Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

タクシーの仕事で流しのお客さんを得るにはコツがあります。お客さんがタクシーを停めやすいように速度を落として走らせたり、空車のサインを目立たせるコツも必要になります。流しでお客さんを得たい場合には、地域ごとに人が集まる時間帯のデータを集めておきましょう。

タクシーの営業方法をおさらいしよう

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

タクシーの仕事をしていて売り上げが伸びない場合は、一度営業方法をおさらいする必要があります。自分が普段取り組んでいる営業方法を見直して、改善できる箇所があれば直していくことが大切です。

タクシーの仕事をする人は、固定客を得る営業をしていきながら、流しのお客さんの獲得に動いていきましょう。

タクシーの営業方法1:無線配車

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

タクシーの営業方法に無線配車があります。タクシー会社にお客様から配車依頼の電話がかかってきた場合、一番近くにいる車に配車手配の無線連絡が入るので、仕事を得るためには会社に信頼できる運転手になっておく必要があります。

無線配車でお客さんを乗せた人は、息の長いお客様にするために精一杯の接客をして、固定客を増やしていきましょう。

タクシーの営業方法2:付け待ち

タクシーの営業方法に付け待ちという営業があります。駅や空港のロータリーにある付け待ちポイントに車を停車させることでお客さんを得る方法です。しかし、付け待ちという営業方法も人が多い場所や時間帯を把握しておくことが必要です。

付け待ちの営業に力を入れる人は、街の催しものの日程を調べておき、人が多い時間帯を選び、駅や空港の付け待ちポイントに車を停車させましょう。

タクシーの営業方法3:流し

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

タクシーの営業方法に流しという方法があります。流しとはタクシーを走らせている途中でお客さんが車を見つけて利用する場合のことを指します。そのため、流しでのお客を増やすためには車のスピードを考えながら、車間距離を考えて走るコツが必要になります。

流しでお客さんを掴むコツを得たい人は、タクシー利用者が多い区域を走行するようにして、お客さんが車を止めやすい速度で走るようにします。

タクシーの「流し」で売り上げアップを狙う4つのコツ

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

タクシーの流しで売り上げを上げるにはコツを掴んで仕事をする必要があります。ただ闇雲にタクシーを走らせていても利用客を増やすことはできないので、タクシー利用者が多い区域に人が集まる時間帯を考えて車を走らせるコツが必要になります。

流しでの売り上げアップのコツを得たい人は、普段から街の様子を観察しておき、タクシー利用者が求めていることはどのようなことなのか考えるようにしましょう。

「流し」のコツ1:需要のある時間帯を把握する

流しのコツの一つに需要のある時間帯を把握することが求められます。常に人が多い付け待ちポイントは他のタクシーがいることも多いですが、駅が混雑しているときにはタクシーが足りないこともあり、また付け待ちポイント付近に歩いているお客さんを狙うこともできます。

流しのコツを得たい人は、付け待ちポイントで待つお客さんを注視しながら、付近に歩いている人も気にしながら車を走らせるようにしましょう。

「流し」のコツ2:イベント情報を確認する

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

イベント情報を確認することも流しのお客さんを掴むコツです。イベント後は早く家に帰りたい人が多いので、会場付近でタクシーを走らせることで流しのお客さんに利用してもらう機会が増えます。

タクシーの仕事をする人は、イベント雑誌やネットで催しものの時間を調べておき、イベント終了後に会場付近に車を走らせるようにします。流しのお客さんに多く利用してもらうには、人の心理を読むコツを得るようにしましょう。

「流し」のコツ3:車間距離をとって空車であることを目立たせる

車間距離を取って空車であることを目立たせることも流しのお客さんを得るコツになります。車間距離を取って空車で車を走らせれば、お客さんはタクシーを停めやすいので利用してくれることが多いです。

流しのお客さんを増やしたい人は、会社と駅の距離が離れている場所などを探してタクシーを空車で走らせるようにしましょう。

「流し」のコツ4:流しのときの速度はゆっくり

流しのお客さんを取りたいときは、タクシーの速度を下げるのも流しの際のコツです。速度が早ければ、タクシーを停めにくくなるので、お客さんが声をかけやすい速度で車を走らせる必要があります。

流しでのお客さんを取りたい人は、後続の車両に迷惑がかからない程度に車の速度を下げて、安全に気をつけながらタクシーを走らせましょう。

タクシーで高収入を狙うなら長距離のお客さんを狙おう

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

流しでお客さんを得ることも大切ですが、タクシーの仕事で高収入を得たいならば長距離利用者を増やすようにしましょう。流しでの営業は無駄に車を走らせる時間が多いので、長距離でのお客さんを取った方が高収入を狙えます。

タクシードライバーの仕事をする人は、外国人の多い地域や交際線が離発着する空港や港を狙い、車を走らせましょう。

長距離のお客さんを乗せるコツ4つ

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

長距離のお客さんを乗せるにはコツが必要です。人が集まっていない場所や時間帯にタクシーを走らせても需要がないので、利用者を増やすことはできません。

長距離でのお客さんを得たい人は、街の土地勘を得る努力をしながら、季節や時間帯に合わせたデータを集めて、人が多い場所を狙いタクシーを走らせるようにしましょう。

コツ1:終電後の繁華街で流す

長距離のお客さんを乗せるコツに終電後の繁華街で流すことが挙げられます。繁華街がある場所で、終電を逃した人は家までの距離が長距離になってもタクシーに乗ることが多くなるので、長距離のお客さんを得やすくなります。

タクシーの仕事をする人は、歩行者や他の車に気をつけて、繁華街でタクシーを走らせるようにしましょう。

コツ2:駅から離れた住宅で流す

駅から離れた住宅街でタクシーを流すのも長距離でのお客さんを得るコツです。時間帯によってはバスの本数が少ない場合もあるので、駅から離れた住宅でもタクシーの利用者が多い地域で車を走らせるようにします。

タクシーの仕事をする人は、担当する地域の土地勘を得ておき、駅から離れている住宅の位置を把握するようにしましょう。

コツ3:終了後のイベント会場付近で流す

終了後のイベント会場付近で流すのも長距離でのお客さんを得るコツになります。イベントには遠くから参加している人も多いので、早く帰宅するために長距離のタクシーを利用することが多くなるからです。

イベント終了後のお客さんを得たい人は、イベントが終わる時間を調べておき、終了後の会場に向かえように仕事を進めておきましょう。

コツ4:天気や気温などの影響を把握する

天気や気温などの影響を把握することも長距離でのお客さんを得るコツです。外の気温が低ければ、タクシーを利用して移動したいと考えるので、繁華街や空港で長距離のお客さんを得やすくなります。

自分で出勤前に地域の天気予報を調べておき、天候に合わせた場所や時間帯のデータを集めて車を走らせるようにします。

タクシーで稼ぐには日々のデータ収集が重要!

タクシーの「流し」で売上アップのコツ4選|長距離のお客さんを乗せるには?

タクシーで稼ぐには日々のデータ収集は欠かせません。人が集まる場所、時間帯だけでなく季節や気温の変化をデータ化して、その記録を活用して動くことができれば、人の流れを掴みやすくなります。

タクシーで稼ぎたい人は、長距離での利用と流しの場合のデータを集めておき、一度乗せたお客さんを固定客にするつもりで接客していきましょう。

Related