Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーが売上アップを狙う15の方法|おすすめアプリ3つ

タクシードライバーが売上アップを狙う15の方法|おすすめアプリ3つ

タクシードライバーの稼ぎはその人次第、頑張れば頑張った分だけ給与に反映される世界です。そこで今回は、タクシードライバーが売上アップを狙う方法を紹介していきます。簡単に実践できるものも多いため、ぜひ参考にして、売上アップを目指しましょう。


タクシードライバーが売上をアップさせる?

目的地まで行きたいというお客様を乗せ有料で送り届け、売上アップさせるのがタクシードライバーの仕事です。安全に、そしてより早く目的地へと送り届けられる知識と経験が必要な難しい仕事でもあります。

タクシードライバーは歩合率を売上に掛け合わせたものが給与となり、頑張った分だけ自分の給料になるというのが特徴です。そのため、多くのタクシードライバーが知恵を振り絞り売上をアップさせています。

タクシーの平均売上

タクシーの乗車賃は地域により売上も大きく異なります。しかしタクシー会社に勤務している場合は、どこの地域でも給料は歩合制であり、売上の5~6割ほどです。

東京都の場合、一日に乗せる乗客の数は平均30人ほど、乗客一人当たりの平均単価は1,500円です。一台あたりのタクシーの平均売上高は東京都の場合で4~5万円で、給料は歩合制で5~6割であるため日給は2~3万円程になります。

タクシードライバーが売上アップを狙う15の方法

タクシードライバーは、歩合率を売上に掛け合わせたものが給与となります。経験を活かして実績を積んでいけば給与に反映される完全出来高報酬制であるため、多くのタクシードライバーたちは、さまざまな方法を駆使して売上アップを狙っています。

ここでは、タクシードライバーが売上アップを狙うことができる15の方法を紹介していきます。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法1:トイレに行く回数を減らす

トイレへ行くことは生理現象であるため仕方ないですが、タクシードライバーがトイレへ行っている間タクシーは無人となり、無人タクシーであればお客様はほかのタクシーへ乗車してしまいます。

トイレへ行く回数が多ければ多いほど仕事ができる時間が少なくなるため、売上アップさせたいのであればトイレへ行く回数を減らしましょう。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法2:休憩場所に行く時間を少なくする

トイレだけでなく休憩場所に行く回数が多ければ多いほど売上は下がります。休憩を取る場合は休憩場所に行くのではなく、なるべくタクシーの車内、または、現在地近くですませるようにしましょう。

タクシーを停めたすぐそばでストレッチをしているタクシードライバーの姿をたまに見かけますが、タクシーの近くで休憩していれば、すぐにお客様の対応をすることができます。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法3:行きは標準ルートで帰りは最短ルートを心がける

目的地まで送り届けるのがタクシードライバーの仕事です。料金が発生するのはタクシーにお客様を乗せてから目的地に到着するまでで、お客様を送り届けた場所から帰るときには料金が発生しないため帰りは最短ルートで帰宅することが望ましいです。

タクシー料金は、距離に比例してが上がるため、行きは標準ルートで帰りは最短ルートを心がけましょう。いくら距離に比例するからといって遠回りばかりするのはNGです。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法4:戻りのお客様を見つける

タクシードライバーには、ホームと呼ばれる得意なエリアがあります。ホーム内で業務ができればいいのですが、お客様によってはホームから離れた場所を目的地とするケースもあります。

ホームから離れた場所へ送迎した後に、多くのタクシードライバーがホームへ戻ります。しかし、空車で戻ると料金が発生しないため、売上アップを狙うのであれば戻りのお客様を見つけるようにしましょう。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法5:裏道や抜け道を覚える

タクシードライバーは、ドライバー歴が長い人ほど裏道や抜け道を知っています。例えば、どの道路を進むと駅から近道になるのかなどをチェックし、覚えることが売上アップにつながります。

裏道や抜け道を覚えるためには、住宅地の道をマスターする必要があります。実際に走ってみることで道を覚えるので、特に新人時代は道を覚えるためにも、たくさん走行してみましょう。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法6:目的地の到着直前になったら支払いの準備を始める

売上アップを狙うのであれば、回転率を上げる必要があります。目的地の到着直前になったらお客様に料金を伝え、支払いの準備をしてもらうとスムーズに乗客を降ろすことができ、またすぐ別の乗客を乗せてタクシーを走らせることができます。

すこしの時間ですが、このわずかな時間を短縮することが売上アップにつながります。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法7:よく手が挙がる場所を覚える

売上アップを狙うのであれば、お客様が頻繁に乗る場所を知っておくことが大切です。タクシーを利用する人が多い場所といえば、駅または病院、繁華街などです。

よく手が挙がる、駅、病院、繁華街などからタクシーに乗る人は、近距離目的のケースが多い傾向にありますが、数をこなすことで売上をアップさせることができます。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法8:常連客が乗る場所と時間帯を覚える

タクシーをよく利用する常連客が乗る場所と時間帯を覚えることが売上アップにつながります。たくさんの数をこなさなければ常連客が乗る場所、時間帯を覚えることは難しいです。

売上が多いタクシードライバーは、お客様の顔を覚えることが得意です。お客様の顔、乗る場所、時間帯を覚えることで自分の常連客にできて、売上をアップさせることが可能になります。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法9:自分の売上目標リミッターを外す

Bottom banner

その日一日の売上を、自分で決めてしまっていませんか。タクシードライバーとして働くうえで売上目標を設定することは大切なことですが、売上目標を達成したからといって満足してしまっては売上アップを狙うことはできません。

自分の売上目標リミッターを外し、売上アップのため意欲的に働きましょう。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法10:制限時間いっぱいまで粘る

タクシードライバーが売上アップを狙うのであれば、制限時間いっぱいまで粘りましょう。当たり前のことですが、業務を早く終えてしまえばその分売上は減ります。

とくに終電が過ぎた時間の繁華街は、帰宅する足がない人がタクシーを利用するケースが増えるため、制限時間いっぱいまで粘る価値があるでしょう。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法11:釣り銭を多めに用意する

タクシードライバーは、釣り銭は自分で用意しなければなりません。釣り銭を用意する際は、必ず多めに用意するようにしましょう。釣り銭がない場合は、お客様に迷惑がかかります。

タクシーといえば、「1万円を出したら嫌な顔をされた」というエピソードを多く聞きます。嫌な顔をされていい思いをする人はいません。1万円を出されても笑顔でお釣りを返せるようなタクシードライバーになれば評判になりお客様も増えるでしょう。

クシードライバーが売上アップを狙う方法12:事務所から高単価の予約を回してもらう

タクシードライバーの多くは、近距離目的のお客様よりも高単価の長距離目的のお客様を好む傾向にあります。走った距離が売上になるため、長距離目的の方が高単価となるからです。

タクシーを利用するお客様の中には、タクシー会社に直接予約する方もいます。事務所とうまく連携が取れていれば、高単価の予約を回してくれる可能性が高いため仲良くしておいて損はないでしょう。売上アップを狙うのであれば、上とのパイプも必要です。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法13:仲間からお客様などの情報を集める

上とのパイプも必要ですが、同じタクシードライバー同士のパイプも売上アップには必要です。現在どこでタクシー待ちをしている人が多いのかなど、リアルタイムな情報交換ができれば、売上アップにつながるでしょう。

同じホームを持つタクシードライバーは売上を奪い合う敵ではありますが、仲間にすると頼もしい存在にもなります。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法14:路線の運行情報を気にする

売上アップを狙うのであれば、電車の運行見合わせや遅延の情報に敏感になる必要があります。電車の運行見合わせなどは、多くの乗客に影響を及ぼしますがタクシードライバーにとっては売上アップのチャンスです。

電車の運行情報を知らせてくれるアプリがあるため、積極的に活用するようにしましょう。タクシードライバー仲間との連携により、情報を共有できれば心強いです。

タクシードライバーが売上アップを狙う方法15:天気の状況を把握する

天候はタクシードライバーの売上に大きく左右されます。売上アップになりやすい天候は雨、豪雨であればあるほど売上アップしやすい傾向にあります。いつ頃から雨が降りやすいのか、ラジオやスマホを利用して天気予報を常にチェックしておくことをおすすめします。

雨がいつ頃から降り始めるかを知ることで、雨が降り出す前に休憩を取ったりという工夫もできます。

タクシードライバーの売上アップにおすすめのアプリ3選

スマホの利用率は2019年2月現在で85%を超え、世代を問わず多くの人が利用しています。スマホを利用している人の多くが、なにかしらダウンロードしているアプリですが、このアプリにはタクシードライバーたちの売上アップに貢献するものもあります。

タクシードライバーの売上アップにつながるおすすめアプリをご紹介していきます。

おすすめのアプリ1:Square

Squareは、お持ちのスマホやタブレットがEMV準拠の安全なクレジットカード決済機能を持ったPOSになるという画期的なアプリです。現金を持ち歩かずカード決済する人が増えている昨今、簡単にカード決済できるアプリは、売上アップに効果てきめんであると言えます。

残念ながら無料アプリではありませんが、月額ではなく初回に支払うだけでよいためランニングコストが抑えられ、安心してアプリを活用できます。

おすすめのアプリ2:VoiceTra

VoiceTraは、31カ国語に翻訳することが可能な翻訳アプリです。外国語が堪能なタクシードライバーは一体どれほどいるのでしょう。英会話に習いに行く時間がないのであれば、翻訳アプリをダウンロードし、外国人とのコミニケーションに利用することをおすすめします。

外国人観光客が多いエリアでタクシードライバーをしている人には特におすすめのアプリです。無料でダウンロードできるのもうれしいポイントです。

おすすめのアプリ3:Japan Official Travel App

観光局が提供しているJapan Official Travel Appは、観光情報に加え多言語に対応しており、外国人が知りたい情報をすぐに検索できる優秀なアプリです。アプリをダウンロードしたタブレットをタクシー内に設置しておくと喜ばれるでしょう。

2020年開催の東京オリンピックではさまざまな国の人が訪れタクシーを利用することも多いと予想します。外国人が快適に乗車できるよう工夫し売上アップを狙いましょう。

タクシードライバーが売上アップする方法を学んで実践しよう

タクシードライバーの多くは、生活がかかっている人達です。したがって、売上アップのために試行錯誤をしています。ここまで紹介してきた売上アップを狙う15の方法とおすすめのアプリを参考に、タクシードライバーの方は、ぜひ実践して売上アップを目指し頑張ってください。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人