Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

女性がタクシードライバーになるための基礎知識9つ|向いている人の特徴

女性がタクシードライバーになるための基礎知識9つ|向いている人の特徴

最近はタクシードライバーでも女性ドライバーを見る機会が増えましたが、実際に就業するのに躊躇する人もいます。女性タクシードライバーは情報が少ないことが就業の妨げになっているので、興味のある女性のためにその実情について紹介していきます。

初回公開日:2019年07月03日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2019年07月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


女性タクシードライバーは増えている

自動車を運転する女性の割合は増加していますが、これは女性の社会進出が当然になり、仕事で生かすためというのが大きな理由です。

女性の仕事に対する選択肢が広がったことで、タクシードライバーを目指す女性の割合は確実に増えています。その理由としては体の負担が少ないだけでなく、性別に関係なく収入を上げることができるという業務形態が要因になっているのは間違いありません。

女性タクシードライバーの需要

女性が男性と大きく違うのは外見から優しさや温かみを感じることであり、女性タクシードライバーは高齢者や男性の威圧感が苦手な人にはとても好評です。男性でも優しい人は多くいますが、その外見から初対面では距離を置きたくなっても仕方ありません。

また女性は運転が安全で丁寧という印象が強く、敢えて女性タクシードライバーを指名する人も少なくないでしょう。これらは女性ならではの特権です。

女性がタクシードライバーになるための基礎知識9つ

女性の社会進出は目覚ましく、今までは男性が中心になって従事していた職種でも女性の姿を見ることが多くなっています。しかしタクシードライバーに関しては圧倒的に女性が少なく、その知識を持っている人も少ないでしょう。

タクシードライバーは一般的な会社勤めとは勤務形態が異なっていたり特別な資格が必要になるため、就業するのであれば事前に確認することが必要です。

女性タクシードライバーの基礎知識1:必要な免許

タクシードライバーになるために必須になるのが第二種運転免許であり、これは性別に関係なく取得する必要があります。取得していなくてもタクシー会社に入社することは可能ですが、タクシーでの業務はできません。

第二種運転免許は運転免許センターで試験を受けることができますが、自動車教習所で教習を行って受けるのが一般的な流れです。教習は受けなくてもいいのですが、試験に受かる確率はとても低くなるでしょう。

女性タクシードライバーの基礎知識2:勤務時間

日本では雇用に関して男女に差を設けてはいけないという法律が施行されていて、女性特有の身体的理由は考慮されますが、それ以外では女性だからという理由で仕事に制限は課せられなくなっています。

女性がタクシードライバーに従事すると原則的には深夜勤務も可能ですが、社会的な一般常識で女性が深夜に勤務することはほとんど無く、基本的には午前中に出勤して深夜時間になるまでに終業するシフトが組まれます。

女性タクシードライバーの基礎知識3:給与はどのくらいか

タクシードライバーは基本給が少なく、ほとんどが歩合率による歩合給です。女性などの性別や年齢は関係なく、売上が多ければ給与も高くなるという仕組みになっています。

女性のタクシードライバーの場合は昼日勤というシフトで勤務する場合が多く、勤務時間も短くなっていますが、給与の平均は20~25万円です。この金額は平均なので、もっと高額の人もいれば、10万円程度しかない人もいます。

女性タクシードライバーの基礎知識4:シフトや休日

女性のタクシードライバーの場合は昼間だけの固定シフトで勤務することが多く、自分が希望する曜日や日にちでの休みが取得しやすくなっています。突発的なシフト変更は難しいのですが、事前申請すれば受け入れられるケースもあるでしょう。

タクシーの車両はシフトを組み合わせて稼働率を上げているので、シフトの関係で車両が空いていなければ、勤務を別の日に振り替えても乗務できる車両が用意できない場合もあります。

女性タクシードライバーの基礎知識5:福利厚生

タクシードライバーは男性が中心でしたが、今は女性のタクシードライバーも普通に見ることができるようになり、女性に合わせた福利厚生が充実するようになっています。

タクシー会社では寮になる住居を用意していることがありますが、女性が入居する場合はセキュリティが万全な会社から近い場所を選択してもらえるでしょう。また女性の身体的特徴を重視した保険なども対応していて、安心して働けるように配慮しています。

女性タクシードライバーの基礎知識6:家事や育児と両立可能?

女性でタクシードライバーに従事している人は家族がいる場合が多く、家事や育児の負担が男性よりも高いので、両立できるのか不安に感じている人も少なくないでしょう。

タクシーは個人経営に近く、従業員がいないことで業務が滞る事態はほとんど発生しません。女性のタクシードライバーの場合は家庭の事情についての配慮が行われるため、育児や家事のための遅刻や早退は認められやすくなっていて、両立することは十分に可能です。

Bottom banner

女性タクシードライバーの基礎知識7:未経験でもなれるのか

タクシードライバーは経験者による転職もありますが、別の業種からの転職者も多いのが実情です。タクシー会社では未経験者のために免許の取得や給与の補助を行ったり、指導や研修によって、一人で乗務させるための教育制度が整っています。

タクシー会社が未経験者を大切にするのは、タクシー業界は人手不足が顕著な職種でもあり、新規に就業してくれる人を歓迎する姿勢を取っているからです。

女性タクシードライバーの基礎知識8:トラブルは多い?

タクシードライバーは不特定の乗客と間近で接するためトラブルが起きる可能性が高くなっていますが、女性の場合は物腰や対応が優しいため、乗客とのトラブルは比較的少なくなっています。

乗客が飲酒を伴っているとトラブルが多くなりますが、女性は深夜時間まで勤務するケースがあまりないので、酔った乗客に絡まれるということもないでしょう。

女性タクシードライバーの基礎知識9:求人の探し方

女性がタクシードライバーに就業すると、会社には男性ドライバーが多いことで不具合を感じる場合があります。タクシー会社を選ぶ際には「女性歓迎」と記載していたり、女性に対して配慮した福利厚生を実践しているところを選ぶといいでしょう。

女性従業員の割合が少ない会社は、男性目線で物事を考える傾向が強くなり、居心地が悪くなります。働く環境が整っていてこそ、仕事にも意欲が湧いてきます。

タクシードライバーに向いている女性の特徴4つ

人間には個人差があって考え方や性格も違うため、仕事に関しても適性がある職種と、仕事に従事していてストレスが溜まってしまう職種が存在しています。

転職などで就業先を検討する際には、給与や勤務時間など自分の現在の状況を考慮して選んでいきますが、どのような仕事が自分に適合しているのか把握して行動しなければ、継続して長く勤務することは難しくなるでしょう。

タクシードライバーに向いている女性の特徴1:運転が好きである

タクシードライバーは当然ながら自動車を運転して乗客を目的地に運ぶことを業務にしているので、自動車を運転することに嫌悪感を持っている人では選ぶべき職種ではありません。

自動車は単なる移動手段と考えている人もいれば、運転することに強い興味を感じる人もいます。タクシードライバーになりたいのであれば、運転が好きでなくても、運転に対して苦痛を感じないことが求められます。

タクシードライバーに向いている女性の特徴2:接客が好きである

タクシーは電車とは異なり、運転手が直接に乗客に対応しなければいけない職種です。乗客と接する以上はそこには接客が生じるため、人と接することが苦手ではタクシードライバーは勤まらないでしょう。

以前はタクシードライバーと言えば無愛想な印象を持つ人が多かったのですが、今はタクシー会社もドライバーの品位向上に努めています。収入の高い人ほどこの接客を重視していて、とても重要であることは一目瞭然です。

タクシードライバーに向いている女性の特徴3:タクシーの仕事に興味がある

どのような職種であっても、仕事に興味が無ければ意欲が出ず、すぐに嫌気が生じてしまうでしょう。人間は感情の生き物であり、収入を得るだけの理由では仕事は続けられません。

タクシードライバーには何十年と継続して従事している人も多く、そこには仕事に魅力があるからで、この魅力的な部分が興味に繋がります。タクシードライバーを目指すのであれば、自分なりの興味を早く見つけることが大切です。

タクシードライバーに向いている女性の特徴4:臨機応変に対応できる

タクシードライバーは車両を運転して初対面の乗客の対応をすることが多く、交通面でも接客でも咄嗟の状況に応じた迅速かつ、適正な行動が求められます。これはトラブルが起きた場合に冷静な判断ができなければ、解決が困難になるからです。

タクシー会社では事前にあらゆる状況を想定して研修を行います。女性の場合は気が弱い人もいるため、何かあれば会社や同僚にアドバイスをもらうなど、日頃からの備えが大切です。

女性タクシードライバーについて知ろう!

多くの職種に女性が進出してきたことは喜ばしい限りですが、以前としてタクシードライバーの女性比率は低く、実際に勤務した際の情報が伝わりにくくなっています。そのため、女性ドライバーの数が増えにくいと言えます。

タクシードライバーは肉体的な疲労が少なく、性別や年齢に関係なく自分の努力次第で収入が増やせるなどメリットのある仕事なので、一考する余地は十分にあります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人