になっています。しかし、困るのは「地方独特のなまり」です。なまりが強いと都会では何を話しているのかが分からない場合もあります。そうならないように、接客研修では「標準語」を学んでいます。

外国人観光客に対して

また、近年は外国人観光客が多くなってきました。その方たちのために、「どうやって正確に優しく伝えることができるのか」を学ぶこともタクシーの研修には必要になってきています。

標準語になるための本

地方の方には上京する前に、訛りを直す本を購入することをおすすめします。その中で特に「美しい日本語の発音」は、アクセントもしっかりと学ぶことができる本です。発音の他にも正しい日本語の言葉を学ぶこともでき、接客業にもとても役立つことができます。また、相手に正しく伝わるように表現を学ぶこともでき、この本1冊で、多くのことが学べておすすめです。

サービスなど

タクシー運転手は接客業なので、お客さんに対するサービスについても学びます。研修期間にサービス内容を学ぶことができますので安心しましょう。その研修期間の内容の1つに、「障害者に対するサービス」があります。これは、免許がないお年寄りのためのサービスです。

タクシー券などもあるお年寄りは、タクシーがないと生活に困難を感じています。そのため、「介護タクシー」が流行っています。子供が近くにいない場合も、タクシーがあれば入り口まで車をつけてもらうことができるからです。不自由な方にも安心して乗れるような、サービスマナーにも重点的に置いて研修をしています。

タクシー運転手の平均給料

タクシー運転手は研修中にお給料を貰うことができます。これは、バイトの研修期間と同じように考えれば簡単です。しかし、給料は当然、少し少ない金額になります。それでも日給「約1万円」、プラス交通費の実費は貰えるでしょう。

会社別のおすすめのタクシー研修

タクシー会社は日本全国に必ずあります。入社後には、研修があるのですが研修場所によっては、自分には合わない会社もあります。そうならないためにも、「自分に合ったおすすめのタクシー研修」できる会社を探すことが大事です。

日本交通

日本交通は創業80年ある大手のタクシー会社です。そのため、研修内容はとても充実した内容で構成されています。主に学ぶことは「顧客対応」です。長年有数にある日本交通は、サービスにも重点に置いています。タクシーを呼ぶには、日本交通じゃないと安心しないという方もいるほどです。研修では年齢層によって、どういった接し方をすればいいかを細かく分けて学びます。

タクシー研修はメリットばかりです

タクシー運転手になるには、まず研修が充実している会社を選びましょう。研修内容次第で社会人としてのマナーを学ぶことができます。また、服装にも厳しい職種なため、私生活でも身だしなみに気を付ける必要も出てきます。研修期間中でも給料がもらえますので、安心して研修を受られるメリットがあります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related