Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ハイヤーとタクシーの違いを5項目比較|ハイヤーとタクシーはどちらがお得

ハイヤーとタクシーの違いを5項目比較|ハイヤーとタクシーはどちらがお得

ハイヤーとタクシーのとはそもそもどういう違いなのでしょうか。料金体系、営業の違い、車種やサービスの違いをまとめてみました。ハイヤーとタクシーの正確な違いを理解し、利用する際に自分がどのような目的で選ぶのかがわかるようになっています。


ハイヤーとタクシーの違いを知ろう

本記事では、ハイヤーとタクシーの違いを5項目比較、ハイヤーとタクシーはどちらがお得なのか、という点について紹介していきます。

ハイヤーとタクシーはどちらも料金を払って目的地に乗せてくれる車ですが、それぞれの特徴は異なります。タクシーは知っているもののハイヤーは今一つわからない、という人もいるでしょう。

本記事でハイヤーとタクシーの違いについてしっかり理解していきましょう。

ハイヤーとは

ハイヤーとは、利用客の要請に応じて営業所・車庫など拠点から配車に応じる自動車のことをいいます。

ハイヤーは英語では、「hire」という言葉になり、賃貸・賃借という意味があります。つまり、「賃金を払って人を雇う」という形がハイヤーであり、指定の時間に自分専用の車を雇う、という使い方になります。

そのため、営業所など、拠点から送り迎えをして拠点に戻るまでが料金に含まれます。

タクシーとは

タクシーとは、利用客がタクシー運転手に乗車の申し込みを行い、個別契約で希望した目的地まで乗車する自動車です。

タクシーの原型は、馬が交通手段の中心だった時代に、馬車の所有者から、移動料金を取る仕組みができたことがはじまりといわれています。日本では江戸時代の籠、明治時代の人力車などがタクシーの原型でもあります。

ハイヤーとタクシーの5つの違いを比較

具体的にハイヤーとタクシーは何が違うのでしょうか。もう少し細かい部分で違いを知りたいという方もいるでしょう。

次はハイヤーとタクシーの5つの違いや比較を、利用される状況・利用料金・サービス・車種・デザイン、について紹介していきます。

それぞれの違いをしっかりチェックしていきましょう。

ハイヤーとタクシーの5つの違い1:利用される状況

ハイヤーとタクシーの5つの違い、1つ目は「利用される状況」についての違いを見ていきましょう。

実はハイヤーはタクシーよりも歴史が古く、格式が重んじられる状況で利用されてきたという歴史があります。格式が重んじられる状況での利用だからこそ、一般的に遠い存在でもあるでしょう。

逆にタクシーは多くの人が身近に感じている移動手段です。このこともタクシーが利用される状況に影響しているでしょう。

ハイヤーが利用される状況

ハイヤーは、交通機関の中でも高い付加価値を持った個別の輸送機関であり、もてなす場合などに利用されます。

ハイヤーが利用される状況は、官公庁への訪問・企業役員の移動手段・海外VIPの送迎・観光・冠婚葬祭・記念日パーティの送迎・お得意様へのゴルフ送迎、など、格式が重んじられる場面です。

多くはエグゼクティブ層とよばれる、企業の役員、管理職、経営者などを中心に利用されることが多いでしょう。

タクシーが利用される状況

タクシーはハイヤーと違い、日常的に特に状況を選ばず、通常の移動手段として様々なシーンで利用されます。

タクシーが利用される状況は、急いでいる時、荷物が多い時、疲れている時、お酒を飲んだとき、終電がなくなってしまった後帰などが多いでしょう。

家族や友達同士での利用や、客先訪問時の移動手段として気軽に使われます。電車やバスに比べて料金が高くなるので、懐に余裕がある時タクシーを使うという人が多いでしょう。

ハイヤーとタクシーの5つの違い2:利用料金

ハイヤーとタクシーの5つの違い、2つ目は「利用料金」についての違いを見ていきましょう。

タクシーは走行距離で料金精算する仕組みで、降車時に支払います。乗っていてもメーターに料金が表示されるのでわかりやすいでしょう。

ハイヤーは、基本料金があり、プラス使用時間や走行距離などを考慮して、前もって契約を行います。降車時に支払うのではなく、後日、請求書の精算としてハイヤー会社に支払います。

ハイヤーの利用料金

タクシーに比べて、基本的には、ハイヤーは専属で契約するものであり、営業所からの移動料金が含まれるので割高な料金設定になっています。

ハイヤーの利用料金は、5キロ以内でも2万円以上かかることもあり高額です。

そのほか例えば、都内から成田空港までの料金は片道3万5000円~、羽田空港までの料金は2万円~、となります。ここにさらに高速料金や駐車料金もプラスされ、高額の乗り物であることがわかります。

タクシーの利用料金

タクシーの利用料金は、2km程度走る場合、初乗り料金で移動できるので、1000円未満であることも多く比較的気軽に利用できる乗り物です。

タクシーも高速料金や駐車料金はとられますが、都内から成田空港までの料金は片道1万5000円~、羽田空港までの料金は5000円~、とハイヤーに比べるとかなり安い料金になります。

ハイヤーとタクシーの5つの違い3:サービス

Bottom banner

ハイヤーとタクシーの5つの違い、3つ目は「サービス」についての違いを見ていきましょう。

ハイヤーとタクシーは、利用する状況、場面が違うこともあり、サービスの提供内容も違います。

格式高い印象のハイヤーと、一般的に利用する機会が多いタクシーはどのような違いがあるのでしょうか。やはり料金的にも高いハイヤーは質の高いサービスを受けることができるのでしょうか。

ハイヤーのサービス

ハイヤーは、法事やおもてなしを行う場合に利用されることもあり、サービスも高い質が求められます。

例えば、ハイヤーのサービスは、ドアの開閉は運転手が手で丁寧にドアを開け閉めしてくれます。

会社役員や海外VIPといったエグゼクティブ層のおもてなしを行うことがあるので、英会話などの特別な教育を受けた運転手がサービスを提供することもあります。

そのためハイヤーの運転手は、厳しい試験に合格した者と限られています。

タクシーのサービス

タクシーのサービスは、あくまで移動手段の乗り物なので、特別なサービスというものはありません。

ドアの閉会は自動ドアによる開閉で、特に目立ったサービスはないでしょう。しいて言えば、運転手によって面白い話題を話してくれたり、楽しい時間を過ごせることもある、などです。

運転手によってまったく話さない人もいるので、無口めなドライバーの場合、無理に楽しい話をしてほしいと求めることは難しいでしょう。

ハイヤーとタクシーの5つの違い4:車種

ハイヤーとタクシーの5つの違い、4つ目は「車種」についての違いを見ていきましょう。

ハイヤーは使用する層は「エグゼクティブ層に多い」といわれ、ハイヤーが使われるシーンも法事の際の移動や海外VIPの空港へのお迎えなど格式が高い時に使われます。

タクシーは街中を走り営業し、家族や友人、個人でも気軽に利用できる、という印象があります。

頻繁に使う人の層、使うシーンはそれぞれの車種にも関係している部分でしょう。

ハイヤーの車種

ハイヤーで用いられる車種は、高級車が主となっています。以下が、ハイヤーで主流となっている車種です。

・アルファード(TOYOTA)
・ハイエース(TOYOTA)
・センチュリー(TOYOTA)
・クラウン(TOYOTA)
・レクサスLS(LEXUS)
・フーガ(日産)
・セレナ(日産)
・プラウディア(三菱)

4名・5名乗りの車種から、9名乗りの大型車種など、用途に合わせたさまざまな車種があります。

タクシーの車種

タクシーの車種は、一般的な価格帯で販売されている車両を利用することが多いです。以下がタクシーで主流となっている車種です。

・ジャパンタクシー(TOYOTA)
・プリウス(TOYOTA)
・セドリック(日産)

ジャパンタクシー(TOYOTA)は、タクシーのために開発された車種といわれています。

個人タクシーでは一般的にクラウン(TOYOTA)が人気といわれ、高級車やスポーツカーを利用している場合もあります。

ハイヤーとタクシーの5つの違い5:デザイン

ハイヤーとタクシーの5つの違い、5つ目は「デザイン」についての違いを見ていきましょう。

ハイヤーとタクシーは見た目のデザインが異なります。どちらも目的に向かってくれる乗り物ではありますが、用途が違う部分があるのでハイヤーは目立たないデザイン、タクシーは目立つ目を引くデザインを持っています。

これはそれぞれの使うシーンによって、方向性が車のデザインに現れてきている、といえるでしょう。

ハイヤーのデザイン

ハイヤーのデザインは、高級感を感じる黒塗りのことが多く、ひとめではハイヤーとは気づきにくいでしょう。

タクシーによくある屋根の上に行灯もありません。主張することなく、空気を読んでくれるので、ひっそりと移動することが可能です。

主張があるデザインだと、法事など場所の雰囲気が壊れてしまう場合があるため、サービスの高級感や特別感を出すために、目立たない色の車種が多いのが特徴です。

タクシーのデザイン

タクシーのデザインは、黄色や緑、白やオレンジなど派手な色のデザインということが多いでしょう。これは、流しで営業中、お客さんの目にとまりやすいよう、車両に目立つ色を採用しているためです。

見た目ではっきりと「タクシーだ!」ということが分かるようなデザインになっています。また、タクシーには屋根の上に行灯が付いているのも特徴です。行灯の設置は義務なので、基本的にどのタクシーにもついています。

ハイヤーとタクシーは営業方法も違う

ハイヤーとタクシーは営業方法も異なります。ハイヤーは観光葬祭や、企業の役員など、日常的な場面ではあまり使わない乗り物ですが、営業方法はどのようになっているのでしょうか。

ここでは、ハイヤーとタクシーは営業方法も違いについて紹介していきます。

ハイヤーには流し営業はない

タクシーは無線で配車ということもありますが基本的に流し営業、タクシーを走らせてお客さんを待つ営業スタイルです。ドライバーが積極的に乗客を獲得しに行くという自由な営業方法をとります。

ハイヤーは流し営業や無線、車庫待ちの営業形態が認められていません。ハイヤーの運転手は会社や営業所で待機し、要請があったときに派遣されます。

ハイヤーは、タクシーのように道でつかまえて利用するという形の乗り物ではありません。

ハイヤーとタクシーの違いを理解しよう!

ハイヤーとタクシーについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

タクシーは、駅前で待機していたり、都心ではたくさん走っているので気軽に使うことができます。

多くの人にとって一般的に移動の自動車として使う車はタクシーなのでハイヤーについて知る機会がまだなかったという人もいるでしょう。

冠婚葬祭などはハイヤーを使う場合があるので、ハイヤーとタクシーの違いについてはしっかりと理解しておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人