Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

タクシー運転手という仕事は定年後も働き続けることができます。タクシー運転手として働く年配の方を良く見かけませんか。タクシー運転手が定年後も仕事を続けるのには、さまざまな理由があります。その理由ややりがいや、定年後にタクシー運転手になる際の注意点を紹介します


タクシー運転手に定年はある?

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

利用したタクシーの運転手が年配の方だったという経験はありませんか。街を歩いていると、年配のタクシー運転手をよく見かけます。

タクシー運転手には定年はあるのか、そのような疑問を持ったことが誰しも一度はあるでしょう。今回は、タクシー運転手の定年制度について紹介します。

選択定年制とは

選択定年制とは、労働者側が早期退職や雇用期間の延長を選択することができる制度です。

タクシー運転手の定年は会社によって異なりますが、多くの会社が60歳~65歳です。しかし、定年後も1年更新の嘱託社員として雇用している会社が多く、定年後もタクシー運転手として働くことが可能です。

タクシー運転手が定年後も仕事を続ける理由3つ

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

タクシー会社の多くは、選択定年制を導入しており、定年後もタクシー運転手として働き続けることが可能です。そうはいっても、定年を迎えたにもかかわらず、なぜ多くのタクシー運転手が働き続けるのか。そこには、いくつかの理由があります。

タクシー運転手が定年後も仕事を続ける理由1:お金が欲しい

定年後、国からの年金だけで生活することは大変困難です。新たな趣味を始めたい、旅行に行きたいなど定年後にやりたいことがある場合、お金が足りなくなってしまいます。年金は定年後の生活を楽しむには十分な金額ではありません。

定年後もタクシー運転手として働き続け収入を得ることで、金銭面で余裕が生まれ、定年後の生活をより楽しく、満足のいくものにすることができます。

タクシー運転手が定年後も仕事を続ける理由2:やりがいを持ちたい

定年後は自由な時間が多くなります。ゴルフなどの趣味に時間を費やす人や、家でゆっくりと時間を過ごす人、さまざまな生活様式があります。

そんな中で、定年後もタクシー運転手として、お客さんと関わりを持ち、働き続けていくことも一つの選択肢であり、大きなやりがいを感じることができます。

タクシー運転手が定年後も仕事を続ける理由3:お客さんに喜んでほしい

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

タクシー運転手はとても気を遣う仕事です。お客さんを乗せているという責任はもちろん、車内はお客さんと2人きりの場合がほとんどで、運転だけでなくお客さんにもさまざまな配慮が必要です。

それでも、お客さんから感謝や労いの言葉はとてもうれしく、それがやりがいになります。このように、お客さんに喜んでほしいという思いが定年後もタクシー運転手を続ける理由の1つです。

タクシー運転手に高齢者が多い理由3つ

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

タクシー運転手の全国の平均年齢はおよそ58歳であり、平均年齢がおよそ64歳という都道府県もあります。高齢者の自動車事故が問題になっているにもかかわらず、タクシー運転手の平均年齢はなぜここまで高いのか。そこにはいくつかの理由があります。

タクシー運転手に高齢者が多い理由1:ノウハウが蓄積できる

タクシー運転手は歩合制です。つまり、高い給料をもらうためには、一人でも多くのお客さんを乗せることが重要です。そのためのノウハウは一朝一夕で手に入れられるものではありません。

いつ、どこにタクシーを必要としているお客さんがいるか、どの道が渋滞しにくいか、このような知識は経験値がものを言います。高齢のタクシー運転手にはそのノウハウが蓄積されています。

Bottom banner

タクシー運転手に高齢者が多い理由2:定年後の再就職先

定年を迎えた人が再就職先を探すのは、年齢の面でとても大変です。しかし、タクシー運転手には法的な年齢制限がありません。(会社によっては、安全面を考慮し、年齢制限を設けています。)

つまり、普通第二種免許さえ取得していれば、タクシー運転手になることができます。また、深刻な人手不足のため、普通第二種免許がなくても採用してくれ取得のサポートをして頂ける会社もあります。この事実が、タクシー運転手に高齢者が多い理由の1つです。

タクシー運転手に高齢者が多い理由3:労働時間をコントロールできる

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

タクシー運転手には昼日勤、夜日勤、隔日勤務の3つ勤務体制があり、自分自身で働き方を選ぶことができます。

昼日勤:一般のサラリーマンと同じような勤務体制
夜日勤:昼日勤と全く逆の時間に働く勤務体制
隔日勤務:ざっくり説明すると、24時間働いて、24時間休む、といった勤務体制。もちろん、 休憩時間はあります

自分が働きやすい勤務体制で働くことができるのも、タクシー運転手に高齢者が多い理由の1つです。

定年後にタクシー運転手になる際の注意点4つ

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

タクシー運転手は現在、人手不足が深刻化しています。そのため、普通第二種免許を取得していなくても採用してくれる会社もあり、定年後の転職先として人気があります。採用後、会社のサポートを受け、普通第二種免許を取得することができる場合もあります。

しかし、定年後にタクシー運転手のになる際、注意すべきことがいくつかあります。タクシー運転手として安全に働くにはこれから挙げる注意点を守ることが大切です。

定年後にタクシー運転手になる際の注意点1:腰痛や肩こり

年を取ると腰痛や肩こりなど、さまざまな体の問題が生じてきます。体の問題を放置して、タクシー運転手として働くことはとても危険です。

タクシー運転手にはお客さんを目的地まで安全に運ぶ責任があります。腰痛や肩こりのような体の問題がある場合は、病院や整体院などで治療してもらうことが大切です。

定年後にタクシー運転手になる際の注意点2:交通事故のリスク

若いタクシー運転手だから交通事故のリスクがゼロ、ということは絶対にありません。交通事故のリスクは自動車を運転するすべての人にあります。

しかし、年を取るにつれて注意力が散漫になってしまったり、疲労を感じやすくなってしまったり、定年後のタクシー運転手の交通事故のリスクは高まってしまいます。とにかく無理をしないことが大切です。

定年後にタクシー運転手になる際の注意点3:悪天候での運転

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

これは定年後のタクシー運転手に限ったことではありませんが、悪天候での運転はいつも以上に注意を払う必要があります。

雨天時の事故発生率は、晴天時と比べて約4~5倍にまで増加すると言われています。雨の影響で視界が悪く、タイヤがスリップすることもあるからです。

特に夜間は昼間よりさらに視界が悪くなる上、ほかの車両のヘッドライトが雨に反射することがあります。スピードを出し過ぎず、安全運転を心がけましょう。

定年後にタクシー運転手になる際の注意点4:運転技術の過信

若い時からタクシー運転手として働き、定年後もタクシー運転手をやるような人は相当な運転技術を持っています。しかし、自分の運転技術を過信してはいけません。そのちょっとした気の緩み、油断が原因で事故が起こります。

事故を起こしてからでは遅いです。取り返しのつかないことになってしまいます。他人の人生を壊してしまいます。常に初心を忘れず運転することが大切です。

定年後もタクシー運転手を続けよう

タクシー運転手に定年はある?定年後も仕事を続ける理由3つ|注意点3つ

定年後もタクシー運転手して働くためには、いくつか注意することがあります。それでも、タクシー運転手にはいろいろな人との出会いがあり、とてもやりがいのある仕事です。

健康や安全に気を付けながら、定年後もタクシー運転手を続けましょう。それが、定年後の人生をより豊かにしてくれます。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人