Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー運転手の主な事故原因3つと対処手順4つ|交通事故対策法

タクシー運転手の主な事故原因3つと対処手順4つ|交通事故対策法

タクシー運転手はどのような原因で事故を起こしてしまうのでしょうか。また、万が一の場合はどう対処すれば良いのでしょうか。このページでは、「タクシー運転手の事故」をテーマにして、原因や対処法、未然に防ぐポイントなどについて、考察・ご紹介しています。


タクシー運転手の事故率

タクシー運転手は、運転のプロと言われています。乗客を安全かつ快適に運ぶためにも、高い運転技術が必要とされています。

しかし、絶対に事故に遭わないというわけではありません。タクシー運転手側に原因がなくても、巻き込まれることもあり、他にもさまざまな理由から事故が発生してしまうことはあるでしょう。

そこで今回は、「タクシー運転手の事故」をテーマにして、事故の種類や原因について考察していきます。

交通事故の種類

タクシー運転の交通事故率は低めです。変動はあるものの、タクシー運転手の交通事故は、全体の事故のうちの1~3%ほどだと言われています。

タクシー運転手が遭遇することが多い事故は、大きくわけて3種類あります。

1つ目は人を傷付けてしまう事故を指す人身事故、2つ目は被害者に怪我などはないものの物が壊れた場合を指す対物事故、そして3つ目は自分からガードレールや電柱などにぶつかるなどして起こる自損事故です。

事故を起こした際の過失割合

交通事故が起きた場合、過失割合が重要になります。過失割合によって、負うべき賠償や責任の度合いが変わってくるためです。

タクシー運転手だからと言って、過失割合が軽くなるといったことはなく、過失割合はあくまでも、事故の状況や被害の内容などにとって決定されます。

過失割合は保険会社の話し合いで決定するため、状況によっても大きく変わります。

タクシー運転手の主な事故原因3つ

タクシー運転手の交通事故の種類や事故率について理解したところで、続いては事故の原因について、考察していきます。

運転のプロとされるタクシー運転手が事故を起こしてしまうケースとして、どのような原因があるのか考えてみることで、事故の回避に繋がる可能性もあります。ぜひ参考にしてみて下さい。

タクシー運転手の主な事故原因1:死角を見落とす

タクシー運転手が事故を起こしてしまう原因の1つとして、死角の見落としが挙げられます。

どんな車にも、死角は存在しています。運転のプロであるタクシー運転手は、死角などへの配慮も優れていると言われていますが、急いでいたり難しい状況だったりすると、死角を見落としてしまうこともあります。

死角を見落としたことで、歩行者や自転車などと接触をして、事故になってしまうケースもあると言えそうです。

タクシー運転手の主な事故原因2:お客様に気を取られる

車の運転は、集中力が求められます。どんなに運転が上手い人でも、集中できない状況だと、事故を起こしやすくなります。

お酒に酔ったお客様がタクシー運転手に必要以上に絡んだり、車内で揉め事が起こったりするなどして、タクシー運転手がお客様に気を取られると、事故に発展する危険性もあります。

ですから、タクシーに乗る時は、なるべくタクシー運転手の邪魔をしないようにすることが大切です。

タクシー運転手の主な事故原因3:加齢による視覚の衰え

現在タクシー業界では、タクシーの運転手の高齢化が進んでいると言われています。高齢のタクシー運転手は、運転技術が熟練しているベテランですが、老化による身体的な能力の衰えが出てくる方も少なくありません。

特に、加齢によって老眼などが進み、視覚が衰えてくると、誤って車をガードレールなどにぶつけてしまったり、車間距離が分からずに前後の車と接触したりする事故を起こしてしまう危険性があると考えられます。

タクシー運転手が交通事故を起こしたときの対処手順4つ

タクシー運転手の主な事故原因3つと対処手順4つ|交通事故対策法

続いては、万が一タクシー運転手が事故を起こしてしまった場合、どのように対処すれば良いのか、考察していきます。

正しい対処法を知り、適切に対応することで、被害が少なくて済むケースもあります。この機会に、タクシー運転手が交通事故を起こしてしまった場合の対処法について、一度確認しておくことをおすすめします。

タクシー運転手が交通事故を起こしたときの対処手順1:事故相手の安否確認

タクシー運転手に限らず、交通事故が起きた全ての場合に共通することですが、人を巻き込む事故に遭遇してしまった場合は、まずは事故相手の安否を確認することが大切です。

状況によっては、一刻を争う危険性もあります。相手の安否を確認し、治療などが必要なようなら、救急車や警察を呼んで対処してもらうことが重要です。

Bottom banner

タクシー運転手が交通事故を起こしたときの対処手順2:状況によっては示談の話し合いを

タクシーは、タクシー共済に加入している場合も多いため、事故の時はタクシー共済が話し合いなどで示談交渉をするケースも少なくないと言われています。

また、タクシー運転手が直接、事故相手の示談交渉をする場合も少なくありません。

しかし、タクシー側の示談交渉は、やや強引な場合もあるため、強制的ではなく、お互いに納得して示談の交渉を進めていくことが大切です。

タクシー運転手が交通事故を起こしたときの対処手順3:所属タクシー会社に連絡

事故相手と示談になった場合や、事故相手が怪我などもしていなくて大事にならなかった場合も、必ず所属しているタクシー会社には、事故に遭ったことを報告します。

タクシー会社によって、運転手が事故を起こした場合の対応などは異なりますが、保険などの関係でもタクシー会社から手続きを行わなければならない可能性もあるので、事故のことは隠さずにタクシー会社へすぐに連絡することが大切です。

タクシー運転手が交通事故を起こしたときの対処手順4:修理

タクシーは、運転手だけでなく、乗客の命も預かる乗り物です。ですから、事故に遭った場合は、たとえ見た目には破損している箇所などがなくても、車は修理や点検をする必要があります。

事故に遭っても、見た目では何も問題がなさそうだからと、そのまま走行させると、思わぬところで不調や故障が出て、第二の事故を起こしてしまう危険性も考えられます。ですから、事故に遭った場合は必ず車の修理をすることが大切です。

タクシー運転手の交通事故対策法3つ

最後に、タクシー運転手が事故を起こさないようにするには、どのような点に気を付ければ良いのか、交通事故対策方法や交通事故が起きた時になるべく被害を小さくするためのポイントなどについて、考察していきます。

絶対に事故に起こらない保証がない以上は、事故に遭う可能性も視野に入れつつ、事故が起こらないように回避する方法を覚え、実践していくことが大切です。この機会によくチェックしておくことをおすすめします。

タクシー運転手の交通事故対策法1:道路交通法を守る

タクシーの運転以外に、全ての運転手に共通するポイントですが、道路交通法を厳守することは、交通事故を発生させないために最も大切なことだと言われています。

運転に慣れてくると、少しくらい道路交通法を無視しても大丈夫だろうと慢心しやすくなります。しかし、少しでも道路交通法を守らなかったばかりに、大きな事故に繋がるケースは、少なくありません。運転の上級者だからこそ、道路交通法を守ることが大切です。

タクシー運転手の交通事故対策法2:起こりがちなミスを確認する

過去の事故の記録や情報を調べ、どのような原因で事故が起こるのか、分析しておくことも大切です。また、タクシー運転手にありがちなミスや起こりがちなトラブルなどを事前に確認し、対処法を考えておくことで、交通事故を回避できる可能性もあります。

個別にミスしやすい動作や苦手な操作などについても、自分の運転を見直して把握しておくことをおすすめします。

タクシー運転手の交通事故対策法3:シートベルト着用

シートベルトを着用しないで運転をすることは、違反行為とされていますが、安全上でもシートベルトを着用することは重要です。交通事故に遭った時、シートベルトを着用していたかどうかで、被害や怪我の度合いが大きく変わる可能性もあります。

お客様にもシートベルトを着用するよう、タクシー運転手から呼びかけることも重要です。万が一の場合も、シートベルトを着用していたから生存できたというケースは、少なくありません。

道路交通法を守り無事故に努めよう

いかがでしたでしょうか。今回は、「タクシー運転手の事故」をテーマにして、タクシー運転手の事故率や原因、タクシー運転手に多い事故の原因や事故を起こした時の対応、事故を起こさないようにする方法などについて、考察・ご紹介しました。

タクシー運転手は、自分だけでなく乗客の安全についても考える責任があります。この機会に、道路交通法や自分の運転を見直し、安全な運転について考えてみることをおすすめします。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人