Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ジャパンタクシーにおける車いす乗降性改善後の特徴6つ|課題点4つ

ジャパンタクシーにおける車いす乗降性改善後の特徴6つ|課題点4つ

ジャパンタクシーとは2020年のオリンピックに合わせて車いす利用者が利用しやすいようにユニバーサルデザインされたタクシーです。車いすを利用している人が心のバリアフリーを感じてもらえるようにジャパンタクシーのドライバーは運用を考えていくことが大切です。


ジャパンタクシーとは

ジャパンタクシーとはトヨタ自動車が製造販売している車いすに乗った人を乗せることに特化した、タクシー用トールワゴン型商用車です。車いすを利用している人がさまざまな場所へ赴けるようにジャパンタクシーという乗り物が誕生しました。

車いすを利用している人は、運転者と介助者に従いながら、怪我や事故につながらないようにジャパンタクシーを利用しましょう。

2020年東京五輪を見越したUD

ジャパンタクシーは2020年の東京五輪を見越したユニバーサルデザインを考慮した車両となっています。2020年の東京五輪の際は言語、種族、年齢、性別、障害の有無に関係なく誰でも参加できることが課題となっており、そのための一環としてジャパンタクシーが生まれました。

2020年の東京五輪に関わる人は、心のバリアフリーを第一に考えながら、ICTの活用やユニバーサルデザインの商品を取り入れるようにしましょう。

普及後まもなく車いすの乗降性の問題点が浮上

ジャパンタクシーの普及後、車いすの乗降性の問題点が浮上しました。ジャパンタクシーが登場した当初は、車いすを乗せる際の介助者の負担が大きく、また車いすを乗せることに時間がかかることが問題になっていました。

ドライバーや介助をする人は、問題点が改善されている車両を選ぶようにして、車いす利用者の心の負担を減らすようにしましょう。

ジャパンタクシーにおける車いす乗降性改善後の特徴6つ

ジャパンタクシーにおける車いすの乗降性改善後の特徴が6点ほどあります。ジャパンタクシーの乗降性を改善しても、その他の部分が使いやすくなっていないこともあるので、乗降性の特徴を掴みながら、車両を利用することが大切です。

ジャパンタクシーの会社を運営する人は、車いす利用者の立場に立ちながら、ジャパンタクシーの利点を活かした使い方をするようにしましょう。

ジャパンタクシーにおける車いす乗降性改善後の特徴1:スロープ構造に見直し

ジャパンタクシーにおける乗降性改善後の特徴にスロープ構造の見直しがあります。以前のスロープではスロープ同士を結合したり、折りたたみ式のものを使い時間がかかっていましたが、一体型の丈夫な樹皮製で作られたスロープを使うことで時間の短縮が改善されています。

車いす利用者の介助者となる人は、改善されたスロープを使うようにして、できるだけ時間が短縮できる作業を心掛けましょう。

ジャパンタクシーにおける車いす乗降性改善後の特徴2:スライドドアの閉時間短縮

ジャパンタクシーにおける乗降性の改善後の特徴にスライドドアの開閉時間の短縮があります。以前のジャパンタクシーはドアの開閉に6,5秒かかっていましたが、改善後の車両は5秒に時間が短縮されています。

車いすを介助する人は、スライドアの時間が短縮された分、他の作業をするようにして、作業全体のタイムロスを減らしましょう。

ジャパンタクシーにおける車いす乗降性改善後の特徴3:料金トレイの高さ

ジャパンタクシーにおける車いすの乗降性の改善後の特徴に料金トレイの高さがあります。以前の料金トレイより、改善後のトレイは10cm下げて取り付けてあります。

ジャパンタクシーを経営している人は、料金トレイの高さが下げられたものを率先して利用するようにして、ドライバーは車いす利用者や介助者の負担を減らす努力をしましょう。

ジャパンタクシーにおける乗降性改善後の特徴4:作業手順を目立つ場所にラベル化して取り付け

作業手順を目立つ場所にラベル化して取り付けることも、ジャパンタクシーにおける乗降性の改善後の特徴です。作業手順を分かりやすくラベルで示すことで、改善された車種の利点を活かして車いすを乗せることができます。

ジャパンタクシーを運転する人は、目立つ場所に作業手順のラベルを貼り、介助者が困っている場合は車いすの乗降を手伝うようにしましょう。

Bottom banner

ジャパンタクシーにおける乗降性改善後の特徴5:車いす固定ベルトの収納

ジャパンタクシーにおける乗降性の改善後の特徴に車いす固定ベルトの収納があります。以前のジャパンタクシーでは収納袋に固定ベルトが入って無造作に置かれていましたが、リアフロアに備えた収納ポケットに車いす固定ベルトを仕舞えるようになっています。

車いすを介助する人は、思わぬ事故に繋がらないためにもジャパンタクシーの車内の整理整頓を心掛けるようにしましょう。

ジャパンタクシーにおける乗降性改善後の特徴6:車いすを固定する時間の短縮

ジャパンタクシーにおける乗降性の改善後の特徴に車いすを固定する時間の短縮があります。あらかじめ車いすに使う固定ベルトを車両に設置しておくことで、ベルトを探したり、どの場所に固定して良いか迷う必要がないので、時間の短縮につながります。

車いすを介助する人は、作業手順が書かれたラベルを見ながら、乗降作業のシミュレーションを立てるようにしましょう。

ジャパンタクシーにおける今後の課題点4つ

ジャパンタクシーにおける今後の課題点が4点ほどあります。課題が改善されたジャパンタクシーが作られても、車いす利用者に喜ばれる仕事をすることができません。

世界基準で物事を考える場合、ドライバー、介助者、車いす利用者、それぞれが笑顔になれるようなジャパンタクシーの運用を目指す必要があります。

ジャパンタクシーに関わる人は、お互い譲り合いの気持ちを持って、それぞれの立場でジャパンタクシーを利用しましょう。

ジャパンタクシーにおける今後の課題点1:乗降の手順の煩雑さ

ジャパンタクシーにおける今後の課題点に乗降手順の煩雑さがあります。ジャパンタクシーがどれだけ改善されても車いすを乗せるという煩雑さをなくすことはできません。車いすを乗せることを煩雑だと感じさせない社会作りが必要になります。

ジャパンタクシーを運転する人は、乗降が煩雑にならない場所選んで車を停めたり、スムーズな乗降のためにできることはどのようなことがあるのか考えていきましょう。

ジャパンタクシーにおける今後の課題点2:ドライバーへの研修などの必要性

ジャパンタクシーにおける今後の課題点にドライバー研修などの必要性があります。ジャパンタクシーを運用するためには、車いすやバリアフリーのことを理解していなければ仕事をしていくことはできないので、研修をしていく必要性があります。

ジャパンタクシーを運営する人は、車いす利用者、介助者、車の機能を理解するような研修プログラムを組み、ジャパンタクシーの運用をしていきましょう。

ジャパンタクシーにおける今後の課題点3:ドライバーへの精神的や肉体的負担

ジャパンタクシーのおける今後の課題点にドライバーへの精神的、肉体的な負担があります。ジャパンタクシーは利用者のことを第一に考えなくてはならないので、仕事をしていく上で精神的、肉体的な負担が増えることがあります。

ジャパンタクシーを利用する人は、過度な注文をしないようにして、お互いの気持ちを尊重しながら、タクシーを利用するように心掛けましょう。

ジャパンタクシーにおける今後の課題点4:車いすユーザーの懸念

ジャパンタクシーにおける今後の課題点に車いすユーザーの懸念があります。ジャパンタクシーというシステムは最近出てきたものなので、料金面や利用する際の煩わしさがあると考えている車いす利用者が多いため、一般的なものになりにくくなっています。

ジャパンタクシーを運営する人は、ネットや広告だけでなく障害者施設などに赴き、ジャパンタクシーの便利さをアピールしましょう。

ジャパンタクシーの特徴と課題を知ろう!

ジャパンタクシーのドライバーや、タクシーを利用する介助者、車いす利用者はその特徴と課題を知るようにしましょう。ジャパンタクシーの特徴と課題を知ることで、より良いタクシーの運用ができたり、上手に車両を活用することができます。

ジャパンタクシーに関わる人は、タクシーに改善されていない箇所があれば、お互いに助け合ってジャパンタクシーを利用するようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人