Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手はどのくらいの「平均年収」を稼いでいるのかご存じでしょうか。今回の記事では、経験者でなければ分かりにくいタクシー運転手の給与形態の違いや、平均年収の都市部と地方の違いについて、また平均年収をアップさせるポイントについて紹介します。

タクシー運転手とはどんな仕事なのか

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

「タクシー運転手」はどんな仕事なのかというと、タクシーを運転することでお客さんを目的地まで運ぶ旅客運送を行うのが仕事です。

街中で「空車」のタクシーを見つけて、乗ったことがある人も多いことでしょう。多くのタクシーはそのように客待ちをしたり、無線での配車依頼を受けてお客さんを運ぶことを仕事としています。

勤務日数と勤務時間

クシー運転手の場合、勤務日数や勤務時間は日勤勤務か隔日勤務かで大きく変わってくることになります。

日勤ならば休憩をはさんで1日8時間勤務の月22日出勤が平均ですが、隔日勤務の場合は2時間程度の休憩をはさみつつ15時間勤務で月の出勤日数は12日前後というように、かなり差があります。タクシー運転手の多くは、より給与を稼ぎやすい隔日勤務で働いているでしょう。

タクシー会社と個人タクシーの違い

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー会社は法人として多くのタクシー運転手を抱えていますが、個人タクシーの場合は法人に入らず個人で営業しているタクシー運転手を言います。

ただし、個人タクシー運転手になるには法人タクシー運転手の経験10年以上などの条件があります。給与面では、タクシー会社に勤めている場合よりも個人タクシーの方が多くを自分の給与とできますし、働く時間も自由に設定することができるでしょう。

タクシー運転手の給与形態は

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手の給与形態ですが、現在でも多くのタクシー会社は「歩合制」を選択しており、「固定給」を採用しているタクシー会社はあまり多くありません。

どんな給与形態なのかはタクシー会社によって違うため、どちらの給与形態がよいのか決めておくことがおすすめです。ここからは、タクシー運転手の給与形態のうち固定給制度の場合のメリットやデメリット、歩合制の場合のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

タクシー運転手の給与形態1:固定給与制度

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手の給与形態、「固定給与制度」とは通常のサラリーマンのように、あらかじめもらえる給与が決まっているという給与形態です。

現在のタクシー会社では、基本的に固定給与のみを給与制度としているところはほとんどないでしょう。たいていは、固定給与+歩合制給与となっていることがほとんどです。これはサラリーマンのように勤務状況を把握することができない、などが理由になっていると言われています。

固定給制度のメリット

給与形態が固定給与制度であった場合のメリットは、なんといっても毎月の給与額が変わらないため毎月の収入がどの程度なのか把握しやすいし、計画を立てやすいことにあります。

タクシー運転手としてあまり売り上げを上げられなかったとしても、固定給与制度ならば毎月決まった金額の給与を受け取ることができるというメリットがあります。

固定給制度のデメリット

毎月決まった額の給与がもらえる固定給与制度のデメリットは何かというと、給与額が固定されているということは、どれだけ売り上げを上げても給与に反映されることはないということです。

ある程度タクシー運転手として稼ぐ自信のあるひとの場合、固定給与制度よりも歩合給制度での給与の方が高くなる傾向にあります。しっかり売り上げを上げることができるなら、固定給与制度ではデメリットがあることになります。

タクシー運転手の給与形態2:歩合給制度

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手の給与形態としては、こちらの「歩合給」制度が一般的となっています。

多くのタクシー会社が歩合給として、給与を「基本給+手当+歩合給」としています。しかし中には、完全歩合給制度として売り上げ×歩合率が給与になる、という制度の場合もあります。歩合給制度といっても計算方法に違いがありますので、タクシー会社を選ぶ際には気をつけましょう。

歩合給制度のメリット

タクシー運転手の歩合給制度のメリットは、売り上げを上げれば上げただけ自分の給与に反映されるため稼ぎやすい、というのが最大のメリットでしょう。

多くで採用されているのが、売り上げからノルマ(足切り)を引いた額に歩合率を掛け、その金額を基本給や手当にプラスするという計算方法です。歩合率は高くても60%となりますが、稼いだ分だけ自分の給与にプラスされることは間違いありません。

歩合給制度のデメリット

歩合給制度の場合のタクシー運転手のデメリットは、もしも売り上げがよくなかった場合には給与がかなり下がるリスクがあるということでしょう。

タクシー運転手は、基本給はそんなに高くなく設定されていることがほとんどです。そのためノルマ(足切り)を超えた売り上げが出せなかった場合、とたんに給与が低くなります。売り上げがノルマに届かないならちょっとくらい自腹で出すというタクシー運転手もいるでしょう。

個人タクシーの場合はどうなるのか

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

個人タクシーのタクシー運転手の場合はどうなるのかというと、タクシー会社にいくらか持っていかれるということがないので、頑張れば頑張っただけ自分の給与が増えていきます。

ただし、個人タクシーの場合は基本給などもないことになります。会社に所属していないので、売り上げが悪いときはまったく何も収入がないということになりかねないというデメリットがあります。

タクシー運転手の平均年収とは

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手には固定給制度と歩合給制度の2つの給与形態があると解説してきましたが、それではタクシー運転手の平均年収はどうなっているのでしょうか。ここからは、タクシー運転手の平均年収についてその特徴や傾向について紹介していきます。

平均年収については、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の、平成29年タクシー運転者賃金・労働時間の現況を参考にしています。

地方と都市部によって差が出る

タクシー運転手の平均年収ですが、どの業界よりも都市部と地方での差が大きめであることが特徴となっています。

人口が多く、タクシー利用者も多いと考えられている東京などの都市部での平均年収が最も高く、人口の少ない地方の平均年収は低い傾向になっています。タクシー運転手として稼ぎたい場合は、より平均年収の高い地域を狙った方がよいことになります。

地方の場合

地方のタクシー運転手の平均年収ですが、最も低いのが沖縄県の約405万円であり、多くの地方で400万円から450万円程度が平均年収となっています。

地方では沖縄の他、青森・秋田・岩手・山形・新潟などの東北地方や鳥取・島根の中国地方、四国の高知県や宮崎・佐賀・鹿児島がこちらの平均年収にあてはまります。

都市部の場合

タクシー運転手として最も稼げると言われている東京の場合の平均年収は、平成29年で約685万円となっています。

都市部である神奈川や埼玉・千葉などの地域でも、軒並み平均年収が500万円を超えているのが特徴です。大阪の平均年収が約590万円である他、滋賀や京都・兵庫・そして九州の福岡などもタクシー運転手の平均年収が500万円を超えています。

平均年収を上げるポイント6つ

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手の場合、都市部か地方かで平均年収にも大きな差がありますが、いくら稼げる土地であってもポイントを押さえた営業をしていないとなかなか年収を上げられないことがあります。

タクシー運転手として平均年収を上げていくには何に気をつければよいのか、ポイントを6つほど紹介いたしますのでぜひご覧ください。

ポイント1:待機場所を考える

タクシーがよく駅前のタクシー乗り場などで客待ちをしていることがありますが、このようにお客をどのような場所で待つか待機場所を考えることは重要なポイントの1つです。

たとえば朝の通勤時間帯なら、駅前などもよいでしょうが激戦区となりやすいです。少し遠出して、逆に住宅街で出勤するお客を捕まえる工夫をする、夜は飲食街の近くで待つなど、いかに効率よくお客さんを乗せることができるかどうかがポイントです。

ポイント2:稼働日数を増やす

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

単純な話ですが、タクシー運転手として働く日数を増やしていればそれだけ平均年収を上げることはできます。ただし、タクシー運転手は決まった休息時間をとる必要があるなどの規定がありますので、規定をこえて働くことはできません。

日勤勤務であった場合には、隔日勤務に切り替えるのも効果的です。隔日勤務をすることで、よりタクシー利用者の多い深夜営業ができるようになるため、平均年収アップに効果があるでしょう。

ポイント3:お客様目線で考える

タクシーの平均年収を上げるには、時にはお客様目線になってどのようなタクシーなら利用しやすいのかを考えてみることも必要でしょう。

街中を「空車」で周っている時はゆっくりめに走って空車タクシーであることを分かりやすくすることや、信号待ちでも先頭になるようできるだけ調整する、などの工夫があります。ただ空車をつけて走るのではなく、どうしたらお客さんの目につきやすいか考えてみましょう。

ポイント4:地方から都市部へ

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手の平均年収のところでも紹介しましたように、タクシー運転手の年収は地方か都市部かでも大きな差があるため、稼ぎたいなら都市部へ働きにでることも考慮しましょう。

最も平均年収が低い地方と最も高い東京では、その差が300万円ちかくにものぼります。地方で働いているタクシー運転手の場合は、地方から出て都市部で働くようにするだけでも、タクシー運転手としての平均年収を上げやすくなるでしょう。

ポイント5:イベントなどをチェックする

タクシー運転手が平均年収を増やす、売り上げを増やすには、人が多く移動するイベントなどの催事をよくチェックしておくこともポイントです。

今日は近場の球場で試合があるからそれを踏まえて行動するなど、人がたくさん集まるイベントがあるならそれに備えて待機場所を変えるなどの工夫をしましょう。多くの人が移動するタイミングを知っておくことで、よりたくさんのお客さんを乗せて売り上げを稼げるようになるでしょう。

ポイント6:転職する

タクシー運転手になっているけれど思ったように平均年収がないという場合には、思い切って転職してみるという手もあるでしょう。

とくに地方で働くタクシー運転手の場合、本人がいくら頑張ってもお客さん自体が少ないという問題があります。地方にいたままでは平均年収が上がらないが、都市部にでるのも難しい、そのような時は別の職業に転職することも選択肢の1つとなるでしょう。

タクシー運転手におススメしたい転職サイト5選

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手として転職したい方におすすめの転職サイトについて、5つほど紹介します。

ここで紹介している転職サイトは「求どら」・「タクシーハローワーク」・「転職道.com」・「タクQ」・「ドライバーズワーク」であり、いずれもタクシードライバーの転職を専門としたサイトです。

これらの他に、求人件数が多いけれどタクシー運転手専門ではない総合転職サイトもあります。

転職サイト1:求どら

タクシー運転手への転職サイト、おすすめの1つ目はタクシー運転手の求人を厳選して紹介している「求どら」です。

転職サイト「求どら」の特徴は、サイトが見やすく条件によって求人を探しやすいという点でしょう。未経験者や女性を歓迎しているタクシー会社、年金受給者を歓迎している会社や託児所完備の会社などを、希望に合わせて探すことができるのがポイントです。

転職サイト2:タクシーハローワーク

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

転職サイトとおすすめする2つ目、タクシー就職情報サイト「タクシーハローワーク」は日本初のタクシー専門の人材紹介会社です。

会社の歴史は10年と長く、厚生労働大臣認可の転職サイトとして高い評価があります。基本的には、東京や埼玉県・神奈川県・千葉県・大阪府などの都市部のタクシー運転手の求人に強いサイトです。

転職サイト3:転職道.com

「転職道.com」は、全国のタクシー運転手の求人情報を紹介している転職サイトです。タクシー知恵袋やタクシー無料転職相談など、タクシー運転手に転職するにあたって疑問がある方、不安がある方にとって利用しやすいサイトとなっています。

「転職道.com」自体は全国に対応しているサイトなのですが、全国版の他に東京版・神奈川版・大阪版を選択して見ることができます。

転職サイト4:タクQ

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手への転職を考えている方におすすめの転職サイト、「タクQ」もまたタクシー運転手専門の転職サイトであり、登録されている求人が多めのサイトとなっています。

「タクQ」では県ごとに求人を探せる他、こだわり条件から探す機能によって転職希望者の希望に沿った求人を探しやすくなっています。生活支援制度有の会社や年金受給者歓迎の会社、マイカー通勤可能な会社などをこだわり条件から探すことができます。

転職サイト5:ドライバーズワーク

タクシー運転手専門の転職サイト、「ドライバーズワーク」では登録なしで求人情報を見ることができますが、登録した後は専任コンサルタントから非公開求人を紹介してもらうこともできます。

すでにベテランとして働いているタクシー運転手の方や、未経験者・第二新卒でも利用しやすいよう専任コンサルタントがつきます。タクシー業界ガイドでは、未経験者にも分かりやすくタクシー運転手の仕事について紹介されています。

タクシー運転手の平均年収を知りましょう

タクシー運転手の平均年収と給与形態の違いとは|年収アップのポイント6つ

タクシー運転手は稼ぎやすい職業として近年人気が出てきていますが、今回はその平均年収についてとりあげてみましたが、いかがでしたでしょうか。

タクシー運転手の平均年収は地方や都市部によっても違いがあり、平均年収をアップさせるにはコツをつかんだ営業をする必要がありますが、稼げば稼いだだげ給与として還元されることが多い職業となっています。

Related